カテゴリー「ゴルフラウンド」の記事

とうとうゴールデンウィーク/府中カントリークラブ続き




今日は昭和天皇の誕生日なのですね!不敬にも忘れていました。

ということで、すでにゴールデンウィーク。世間のお父さん、ご苦労様。

今日は男子ツァー(名古屋)も女子ツァー(静岡)も雷で中断になったし、ここらも陽射しが強く暑いぐらいで、ラウンドは昨日に変更してラッキーだった。

ところで、わたしが納得いかないのが、府中CCのヤーデージ表示。確か改造は3年前の夏に終わったと思うが、以来、ティーボックスにあるヤーデージやホール左右にある杭、地面に埋めてあるヤード表示、すべてグリーンフロントエッジまで。

しかし、スコアカードに書いてあるヤードはグリーンセンターまでなのだ。

ややこしい。息子はGPSを使っているといって、四角い箱状のものを持っていた。同伴のもう一人はブッシュネルの双眼鏡タイプ。

ランチでの会話。

わたし「日本でもブッシュネルのGPS距離計は使えるの?わたしはロスで腕時計型使ってたんだけど。」

「使える、使える。でも目測でゴルフしないとダメだよ。」(自分もブッシュネル使ってるくせに!)

アメリカで何十年とキャディーなしゴルフをやってきたから、日本でもキャディーさんに何か聞いたり頼んだりという習慣はないのだけど、昨日はときどきキャディーさんに残り距離を聞いた。

後半のホールで、ティーショット、セカンドと順調。3打目がグリーンまでかなりの上り傾斜。カートを出ようとするわたしに、「60ヤード無いぐらいですね」とキャディーさん。

わたしはAWとPWとSWを持っていった。ボール近くに立ち、えらい遠くに見えるなと思っていると、キャディーさん「70ヤードはありますよ。少なくとも70ヤードですね」

はぁー?フェアウェイど真ん中にいるのはわたしだけ。どうみても、わたしに言ってるのでしょ?さっき、60ヤードないって言わなかったっけ?

グリーンは見上げるようで、ピンはアゴが高いバンカーの後方。そりゃ60ヤードどころじゃないわねー。

わたしにはPWで届くまい。PWの快心ショットで、ぎりぎりフロントエッジだろう。カートははるか右端。とりに行く時間がない。わたしは絶望的な気持ちで、PWを打った。

当たった、健気に快心が打てた。同伴者からナイスショットの声。しかし、アゴの上にラウンドして、酷くもころころ落ちてバンカーへ。わたしは唖然として声もない。苦い思いと共に、わたしは深く反省した。キャディーのいうことに耳を傾けたのが悪い。

では、ざっと後半のOUT9ホールのレポート。スタートホールのティーボックス周辺。

1behindteebox_s

1番パー5、ゴールドから445Y。1W、4W、4W、AW◎、2パットボギー。

1tee_s


2番パー3、ゴールドから124Y。4Wは右へ。フェアウェイからもティーアップしても、4Wが打てない。猛練習しないとなー。SW◎、パット入れられず。ボギー。

2par3_s

↑八重桜。ほかにも何本かあった。こんなに薄いピンクの八重桜は初めてみた。可愛らしかった。

3番ゴールドから341Y。1W、4W×、7番アイアン×(泣)、SW△、ダボ。

3tee_s_3


4番ゴールドから304Y。ここもグリーン右手前は池。1W〇、ハイブリッド#4〇、SWチャンクshock、もう1回SW△、長---いパット入れてボギーセーブ。ひぃーっ

4tee_s

↑ここは見た目が良いホールで好きです。

5番ゴールドから325Y。ティーショットのスイングをビデオで撮られている愚息。スイング悪く、結果も悪いものだから、オジサン二人にあれこれ直され気の毒だった。

5tee_s

恥ずかしいからやめてくれというのに、わたしもビデオを撮られ、緊張感が良かったのか(笑)、ドライバーが本一の快心。いや、本一どころか、去年1年間も合わせて一番のショットだったかも。しかし、そのあとがお約束のダメダメで4W、ハイブリッド#4、そこから更に2打かかってオンしてダボ。

6番ゴールドから331Y。331ヤードといってもどう見てもプレー距離長し。ここがキャディーさんが60Yも無いぐらいと言ってから前言翻したホール。バンカーのアゴは背より高かったと思うが、1発で出して、パットまで入れてボギーセーブ。(笑)

6tee_s


7番パー3、ゴールドから133Y。4W×、砲台グリーンにかなりショートしたので、ピンまでの距離を歩いて見に行く。あげく、SWのチップをダフって40cm前進。あーーーーーと天を仰ぐ。

「グリーンまでわざわざ上ってみて、(結果は)それなの?」と嫌味言われる。こいつとゴルフするのはほんと嫌だ。次のチップ、SWでベタに寄せボギー。

7par3_s


8番ゴールドから346Y。今日はドライバーでは大ミスは1回もなかったが、それにしても5番でビデオを撮られて以来、快心ティーショットが続く。4W頭叩きチョロして台無しに。4W、SWで寄せてワンパットボギー。今日もワンパットがなかったら、悲惨なスコアになったところだ。

8tee_s


9番パー5、ゴールドから409Y。1W、4W、4Wとミスがなかったが、SWでオン、パーセーブパットは惜しくも入らず。ボギー。

9tee_s


後半は47、13パット。

トータル97。18ホール、パー無しってのもすごいが、このコースで30パットは嬉しい。

初めて府中をプレーしたとき、砂が詰まった硬くて高速ベントグリーンで、確かラウンドで3パット5回した。後にも先にも、あれほど速いグリーンは経験がない。

改造時に替えたのか、今は「シャーク」という名前のクリーピングベントグリーンだそうだ。グリーン面がスムースでパットしやすかった。スティンプメーターは幾つだったんだろ。わたしには好みの速さだった。

ということで、コースは違うものの、前回から9打縮めた。(爆)

昨夜から、7番アイアン(ロフト31度)とハイブリッド#4(キャラウェイ、22度)の間のクラブをネット探している。ハイブリッド6番か7番か・・。


にほんブログ村

府中カントリークラブ

やって来ました、府中。前回ここを回ったときの記事を探すのに30分もかかった。(笑)

日本のコースはどこも初めてか、せいぜい2回ぐらいのラウンド経験なので、いつもホールの設定に不慣れ、グリーンはさっぱり読めないで、下手くその上にもスコアに出来ない。ここはもう4回目だから、いい加減ましなスコアを出したいもの。

【訂正】ゴールドティーからの距離が間違っていたので、記事アップ後に訂正しました。

またしても、INスタート。最近はINスタートばっかりだから、どうってことなくなった。こう下手くそだと、18ホールのコースデザインの流れも関係ない。(卑下一直線・・爆)

10:08スタート。

10番パー5。ゴールドティー(一番前)から435Y。今日はiPhoneのバッテリーが切れないよう、1ホールにつき1枚の画像。

今日の目標:ミスショットを恐れず、思い切りスイングする!(笑)

最初は遠慮気味のスイングになり、1Wそこそこ、あとはミスが続き、5オンで4フィートにつけたが、パットがへなってカップにも届かず、(オーマイゴーッ)、ダボ。

10tee_s


11番パー3。ゴールドから136Y。(画像はどれもクリックで拡大)左半分はアゴが高いバンカー。ピンとグリーン右端の中間を狙ったが、4Wでそう正確なラインが出せるわけない。グリーン右から、ころころと右に落ちる。よーく見たら右もバンカーがあるじゃないの。

このバンカーからシャンク。バンカーショットをシャンクする人がいるとは知らなかった。右ラフからチップでなおショート。(なんなの!)ファーストパットが強すぎ、セカンド外し・・(オーマイゴーッ)

同伴者「7だな」

わたし「ノー、エイト」

同伴者「いや、7だよ」

わたし「あーそうお?」

頭のなか真っ白で数えられない状態。

11par3_s


12番はバックティーとレギュラーティーの右側はフェンスが立ち、前で打つ人はここで待機。桜は終わっていたが、サツキやつつじが綺麗だった。

12cartpass_s


12番ゴールドティーから304Y。今日は1Wでひどいミスショットは一度もなく、セカンドから全然ダメ。ユーティリティー#4×、7番アイアンで右バンカー。7番アイアンでスライス(泣)。しかーし、バンカーから出したあと、長いパット入れてボギーセーブ♪

だからゴルフはやめらない。

12fairway_s


13番ゴールドティーから292Y。このホールはホール半分から少し左に曲がり、グリーン右手前に池。その辺りはフェアウェイが非常に狭い。わたしの飛距離だと、ティーからはファアウェイ真ん中狙いで打てる。

・・・が、なぜか少し左ラフにかかる。セカンド、間違っても池のほうに転がらないよう、ユーティリティー#4でグリーン左手前のラフぎりぎりにレイアップ。SWでチップ。全てが作戦通りいったのに、パット入らずボギー。

13tee_s

14番ゴールドティーから280Y。ゆるやかな左曲がり。ずーっと上り。1W、4Wで、ここからSWでダフり、ダフり、最後52度でランニングアプローチ(?・・爆)、1パットダボ。(-_-||

14tee_s


15番パー5、ゴールドから403Y。1W〇、4W〇(わたしの自己採点は甘い・・笑)、7番アイアン×。

この前、川崎国際回ったときも思ったが、アイアンが7番より上がないのは切実な問題だ。その次のショートフェアウェイウッドじゃあ距離が出すぎてグリーンを突き抜ける、7番でよほど快心でないと乗らないという場面、いつも力んで大ミスになる。今日も一日中、同じことの繰り返し。何か工夫せねば。ここはパー取りたかったが、ボギー。

15tee_s


16番ゴールドから317Y。1W、4W、7番アイアンようやく◎でオン。ボギー。

16tee_s


17番ティーボックス後方の斜面。このコースはたとえ花がなくても、木々がとても綺麗だと思う。

17teebox_s

17番パー3、ゴールドから137Y。「このコースのパー3ホールは難しいと思う」と息子に言うと、「俺にはどのホールも難しい」と答えた。(笑)グリーンが砲台、手前にアゴが高いバンカー。しかし、奥にOBがないところが良い。(笑) 上ってるので思い切って1Wに。方向悪く、右バンカーへ直行。ボギー。

17par3_s


18番ゴールドから339Y。このホールはだらだら上りで、フェアウェイも広く、どうもパー5に思えてしょうがない。(笑) 1W,4W、7番アイアン×も結果オーライ。ボギー。

18tee_s


川崎国際のときより、かなり内容もスコアも良かったと思ったのに、数えてみれば50だった。がっくし。後半頑張らないと、三桁は切れないなぁ・・・。

前半、2時間17分!このぐらいのペースで回ると体が楽だ。前の組が高齢のご夫婦2サムで、ティーグラウンドやセカンドで待つホールも多かったのに、このペース。

2年前に回ったのは5月3日だったが、画像をみるとはるかにフェアウェイもラフも青々としていた。今年は4月に雨が少なかったせい?

日本のゴルフのランチブレークにはすっかり慣れ、ハーフ上がると楽しみにクラブハウスに向う。打数叩くから、疲れるからじゃないの?ははは


にほんブログ村

川崎国際生田緑地ゴルフ場後半

わたしも先日のラウンドを深く反省し、若い頃でも運動神経は悪く、体内リズムはゼロ、スイングスピード遅く飛距離しょぼい・・・それでも練習大好き、努力の人で(爆)、なんとかゴルフをしていたのに、全てが衰えた今、5ヶ月クラブも握ってない状況でコースに出るとは何様のつもり?人に迷惑をかけてラウンドするようになっちゃあ、オシマイでしょと、今日は練習に行きました。

最初の10球はどトップやシャンクが出て、ゴルフ忘れたかと思った。テークバックのトップの位置で左肩がアゴを追い越す、フォローでも右肩がアゴを追い越す・・・ということを思い出すのに、50球かかった。(哀)

わたしにはめずらしく100球以上打って、7番アイアンだけはモノにした。(えっ?)

ということで、リベンジに行くぞと。

このコースは井上誠一の初期の頃の設計だそうだが、トリッキーでもかなり良いコースではないかと思う。初めて回って、しかもゴルフにならないひっちゃかめっちゃかの内容だったにもかかわらず、写真を見るとほとんどのホールを覚えていた。後半はOUTの9ホール。

1番パー5。INもOUTもパー5で始まるコースは初めてかも。ランチには天ぷらそば、お腹いっぱいすぎて、だらだらと悪いショットが続き、ダボ。

1tee_0979_s


1番グリーン。何でダボにしたか覚えてないが、大方グリーン回りでヘマをしたに違いない。フェアウェイとグリーン以外、芝はまだまだ刈れ色。神奈川や東京のほかのコースも似たようなものでしょうか?

1green_0980_s


2番パー4。ティーショットは◎、あとは4W、7番アイアンと大ミス。バンカーショットはまあまあだったが、2パットダボ。ここのバンカーのほとんどが砂が硬く(雨が降ったのだろうか?)、砂が少ないと感じるところもあった。距離は無視して、大きく振った。グリーンの写真撮る余裕なし。

2tee_0982_s


3番パー4。赤から220Y、バックからでさえ290Y。短いから簡単などと思ったら大間違い。

3tee_0984_s


3番グリーン。男性諸氏はセカンドがフェアウェイの左右にこぼれて苦労していた。わたしはセカンドの8番アイアンがグリーンにちょっと足らず。這うようにグリーンそばまで歩き、距離を確認してSWでチップ。ボギー。

(同伴者の方、カメラに入ってすみません。)

3green_0985_s

4番右曲がりのパー4。このホールはおもしろい形だった。ティーショット〇。

4tee_0987_s


5番ホールと隣接しているので、左カート道は網のトンネルになっている。中を花で飾ったら、長いブライダルアークだ。男性3人は、いつもそうしているのか、それともわたしを年寄りといたわってか、ほとんどカートに乗らず、わたし一人で独占。

4cartpath_0988_s


残り150Yくらいからだろうか、フェアウェイは右に曲がり、曲がる内側は崖でその下がフェアウェイのように青々とした芝。まあ、大きいグラスバンカーのようにも見える。

ティーショットはミスしたが、あとは順調で、3打目はフェウェイど真ん中の絶好の位置から、グリーン左端ねらってハイブリッド#4打ったら、あいにく快心すぎて突き抜けて奥のフェンスへ。トリプル。

4fairwaygreen_0989_s


5番パー4。ティーショット〇。前のホールからこのホールにかけて雨が降ってきた。大したことはなかったが、みんな大急ぎでカッパを着、傘もさした。

5tee_0992_s


5番グリーン。1W〇、4W△、7番アイアンはショットは良かったがバンカーへ。長ーいパット入れてボギー。この日はパット数は多かったが、ストローク自体が悪かったのはたぶん3回ぐらいだったと思う。

5green_0993_s


6番パー3。赤からベントグリーンは100Yとある。7番アイアン、とんでもないミスショット。SWのチップ〇。いくらもないところから3パット。(呆れ) 最後の数ホールはタフなコースに精魂尽き果てた感じ。(苦笑)

6par3_0995_s


7番パー4。この屋根つきティーグラウンドでは、天井に当たった場合、無罰で打ちなおし出来るローカルルール。男性達は一人が当てると複数回当て、その次の人も同じことをやって、みんな大笑い。ネットから出たところに赤ティーとゴールドティー。

7tee_0996_s

7番グリーン。スコアカードには何の記載もなく、スコア6、パット数2のみ。

7greenflag_0998

8番パー5。せっかくの景色なのに、男性陣は鳥かご練習場のようでお気の毒。なんとこの後、iPhoneのバッテリーが切れてしまった。100%充電で、写真撮影はバッテリー食うのですねー。(驚)

8tee_0999_s


1W◎、4W◎、3打目の7Wがミスショットでグリーン左。そこからチップをディップ(もうダメ)、チップもう1回まだ乗らず(ジョーダン・スピースの心中いかばかりか)、パターで寄せてダボ。

最終ホールになる9番はパー3。ここも夕方で、よく見えない中、プレッシャーがかかる見た目のホールだった。赤から124Y。上っていたと思う。同伴男性には良いショットに見えたようだが、行ってみたらボールがない。右の土手に落ちていた。気が遠くなりそうだった。ダボ。後半も53で、パットは17。

あんまり下手で、人も誘えない按配。まったく、情けない。暑くならないうちに、あと1,2ラウンドしたいもの。

コースの印象総括。

こんな内容で言うのも憚られるが、コースはわたしの好みです。ロスで好きだった、インダストリーヒルズの、ベーブコースに少し似ている。それから、ロスから1時間余の、ワイン産地のリゾートコース、オーハイバレーにも似ている。

トリッキーという意味なら、上記2コースのほうがもっとトリッキーだろうが、川崎国際ほど毎ホールにアップダウンが極端ではない。

日本のこういう狭いコースの難しさは、フェアウェイから外れると、ボールはコース内でも傾斜のきつい土手で、危険で降りていけなかったり、フェンスにボールが寄りかかっていたり、つまりあるがままにプレー出来ないこと。もう一つはグリーン回りがOBや、崖、林に近くて、外すと3打増、4打増につくこと。

ロスのコースは(はげていない限り)、フェアウェイもラフも芝が強いので、少し外してもプレーヤブルの場所で止る。そこから、次のショットがあるかどうかは、コースマネージメントと、ゴルファーの技量による。

わたしには無理だが、このコースは真夏、芝が元気なときに来たら、おもしろかろうと思う。(ちなみに、同伴者によると夏は風が通らず、無茶苦茶暑くなって倒れるぐらいだそうだ。)

最初の1,2回はキャディー付きでプレーしたら、ずい分助かると思う。次はキャディー付きの組に入れてもらおう。(笑)

コースサイトはこちら


にほんブログ村

川崎国際生田緑地ゴルフ場初挑戦

今日は水曜日、ここらはさきほどから27度。気温が上る予報だったので、多摩市の母宅を午前中出てきたが、それでも暑く、ゴルフどころの騒ぎじゃないなと思った。

帰宅後、やっと画像を整理。1ホールにつき、ティーグラウンドからとフェアウェイからグリーン方向、あるいはグリーンのみと約2枚撮ってきた。初めてのコースで、頭も混乱、ゴルフも混乱で、ホールの説明は不正確かもしれませんが悪しからず。

クラブハウスは2013年新設したそう。裏手では宅急便で送られたゴルフバッグがずらりと並んでいた。かなりの数の従業員がいました。市営ゴルフ場とは思われない。(画像はどれもクリックで拡大します)

Clubhouse_0946_s

練習グリーンから覗きこんだ18番グリーン。フェアウェイや右ラフからアプローチショットを打っている人達が全員ショートしていた。かなりの上り傾斜なのだろう。↓

18greenfromabove_0948_s


本日のグリーンはベント。あな嬉し。ベントグリーンは最も素直なグリーンと思うし、コーライグリーン使用より200ヤード短い。スティンプメーター10.5はわたしに言わせれば速い。特に強風下では。

Stimpmeter_0950_s

INスタートでした。10番パー5、いきなり見苦しいフェンスが頭上に。昭和27年(1952年)開場、丘陵の地形をそのまま使ったコースなので狭いからと思われる。レディースティーとゴールドティーはほぼ常に前にあるので、うとおしくなかった。(笑)

10tee_0953_s


1W、5W、3打目の5Wが奥エッジまでいき、それからパターで寄せてパー♪

ショットはどれも△印ぐらい。ちなみに、2年前だか日本で買った、キャラウェイXRの4Wはシャフトが硬いし、傾斜ライから打ちこなせないことを想定して、のっくさんに昔譲ってもらった5Wと7Wも入れていった。(画面右、まだ桜が残っています)

10fairway_0954_s


11番パー4。こう上っていちゃあ、赤ティーから275ヤードでもわたしにはパーオンは望みなし。

11tee_0955_s_2


1W、5W、SWのチップショットは良かったが、パーパット入れられず。(泣) ボギー。11番グリーン。ポテトグリーンでもなく、手前から奥に上っているでもなく、へりがちょっと下がっているパンケーキのようなグリーンは、読むのが超難しい。神奈川や静岡で回ったコースは、こんなのが多いと感じる。(ま、2,3のコースしか回ってないが・・・笑)

11green_0956_s

12番長いパー4。ティーショットも実に打ちにくく感じる。察するにフェアウェイ左の小さい木と真正面に見える木の間を狙った打ったのだろう。1Wはフェアウェイど真ん中。

12tee_0957_s


そうしてこのホールは右にぐーんと曲がっていく、しかも上り傾斜で。これは途中からフェアウェイを振り返って撮った。1W〇、5W△、9番アイアン〇(たぶんライが悪かったから、花道に出した)

12fairwarfromabove_0960_s


Aウェッジのチップをチョロし、ショックのあまり3パット(爆) トリプルにしてしまった。しかし赤から上りドッグレッグで、395Yをパー4とはタフすぎる。

12green_0959_s


13番、右グリーン。赤ティーから115ヤード。強風アゲンストだったが、パーが取れそうなホールはほとんどないのでここはパーが取りたかったー。同伴者の男性が「グリーンの右行くとショットがないよ」

7番アイアン、左に引っ張った。左の高麗グリーン右の土手へ。転がり落ちてグリーン左ラフ。しかーし、左足下がりのライ。あ~あ。SWのチップは良かったがボールは止らず。ボギー。

13par3_0962_s


14番パー4。パー4のほとんどが、これでもかという上り傾斜で、くたびれる。ショットの良し悪しを書く余裕もない。1W、5W。

14tee_0963_s


14番グリーン。3打目は何で打ったか書いてないが、ピンの上につけた。ファーストパットがグリーン外にこぼれ(笑)、実質3パットのダボ。ここもグリーンまでずっと上り、赤から345Yはタフ。

14green_0964_s


15番パー4。この上り、どうです?わたしはティーショットがフェアウェイをUターンしないか冷や冷やした。丘のてっぺんにフォアキャディーがいる。フォアキャディーをつけているホールが3つはあった。こういうところも市営とは思われない。行き届いている。さすが東急。(爆)

15tee_0966_s


15番グリーン。1W△、5W〇、52度ウェッジ×。下の画面、手前左側のヤブへ。ウェッジのミスが多く、腐る。ダボ。

15green_0968_s

16番パー3。高麗グリーンが左で高く、ベントは右と、13番パー3にちょっと似てるが、こっちのほうが距離がある分、威圧感が(笑) 

5Wがとんでもないミスショットで、右土手下へ。フェンス際にボールがあると同伴男性が教えてくれたが、そこまで降りるのはかなり危ない下り傾斜で、「転がり落ちて骨折でもしたら目も当てらないからいいです」。

次なるチョイスは前進4打って。(怒) パー3ホールの前進4打は毎度血圧が上がる。なに、それは、池に入れたじゃなし。SWのチップはショートしたが、長ーいパット入れてダブルボギーセーブ。(笑)

16par3_0970_s


17番パー5。このコースで唯一、雄大なホールかも知れない。この池はプレーにかかるほど大きくないが、赤ティーはいずれその前。

17tee_0971_s

1W△、5W△、フェアウェイから4Wが快心。打てば打てるもんだと思った。ところが、4打目、上り傾斜を読んで7Wを選択したら、グリーンを突き抜けた。ボールは奥バンカーの奥アゴ寄り。左足下がりのライ、バックスイングする隙間がなく、ボールは上がったがバンカー内。それからオンして2パットのトリプルー!パー5でトリプルは痛い。

17fairway_0972_s


18番パー4。男性達に、フェアウェイ右半分が見えているほうに打つのかと聞いたら、いやいや突き抜けてしまうから(手前の3本の)木越えショートカットで打つのだそうだ。わたしは池の前からで、1Wは本一の当たりだった。

18tee_0973s


18番グリーン。本一ドライバーショットの後がドラマで。(爆) グリーン手間には大きなバンカーが。アゴが高いので、1発で出せるか怪しい。そこでわたしは9番アイアンでバンカー手前の台になっているところに上手いことレイアップした。赤丸がわたしのボール。

黄線:何でもないチップのはずが、すぐ右のバンカーへヒョンク。(唖然) 青線:バンカーからは一度で出たが、左グリーンへの傾斜がきつく、ころころと転がり戻る。チップで左グリーンに乗せ2パット、トリプル。またトリプルー!

ぜひクリック、拡大して見て下さい。人の不幸は蜜の味。(-_-;)

18green_0974_shot_s


やっとハーフが終わった。暑いし、頭はカンカンして自宅から持って行った保冷剤で頭を冷やす有様。もううちに帰りたくなったが、払う値段を考え我慢することにした。(笑)

スタート前に、キャディー室の前にいた人が、「今日はたくさん入ってますから・・」と申し訳なさそうに言っていたが、なるほどプレーペースは遅かった。2時間45分か50分かかったのではないか。

スコア53。今、電卓で再確認。(笑)パットはたぶん17と思う。ということで、ランチの後の後半、INの9ホールはまた後刻アップします。


にほんブログ村

タフ、タフ、タフ!川崎国際生田緑地ゴルフ場

昨日は無事にラウンドしてきましたが、腰は痛く、肩と首ががんがんに凝り、頭は痛いし(熱中症になりそうだった)、帰宅したら口きく元気もなし。口きく相手もいないからいいけど。(笑)

ラウンドレポートを書くなど論外な疲れ方でした。今日は日曜日ですが、今から急いで仕度をして母宅に行かねばならないので、2,3の画像だけアップしておきます。来週帰宅したら、詳しいレポートを書きます。スコアはお金分叩きましたよ。(笑)

たくさんの写真のホール名を整理していないので、ランダムに。

神奈川や静岡のコースも山岳コースといっていい傾斜がきついコースは幾つもありますし、ロス近郊でもありますが、これほど毎ホール傾斜がきついコースは初めて見ました。

Img_0955


レギュラーティーグラウンドから、のぞくのも恐ろしいようなホールもありました。レッドティーはたいてい前のほうにあって、くぼ地や池はプレーにかからない。

Img_0966


↑足柄森林もこういうホールがあったけれど、このホールはそれよりきつい傾斜でした。

Img_0993


ひぇーっという打ち下ろしから、ひぃーっという打ち上げ、それに悪魔のような口をあけている深いバンカー。このパターンが多くて。(笑)バンカーは砂が少なめ、固め。グリーン手前のバンカーはアゴが高いのばかり。

Img_0980


グリーンのコンパクション23と表示があったが、誰のピッチマークもつかなかったし、わたしに言わせると硬くて、何で打っても、手前から転がせてもグリーン上で止らない。奥に転がるとバンカーか、フェンスの麓とかで、グットショットもへったくれもない。(笑)

奥あごに近く、左足下がりのライからのバンカーショットとあともう1箇所以外はすべて1回で出たのは我ながら上出来だった。バンカーに入ったの数え切れず。

Img_0977


↑右下はOUTコーススタート横の練習グリーン。奥に見えるのが、コース入り口に近い分譲マンション。左の建物に愚息の友人が住んでいたが、最近引っ越した。高そうだけど、ここに住んで、しょっちゅうゴルフしたら楽しそう。でも近くにスーパーも何もなかった。(笑)

プレー費は週末セルフレートで、20,960円でした、飲み物と天ざるそば+消費税+利用税で、トータル23,014円。高すぎることは確かです。特にわたしのスコアを考えれば。(笑)

平日セルフはこれより7,000円ぐらい安く、レディースデーやシニアデーなど利用すると、1万円ちょっとでプレーできる。薄暮れプレーもあるそうなので、調べてみようと思う。9ホール回って、ショットとスコアメークを鍛えたほうがいいかも。

ということで、また来週。


にほんブログ村

足柄森林カントリー倶楽部後編

ここらは(横浜市東部)雨で、まだ雪になっていませんが(さっきからいつ雪になるかと楽しみに窓を覗いている・・笑)、雪ならば観測史上初の11月の降雪だそうです。

日本の気候はネットニュースで知るよりはるかに厳しく、わたしは既に寒くて着るものがありません。ロスから充分に持ってこなかったではなくて、ロスでも日本で通用するような冬着は持っていないのです。

昨日(23日)は娘と横浜のショッピングセンターに行き、防寒ブーツを買った。暖かい、滑らない、防水が目的なのでスタイルは頓着しなかったが、あれこれ履いてみると娘が「それは足をが大きく太く見える」とか「んーん、それもあんまり良くない」とケチばかりつける。

「あなたねー、ママの足は大きくて太いんだから、どのブーツ履いても魔法のように細く見えるわけないじゃないのよ!」

ABCマーケットという靴の店で買ったが、売り場のお兄さんが、かなり丁寧に教えてくれて、助かりました。ホーキンズというメーカーだった。

ゴルフ後編が遅くなりましたが、後半はOUTの9ホール。

ちなみに、平日プランで昼食付き、レディースは1万円ぽっきり。しかし2サム割り増しで2千円ばかし取られ、コーヒー2杯と冷たい飲み物を買ったので1万3千余円でした。わたしは赤の他人と回るのはアメリカでしなれているし一向に平気だが、婿はわたしと回るときは2サムで知らない人と回りたくないようです。

「いやー、お母さんと回ると楽ですねー。コンペやると必ず下手なヤツをくっつけられてハンディ40なんてのが入ってきますからね。面倒みるのに大変でスコアになりませんよ。」

ほぉーっ

2千円も割り増し取られてアホらしい、それにゴルフは初対面の人と出会い、数時間一緒に過ごすのも醍醐味の一つだろうと思うが、前の2サムのオヤジを見てたら、あんな人と18ホール付き合うのは耐え難いに違いないと思う。

フロント9の後半でショットの調子が良くなっていたので、後半はスコアを縮めるぞ、と意気込んでスタート。

★ここまで書いたところで、外は雪だぁあああああ!Yay!現在24日朝6時半。

(ロスじゃあ雪も降らず、霜柱もできないから、もう雪は20年近く見てないと思う。)

もう少し明るくなったら写真に撮ってアップしましょう!(雪がめずらしいのはわたしだけ。)

ということでお仕事に行かれる方、大変ですね。ご苦労さまです。うちの孫達は連休で学校がありません。

S1_tee_par5

↑1番ホール、パー5、赤から430Y。これも日本の秋らしい景色が良いホールです。

このコースは全て2グリーンでたいていは左右に位置しているが、このホールは奥と手前にグリーンが並ぶ。前のグリーンの前にバンカー、奥のグリーンの右手前のバンカーがあり、アプローチショットの番手と落としどころに注意が必要・・・とカートに付いたホールのイラストを見て思ったが、ティーショットが左ファーストカット、2打目3打目と4Wをミスショットで、賢いマネージメントを発揮する場もなく。(爆)

S1_back_green

↑1番奥グリーン。アプローチショットの距離が残り、ハイブリッドの4番でナイスオンしたが、長い上りのパットで、案の定3パット。あぁあぁあぁー。前半も最初のホールで3パット、後半も同じ過ちを犯した。ダボ。

S2_tee_uphill

↑2番パー4、赤から278Y。278Yと言われても、こんなアップヒルじゃあねー。1W◎、4Wそこそこ、3打目のPWを大ミスショット(お前なんか死んでしまえ、ぐらいひどいミスショットだった)、しかしSWのチップが寄り、ボギーセーブ。

3番パー5(写真なし、午後は暗いホールも多かった)、赤から339Y。赤からこんなに短いのはこれまた谷の向こうにティーグラウンドがあるから。ショットの出来は書いてないが、1Wのあと、4Wを2回打ち、最後は2年ぶりで使ったAウェッジでオン。持っていることも忘れていた。わたしの日本用アイアンはONOFFのレディースですが、打ちやすいことこの上ない。ほんと、簡単で、初めてでも久しぶりでもすんなり打てる。ボギー。

S4_tough_par3_right_green

↑4番長い上りで、とてもパー3には見えない。赤から170Y。1W快心でも届かないところ、当たり損ない、まったく届かず。SWで良いチップ打ったのに、またしても根性なしでパーパット入れられず。いつからこんなチキンに?ボギー。

S5_tee

↑5番パー4、左曲がり、赤から273Y。3オン2パットボギー。

6番パー4(写真なし)、255Y。打ち下ろし、セカンドから打ち上げ。スマートフォンのバッテリーが残り20%になったので写真けちる。(笑) またしても3パットのダボ。情けない。

S7_down_hill_par_4_right_green

↑7番パー4、赤から302Y。「豪快な打ち下ろしで・・」云々とコースサイトに書いてあるが、わたしには鬼門ホール。ティーショットが当たると、セカンドでフェアウェイバンカーに届きそうな距離になるので、この日はハイブリッド#4で。それが少し右めにで、いや少しどころか右の上り傾斜のラフに行きshock、爪先上がりからの3打目を上手く両グリーンの下に打った。

しかーし、薄いライからのチップをSWで怒トップ、向こう側のエッジまで行き(ご苦労さん)、そこからパター使ってショート(言葉もない)、プラス2パットで「7」。

山とて、もう写真は上手く撮れず、8番パー3、赤から128Y。奥が浅くOB(怒)なので、ハイブリッド#4で控えめに打つ。グリーン前にショート、そこからのSWのチップも控えめ。娘婿が「奥がOBだから打てませんよねー」と笑う。2パットボギー。

9番パー4、282Y、最後微妙な距離のボギーセーブパット入れて、「良かったー、ボギーで終われて。」

というわけで、後半OUTは49。トータル99。日本でゴルフすると100切っただけで嬉しくなるから不思議だ。

ラッキーなゴルフ日和でした。朝コースに到着した時は寒かったが、プレーし始めるとすぐに1枚脱ぎ、2枚脱ぎ、ランチ前1時間は半袖ゴルフシャツで回った。最高気温19℃ぐらいだったと思う。

プレーペース、後半は1:21pmスタート、3:55pm。前半2時間45分、後半2時間34分。何だこれは!

余談、足柄森林のメンバーの人に、「99は立派なスコアだ」と言われた。( ̄ヘ ̄;

パット数38。3パット4つ。コースサイト


にほんブログ村

2回目の足柄森林カントリー倶楽部

thinkここも昔はそこそこのカントリークラブだったのでしょうか、キャディー付きプレーがあるのかないのか、スタートの世話をする女性、コースでグリーンの修理をしている方、コース内を走ってお客のクラブを届ける人、お客がどこかに置いてきたクラブを見なかったかと聞いていく人、どう見てもベテランキャディーだ。ここに娘婿に連れてきてもらったのは二度目で、彼はウェブで申し込むのだけど、おそらくこのコースが好きなのでしょう。

クラブハウスから見える富士山・・・どころかコース到着までの道路から見える富士山は、ああ生きてて良かったの感概。わたしはブログでも書くし、人にも我が意見を押し付けるが、♪富士はぁー日本いちぃーのぉーやまぁー、どころか富士山は世界一の山ですぞ。

あのユニークな山容、近くにほかに大きな山がなく、遠くから冠雪した美しい姿が見えること、それらの条件に恵まれ世界一なのです。(ほかの山は見たこともないが・・coldsweats01

ということで、我々は最初からご機嫌です。スタート時間は遅く9:55am、インから。前に回ったときはどっちからだっけ?ともかく10番ホールは全く記憶になかった。

☆画像はどれもクリックで拡大します。富士山が入っているものは画像を大きくしてあります。

S10_hole

上10番パー5。まあねー、ロスを出る前から、ここ1ヶ月半で練習場に行ったのが1回、ボールにコンタクトすれば上出来・・・というロー・エクスペクテーションで。いつものように番手とショットの出来なんぞ書いている余裕はなかったのだけど、最初の数ホールはティーショットが乱れ(爆)、ともかく3パットのダボ。

日本でゴルフすると、いつも3パットが多いが出だしホールからとは情けない。

S11_tee

↑11番パー4。ティーショット打ち下ろし。

S11_left_green

↑11番グリーン。11月のラフはフェアウェイより打ちやすいとかいうけど、この日はそんなことなかった。(爆)前日雨が降ったのか、濡れていてきついラフだった。そんなわけで、4オン1パットのボギー。

S12_par3_right_green

↑12番パー3。赤から右グリーンに140Y。前回回ったときも右グリーンで、ピンも右め。あの口惜しさは忘れない。フェアウェイウッドで打ったボールはピン筋に飛んでいったのに、ランドして右に右に跳ね、グリーン右下の傾斜を転がりOB杭のすぐ外。ピンまで15ヤードもないぐらいですよ。

プレーイング4が両グリーンの下のほうに設置。

アホらしーーーっ!あるがままに打てはどうなったんだ!(怒)

で、今回はグリーン左面を狙ったが、当たりが悪く、バンカー右上のラフ。ひぃーーー、助かった。絶妙のチップしたのにパットをプッシュした。根性なし。ボギー。

S13_hole_par_4

↑13番パー4、300Y。ここでやっとドライバーが快心。やっぱりトップの位置まで体を回さないとねー。もちろん赤ティーはこの谷の向こう側。

S13_right_green_bunker_3

↑13番右グリーン。セカンドが4Wで届くかって距離だった。ボールは右グリーンの右バンカー土手を途中まで上って、無情にころころとバンカーに落ちる。湿った砂で多少重かったかも知れないが、そう難しいバンカーショットとは思えなかったのに、土手に当たってころころころ、土手に当たってころころころ。脱出に3打もかかり、エッジに出て、そこからまた3打もかかり、「8」。いつからこんなにバンカーショットが下手になったのか・・・。ぶーっ

S14_tee

↑14番パー4。iPhone6で撮っているうえ、カメラマンが下手なもので紅葉の綺麗さが伝わりませんが、素晴らしかったです。

S14_left_green

↑14番グリーン。やっと3オン2パット順調(?)ボギー。

S14_hole_fuji

14番ホールから見える富士山。

S15_dogleg_left

↑15番パー4、きつい左ドッグレッグ。

S15_left_green

↑15番グリーン。2つのグリーンの間に木があるのは何のためか?3オン2パットボギー。

S15_hole_fuji

↑15番ホールから振り返って見えた富士山。

S15_to_16_ginkgo_tree

15番ホールから16番ホールへ行く途中のイチョウの木。

S16_uphil_dogleg_left

↑16番パー4、左ドッグレッグ。このコースはレディースティーからAグリーンで5000Yちょっとだが、プレー距離ははるかにあると思う。上りフェアウェイはほとんどランが出ない。

S16_fairway_fuji

↑16番グリーン。ティーショットは上り、良い当たりならセカンドは左足下がり、何で打っても大ミスか中ミス。(笑) ここの富士山の眺めは最高だった。3オン2パットボギー。

S17_par3_right_green

↑17番パー3、右グリーン、赤から106Y。ものすごい上り、グリーンは遠く見え、パー3とも思えなかった。ピンはフロントバンカーの後ろ、ハイブリッド#4でピンハイ左ラフ。ボギー。

S18_tee

↑18番パー5、赤から469Y。ここも見栄えがいいホールだった。

S18_green_down_hill

↑18番グリーン。この頃にはショットの調子が良くなり、ティーショットはフェアウェイキープ、2打目、3打目の4Wもそれなり、4打目は9番アイアンでちょっと大きかったが・・・それほど長いパットでもなかったのに・・・前半の最後も3パットで締めくくり。あぁあぁあぁのダボ。

娘婿が「お母さんが51で僕が〇〇ですね。」

わたし「別にどうでもいいですけど、わたし50じゃないですかね?」

ランチ時間にスコア合わせして(爆)、50でした。

驚嘆のプレーペースの遅さ。最初の4ホールで1時間15分。INの9ホールは9:55スタート、12:40終了。金曜日、駐車場も空いているところが多かったし、レストランもロッカールームも人が多いようには思えなかったが、我々2サム、前がリタイヤ夫婦奥さんビギナーの2サム。その前が3サムか4サム。前のオヤジはOBでもないのに2回打っていた。ロスなら途中で帰ってるところだが、日本じゃあそうもいかないから、これが今年最後のラウンドになるだろうと思って我慢した。むっ

後半はまた次に。


にほんブログ村

4ヶ月ぶりの18ホール/見栄張り君

先日、eBayで買ったサンドウェッジを持って練習場へ行きました。いやー思いのほか良いクラブで、練習場の薄いマットからウェッジを打つのは難しいものだが、フラップショットもバンプ&ランも打てるし、きゃー簡単、簡単。smile

頑固に同じクラブばかり使ってないで、ほかのクラブもトライしてみるもんだわねー・・・・と思った。

暑さに弱いもので、夏は夕刻遅くや夜間照明があるコースでしかゴルフはしない。そろそろ18ホールやってみるか、というわけで、今日行ってきました。

最後に18ホール回ったのは5月半ば。何と4ヶ月ぶり。

ショットが良いとか悪いとか以前に体が泳いでしょうがない。ドライバーはスライスがほとんど。今日はランチョではめずらしくラフを刈ってなくて、少しでもラフにかかるときつかったー。

ラフからはほとんどハイブリッドを使った。当たったときでさえ距離がそがれる。当たらないとノーホープ。(笑)

1番パー4上りは、3打でもグリーンに届かず。ピンまで30ヤードぐらいのチップ、新しい(中古だけど)サンドウェッジをざっくりしてグリーンに届かず。次へ寄せてワンパットボギー。

*              *

話は前後するが、今日は木曜日だけどランチョが空いていて驚いた。朝10時にコースに電話したら、「何時が良い?午後2時までならガラガラだよ。」と言われた。

(今、午後2時からトワイライト割引が始まるので、そのあと1時間ぐらい混むらしい)

ゴルフ中継の視聴率は下がり、ナイキはゴルフクラブやボールの製造販売から撤退、アメリカ最大のゴルフ小売店ゴルフスミスが破産申告。その大きな原因はゴルフ人口が減っているからと言われる。ランチョも夏休みこそ、親子連れや里帰りの学生など、普段出て来ない層が来て混んでいたが、それが引いたら、ガラガラになった。

Rancho_510tee

これは1番フェアウェイから右横の5番ティーグラウンドと10番ティーグランド方向を撮ったもの。2サムや3サムがぽちぽち回っているという感じ。80年代、90年代のめちゃ混みのランチョを見てきたわたしは、信じ難い思いだ。

2番女性にパー5、3打で届かず、グリーンすぐ下からサンドウェッジのチップはランドして右に跳ねた。おかしいな、傾斜は右から左のはずなのに。ボギー。

今日は同伴者に恵まれなかった。年配男性と2サムでスタートしたが、2番ホールの途中から後ろから来た若い男性が合流した。その人はフェアウェイからのセカンドを右のツリーラインへ打ち込む。そこからのショットがグリーン下で止る。わたしとジーサンはグリーンにオンして待っている。

男「あー、だからグリーンに乗らなかったのか。」(ライが悪いから蹴上がらなかったのだと言いたいらしい)

(何言うとるか、あそからグリーンオンしたヤツ見たことないよ)

男「このチップ入れてパーか。」(いーからさっさと打て)

(チャンクしてグリーンに乗っただけ)

男「ドロップすればよかったな。」(ああ、チャンクしたのはライのせいだとも!)

彼は2パットダボだったのだけど、人はどうしてこう見栄を張るのだろう?ゴルフ下手なヤツは山ほどいるんだから、いちいち説明せんでよろしい。

3番パー3、フロントティーから123Y、バックピンでプラス12ヤード、風アゲンストで距離は145Yぐらいと思ったんだけど、4Wが当たってピン筋。グリーン奥エッジぎりぎりまで行ってしまった。2パットパー。ありゃハイブリッド3番打つべきだった。

4番右ドッグレッグパー5。4打目の9番アイアンがスイングにならず、大ショート。最近アイアンが打てなくて困ったもんだ。ダボ。

5番上りパー4がとんでもなくて、ティーショットがスライスで右の木に当たり、隣ホールのラフへ。フェアウェイのほうが上がっているので、ハイブリッド3番で叩き出すつもりがあいにく芯食って(笑)、反対側のラフへ。

このあと同伴の男二人が実に失礼で、左ラフから打とうとしているのに、前方のファウェイにいてどいてくれない。わたしは何度も、「エクスキューズ・ミー」とか「ウオッチアウト!」と叫んだ。ジーサンのほうは多少耳が遠いのはわかってるが、若いのが聞こえないはずがない。

聞こえようが聞こえまいが、3サムでわたしの姿が見えないのだから、どこに行ったんだろうと見回すのが普通だろう。ほんと人間の品が悪いと、ゴルフのマナーも悪い。ランチョで20何年ゴルフしてきたが、こんなひどいのは見たことがない。このホール、トリプル。

ジーサンのほうは高齢だから、歩くのや動作がのろいのは仕方ないとして、手順も悪い。ティーグラウンドでティーを刺してから、おもむろにグローブをポケットからだしてはめる。

笑ったのは7番パー4で、グリーン左バンカーそばのラフからのチップショット、なかなか打たないなと思ったら、乗用カートに戻ってブッシュネルの距離測定器をひっぱりだしてきた。それでピンを見て距離を測ったときはよっぱど写真撮ってやろうかと思ったけど、やめといた。

わたし、このホールでもグリーン前、左足下がりからのチップでサンドウェッジをざっくり。ボギー。

8番パー3、ドライバーのティーショットは良かったがグリーンに少しショート。12ヤードの上りチップショット、ざっくりもトップもしなかったが、狙いよりボールが右に跳ねる。なーんか、スイング軌道とフェースに当たるところが悪いんだろう。ボギー。

Taylormade_rac_1

これがeBayで買った、テーラーメイドのracウェッジ。(直射日光が当たるところで撮るのは難しいですね。coldsweats02)何年前ぐらいの型なのか知りませんが、非常にコンディションが良い中古でした。56度、バウンス角12度。

Rancho_9thfairway

9番パー4。ここもアプローチショットの9番アイアン打てず。最悪。フロント9は、何と50。shock 11オーバーや12オーバーはたまにあるものだが、14オーバーはなかなか出来ないものです。(笑)

Rancho_10thfairway

後半も似たりよったり。10番上りパー4。ティーショットが右ラフ。サンドウェッジのチップがやっとベタピンでボギー。

Rancho_10thgreen

10番グリーン。この人が見栄張り君。ホールアウトしたあと、パットやアプローチを練習していた。そんなことは夕昏時に一人で回ってやりなさいよ。

その見栄張り語録。

見栄張り君「ここのグリーンで自分のパットの良し悪しを言う気はない。」

メリー「あなたのパットはラインが良くて入りそうに見えるのに、今日は入らないのね」

見栄張り君「いいんだよ、大事なときに入ればね。トーナメントとか。」

メリー「どんなトーナメントに出るの?クラブチャンピョンとか?」(無邪気を装い、聞いてやる)(爆)

見栄張り君「・・・・モナークビーチで」(うそをつけ)

彼のボールがカップを半周して出てしまったとき、「入ったかと思ったわ。惜しかったわね。」

見栄張り君「今日はスコアつけてないから。練習だよ、練習。友達と100ドルや200ドルかけてゴルフするときにスコアつけるんだ。」

これぞ究極の見栄張り。そのゴルフクラブとゴルフバッグで100ドルの賭けゴルフやる?10ドルや20ドルじゃないの?だいたいそんなアイアン使って、上手い人はいないのよ。(デカヘッド、大きなポケットのキャビティー)

あるホールでショットは悪くなかったのにグリーンにショートしたから、「9番アイアンで打ったの?」と聞いたら、笑って「7番アイアン打った」と言っていた。あんな大きな7番アイアン初めて見た。(笑)

ま、そんなわけで、わたしのゴルフは全体的にひっちゃかめっちゃかだったけれども、サンドウェッジの大ミスで1打についたのだけでも5ホールあったと思う。

バック9は女性にパー37、スコア48 shock 

トータル98(34パット)

4ヶ月前は87だったのにねぇー。(爆)

サンドウェッジは猛練習せねばならない。


にほんブログ村

コースは平常に戻ったか?

日中の屋外アクティビティーは暑いので、YMCAで時間をつぶし夕方ランチョへ行ってみた。先週より格段に人が少ないのじゃないか・・・親子連れがいないし。

これはいいぞ、9ホール回ろうと思い、乗用カートで。さっきカレンダーでチェックしたら、ランチョあるいは普通の18ホールコースを回るのは3ヵ月半ぶりだった。(驚)

Rancho1st_s

ショットは割りと良かった。3打目9番アイアンのミスショットが蹴っ転がってグリーンオン。同組のオヤジがすかさず、ラッキーだったなと言う。あんたに言われたくないですよ、右のフェアウェイバンカーでボールが自分に戻ってきてたじゃないの。(爆)

Rancho2nd_s

2番ホールは男性には長いパー4で女性にはパー5。一番前のイエローティーから367Yになっているが、上りだからわたしにはきつい。セカンドショットが少し右ラフにかかり、松の枝がはりだしていてるので、9番アイアンでハーフショット。2パットパー。

3番パー3は奥ピンで、ハイブリッド3番を大ミスショット・・・その割にはグリーン左手前のラフ。チップショットは今イチ寄らず。

Rancho4th_s

4番右ドッグレッグ、パー5。夕刻回ると3番とこのホールはいつもアゲンスト。ティーショットを打った時、自分でもかなり飛んだなと思った。もちろん、そんな時はセカンドをしくじる。爪先下がりで、難しいなとは思ったが、スイング中に体を支えられず(えっ?)、左ラフ。

そのあとがさらにイケなくて、もっと体が崩れ、左土手のツリーラインの中。低い球で叩き出すため、ハイブリッド3番。(練習バッグに入れたクラブしか持ってなかったので、ドライバーの下はハイブリッド3本。アイアンは7番と9番しかなかった。だいたい打てる番手はその程度だから支障はない。爆)

グリーン右手前下のラフからピンハイ右にチップしてボギーセーブパットが入ったー。(嬉嬉嬉)

次の5番パー4のフェアウェイ150Y地点はすごい上りなので、ティーグラウンドから全部見え、こっちも全部見える。我々の組に一人いた18ホールコースを回るのはこれが2回目という若い男の子が、左ラフからのセカンドが木に当たって戻ってきた。

ティーグラウンドから何か言っている。「俺たちに先に行かせてくれないか?」わたしは振り返って、大声で、No!(爆)

すでにフェウェイにいるのに、後ろからそんなことを叫ぶとは、何たる品のなさ。

我々の組でビギナーは一人だけ。バンカーから出ないとボールを拾ってギブアップしたり、ボールが見つからないとさっさとドロップして打っている。つまり迷惑かけないように気遣って回っている。

だいたいだ、後ろの男等も下手くそで、さっきのホールじゃあ70ヤードからグリーン右バンカーに放り込み、もう一人は左ラフからのチップがグリーンに乗らなかったじゃないのよ。プッシュされる覚えはありませんよ。

お先のプレースルーは時と場合による。4サムが前の4サムに先に行かせろというのは厚かましい。

彼等はほんとに節操がなくて(笑)、このあと乗用カート係りの若い子に不平を言ったらしく、その子が我々のスタート順は何番かレシートを見せてくれとグリーンに来た。「追い抜かせてくれと言うから、それはダメだって言ったんだけど・・・」と困った顔をしていた。

今まで見たことがない子で、パートタイムか。可哀相だったから、終わってカートを返したとき、チップをあげた。(笑)(いつも気持ちだけの額をあげるのですけど。)

このホールは腹が立ちっぱなしでダブルボギーにしてしまった。(ジョークですから念のため)

次の6番パー4もティーショットを左に引っ張ったがボギー。7番パー4は風アゲンスト。ここもえらいティーショットが飛んで、たぶんここ10年ぐらい行ったことがないところまで。長いこと雨が降ってないから(5月以来か)、フェアウェイが転がるんだろう。セカンドはお約束でミスショット。90cmのパーパット外してボギー。

8番パー3、ドライバーで、ピンハイ右エッジ。パー。9番パー4、ティーショットはみなに誉められたが、それほど飛んでなかった。若い男性二人は、グレートショット!と誉めては笑うので、「あなた達、笑ってるじゃないの」と言ったら、さらに笑っていた。

というわけで、まあボギーペースで回れたし、このぐらいなら気候が良ければ18ホール回る元気もあると思う。ちなみにフロント9を2時間弱で回っているから、プレースルーさせるのがマナーだったとは思わない。

*            *            *

PGAは今週からFedExプレーオフシリーズ。第1弾のバークレーズは開催がベスページ・ブラックコースで、見るのが楽しみ。松山は練習ラウンドでも不調だったらしく、「このコース、安全に行くところがないですもんね…フェアウェイが狭いから。ラフからだとグリーンも小さいから乗せられない。あんまり期待しないで頑張りたい」と語っていたそうである。(ゴルフダイジェストサイトより)

わたしはタイガーが勝ったメジャーの中でも、べスページ・ブラックでの2002年全米オープンは最も好きな試合である。コース設定がタフで、ティーショットがフェアウェイに届かない選手もいて批判も出たぐらいだったが、当時のタイガーの強さが際立つコースだった。


にほんブログ村

あれれ、飛んだかも

今日シャワーを浴びていたら肩がヒリヒリと痛く、おかしいな、垢こすりタオルに何か金属片でも刺さっているのかと思ったら、日焼けで赤くなっていたのでした。昨日はバッグに数本入れての歩きで、汗はかいたけれども、21℃ぐらい、カンカン照りでもなかったのに、いやはや油断しました。

何かと忙しいけど、ゴルフ忘れない程度にはやっておこうという不届きな動機で、初対面の男性4人と回り、これが稀にみるおもしろいラウンドだった。ロスのパブリックコース、気楽な9ホールコースでなければ有り得ない底抜けのオープンさ。これもアメリカっていいなという瞬間です。

先週の月例ではギャップウェッジが要る場面が多かったので、持参クラブは1W・4W、ハイブリッド4番5番、8番アイアン、GW・SW、パター。

月例は朝9時すぎにティーオフするから、まだ空気は重くラフはぬれているしで、午後からプレーするのとは飛距離が違ってくるのは当たり前としても、何だかなぁ、全く違うゴルフになる。

このコースは何時に回っても風の向きだけは同じ。1番はアゲンスト、ドライバーがよく飛んで、8番アイアンでちょっと足りず。チップで3フィートに寄せ、みなに賞賛された。いや3フィートは約パターの長さだから、それより短かったろう。あっさり外して、あぁー今日もまたパットが悪いのか。

先日は3ウッドのレッスンを受けたが、ウッドは基本的に同じはずと、ドライバーも同じ考え方で打ったらおもしろいように当たって、この前までの飛距離125ヤードはどうしたんだか・・・。

あいにくというより幸い、ブッシュネルのGPS距離腕時計を忘れて、残り距離は両サイドの杭と地面に埋め込んでる印で判断。

ボギー、ボギーで来て、初めてミスショットしたのが3番パー3。ハイブリッドの5番を左に引っ張った。カップなめそうなチップも、なぜか反対側のエッジまで転がってしまった。グリーンが硬い。カップに遠くなければエッジからパットするのはグリーン上より得意で(笑)、スピードだけ合わせようとストロークするからじゃないかと思うが、やっぱり入った。

4th

(こういう景色を見ると、何はともあれゴルフにし来て良かったと我々5人共感する)

4番パー4もドライバーが当たり、たぶん大きすぎるなとは思ったがハイブリッド4番、花道に落ちてグリーン奥まで転がってしまった。下りチップ、止るわけない。あぁー、ティーショットが飛んで2打で楽々オンできるところだったのにボギー。

次の5番はタフなパー3で、いきおいいつも詰まっている。4人の男性のうち3人がスモーカーで、ことに顔の下半分がヒゲの若い人は毎ホール吸っていた。

彼はわたしの前方に立っていたが、ライターで火をつけようとしているのが太いガラスのパイプ。それに強い臭いがしてきた。何だろうこれは、マリワナはこんなに嫌な臭いがするのだろうか・・?

わたしのすぐ後方のベンチに座っていた、一番見かけがまともな男性が、マリワナのジョークを話し始めて、みなで大笑い。それで、やっぱりマリワナだったのねと思う。(わたしは吸ったことがないから臭いが分からないのだ。)

彼が医療用に入手しているのか知らないが、カリフォルニア州では医療用マリワナは合法的に入手できる。後で人に聞いたことだが、マリワナもセカンドハンドスモーク(日本では副次喫煙?)で影響を受けるのですってね。

そのホールはグリーンオンしたのが、ここ20年で1,2回しかないし、近年は何で打っても全然届かないのに、昨日はティーショットがグリーンを走りぬけ、奥ラフまで行ってしまった。(あとで考えたら、セカンドハンドスモークでハイになったせいか?)(爆)

6thhole

6番女性にパー5もドライバーが飛んで、3打目が8番アイアンじゃあ全然足りないし、ハイブリッド5番じゃあ大きすぎるってところ、届く距離なのにパーオン出来ずボギー。次から7番アイアン入れないとダメだな。

右ツリーラインの木、先週は遠くから撮っただけだったが、昨日は近くまで行って撮った。花がわた毛のようにふわふわした感じなのだけど、何の木でしょうね

Flower_s

ということでパー2つ、ボギー6つで最終ホールへ。せっかく長いものが良かったのに、ティーショット大ミス、木の後ろからフェアウェイに出すつもりが当たりが良すぎて右のフェアウェイバンカーへ。すったもんだの末ダブルボギー上がりになった。パー34の9ホールをスコア42。せめて40ぐらいにはまとめたいもの。

明日からメモリアルトーナメントです。


にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ