カテゴリー「日本」の記事

やけのやんぱちで初詣もすませた!

最近よく東京に出るので、だいぶ地下鉄に慣れてきた。オリンピックに向けてか何か知らないが、地下鉄の建物の中をあちこち工事していて、工事している箇所をキャンバスで覆い、上には束ねた配線がむき出し、ときとして幅1メートルに狭まった通路もある。

1日に一度は良いことが起こるものだ。今日地下鉄に乗っていたとき、杖をつき、ゆっくりゆっくりとしか歩けない、腰が曲がった小柄なおばあさんが乗ってきた。わたしが立っていた前の優先席には赤ちゃん連れの夫婦と、若い男性が座っていた。夫婦連れの男性が立とうと中腰になったとき、その隣の若い人が席を立っておばあさんに席を譲った。

順当だ。一番譲るべきだったのは彼だったのだから。それでもわたしは嬉しくて、もう少しでその男の人に「ありがとう」と言うところだった。

2、3駅後に夫婦連れは降りた。おばあさんは席を右端に変えて、譲ってくれた男の人を見上げて、「どうぞ」と言った。その男性は、まずわたしに「どうぞ」と座らせてから自分が座った。

何と良い子だろう!今時こんな子はそうそういない。(何歳か知らないが、男の子と言いたくなる若さだった)

良いことというのじゃないが、今日はまためったにお目にかかれない上品な老婦人にも遭遇した。

地下鉄銀座駅から銀座松屋に出る通路はややこしくて、長いこと歩いてやっと松屋にたどり着いたら大混雑のB3の食料品売り場。こんなところにはいられないと、エレベーターを見つけた時、老婦人が乗ってボタンを押すところだった。

わたしは走って飛び乗った。思わず、「間に合ったー!」

老婦人「良かったわ。」

続いて、「さすがに今日は人が多ございますね〜。」

上品なツイードのスーツ。かなりの年齢だと思うが、ミドルヒールのパンプス。靴と同色、同素材のハンドバッグ。髪はアップにして、お顔も上品で目鼻立ちが整っている。薄化粧で濃すぎない。

彼女は7階で、「ごめんくださいまし。」とお辞儀をしてエレベーターを降りた。

老舗の奥様だろうか。このごろでは、あんな言葉遣いは小説の中だけかと思っていた。

築地東本願寺がこんな建物だったとは夢想だにせず!

650d503277d44ef8859ba52b08f16138

1934年(昭和9年)の建立。そんな昔に、これだけコンクリートを使ったのです。日本も存外豊かだったのね。わたしには、この外観は仏教の寺院よりイスラム教のモスクを連想する。

7bcd3316e21746fa850ce3672362f14d

参拝者が入れるここは、外陣というのだそう。お詣りする人が列になっていた。


739ed9f3f84b40459ca24daf38c9ea85

わたしもお詣りしたので、まあこれで初詣もしたことにしよう。


67321d0756f14a0b98668a28e7661200

ここは宗派に関係なくお葬式もあげさせてくれ、共同墓所にも入れてくれるそうです。

このあと、新しく出来た歌舞伎座もやっと見てきた。周りに高いビルが多いので陰になって写真がとれない!


F0f9ea12765b415f9967c9b900d25c91


銀座もちょっとうろうろしたが、昔の面影今いずこ。高いビルが多すぎて歩いて圧迫感がある。店が多すぎ!こんなに人がたくさん歩いている銀座は見たことがない。(わたしが言うのは30数年前と比べて)

まあ、よろず30年前と比べるほうがオカシイのだろう。

平成最後の大晦日。実のところ、わたしの人生に平成は存在しない。昭和の終わりにロスに引っ越したから、平成は人ごとで終わってしまった。そういうわけで、来年、新しい年号になるのが楽しみ。

みなさま良いお年をお迎えください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

クリスマスイブ

今頃言うのも何ですが、日曜日は有馬記念で勝ち馬券とりましたーーーー。

しかしっ、配当460円。

最後の再考で、ブラストワンピースって馬が良いなと思って、レイデオロ(1番人気)との組み合わせで買ったら、優勝したブラストワンピースも結構人気があってえらい低配当になった。レースが終わるまで知らなかったのです。

3歳の牡馬で、ホースレースの世界も若返りでしょうか?(笑)

大きな馬だから強いというものではないのでしょうが、わたしは大きな馬が好きです。

昨日のクリスマスイブは、キリスト教の教会でのクリスマスキャロルを聴きに、中央区の聖路加病院に行ってきた。入場人数が多くなるゆえだろう、クリスマスキャロルは隣接の聖路加国際大学のホールで開催だった。

わたしは方向音痴なので、新しい場所に行くときはとても苦労するが、地下鉄半蔵門線から有楽町線に乗り換え新富町駅で降りて数分。正しい出口から地上に出ると、すぐにこの親切な表示。


630c20a6172b44f28841762ae9fc9a26


この角を曲がると、すぐにそれらしい建物が見えてくる。これは聖路加病院の建物。

B872138bc8af4412b958bbb63729b868

クリスマスキャロルは教会員の人達と思われる中年から初老の男女混声。とても良かったです。写真やビデオ撮影は禁止。こういうところが日本独特のディフェンシブで堅苦しい面だと思う。ロスの娘は友達の教会の催し事によく行くが、いつもビデオを撮ってフェースブックにアップしている。同じ宗派の教会なのに。

そのあとは、クリスマスイブ礼拝で、それも出席した。偶然隣の席に座った女性が、13年前に乳がんの手術で聖路加病院に入院していたそうで、それ以来、このクリスマスイブキャロルと礼拝に毎年来るのだそうだ。また以前同病院に勤めていたという年配女性も、千葉からかけつけていた。なかなかユニークな教会。

終わったら外はすっかり暗くなっていた。左、青と白のイルミネーションが大学のホールの入り口、ライトアップした尖塔が病院のチャペルで、その後方右が病院の建物。


Ed97afc80f144ccdbf8461255e38caae

外は寒風が吹き寒かった。どうも駅に戻る道に不安があり、同じ教会から出てきた人に聞いて(偶然外国人だった、たぶんアメリカ人)、言う通りに歩いたつもりが怪しく、再び人に聞いて、今度こそと思ったら、なんと日比谷線の築地駅地上入り口に着いた!

こんなときは便利なGoogle(笑)。日比谷線で銀座まで行き、銀座線に乗り換えて赤坂見附で半蔵門線に乗り換えねばならない。その銀座駅のホームが電車から出てくる人で大混雑。遠慮してると電車にたどり着けない。しまいに、人をかき分けかき分け、電車に飛び乗った。

車内はお酒臭い(泣)。この頃夕方5時半。赤坂見附で乗り換えは地下道をこれでもかと歩かねばならず、これが通勤ラッシュならストレス如何ばかりか。

クリスマスイブは祝日であったから、地下鉄の乗客は遊びに出た人達がほとんどだったのだろう、東京を走る間年配の客は少なかった。

ということで、クリスマスイブもクリスマスも過ぎようとしています。アメリカにいるほうがクリスマスらしさの度合いが違うが、下はロスの孫が焼いたクリスマスクッキー。ものすごい色使いとおもうでしょうが、普通です。(笑)こんなクッキーを食べたらおおごとの糖分。


Ba1bf3dd77c4463fa8f2c990d7ba8a35

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

ちょっと早いクリスマスディナー

あと2時間で有馬記念出走で、久しぶりに馬券を買おうと、出馬表を見て、うーんどの馬が来そうかと考えていざネットで買おうとするが、賭け方も買い方も忘れてしまった。最近は、馬券の賭け方に十通りぐらいあるんですよ。毎週競馬見るほどのファンでもないし、競馬に賭ける根性も勘もないから、しばらくやってなかったらこの体たらくだ。

ネットで買えるようになったのは便利だが、JRA(日本競馬協会)のサイトの不親切なこと、賭け方の分かりにくいこと、よくオジイサン達は間違えないでやってますね。

競馬で勝てる人は賭け方が上手いと思う。穴馬券は少額買う、順当馬券というか、確率が高い数種の馬券に大きな額賭ける。だいたい毎週毎週土日やっていれば、そりゃたまにメジャーなレースだけ買う人より経験値があるわけだし。そういう競馬で勝てるようになった人達も最初の30年40年は損ばっかりしてたに違いない。(笑)

昨日はちょっと早いが、息子一家を招いてクリスマスディナーを一緒に食べた。大勢の(5人を大勢と呼ぶのも変だが)客料理を長いことしていないから、忘れてしまった。

普段は子供がいないから殺風景なインテリア。少しでもクリスマスらしくなるように、あれこれお菓子など買ってきて飾りにする。よほどポインセチアの鉢を買おうかと思ったが、わたしはすぐプラントを殺してしまう癖があり(笑)、旅行で留守も多いからやめた。買っては殺しちゃあ植物でも可哀想だ。


91f36cd627f54817b9f959ab44b84e96

長男宅は男児二人で、サンタクロースの格好をさせ、うちの嫁はおもしろい。


799cc8ade1184aa39bd140a5de15dc65

子供達が喜ぶように煮込みハンバーグにしたのだけど、不人気だった。(爆)レストランの味と違うからだろう。アメリカではどこのスーパーでも売っているトマトソースの缶詰(安価)が日本では見つからず、東急のスーパーでイタリア製の瓶入りのをやっと見つけた。

8aa632dab1934ddf8c821dd9da52a0c1

チキンの丸焼きとその手前のサラダは嫁が作ってきたもの。チキンの中にご飯が入っていて、美味しかった。

上が小学校二年生、下の子が幼稚園年長。これでも大分お利口さんになったのだけど、やはり外食するより家で食べるほうが親もおばあちゃんもはるかに楽。男の子二人はほんとに大変です。

おばあちゃんからのクリスマスプレゼントは「瞬足」。今小学生に大人気のスニーカーだそう。二人とも喜んで、いる間中、室内で履いていた。

おばあちゃんには過分のクリスマスプレゼントを貰い、恐縮至極でした。 一番左のキーホルダーになったカードケース。

D35a0b0678e64c6a921ef11a7f71fc6f


アメリカでも「孫をみるために子供を作るのだ」という言葉があるが、ほんとですよ。

さあて、有馬記念!2018年、最後の運や如何に?

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

『ロマンティックロシア』

今日購入後1年目のチェックアップのため車をディーラーに預けた。ディーラーは隣の駅のすぐそばで、車が上がるまで時間つぶしに電車で出かけることにした。この前は渋谷Hikarieに行き、あれは渋谷駅東口だが、今日は昔よく行った道玄坂に行ってみた。

道玄坂は昔からすっきりした街並みではなかったが、店もそこそこの多さ、歩道は広くで子供づれには歩きやすかった。今は驚愕のゴチャゴチャぶり。

2b427516fc974fc38b5bb807fe1017fe


0993f04d75d3437db98a091328c4e787


009d2e2131f04edb8ce75f209e0a36ff

フグの顔、おもしろーいと撮ったが通り過ぎるときに見たら、店の正面に水槽がはめこんであって、フグがすし詰めに。あれじゃあ酸素不足だろうと不憫に思ったが、どうせあと2、3日の寿命?

道玄坂を上っているときは左側、109のほうに戻って来るときは反対側を歩いたが、昔車を駐めた機械式の駐車場ビルもなかったし、帰路によく買って帰った丼もの屋さんもなかった。間口が狭くて、親子丼とかかつ丼とか持ち帰り用に売っていた。美味しかったのに。


082bb3c7864f42be8d1a253472abb3bf

日本にもUber eatがあるとどこかで読んだが、自転車とは知らなかった!ロスでは白タクであるUberとレストランが契約して、食べ物を配達してくれる。距離の制限はあります。ロスではほんの数年前まで日本の出前のような習慣はなかった。


Ca6083b4bb97493c8c7a6418efcf06e9

どっかでお昼を食べないと・・と思いながら、軽い食べ物が見当たらない。道玄坂を元に戻って、次の道を歩いてみることにした。

E2c39de4b8cc450ea17cf7f2ed8985d3

あっ、あれに見えるは昔懐かし、東急本店ではないか!ひぉえーーーーっ、このビル、この車は何?こんなに狭くなっちゃったの?

東急本店は昔、駅から離れたところにポツンとあって・・こんなところに建てても集客に限界があるだろうというような場所に感じた。周りにこれだけビルが建ってなかったので。平日はいつ行っても空いているので、長女がよちよち歩きの時、暇つぶしによく行ったものです。当時は渋谷駅から徒歩圏内の賃貸マンションに住んでいたが、あまりに空気が悪いので引っ越した。

末っ子を抱っこして横断歩道を歩いて東急本店に入ったのが最後に買い物したときじゃないかと思う。(40年近く前?・・笑)

ともかく、『ロマンティックロシア』の垂れ幕を見たので、BUNKAMURAの美術館に行くことにした。かねてちょっと見たいなとは思っていたが、まだ実行していなかったのです。

入場料1500円。ロシアの絵画には全く知識がなかったが、国立トレチャコフ美術館からの展示品。作品は1800年代後半から20世紀入ってすぐぐらいまで。「移動派」と呼ばれる芸術家達。

特に気に入った絵を、帰宅してネットで画像を探しました。

かの有名な「忘れえぬ女」英語の題はUnknown Lady。イワン・クラムスコイ。絵も大きく、女性の存在感が圧巻で、前に立つと気押される気持ちにさえなった。


53a3fe08bf9344009affd3ab8c6f37d9

イワン・シーシキン、「雨の樫林」


Eb1d99e4234a40fda1f05294fe669d96

ミハイル・ネーステロフ、「刺繍をするエカテリーナ・ネーステロフの肖像」


95713c3eb4104b2aa5e79a78f939064d

ウラジーミル・マコフスキー、「大通りにて」


77aaaa1e1d6a451e8c0e31913a82b1b7


⬆︎マコフスキーの作品は素晴らしいものがたくさんある。当時のロシアの貧しい人たちを描いたものが多い。

ということで、ゆっくりと渋谷散策をしている間に、車は上がったとの連絡があり、勝手ながら出来たらなるべく早く終えてくれるように頼んだ手前、大急ぎで渋谷駅に戻り階段を駆け下り、隣駅から地上に出る階段を駆け上り、ディーラーに着く頃には汗びっしょりで、良い運動でした!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

ほーーーっ、渋谷ヒカリエ

『ブロードウェイクリスマスワンダーランド』というショーに行ってきた。場所が東急シアターオーブ。渋谷Hikarie内11階。2年前に渋谷の映画館に行ったときは、道玄坂だったから、渋谷駅の反対側にはおそらく30数年行ったことがない。(笑)

駅から近いようだが、地図を見てもよく分からない。

2c5af7e7e6e74bb08cc323c01fc635cf

しかし、東京の偉大なところは(笑)、地下鉄を降りたホームに出口〇〇番は➡️と表示があり、その通り行けばまずたどり着ける。15番から出ると、ここに出た。


D82fde88ae844fbf965cfbb414197042


88425d26f4624e119ee980304cbe5188

このビルを外の歩道まで出て見上げるも、あまりに巨大で全容まで見えやしない。さっきネットで調べたら、これが渋谷Hikarieだそう。


A926bcab1f8a4a4dbfbad3b92e0101f6

画像はウィキピーディアから拝借。2012年完成。なんと、東急文化会館の跡地に建てたそうです。
ほーーーっ、びっくりびっくり。周辺も道路も面影もないですね。

下は、Hikarieの前に立って、右方向を見て撮った。このビルディングはおもしろい外観だけれど、グーグルで見ても何のビルか分からなかった。


69aa77bafba3435088b8fa82a44f438c

11階でエレベーターを降り、シアターへ入る人だけが使う広い階段を上る。帰りに偶然見たが、車椅子の人用の専用のエレベーターがあった。11階から見て写真スポットはこのぐらいしかなかった。109が見える。それより遠くの山が綺麗だが、無知でどっちを向いているから分からず。(恥)


Eac1138a99834b92971e176fb3d7bb3b

ショーは、古き良き時代のラスベガスのショーとディズニーランドのショーを足したような感じ。ステージに小さいアイスリンクを置いて、男女のペアがスケートするシーンと、日本の14才のスケーター本田望結さんもゲスト出演。彼女のときは氷が溶けていたのだと思うが、水しぶきが上がっていたときもあって、さぞかし滑りにくかったに違いない。決まった日とショーのみ出演。

これも、さっき気がついたが、わたしが見たのはオープニングデイの最初のショーでした。なぜ土曜日にしたかというと、それしか良い席が残っていなかったから。帰路が寒くなるから12:30のショーにしたが、終わったのが2:35ぐらい。

Hikarie内にはたくさんのレストランや店舗が入っている。エスカレーターで下るとき、おもしろそうだったのでふと覗いた、クラフトショップのコーナー。3日間の開催だそうだ。


96fecbb53d8647c5b7de3e2b10181258

手描きの絵のコーナーがあり、あんまり可愛かったので3枚買った。鉛筆、色鉛筆にアクリル絵の具で描いたそう。1枚1枚にストーリーがあるんですと言って、作者が説明してくれた。絵は自宅に戻って撮影したもの。

4934b1b96f3f40eb84339b4076f671aa

上の絵は額縁を入れて縦18cm、下の猫とハムスターの絵は32cm。


058753a4ac134120926fc9fad9cf80f7

それから電車で戻り、歩いて帰宅する頃には寒風吹きすさび、気温6度、体感気温3度、帽子をかぶっていかなかったので耳がちぎれるかと思った。

東急シアターOrbのサイト。


601646dcff8d49448affc500b864b946

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

最後の紅葉?

昨日も暖かかったが、今日はもっと暖かかった。

今日、紅葉を見に、青梅市の御嶽渓谷に行く予定でした。しかし、最寄り駅ホームで電光掲示板に「JR快速日野駅で乗客が線路に落ちる事故があり・・」

(線路に落ちるって、飛び込みでしょうか、それとも足を踏み外して落ちた、あるいは誰かが押した?)

日野?立川の近くじゃなかったっけ?とネットで調べるもよく分からず。わたしは溝の口から南武線で立川まで行き、青梅線に乗り換えて御嶽駅で降りるのだが、青梅線は日野は通らないので関係なさそうに思える。電車に乗ってさらにしつこく調べると、青梅線のほうも影響で遅延が出ているらしい。あんなところまで行って遅くなったんじゃあたまったものではない。

仕方なし、目的地を変更。乗っていた電車が押上行きだったのでスカイツリーでも上ってみるか?(笑)・・いやいややっぱり紅葉を見なくちゃ・・ということで、都内の紅葉名所で一番近い「九品仏浄真寺」に行くことにした。

それから何回も間違えて(爆)、電車が「発車します」というから最後尾の箱に飛び乗ったら、目の前で車掌さんがマイクで「この電車には乗れません。終点です」(恥ずかしいっ!)
また飛び降りて、それから別なホームに行って、上りと下りを間違えて乗って、やっと九品仏という駅に着いたが、グーグルマップが上手く作動せず、駅前通りを歩いていった。あんまり遠くにいく前にと駅方向に歩く人に聞いたら、反対側。なんと駅を出て踏切を渡ったら参道だった。

駅から4分で書いてあったけど、あれは1分ですよ。踏切の遮断機が降りなければ。

九品仏は世田谷の昔風の街並みで、新興住宅地に慣れたわたしの目には懐かしかった。

九品仏(くほんぶつ)という名前から想像できるが、9体の阿弥陀如来像があるから九品仏と呼ばれるようになったそうだ。開山は1678年。鎌倉時代は奥山城というお城が立っていたそうで、推定樹齢700年のカヤやイチョウがある。

71f94cc326fe4ef99807001767a9c632

紫雲楼(仁王門)、寛政年間に建てられた。


5609dea98d9c45718449a835795acb0d


Bedefa98520c444fbc91e3a68f9d7b90


Eca4c9e9e6324d919fe114e364ae3323

こちらが御本尊の釈迦如来像。ひときわ大きかった。このお堂の入り口に「入場料は無料ですのでお賽銭を入れてお上りください」とあった。有料で写経をさせてくれる。孫に学業成就のお守りを3つ買った。再来年の春は三人が受験。あーーーー


Df89072e7662446282d85207c675a7e0

同じお堂の中の廊下のような場所にあった絵。とても暗く、画像にある説明が読めない。下のほうに象がいる。


Abcf3f4a25964ac387b17c55ee2caeab

お堂の廊下から見た庭。


F2188edd93a347978b21d5ce9a41327b


591ce1998eab4ff1a74b1a6e5064538b


11188af0c47e4e388400fbbabf4dab75


37df5478fa714e9f836d00664a899cf4

世田谷でこのぐらいですから、御嶽渓谷の紅葉は終わりかけかも知れません。紅葉でなくても
見てみたいので、寒くならないうちに一度行きたいもの。駅からすぐなのが便利。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

ここら辺のハロウィン

渋谷のハロウィンはまだまだ真っ最中か。先週末は営業車の軽トラックを横転させて、大顰蹙を買った。アメリカのライオットじゃあるまいし、みっともない。なんか楽しいことを求めてぞろぞろ出かける若い子達を見ていると、普段ほんとに楽しみがないのだろうなと思う。

多くは東京や近郊に住んで大都会で働いている子達だろう。学生もいるだろうが。首都圏は生きるだけでお金がかかりすぎる。遊ぼうにも、楽しいことをしようにも、あまりにも日々のことに追われて精一杯なのではあるまいか。

だから騒ぐのだと思う。数年前でしたっけ、サッカーで日本が勝ったときもそうだった。若者が街にくりだした。日本を誇りに思う気持ちは見ていて微笑ましく、可愛いとも思ったが、めったにない嬉しいことだったのではないか。

多くの人がご存知と思うが、もともとハロウィンの夜、トリックorトリートと言って仮装してお菓子をもらって歩くのは小さい子供の楽しみだ。伝統的には自分達の住む近所を回るのだろうが、治安の悪い地域に住んでいる子供達は親に連れられ良い住宅街に遠出していったり、あるいは安全なショッピングモールに行き、お店からお菓子をもらう。

かなり大きくなってやる子もせいぜい高校生までと思う。

小さい子が回るのだから、早いグループは日がくれないからうちにやってくる。4時半ごろから玄関のピンポーンが鳴り、6時にはめっきり減り、7時をすぎたらまず誰も来ない。

日本では幼稚園などでやり始めたのが、広まっていくきっかけだったと思う。アメリカでは、赤ちゃんから幼児の間は、だいたい親の好みでコスチュームを選び、動物や昆虫の着ぐるみを着せることが多い。女の子は早々と自分は何になりたいか主張しだす。圧倒的人気はディズニーのプリンセス。数人はいるから毎年別なプリンセスになっても数年もつ。(笑)

プリンセスのふりふりドレスを卒業すると、テレビや映画のキャラクターのコスチュームや、キャラクターのついたTシャツやジャンパーなどを着る。これがまた高い。

高校生にもなってトリックorトリートを回るのは、その年齢になってもビニール袋にいっぱい駄菓子をもらうのが嬉しいからだと思う。どれもこれも大人が食べて美味しいと思うようなお菓子じゃない。ベストでキットカットのチョコレートや、キスチョコレートだ。

大人達は子供達が回ってくるのが楽しみで、駄菓子の大袋を買いためておく。その時期になると、かなり高齢のおばあさんまでスーパーでハロウィン用のお菓子を買う光景を見る。

みんな子供が喜ぶ顔を見たいのだ。それがハロウィンの良さだと思う。

この前の日曜日だったか、駅のモールへコーヒー豆を買いに行ったとき。植えてある木が結構紅葉している。もちろん、なにかハロウィンの催しをやっていて、風船がもらえるようだったが(緑のテント)、あらかじめ申し込んでおいた子供にしかあげないってかいてあって、なんちゅうケチなと呆れた。道行く子が欲しがってももらえないなら、広場でやらなきゃいいのに。

0e3b7bf6d7564265a1e5f55cb742ea4e

もちろん、写真撮影のセットがこしらえてあった。


E625fac80b6c4364aad9608e7beed6dd

歩いての帰路、近所のマンションのエントランスにかぼちゃが飾ってあって、可愛い。こういうデコレーションまでするにはさぞや管理費も高かろうと下衆の勘ぐり。(笑)

11339c8708294a1ca48841c70020041b


2198f9eed4354e328648362688ec200d

内孫は男の子二人で、上の子は例年スーパーヒーローだ。これは土曜日に隣町のレストランでディナーを食べたとき。兄弟ですさまじく動き回るので、外のテーブル席にした。テラスの外には小さい裏山があって、激しく登ったり駆け下りたりして喜ぶ。


7d39fec61c3f42c1be8f4977f3e9dd64

暖かい夜だったが、外で食べているのはうちだけで助かった。子供達が食べているのは子供用ディナーセットでハンバーグ。


8986d7fbd71540d1a4c8d970897c9252

孫達が着ているのはわたしがロスから買ってきたGAPの子供服。アメリカのGAPのほうがデザインも色もいいとえらい感謝された。(笑)

来週後半は新潟の娘宅に遊びに行き、紅葉を見る予定です。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

浅草花街から二天門

浅草六区通りから六区ブロードウェイに入ると、左にドンキ!

「こんなところにまでドンキを建てなくても・・浅草の景色を損なうじゃないねー」

右は「まるごとにっぽん」という建物で、日本各地のものが揃っているというところか、人力車で素通りですから写真を撮る暇しかない。左側の奥にロック座の看板が見える。

Bab6ed1cc5b446ca8f0034b6f6045895


字体にも古さが出ている、ロック座。いまだにストリップ劇場だそう。「ストリップやってるんですよ。女の人が裸になってお客さんのすぐ近くまで来て踊るんです。」・・・そんなことは知ってますよ、行ったことはないけど。

1階右半分はパチンコ屋になっているもよう。パチンコ屋のそばを通って感銘するのは、その防音の立派さ。あのものすごい騒音が聞こえない。パチンコ屋は全国で減っていると言われますが、どこ行っても見る。

05bbfd81041b49d9b763861dbc831a4d

ロック座を通り越し、右折すると三角になったビルがあって、「花やしき」という日本一古い遊園地。開園165周年という字が見える。今も営業していて、6つ乗り物があるそうだ。


293c3dfc93234051ba501ea81691378f

ガイドは6つ乗り物があると言っていたが、サイトを見ると、ローラーコースターなど色々ある。こんな小さな建物によく入ってますね。奥が広いのかな。花やしきアトラクション

8bc924b29e3e42e6b6ddd5d84794d6b9

浅草の花街に入る(花街と呼ぶべきか知識はないが)。通りはとりたてて風情があるというふうでもなかった。「見番」の建物。ガイドの説明によると、芸妓さん達のスケジュールなどを決めるオフィスだそうだ。料亭から芸妓を呼ぶオーダーがあるとスケジュールを見て、芸妓の待機する置き屋に連絡する。芸妓は置き屋から料亭に出勤するというわけだ。


Daa8ff9e395b4e81b14e5fb4d345e7c7

見番はひょろ長い建物で、2階では芸妓志願者の職業訓練?をしたりするというが、近年はなり手がなく、浅草芸者は20人ぐらいだそうだ。どこもここも人手不足ですなぁー。

123b3f73f1444b04be87cb36b2bdeb73

同じ建物の左手には、「浅草三業会館」の入り口がある。三業とは、芸妓エージェントの見番と置き屋と料亭の三業を意味するのではないかと思ったがどうだろう。


Bcfbf166173e424a86804f09af8344f1

道路を挟んで見番と反対側には料亭がいくつか。浅草はどのぐらい敷居が高いのか知らないが、紹介なしでは入れないのでしょうね。料亭で会合を開くのは、日本独特の風習でしょうね。

E40824088cb249519541c2c0a0dd754e

この料亭は、入るのも出るのも、プライバシーが尊重されている。


E174ae5445f641f486f184a2efd5288d


言問通りと馬道の交差点。馬道をバスの向いている方向へ行くと吉原だそう。昔、武士がこの道を馬に乗って吉原に行き、お金がなくなると乗ってきた馬を売って遊興費にしたそうだ。客や遊女が逃げられないように入り口は1箇所にしたことから、大火がある度大勢が亡くなったそうだが、第二次世界大戦の東京大空襲でも同様だったというから、つい近年まで買春は合法だった事実を思い出させて感慨深いものがある。

E5827678722e4e1cb251a08b844c634a

そうして二天門のほうから浅草神社のそばで人力車から下ろしてもらい、あとは歩きで浅草寺境内を回った。


Cf4e71bbe8d64c2ead767af4bee1d689

豪華絢爛浅草寺は、たくさん写真を撮ってきたが、また機会があるときにアップしようと思う。東京だけでもまだまだ見てないところがあって、一生かかりそうだ。



にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


浅草で一番気に入った場所

浅草六区通り。浅草ロックのロックは「六区」から来ているのだそうだ。間口が狭い建物が続く。

A13d7d4c27bd41a8b8cea84b30768124

カフェ「天国」、字のデザインが大昔流行ったスタイル。ホットケーキとホットドッグも出すらしい。その右隣はエジプト料理のレストランだったのか・・?

Af9c56e342a84fcaa2d7a68d31ed6298

左が「オレンジルーム」というバー、右に入り口があって2階に上がると思われる「浅草リトルシアター」、世界一小さな劇場。オレンジルームの左に狭い路地があり、突き当たりにアンティークの店がある。


D504d75a41ec4fda95d72fe420985109


通りの反対側には鯨料理の店「捕鯨船」。わたしが行った日は木曜日で定休日だったが、北野武さんはいまでも食べに来るそうだ。「鯨(げい)を喰って、芸(げい)を磨け!!!」とある。お店を始めたのは、昔浅草にあったデン助劇団の団員だった河野通夫さんという人だそうだ。


61dacbf275e4421ba058090ab8a517d7


六区通り。右手前街灯の茶色の柱に、「予約」の看板。左側の街灯には顔写真があって深見千三郎。先輩コメディアンを慮って、北野武は顔写真なしにしているそうだ。北野武さんとコンピを組んでいたビートきよしによると、ストリップのロック座が経営が苦しくなり、深見千三郎やビートきよしはいまの浅草フランス座演技場に移って来た。そこに北野武さんはエレベーターボーイとして入ってきたのが始まりだそうだ。


8f1cfd0c7c8d451f84efad85b1f92b76

伴淳三郎さんの看板。伴淳さんはたくさん喜劇映画に出ていたので、覚えている。


Cbee81a9ef284e3f818e30332527f0b5


そして突き当たりが浅草演芸ホール。街灯の看板は古川緑波(ふるかわろっぱ)。古いフーテージをテレビで見た記憶がある程度。1930年代に全盛期だったコメディアン。


5baeaa0627bb4b998dfdbd966431fdd0

浅草演芸ホールは角にあるビルで、回って六区花道どおり側は、浅草フランス座演芸場。ここが北野武さんなど多くのコメディアンが出演していたストリップ劇場だった。


Ec890187339d4ea4bfbe11c21a9c00cb

出身者たち。わたしが知らないのは五人ぐらい。永井荷風が入っているのに驚いた。人力車の若いガイドが永井荷風って知ってますかと知らないだろうといわんばかりの聞き方をするので、「知ってるわよ、いま著作を読んでるところよ」と言ったのだが、世代の差が激しい。(爆)


06ca948bc97a47529441bd84d0277cee

最近の芸能人の名をあげるので、ふんふんと生返事をしていたが、「わたしは長いこと日本にいなかったから最近の芸能人は知らないんです」と言ったら、車夫ガイド「あー、どおりでちょっと日本語が変だと思った」

ひっ、ひどい!

「日本語、変ですか?一昨年帰国して、ずいぶん日本語も挽回したと思ってたんだけど。」

言ったのはこの人です。


Ca702f901d7947f39b96bbc83ab0ab90

客が持ってきたカメラで、撮影スポットに止まって撮ってくれる。またときどきセルフィーで自分も入れて撮る。どの画像も満面の笑みで可笑しい。

ヨーロッパやオーストラリアも走り、近々ロスに渡ってルート66を人力車で走るそう。「YouTubeで見られる?」と聞くと、「YouTubeのアカウント持ってます。インスタグラムもあるし、フェースブックも持ってます」「フェースブックって知ってますか?」

「知ってるわよー。わたしもフェースブックのアカウント持ってるわよ。」

ほんと、人のこと年寄り扱いするやつだ。

もう1回、浅草見物をアップするつもりです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

こんな浅草

実は、わたしは浅草も行ったことがなくて、浅草寺(せんそうじ)はテレビに映るたび、うーん、1回は行ってみなくちゃねーと思っていた。ここもほとんどの人が行ったことがあると思いますが、(ところで日光東照宮に行ったことないのはわたしぐらいかと思ったら嫁も行ったことないそうです)、わたしには素敵な発見があったので、画像中心にアップします。

巨大浅草寺は後日にするとして、それ以外の浅草をまず初めに。

C8624b53314545959e22ffd31904aca3

自宅最寄り駅から乗り換え入れて1時間10分ちょっとで到着。駅から雷門のほう歩く人々。わたしは雷門と浅草寺が別なところにあるとは知らなかった。雷門をくぐったら浅草寺かと思っていた。


7e9625a00dde4a489ef2cd8571383cf4

今の雷門は昭和35年(1960年)に、松下電気の創設者、松下幸之助氏の寄進で再建したそうだ。ここら界隈は大火や、関東大震災、戦禍で何度も焼失したらしい。

まずは雷門通りからオレンジ通りに入る。老舗がたくさん。天ぷら屋の葵丸進。茶色の柵がついている建物。

089e304d780e4591bef683b95ddb8f16

反対側を向くとスカイツリー。平日ならもう空いているそうなので、これも行ってみなくちゃ。


B29cf79b21b3477c8faf3437d3ad138c

浅草はカフェより「喫茶店」が多いそうで、これなども昔風。

3e356c6e636d4ba383152567c9f676e2


さつまいもを使ったお菓子が多い。きんつばしかり。ソフトクリームもお芋味?右の店は鼈甲品店ですね。そのうち禁止になるかも。

4b9418f71f7543ff9c899e7c88d33fde

浅草公会堂。1977年10月がこけら落としだったそうですが、最初に出たのが美空ひばりさんだったそう。


8f35368ce2f942868fc202e210a303b5


道が突き当たりになっていて、古い門!伝法院の浅草寺本坊通用門。飛鳥時代、推古天皇のころ建てられたとネットに書いてあった。この場所には明治36年にここに移築された。昔々は、門の向こうにはお坊さん達の住まいがあったそうだが、すべてなくなって今は門のみ残っている。


B5b67a68d5374873a4db176238553acb

伝法院通り。昔の店舗を真似して作ったそうだ。タワシやホウキの店。

B700485d189d4b0ca9308e21e146111a

雪駄の店。若い人は雪駄(せった)は知らないのじゃないかしらん。わたしが子供の頃、うちの父は休日に外出するとき、和服を着て雪駄履いていったものです。古いヤクザ映画で見られるこんな感じ。父はサラリーマンでしたが、昔はくつろぐ時は着物を着たのですね。


7930afd759244ac9be05759b4a1686de


98c85975deff4780aa942ba81f726942

どうして、いろいろと見られたかというと人力車に乗ったからです。若いお兄ちゃんの車夫がガイドで、自分だけで来たら見落としたであろう数々を見て大変楽しかった。


80e7b4a8abee49fa8495426ca3946746

ということで、まだまだ続く・・・。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ