カテゴリー「ゴルフラウンド」の記事

男のego?

今日水曜日、ここらは21度まで上った。午後3時近く買い物からの帰路、背中を西日にあぶられ急坂を歩いていると暑いぐらいだった。11月29日に!

もう日本に季節の移り変わりの美しさはなくなった。寒かったり暑かったり、雨ばかりだったり、雨なしだったり、あーあ、地球はしょうもない星になったもんだわ。

昨日の同伴者はわたしより年上の男性ばかりだった。(話の内容や見かけで推測したもの。)

そのうちの一人が、自分のゴルフにいろいろと説明が多い人で、ミスショットをああだった、こうだったと独り言を言ったり、あるいはキャディーさんに話している。時に、人のショットの番になってもキャディーさんに話している声がやまなくて、うるさいなぁーと思うこともあった。

その彼が、どうもわたしのゴルフにも説明が多い。(爆) 2つ前の記事にちょっと書きましたけれど。

18番パー4(我々はINスタートだった)で、わたしのドライバーは快心だったものの、セカンドのハイブリッド4番をミスして右フロントバンカーに入った。

下は18番青と白ティーグラウンドから撮った紅葉。ティーグラウンドの真下が池。赤ティーは下に降りて池の前にある。


4f41f996be6946899476ddcd353daf09

下は4月半ばに回ったとき、クラブハウス裏から撮った18番グリーン。わたしは画面向こう側のバンカーに入れた。グリーンはこの画像と同じ側のベント。昨日のピンは左奥だった。


B005079a0a6943dca0598bd46c81c32d

このバンカーに入れたあと、その男性は「あらら、大変だ。バンカーに入っちゃったよ。」(だから何?)

カートがグリーンの右横で止まり、みんな降りたとき、男性「こりゃあ大変だぞ。2メートルはあるな。」(あんた、喜んでない?)

わたしはバンカー内の自分のボールを見て、顎の高さより、少し爪先上がりのライに見えたのが嫌だった。顎の一番高いところは2メートルはなかったと思う。わたしの背より高いことは確か。ピンは奥左で自分のボールから距離があったので、SWで無理したくないから、52度のウェッジを持った。顎が一番高いところ狙った。ターゲットラインだったので。

わたしはフェースを開いたりしない。素人がそういう小賢しいことをするとロクな結果にならないので。(笑)ボールから目を離さないことだけ気をつけて普通に振ったら、ボールはちゃんと上がった。(爆)

グリーンに乗ってコロコロ転がったらしく(そりゃ52度だし)、奥エッジから少し入ったラフ。結局ダボにしたが(パットが悪いからまるで拾えない)、まあしょうがない。

ランチでは一番年配の方が政治談義を始め、ゴルフでそんな話になることは少ないと推測するがおもしろかった。その人と、上述の男性がほとんどここしか回らないそう。もう一人の男性も昔からのゴルフ仲間と回るときや奥さんと回るときはよそに行く時もあるそうだけど、主にはここだそう。

ランチタイムはまたしても50分、キャディーさんによるとたまに1時間のときもあるそうだが。

何しろ、午前のINは50と思い込んでいたから、午後もあまり張り切る材料もなかった。(笑)

出だしのパー5はワンパットパーだったが、次のホールはフェアウェイが左から右に傾斜でわたしのドライバーはスライス回転するから(爆)、フェアウェイ真ん中でも右ラフまで転がり落ちる。あげく、SWのチップをだふり、トリプル。その次、ワンパットパー。その次、トリプルと訳わからん。

2番でちょっと陽がさしてきた。


35affe95e4724be3a48609bbf4595776


下は5番390Yパー4。カート道がフェアウェイの真ん中を走っている。わたしのティーショットは快心だったうえ、「あーカート道にバウンドしたよ。これは距離稼ぐぞ。下でもう1回バウンドしたんじゃないの。ホームランだよ。」と男性。(爆)

チャンスを生かせずってやつで、下りの早いパットがふぇーーーっと転がって3パットのダボ。(頭が悪い!)


07923c71b678472d9c1a80c56f363624

そして7番ホールが終わったとき、カートの中で隣に座ったその男性は、わたしの目を真っ直ぐ見て、「僕たち、ここまで『88』なんです。」(爆)

わたし「はぁー・・・」

やっぱりこの人はわたしにスコアで負けなくなかったのねと思ったが、そう言われてもねー。

わたしはその後、奮起も脱力もしなかったが、ボギーボギー上がりで、彼はどうしたのか人のプレーを観察している余裕はないので(ほんと、このコースは自分が何打でグリーンオンしたか思い出すのに苦労し、キャディーさんに何度聞いたかわからない。トリッキーなんです)、8番と9番でいくつ叩いたのか、ともかくトータルでわたしのスコアが良かったらしい。

クラブハウスに戻るカートの中で、別な男性が、「メリーさんがみんなに勝ちましたよ、」

男性全員「おめでとーございます!」(爆)

あー楽しかった。

残念ですが、今年のラウンドはこれにて打ち止めです。あと数日でロスの娘が来日、来月後半には孫も来ます。明日からクリスマスツリーを飾り、家をクリスマスモードにしなくてはいけません。

陽がさしてようやく綺麗な写真が撮れた。


6615fa29073f474a8a7d6c087529119b


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

訂正:前半は49でした!(笑)

前半の記事を書いたあと、ゴルフネットワークのスコアカードに入力した。1番ホールからトータルスコアとパット数を入力していくのだけど、終わったら「97」になっている。えー、98のはずなのに(笑)・・と見直すとINのハーフが49。コースから持って帰ったスコアカードを再確認したらやはり49。わたしは50と思い込んでいた。

たぶん、ゴルフカートに搭載のカード入力時にどこかのホールで誤スコアを入れたのだと思う。前の座席に乗った男性達が入れていたので。

ハンディキャップをとってないからいいようなものの。ところで、この川崎国際はコースハンディキャップがないらしい。日本のコースにはたまにあるが、どうしてかなぁ。ちゃんとしたコースで18ホールあるのに。(しかも井上誠一設計!)

井上誠一のコースはおもしろいので、もっと回ってみたいと調べてみた。ネット予約可能なコースで、比較的近隣として千葉県市原に浜野CCと鶴舞CCがある。検索かけるとうちから83km・・遠すぎる。やっぱり千葉は遠い。

東京Kカントリークラブのメンバーの上級者が、今まで回ったコースで一番難しかったコースはと聞いたら、大洗と言っていた。これも井上誠一なのですね。

というわけで、スコアカードをアップしておきます。後半と同伴者の話はまた明日。

Img_0179


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

昨日の同伴者たちとわたしの劣化スコア(爆)

最近はあまりにラウンド数、練習量とも少なく、腰痛も日常生活に差し障りがあったりコースで痛みのあまりびっこを引くなんてことは全くない。しかし、飛行機に長く乗ったり、ボールを100球も打つと腰は痛くなる。レントゲンはもう数年以上撮ってないから、近所の整形外科クリニックで撮ってもらい医者の診断を聞いてきた。

ちょうどウェストがくびれる辺りの(くびれてないが・・爆)、後ろ側のディスクが狭くなって、これはもう40代から言われていることで、年々磨耗する一方だそうだ。腹筋や背筋を鍛えるしかないそうだが、そのうちもっと減ったらタイガーのようなことになるのかしら?そのクリニックは今春膝が痛いときに初めて行ったが、実は先生にゴルフすることを言ってない。(笑)

ということで、あと数年も出来ないかな、2、3年か。それまでゴルフにお金をけちるのはやめようと思った。はいはい。

昨日年配のご夫婦と回ったが、「一人で来られたんですか?勇敢ですねー。」と言われた。以前乗ったタクシーの女性ドライバーにも、「勇気がありますね。」と言われたけど、一人予約で来る女性はそんなに少ないのだろうか?それともここら辺の地方色なの?(笑)

ロスアンゼルス市内のコースでは(特に街中のコースであるランチョパークでは)、女性が一人で来るのはごく普通だ。(パブリックコースはほとんどどこも一人で予約が出来る)
ロスでも一山超えた地区に行くと、女性が一人で来るのは少なく、ロスから遠ざかるほど女性ゴルファー自体めったに見なくなる。

わたしは見ず知らずの人と18ホール回り、楽しく数時間を過ごすのがゴルフの良さだと思っている。

そのご夫婦はだんなさんが引退してゴルフする相手がいなくなり、夫婦ゴルフのみになったそうだ(ご本人の弁です)。引退するまでずっと違う地方に住んでいたからでしょうね。終の住処を決めるとき、娘さん一家が住むこちらに引っ越すことにしたそうである。川崎国際のすぐ近くに住み、ここしか回らないそう。

もう一人の男性は我々3人よりさらに年上。相当なゴルフ歴と思われる。グリーン周りからのチップが、転がすのも上げるのも自在で上手い!スイングも綺麗で、かなり飛ぶ。どの州だったか失念したが、アメリカに5年いて、週3回ぐらいゴルフしたそうだ。

パターが何とブルズアイ!渋い!

胃の大きな手術をしてランチは食べられないということだった。(胃が普通の者にもゴルフ場のランチは量が多いうえ、大なり小なり胃にもたれそうなものばかりだ!わたしは仕方なし、毎回スパゲティを食べる。)

ランチタイムは50分だったが、消化の良いものを持ってきて車の中とかで食べられたのかしらと想像して気の毒だった。この方も、川崎国際しか回らないそうだ。月2回ラウンド。ご夫婦連れのだんなさんが、「夏もですか?」(笑)

キャディーさんは男性だった。男性だから、女性だからということではないと思うが、非常にプロフェッショナルな人だった。わたしの根拠なき憶測だけれども、昔ツァーキャディーやっていたのじゃないか。素晴らしいキャディーさんは東京のKカントリークラブや府中CCで会ったことはあるが、このキャディーさんはちょっと毛色が違うというか、うーーん、プロだと思う。そういう経歴の人もいるでしょうね。

急遽「あす楽」で買った(笑)、キャロウェイハイブリッド5番は、ぶっつけ本番でも打ちやすかった。中古クラブだけど使った形跡が見つからないようなクラブだった。X2Hot。画像はネットから借りた。

Img_0171

これは2013年型じゃないかな。わたしのハイブリッド4番はXRで2015年のラインと思う。

ブログにスコアカードをアップしている人達を見て、わたしもしてみたいと思っていたが、いざアップしてみるとギョッとするほどスコアの悪さが目立つ。(笑)

ま、笑って下さい。前回はコーライグリーンで100、昨日はベントグリーン。

Img_0173

回りながら、フェアウェイキープとかどこ打ったとか入力出来るらしいが、とてもじゃないが、わたしのゴルフではそんな余裕はない。最近はコースの写真を撮るのもやっとかっとだ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

まぬけなわたし/後半OUT

さっきゴミ捨てに行ったが、昨日よりはるかに寒く感じた。昨日コースにいるとき、9時で7℃だった。今朝も気温は同じだが北風4m/sで体感気温4℃だそうだ。わたし達はラッキーだったのねー。風は午後になるまでほぼ無風。

毎日川崎国際のWebページを見ていた。グリーンのコンディションがアップしてある。このところずっとコーライでスティンプ7.6だった。わたしが9日に回ったときは7フィートで重くてみんなショートばかりした。

昨日は7.6にしちゃあ随分早いなと思っていたが、最初のパー3に来て、初めて今日はベントグリーンだと気がついた。アホじゃないか?これでゴルフ30年もやってるんだから、ほんとわたしのゴルフなんかこの程度だと自分を笑った。色からして全然違うのに。

下が6番パー3、左がベント。女性には90ヤードとキャディーさん。

B8f44d37ab5d499c9b4a85a296cca6ea


ハーフ上がって、本日のグリーン。スタートする前に見なさいよ。実はすでに朝のラッシュだったのに予測が甘く、タクシーで着いたのがスタート20分前だった。タクシーの中からコースに電話しましたよ。ほんと、この辺も人口が増えて。(何十年前と比べてるの?)

396ade8bb8a840f1a5fe00dee1e990d1


わたしは飛距離がなく、(下手でもあるので)どのコースに行ってもパーが取れるチャンスがあるのはパー3ホールと女性に短い設定のパー5ホールぐらいしかないのだけど、日本の2グリーンのコースではパー3ホールが難しい。特にここのようにグリーンがひときわ小さく、グリーン周りの罠がすさまじいところは、グリーンに直接オンさせる技量を持っていない場合、両グリーンの間を狙うとか、届かないとクラブで罠の前に刻むとか(笑)、ボギーで良し、チップで寄せられればパーの考え方でいかないとしょうがない。

例えばこの9番グリーン。右がベントグリーンで、昨日は赤から125Yと言われた。わたしはハイブリッド4番でグリーンの左エッジを狙った。たまたま結果も左エッジになったが、右側のバンカーを見て下さい。女性の背の高さぐらいある。ライが良くても出すのは容易じゃない。奥行きは狭いから、手前寄りにあると球を上げるのは不可能。


C69494f48c754347adc11a40042ef7f4


後半もボギー・ダボ・ダボと挽回のきざしもなく(笑)、来ました疫病神の13番パー3。前回は左のコーライグリーンだったが7番アイアンでシャンク。右の林に転がっていったらしい。同伴者の男性が親切にも急斜面を降りていってくれたが見つからず。わたしは「いいです、プレーイング4から打ちますから!」と最初から諦めた。

昨日は右のベントグリーンでキャディーさんに105ヤードと言われた。8番アイアンも考えたが、寒いときは大きめの番手が鉄則と同じ7番アイアン打って、同じようにシャンク。ぎゃーっはっはっは

右の木にコキンと当たり、幸い根元にポトンと落ちた。キャディーさんに、「この場合、このままプレーするんですか?」キャディーさん笑って、「はいー」

スイングには差し支えなかったので、PWで斜め左前方に打ち出した。そのショットは良かったんだけど、急斜面で、ころころと下に転がり、今度は左足下がりのラフで止まった。運が悪い!(爆)同伴者の男性(夫婦連れのだんなさんのほう)もゲラゲラ。ま、なんとかダボにしましたけど。

D32a371d93c04ddbab6fcace3df7f7a9


近所の整形外科に行くので残りはまた後ほど。もともと通っていたもので、何も深刻な症状ではありません。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

大したことないじゃない/かわこく3ラウンド目

今や川崎国際はわたしのホームコースになろうとしています。ここは川崎市市営のゴルフコースでいわゆるパブリックコースだけれども、友の会とか無いらしいですよ。あったら、入ってハンディキャップ取るのに。(←何のためよ?こんだけ毎回叩いてるのに。)

一人予約のキャンセル待ちで頼んでおいたら、金曜日電話がかかってきて、「月曜日8:22がありますけどいらっしゃいますか?」「行きます、行きます!」

「キャディー付きですけどよろしいですか?」「はい、結構です!」(やったぁー、やっとキャディー付きでスコアも縮まるに違いない。)

天気予報を毎日睨んで、嫌だなとは思っていたんだけど。最低気温1℃、最高気温10℃の予報だった。コースで心臓マヒ起こすんじゃないかとか、それより朝シャワー浴びるのに、どうするのよ?と心配しましたがどーってことなかったです。

防寒仕度・・下半身はレギンスにコーデュロイパンツ、上半身はコットンのタートルネックセーターに、マンシングの見頃裏生地付きセーター。イトーヨーカドーのネックウォーマー。ニットの帽子。これもゴルフ用ではなく冬外出用。それだけです。中綿入りコートは持っていってカートに座っているときに、前にかけたけどほとんど必要なく、ランチタイムにロッカーに置いてきた。

手が冷たくならないよう、小さいホカロンをズボンの両方のポケットに入れていった。これは役立ったけど、もう少し大きいサイズのほうがいいと思った。

ちなみに、気温が低いとボールは飛ばない、ボールが冷えているとさらに飛ばない、よってゴルフバッグのポケットにボールをばらばらに入れ、ホカロンを前の晩から入れといた。(笑)熱いお湯につけといてもいいのですよ。

実は飛ぶボールを買っておいた。

Img_0157

「飛匠」という高反発の非公認球を出しているDynaゴルフのボールだが、わたしが買った上のボールは公認球です。

家のパット練習マットで使ってみたが、打感が硬い。その分おそらく飛ぶだろうと思った。

今日コースで打ってみて、川崎国際をプレーするのはこれで3回目だが、毎回あまりにゴルフの内容がひどいのと、このホールでどこまで行ったか記憶するほどまだコースを覚えていないので確信はないが、たぶん前のボールより飛ぶと思う。以前使っていたボールはタイトリストのディスタンスボール(DTシリーズ)。

年配ご夫婦(わたしと同じぐらいかなー)、もっと年配男性の組み合わせ。またしても、同伴者に恵まれ、恵まれないのはスコアだけ。あーあ。

今日こそ百切り!(我ながら目標が低くなったもんだ)

嬉しいことに初めてのアウトスタート。これだけで、スコアが良くなりそうな気がする。(笑)

1番はパー5で、ドライバーまあまあ当たり、4Wはちょっとミス、ハイブリッド4番まあまあでSWでオン、2パットでボギーという分相応なゴルフだった。

しかーし、次のホールで、ちょっとやそっとで下手は直らないことを知らされる。1Wミス、4W◎、7番アイアン大ミス、SWで目の前のバンカーに放り込む。ぎゃああああ。バンカーショットは◎で、ワンパットダボ。

3番は短いパー4、ものすごい上り傾斜。

40aae7c50db9410b940e5f543987d265


1Wは○だったが、右斜面ラフ、残り80Y。すごいつま先上がりの左足上がりで8番アイアン打てず。次のSWがまたミスで、この前から同じことやってイップスか。

その時、グリーン下からアプローチを打とうとした同伴者の女性が、「あっ、足に当たった!」見たら彼女の後ろに白いボールが。「後ろから打ち込まれた。」
我々全員ティーグラウンドを振り向いて、「当たりましたよぉーーーーーー!」「おーい、当たったぞー!」

ピンク色の服を着た、キャディーさんとおぼしき女性が全速力で駆け上ってくる。「当たりましたか?」「いえ、わたしじゃなく、あちらの奥様に。」

キャディーさん、平謝り。グリーン脇を去ろうとしなかったが、当てられた女性のだんなさんが、「もう行っていいよ。」

大して痛くないようだったから、バウンドしてからふくろはぎに当たったんだろうと結論したが、信じられないことだ。あとで気がついたが、彼らは年配男性4サムで赤ティーから打っていた。グリーンセンターまで220Y(上りだからプレー距離はもっとあるが)。届かないと思ってドライバー打ったんでしょうね。

次の次のホールのグリーンで追いついてきて、打ち込んだ男性が丁寧に謝罪してきた。わたしに。(爆)なんでキャディーさんも、この人もわたしに当たったと思ったのだろう。たぶん、一番怖い顔してたから?(爆)

人となりで物事を判断しちゃいけないが、謝ってきた男性は素敵なオールドファッションのゴルフウェアの見るからに温厚そうなジェントルマンだった。ゴルファーはああでありたいもの、の典型みたいな人。

それとは関係なしに、わたしは3パットのダボだった。

5番は全部のティーから同じ390Y。フェアウェイの半分から断崖絶壁で落ち、そこからぐあーーーっとグリーンに上っていくけったいなホール。1W○、4W○、右ラフにちょっと入ったところから、ハイブリッド4番✖️、同じクラブ○、SW3連続ミスショット。最後のチップは乗るだけ乗って2パットで「8」。最近指折って何度も数えないと自分のスコアがわからない。(悲)


581fa3dd42824793a05b837b9c57c515

飛んで7番パー4。左側はクリークですから、右側に打ってくださいとキャディーさん。1W✖️、4W◎で残り80Y。しかし、画像を見てわかるように(わからないですね?・・爆)砲台でかなり上っている。ともかく下から見ると旗の上3分の一が見えるぐらい。わたしはアイアンではともかく球が上がらない。グリーン下のラフに当たってころころバンカーに落ちるのが嫌だったから、大きすぎてもいいやと、昨日届いたハイブリッド5番を短く持って打った。快心で球は上がりグリーンに上り、大きすぎたらしい。

行ってみたらグリーン後ろの上りラフ、ほぼ垂直の土手のラフにひっかかっていた。(あれ何と言いましたっけ?野生の芝)、SWを薪割りの要領で振り下ろし、ボールはポップアップしてグリーンに落ち、グリーンを横断。反対側のラフへ。チップしてワンパットダボ。このダボは自画自賛した。(笑)

この画像を撮ったとき、10:11am、7℃でした。

05f54fbcc5bf432bb8c102fdef361481


9番パー3、赤から125Y、ここだけパーで前半終了。数えたらまた50だった。がっかり。16パット。

この前よりパットは多少ましになっていると思うが、ラインはまったく読めない。キャディーさんに教えてもらってこのパット数じゃあしょうがないな。後半はまたこんど。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

楽しかったランチタイム/かわこく後半

一人予約同士の場合、そのグループで同じテーブルについて食事するのが当たり前なのか、人によるのか、前回ここを回ったときは2サムの男性達と同組だったが、ランチは二人で席についていたし邪魔しても悪いとわたしは一人で食べた。

昨日は遅れてレストランに入っていくと、ここですよと合図してくれ、わたし用の席にメニューも置いてあった。ほかの人の食事が先に来たが、わたしが「どうぞ先に召し上がって下さい」というまで、食べ始めようとしない礼儀正しさで、こっちのほうが恐縮した。

「メリーさんは外国で暮らされていたんですか?ときどき英語が出てくるから・・」と聞かれて、恥ずかしかった。「そーなんです、つい出てしまって。」

(弁解。普段はあまり出ないのですけどね、特に他人の前では気をつけているので。ゴルフのときは、考えずに口に出てしまう傾向がある。)

もう一人の男性が、「僕もワシントンDCに5年半ほど住んでいました。」

やはり相当ゴルフしたそうだ。

他人同士4人で楽しく話がはずんだランチだった。

さて、後半OUT9ホール。

実は前半はトリプルやらダボやらスコアも内容も悪かったが、「ラウンド」に慣れると後半はもっとマシなゴルフが出来る予感がしていた。

もちろん、予感外れで。(笑)

1番パー5、赤から445Y。一番量が少なそうな、スパゲティ何とかをランチに食べたが明らかにどっぺりと重く、案の定ティーショットはとんでもない左引っ張り低空ショット。画像の正面にあるのが赤ティーグラウンドで、真正面のフェアウェイに打つべきを左真下ラフに打った。

3347afb6e3f54d8b8edaebfebb623df6


それから何と4連続パー4ホールで「6」。3番赤から220Yではセカンドをハイブリッド4番で大ミス。またしてもチップショットがグリーンに届かず。全く気持ちが挫けるミスだ。

4番360Y。風が猛烈に吹く。左の銀杏の木がかなり黄色。

E5e6458ca801413ebf153d0198ebcbd1

5番390Yではたった12、3フィートから3パットする有様。

6番パー3、赤から125Y。右が高麗グリーン。右側は全く2打目のショットがないから左グリーンと右グリーンの間を狙った。ハイブリッド4番は大ミスショットだったが、かなり下から52度ウェッジでピンそばに打ち、やっとパー。


A8dcb72718224b6fab8242d0148f099a

7番パー4は良いチップを打ったがパーパット入れられず。

8番パー5、赤からは白より130ヤードも短いのに下手な人には関係ない。ティーショット大ミス。その後は記憶無しのダボ。この風景を見ると、やっとうちに帰れるという気持ちになるから不思議。
(笑)


0ab8338ac0e1493a9f0762aa60b5724c

9番130Y。最後がパー3というのはどうも好きになれない。
4W○、SW○、最後もパット入れられず。

ということで、50・50。パットは数えるのも恐怖の18・18だった。


B352f0f2591f4b3f8c3497ebe764fc2a

読者のみなさんが忘れていると願いたいが、初めてここを回ったとき、55・55だった。(笑)

「このコースで悪いスコアを叩くとすごく悔しいと感じるんですよね。」と言ったらほかの3人が笑っていた。どのコースでも悪いと自分に腹が立つが、ここは格別悔しく感じるのは何でだろ。急に寒くなって、もうリベンジにも行けないかもと思うと恐怖だ。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

今年2回目の川崎国際

以前乗ったタクシーの運転手さんが、このコースの正式名「川崎国際生田緑地緑地ゴルフ場」のことを「かわこく」と呼んでいた。生田緑地と書くと、自然が残る緑豊かな原っぱの響きがあるが、元は山をゴルフ場にしたでしょう?という感じの傾斜で、わたしはここから約4kmの住宅地に住んでいるが、やはり坂がきつく、山林や畑をつぶして東急が東京から西内陸部に向けて大住宅地帯にしたのが想像できる。

7:52のスタートに間に合わせるのは大したことなかった。6時半にタクシーを呼び、オペレーターは10分かかると言ったが、すぐに来て6時50分にはコース到着。タクシー代1850円(呼ぶ料金が確か310円加算されている)。

コースサイトでグリーンの速さはスティンプメーター7と出ていたので覚悟していたが、練習グリーンはあまりに重く(たぶん4か5?・・笑)、即やめた。

男性3人と。驚くことに全員一人予約で来た人たちばかり。日本も変わってきましたなぁ。一人だけダントツ若い方で50歳(笑)。彼ともう一人がまだ仕事をしており、もう一人は完全リタイアー、悠々自適組。

女一人来てるんだ、頼むから最初のティーショットはちゃんと当たってくれと思う。(わたしもセクシストになったもんだ・・爆)

またしてもINスタートで、10番パー5。とても番手を書いている時間はなかった。1Wこすったけどまあまあ、4W✖︎(傾斜ライで最初から使うからだ!馬鹿ちん←博多弁・・最近福岡は何でああ物騒なのか?)、あとは忘れたがチップをOKに寄せてワンパットパー。ちなみに、わたしは他人と回ってOKですと言われれば遠慮せずボールをピックアップすることにしている。アメリカではハンディキャップのためにスコアをポストするから入れたけど。

日本では女に甘く、OKをくれる傾向がありますね。(爆)時間かけないようにかしらね?

日本では競技でなくても、ゴルフ仲間でなくても人のスコアを書く習慣のようだから、わたしは聞かれる前にホールアウト直後に声に出して言うことにした。最初は「パーです」と元気が良かったんだんだけど。(笑)


11番はうらめしいほど上り傾斜のパー4で、何がショックかって、グリーン下からのチップを2回ショートしてグリーンに届かず。チップだけで3打かかった。7って何?トリプルは挽回するのが難しい・・早くもハーフ50の壁が。(爆)


92eef95e9b4f4ecabc14b3295df6192f

13番パー3、赤ティーから左高麗グリーンに125ヤード。ここは左グリーンが高く、右グリーンはかなり低く、視覚でプレッシャーがかかる嫌なパー3。風はすでに吹いていたがどっち向きだか忘れた。奥にこぼれるより手前に打ってチップであげたほうがリスクが少ないと7番アイアン。(相変わらず7番アイアンの上はハイブリッド4番しか持っておらず、この距離差は25から30ヤードある。)

あろうことかシャンクして、右の下り傾斜土手。打った弾道見ただけで見つけるのは困難と思った。そもそもその傾斜はわたしでは降りるのは危険と思われた。「いいです、「プレーイング4から打ちますから」と言ったのだけど、50歳の男性がわたしがティーショットを打った直後から下へ降りてくれて、隣接ホールのフェアウェイまで行って見てくれた。ほかの人も、「メリーさんももうプレーイング4からやるって言ってますよー!」(笑)

感謝、感謝だった。

で、ダブルスコア。

7f1392cb921f488faeb3fa376c7b545a


14番パー4ではドライバーも4Wも良かったのに、それから何をしたのか記憶にないが、トリプルで、ボギーゴルフってどうやるんだっけの世界。

こんなひどいゴルフは風とは関係ないとわたしは思っているが(いや本心です)、予報ではお昼に強風マークがついていたが午前中からどんどん風が強くなって驚いた。風速9mから10mはコンスタントに吹いていたろう。場所が高いホールは、突風でよろよろするぐらい。顎にゴム紐がついたわたしの帽子は4、5回飛んで、その度に脱いでゴルフバッグにねじ込んだ。


15番パー4。


6b5d12f94d7d4f41a8690eb6c7b18c96


16番パー3。ここも左が高麗グリーン。赤から150Y。アゲンスト強し。ドライバーとんでもない左引っ張りだったが、チップで1mぐらいに寄せた。しかーしパーパット外す。(泣)

1844162edd6a4a1c98998fb9fb5de87c

17番パー5。ここは全ティー同じで485ヤード。だらだら上り、グリーンへも上りで女性には長い!


Ea5912fbe22f4584aeb79ef822b3be81

18番パー4。235ヤードが幸いし(笑)、セカンドが右つま先上りラフに行ったもののボギー。


E31fda424c6847fcb94138842096ab69

そういうわけで、50でランチへ、ランチ休憩は50分で、あんまり長くもなく、短すぎずわたしには丁度良かった。スタート前。長袖ゴルフシャツに、別珍のセーターで行ったが日差しも強くなったので、ランチタイムに半袖に着替えた。40超えたらセルフィーはやめるべきじゃあるまいか?・・・削除。(笑)

お昼を食べたら(今自宅での話)、後半OUTのレポートを。今日は朝から随分寒く、さっき宅急便が来て玄関を開けたら相当冷たかった。薄日が射してきましたが、16度の現在の気温よりかなり寒く感じる。風が強かったが、昨日で良かったかもしれない。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


WGC・HSBCチャンピョンシップ3日目

昨日用事があって横浜市神奈川区に行った。わたしの住んでいる街の隣の駅からJR地下鉄ブルーラインというのに乗って20分。往路も同じように戻り、隣の駅で乗り換えて帰ったが、夕方テレビを見ていると、数駅に渡って運行停止中とテロップが出た。

隣の駅で電車の下部から煙が出たせいだと後刻ニュースで言っていた。わたしは2時間ぐらい早く乗ったので免れた。隣の駅だからバスなり、タクシーなり、いざとなれば歩いて帰宅も出来るけれども、これがもっと家から遠い場所で起こったらと電車利用の不便さを思った。この東急電車は近年東武線と相互乗り入れするようになって、日本橋三越までだったのがスカイツリー近くの駅(押上)や埼玉のほうまで行くようになった。便利なようでそうでもなく、はるか埼玉で起きた遅延が、横浜や川崎市の東急沿線に響くのだそうだ。朝晩のラッシュ時の混雑は「殺人的」と姪っ子が言っていた。ホームなど人が溢れてもれこぼれそうで怖いそうだ。

昨日は21度ぐらいまで上って、地下鉄といっても地上に出たり地下にもぐったりだから、陽が差し込んで暖かく、行きの電車では居眠りする人が多くて可笑しかった。

今日の雨は午後からだったから、早いスタートのゴルファーは雨の前に終わったのじゃなかろうか。息子にゴルフに行こうよと言ったら、四十肩で肩が痛いと、若いのに情けない。

最近は松山が不調だからゴルフを見るのも熱が入らないが、今日は全部見た。だいたい最近のPGAゴルフ中継は長すぎる。休日とは言え、5時間もずっと見ていられる人はそうそういないだろう。

1日目も2日目もちらちらとは見たが、松山のぶーっとした顔。そりゃそうだろう、ゴルフが飯のタネなのに、ああ何から何まで悪くちゃあ、むっとする。ラウンド後のインタビューでも答えたくなさそうで、というか話すこともないでしょうよ、あの内容で。

そんな松山をけなす人もあろうが、わたしはそこが彼の強みだと思っている。遼くんは何でも丁寧に答えるから、インタビュアーがいつまでもしつこく色々聞く。彼らはわたし達と異次元のゴルフをしているのだ。インタビュアーは何も分かって質問しているわけじゃない。我々ゴルフファンだって、彼らがどんなライからどんなショットを選択して打ったか分かっている人はほとんどいまい。

タイガーが好例で、ラウンド後のインタビューに答えないと叩かれるから、悪いゴルフをしてもたいがい質問に答える。記者会見とインタビューが一番疲れると、近年では公然と言うようになった。

松山、今日は大分良くなって、パットも入り、パターをマレット型に変えていたが、昨シーズン強い勝ち方をしたあとの試合で、マレットからスコッティキャメロン・セレクトに変えたので、アメリカ人が何で変えたのか理解出来ないと憤慨していたが、プロはグリーンの芝の状態やスピード、天候などで合うと思うものに変えることもあるのだろうと思った。松山は練習ラウンドで4本も5本もパターを試すときもあるらしい。

18番のイーグルが出るまでバーディを取っても顔のぶーたれ度も変わらなかったように見えたが(笑)、後半1番から悪い流れになってしまった。風でショットの結果が悪い方に出たホールもあるだろう。

好調のあと、落ちて、そこから2、3ヶ月、あるいは数ヶ月かけてまた上向きに仕上げて行く。今までもそうであったように、これからもそうだろう。

今週が終わったら、帰国してトランプ大統領、安倍首相とゴルフするというのが今の所の予定だが、大統領はゴルフしている時はご機嫌で楽しいらしい。どんな大統領であれ、アメリカの大統領からゴルフを請われて受けないプロゴルファーはいまい。

彼が大統領に選ばれてから、かなりの数のプロゴルファーが一緒に回っている。ゴルフジャンキーで、ゴルフコース改造や新設にお金を惜しまないビジネスマンで終わっておけば良かったのにねー。(笑)

明日日曜日の上海は、最高気温20度、強風マークがついている。ダスティン・ジョンソンが6打差首位から逃げ切るか。強いジョンソンが戻って来た感がある。来年が楽しみ。階段で滑って昨シーズンをフイにしたが、今やショートゲームまで上達し、パットが入るジョンソンに勝てるプレヤーはいませんからね。

リーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


藍ちゃんが終わった

プロフェッショナル最後の試合になったエビアンチャンピョンシップでは、藍ちゃんの希望で予選の同伴プレーヤーをポーラ・クリーマーとヤニー・センにしてくれたそうだ。引退を発表したときからの数々の記者会見、ツァー側の扱いは彼女がどれほど愛され、尊敬もされていたかが分かる。

エビアンがメジャーになって以来、開催が9月になり、毎年悪天候にたたられるので、このスケジュールは不評だ。今週も初日は風雨が強く、途中でラウンドはキャンセル。いちはやく試合は54ホールに短縮されると発表された。藍ちゃんもスタートが早かったらしく、酷いコンディションでプレーしていた。これまた、この天候は予想されていたので、スタートさせずに、最初から中止にするべきだったと批判する人もいた。こんなことにこだわるのはわたしだけかも知れないが、今週は藍ちゃんのゴルフウェアも良かった。(笑)

初日、ポーラ・クリーマーと。彼女は火曜日の練習で左手首を傷め、第1ラウンドの途中で棄権した。

Img_0012

2日目、最終ホールでヤニー・センは短いパーパットも外し、トータル8オーバー。彼女は1、2ラウンドは良いスコアを出すときもあるが、復活にはほど遠いゴルフが続いている。そういう自分の長いスランプの思いも加わってだろうか、最終日、18番グリーン脇で藍ちゃんをハグした彼女はほとんど泣きじゃくっているように見えた。

最終日はさぞかしプレーしにくかったろう。ラウンド後の記者会見で、「プレーに集中しようという気持ちと楽しもうという気持ちと80%、20%だった」と言っている。気温も低く、コンディションも厳しかったと思う。3日間、良いショットもあったし、ボギーもあった。良いプレーの時は、ああ、これで藍ちゃんはLPGAで勝ってきたのだなと思った。

まだ32歳という見方もあるが、アマチュア時代から日本で試合出場し始め、プロ転向後14年、アメリカLPGAに来て12年の32歳は、長い長い年月だったと思う。今週は不出場と決めた、ステーシー・ルイスが、「もう年間30試合も出場しない。私より一世代下のプレーヤー達と競っているのだから。」彼女もまた32歳、そして既婚者だ。2、3日前、日本のメディアに自分に言いたいことはと聞かれて、「毎日毎日プレッシャーの中を戦って来ました。自分にお疲れさまと言いたいです。」

アメリカでメジャーに勝てなかったのが唯一の心残りだそうだが、9勝の中にメジャーが1つあったか無かったかで、藍ちゃんのゴルフキャリアーの価値が変わるものでもないと思う。自分で目指したかったLPGAプレーヤーになり、日本からの大きな、大きすぎる期待を背負って、まだ勝たないか、まだ勝たないかというプレッシャーの中、強い藍ちゃんに変わっていった素晴らしいプレーヤーであり、女性だと思う。

コースで宮里藍が見られないのは寂しいが、彼女には幸せになる資格があり、これからの人生でも幸せになる人だろう。素敵な笑顔をありがとう。



*

Img_0013


'
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

とんでもない・・・

天気予報で今日から気温が下がると言っていたが、午前中は霧かと思うような曇り方、それは涼しくて、よーしコースに出ようと思い立って9ホールコースに行きました。歩きなので、1W、4W、ハイブリッド#5、9番アイアン、56度ウェッジ、パター。

ウッドは練習場で打ててもコースで打てないことのほうが多いと、その練習のつもり。サンタモニカのビーチまで数ブロック、今日も今日とて、海に向かうホールはアゲンスト。

Img_0141


貰い物だったのか、孫に買ってやったのか、ピンクのボールを処分しないとうらめしい。孫もピンクボールは使いたがらない。どうも打感が嫌い。スイングも悪いから、なおさらこっすったような打感。(笑)ティーショットがどれぐらいショボイことか。ほんと、昨日の記事で飛ばない人の平均9番アイアンが55ヤードでその2倍がドライバーの飛距離ってことになると110ヤードで、1番ホールはそんなもんだった。(悲)

ライも良くなかった。やめときゃいいのに、4Wを打ってすくい打ちで左に舞い上がる。こうまで下手とは自覚してなかった。SWのチップはヒョンクでスライス。もう1回チップでダボ。ビギナーに戻る。

2番もティーショット、バナナフックで左ラフ。これは80ヤードってところだった。3オンして何とかボギー。

3番はパー3で、4Wで打ったと思うが、左手前エッジにかろうじて乗ってパー。これまでショットは何を打ってもこするか、左に引っ張るか、右プッシュスライス。こんなことでは日本でラウンド出来ないなと暗くなる。これじゃあ人に迷惑かけるし、だいたい高いお金払うのにアホらしい。

5番パー3は海に向かうホールで常にアゲンストの風が吹き、右手前に大きなバンカー。チップでまた乗らなかった。ほんと、愛用のウェッジがないというのはかように自信をなくす。まあいいや、日本に行ったらミズノMPがあるから。ボギー。

Img_0145

6番は唯一のパー5だが、ティーショットを左引っ張りで左ラフ。ここはリビエラCCと同じでラフはキクユグラス。タフなんだ。いつ雨が降ったのか、フェアウェイも歩くと、ぎしぎし音がするほど水気があった。4打目が転がりすぎて奥エッジに行き、ダボ。まったくしょうがないなー。

Img_0149


8番パー3は、ハイブリッド#5で本日唯一の良いショットだった。ピン右上から2パットパー。今日はグリーンの状態が悪く、4フィート以上は入らないと割り切ったが、長いのはタップインにつけ短いのは外さなかったからまだ救われた。

Img_0151_2

9番パー4、3打目をピンハイ右ラフに外した。ピンまで6、7ヤード、エッジもキクユグラスだから、下手するとボールにブレーキがかかる。難しいチップだなぁーと思いつつ9番アイアンで打ったらカップ右からカールして入ったぁーーー。チップインパー。noteheart01

パーが3つあったのに(あったのにって目標が低すぎる)、8オーバーで、このコースではかなりひどい。

悪かったのはスコアだけではない。最初の2、3ホールは大きいクラブを振ると左臀部が痛み、後半は右の腰が痛み、駐車場の車に戻るときはビッコ引く有様。帰宅しては、右足の指が攣り、アイタタアイタタと体をひきずって夕飯を作った。(笑)

これじゃあ18ホール回れないのじゃない?tulip

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ