カテゴリー「雑感」の記事

びっくりのニュース

最近は日本でも殺人や、死体が見つかった話ばかり。他人のおばあさんを殺した動機が「人を殺してみたかった」という中年女もいたし、ニュースはどこの国かと思うほどだった。

アメリカに戻ると、トランプ政権関連のニュースで連日大賑わい。あまりにおもしろくて、月曜日になるのが待ちきれない。(週末はさすがに大した事件は起こらないので)

日経新聞のウェブサイトにはすでに出ていたが、communications director(日経では広報部長と訳していた)のアンソニー・スカラムーチが就任11日で首になった。

娘からそのニュースを聞いた時は、「えーーーーっ?もーう?」

「(トランプがやっていた)テレビの『アパランティス』と同じじゃない。」「ユー・アー・ファイヤーーーーードッ(You are fired!)」

まず、その前にスカラムーチが広報部長になって入って来ると知って、報道官のショーン・スパイサーが辞任した。スパイサーは、言いたい放題のトランプ大統領の発言の真意についてメディアに突っ込まれ、いつも弁明するのに必死だった可哀相な人。↓

Seanspicer_presssecretary

娘の説明によると、スパイサーはもともと広報部長になるはずだった。しかし、なかなか決まらない人事のために、メディアルームで報道官の役をせざるを得なかった。(最近はサラ・ハッカビー・サンダースという女性がしている。)

スカラムーチ広報部長は、就任すぐに、メディアルームで、「プリーバス主席補佐官が自分のボスではない。大統領だけが自分に指示できる。自分は直接大統領に報告し、すでに指示ももらった。ベストを尽くして大統領に仕える。」と明言。

メディアの前で大統領を激賞すること、フットボールやバスケットボールで見せる運動神経の良さ、しまいに8メートルのパットを入れたゴルフまで褒めちぎり、聞いているほうが恥ずかしいほどだった。

Anthony_scaramucci_communicationsdi

アンソニー・スカラムーチ、53歳、ニューヨーク州出身、ハーバード大卒。ハーバードではオバマ前大統領と親交があったという記事があった。その後、オバマ氏は市民活動のリーダーに、スカラムーチはビジネスへと進路が分かれた。

ほかにも数々、大胆というか品がないというか、どうかと思う発言をしているが、極めつけがこれ。

ニューヨーカー誌のインタビューで、その時はまだ大統領主席補佐官の地位にいた、レインス・プリーバスのことを、"Reince is a fucking paranoid, schizophrenic, a pranoiac..."とこきおろした。「レインスは偏執狂、精神分裂でパラノイドだ。」

その直後、人事を一新させたいというトランプ大統領の意向を受け入れ(CNNからのインタビューでのプリーバス本人の説明)、大統領主席補佐官レインス・プリーバスが辞任した。

大統領主席補佐官が空席になったので、トランプ大統領は、国家安全保障長官のジョン・ケリー(退役アメリカ海兵隊大将・67歳)を引っ張ってきた。

Johnkelly_chiefofstaff

彼は軍人としても人間的にも高く評価、尊敬されているそうだ。2010年に海兵隊のオフィサーだった次男がアフガニスタンで戦死(29歳)。長男も海兵隊に所属。

政界に生きてきた人ではないのに、大統領主席補佐官としてホワイトハウスに入るのを、むしろ惜しむ人もいる。(トランプがああいう風なので、長くは持つまいという見方もある・・笑)

ジョン・ケリー大将は、広報部長のスカラムーチを解任することを、首席補佐官を引き受ける条件にしたと伝えられる。

毎日のように、いや毎日、大統領が、あるいは大統領側近が引き起こす騒擾で、政治は一向に進展がない。

ゴルフのびっくりニュースもあったのですが、それはまた後日。


にほんブログ村

ロスは涼しい・2

こんなにロスが涼しいと感じたことはない。去年の夏だって同じ場所に住んでいたのだから、これは多分、超蒸し暑い日本から戻ってきたからに違いない。日曜日はランチョに球を打ちに行って、夕刻6時すぎとは言え、西日が体全身に当たる打席で打って、頭も痛くならなかったから驚いた。あの日、最高気温は25度ぐらいじゃなかったかなぁ。

球を打ったあと、念入りにパットの練習もした。その時の開眼は後述します。(笑)

土曜日は娘と孫とでショッピング。ビバリーセンターと言って、わたしが最も好きなモールだが、ここも内部を改装中で、鉄パイプむきだしの通路がうっとおしい。別なモールは2年がかりの改装がようやく終わった。プロフットボールチームのラムがロスアンゼルスに来て、そのスタジアムの建設も始まったそうだ。

2024年か2028年には再び夏のオリンピックがロス開催になるから、新しい競技場が出来たり、道路がきれいになったりすると期待している。オリンピックを見越して、すでに不動産を買い上げる動きがあるそうだ。それに一戸建て、マンションと値上がりしているという。

Politix

これはおもしろい服がおいてある店だった。娘が「日本の店じゃないの?」と言っていたが、店内のディスプレーにピカチューの人形が置いてあったから、そうかもねーと言ったのだけど、数百ドルから1000ドル以上の服ばかり。孫も高いと呆れていた。庶民が手が届く値段の新しい店を見つけ、孫に2,3枚買ってやった。

Bathbodyworks1

この店、あるいはここの製品を日本のどこかで見た気がするが、ボディーローションやボディーシャンプー、それから芳香剤を売っている。液体の芳香剤を逆さに入れ、コンセントに差しっぱなしにする。

Bathbodyworks

Bathbodyworks3

手前の丸い瓶は芳香キャンドル。アメリカでは火事の大きな原因らしいので、使うのは好きではないが、贈り物などに喜ばれる。

この秋から10年生(日本の高校1年生)になる孫(女の子)は、わたしがいなかった9ヶ月の間に174cmになっていた。日本の感覚ではそんなに高くなってと思うかも知れないが、アメリカでは背が高いほうがはえてよろしい。(笑)

*               *              *

パットの話。

芝でパットの練習するのは、日本で4月末にゴルフした時、ラウンド前にちょっとやって以来だ。パブリックコースの日曜日夕方、芝は伸びて(不規則に)、重いなんてものじゃない。

しかし、短いパットを外す理由はない。外すのは、おおかた、手をこねくりまわしているからだろうと思った。

そこで、ブルック・ケープカ式。テレビの画面で気がついたのは、イアン・ポルターから。普通にというと漠然とした表現だが、オーソドックスにグリップし、右の人差し指を真っ直ぐ下に伸ばしてパターグリップに添える。

セント・ジュードクラシックだったと思うが、ポルターとケープカが同組になり、ケープカのパットがあまりに入るのでポルターが真似をしだしたのだそうだ。ケープカはもともとパットが得意だったというが、これで見事に全米オープンに勝った。

で、この話をはっと練習グリーンで思い出し、やってみました。ビンゴー!短いのは全く外さなくなった。また長いパットを2メートルもオーバーした時も(笑)、返しがかなり入った。

ということで、何回か練習したらコースに出てみよう。何せクラブの振り方を忘れている。


にほんブログ村

体感気温38度は命がけ?

昨夜寝るとき、冷房つけっぱなしでは寒く感じ、切って寝るとむわーっとして目がさめ、実に不愉快だった。熱中症で朝起きたら死んでたってことになると困るから、これからは冷房つけっぱなしで布団をたくさんかけて寝る・・?

ここらは午後1時ごろ、気温33℃、湿度56%、体感気温38度!! 

38度ってどんなものかベランダに出てみた。体温より高いのが肌でわかる。人がいない。歩いている人も、立ち話している人も、車から乗り降りしている人もいない。

わたしにとって買い物に出るなど論外であるから、またネットスーパーで食料を買わねばならない。つまらん。bearing

今朝のニュースによると豪雨だそうで、新潟の田舎に引っ越した娘にメールした。

「Yちゃん(孫)が幼稚園に行く時は、農業用水路にはまらないように気をつけてね」(用水路だらけなのです・・そりゃ米どころだから) 朝方は土砂降りを倍にしたような降りだったそうだ。

*                *

フレンチ・オープンはインターネット中継の途中で寝てしまい、クイックンローンズは雨中断から再開してからしか見ていないが、プレンチオープンのほうはほとんど予想できたといっていい、トミー・フリートウッドの優勝。ヨーロッパツァー初優勝は2013年だが、去年秋から急激に強いプレーヤーになってきた。

ピーター・ユーレーンも良い週だった。2日目か、トビヨーン・オールセンが良いゴルフをしているなと思ったが、最終日65で3位に入ってきた。

リーダーボード

フレンチ・オープンでまだ全英オープン出場資格がないプレーヤーには、上位3人は出場できる。ユーレーン、アレクサンダー・ブヨーク(スウェーデン)、マイク・ロレンゾーベラ(フランス)。

クイックンローンズのほうは、首位スタートのデビッド・リングマースとダニエル・サマヘイズが崩れ、カイル・スタンレーとチャールズ・ハウウェルIIIが出てきた。わたしは全く予想していなかった。

ハウウェルIIIは実力はあるプレーヤーなのだろうが、上位にいってもいつも2位やトップ5に甘んじる人で、今日のプレーオフを見たってメンタルが強くないと思われる。

勝ったスタンリーも直後のインタービューでは感極まってなかなか話せないほど泣いていた。初優勝でもないのに、彼も神経は大して太くあるまい。ゴルフというのは強いプレーヤーが強い勝ち方をしないとおもしろくありませんな。

この試合から全英オープンの出場資格を得たのは、スタンリー、ハウウェルIII、マーチン・レイアード、腰痛がある様子だったサン・カン。

リーダーボード 

来週のアイリッシュオープン、PGAのグリーンブライアーからもそれぞれ3人と4人、出場資格が与えられる。

アイリッシュオープンもabema.TVでインターネット中継がある。ヨーロッパツアーはインターネット中継しかないというのも驚く。時々受信が切れるが、解説も悪くないです。日本語版しかないが。後半はいつも大町プロが解説。

マックロイと松山が出て来るから、ちっとは楽しいでしょう。(笑)


にほんブログ村

うんざりのゴルフ中継/AT&Tバイロン・ネルソン

他に見るものがないときに、ちらちら見る程度だが、相変わらず巨人は弱く、しかし実況アナウンサーは巨人の敗色濃い試合に、「(投手)よく抑えましたーっ!」「(野手)あーッ、捕ったー、〇〇、捕りましたぁー」と絶叫する。あんなアナウンサーと付き合う解説者も気の毒な。

相撲は終わりの30分ぐらいはほとんど毎日見ている。明らかに、先場所からの左腕と左胸の怪我が痛そうだが、稀勢の里は頑張っている。ああ声援があっちゃあ休場も出来まい。すごいですね、賞金の束。(笑) 中日にもなっていないのに。大相撲も一度見てみたいなと思うが、正座でなくともあの桟敷席に長く座っていられそうもない。

若い人は相撲を見ないのかも知れないが、見だすと案外おもしろい。昔のように相撲巧者はいませんが。

*               *

さて、愚痴に入ります。

何も今に始まったことではないかも知れないが、今週のAT&Tバイロン・ネルソンではもううんざりして、見る気が失せた。

ゴルフネットワークでは、頻繁に石川遼のハイライトを映す。懇切丁寧な分析付きだが、わたしは嫌になって英語版の音声にしていた。英語版にしておくと、その間長いこと無音になる。

ハイライトはいいけど、時間を割きすぎている。ライブで、今プレー中の試合中継をしているという意識が欠けてるのか?

放送権料を払っているから、下位でもアメリカのゴルフチャンネルは時々は遼くんのプレーを映す。良いプレーをすれば、上位に行けば、もっともっと映してくれる。

初日5オーバーのゴルフだったのだ。2日目は1アンダーだったが予選落ち。ハイライトで毎ホールのショットやパットや、ショットを打つ前にヤーデージブックを見て検討しているシーンまで映さなくていいのじゃない?

わたしはアンチ遼くんではありません。(そもそもスポーツ選手にアンチって何?理解出来ないものがある。)

ほかの選手達のプレーを見ることが、その分減ってしまうから腹が立つのだ。こういう時もままあった。石川遼のハイライト→ゴルフネットワークのCM→石川遼のハイライト。

昨日2日目の中継では、最後のほうに、再び石川遼の話になり、えーっ、今ジョーダン・スピースがバーディを取って予選通過ラインに戻せるかの肝心なときなのに、中継に戻らないのかな・・・と思っているうち、画面は遼くんのスコアカードを1分以上写して、中継は終わってしまった。(泣)

それで今朝だ。NHK・BS1は、そんなことはしないだろうと期待したが、ゴルフネットワークほどではないにしろ、また石川遼のおさらい。

トドメは、プレーヤーズチャンピョンシップのハイライト。たった2時間しかないライブ中継に、そんなことで時間を減らさないでほしい。

この試合ダラス・オープンの歴代の勝者のビデオや画像を紹介したのは良かったけど。あれは、NHKが編集して入れている部分だと思う。

スポーツは何でもライブ中継であるべきと思うし、プレーそのものの中継を最優先すべきと思う。これから大きな試合が続くのに、こんな中継を我慢せねばならないのかと、わたしは憂鬱です。

*              *

昨日、ここらは29度で、暑さに弱く、すぐ熱中症や脱水症になるわたしは夜7時すぎて買い物にいった。今日も同じぐらい上る予報。朝から陽ざしが強い。

ゴルフ中継が残念に終わり(笑)、窓外を見ると(最上階から見下ろすと)、年配男性がジョギング姿で走っている。そうか、朝ならわたしでも歩ける・・・と急いで外へ。近所の公園は、緑が鬱蒼とあまりに綺麗だったので写真を撮ってきました。

Park1


Park2


Park3

鴨がいる。春に見たときは、3羽はいたと思う。孫の話によると以前は蛍がいたが、近年は見たことないそうだ。水がこう汚くてはねー。

Park4

Park5


こんなに自然が残って・・・と感心することはありません。(笑) 周りはすべて大型マンション。コンクリートとアスファルト。この東急開発の住宅街に住宅が建ち始めたのは50年近く前と思う。しかし、こっち側はほんの10年前から続々とファミリー型マンションが建設され、少子化はどこの話?というほど小学校が混んでいる。

小さい子や小学生がたくさんいる町は活気があっていい。子供の声や音をうるさがるジーサンの気が知れない。(笑)

ようやくジェイソン・デイが上ってきた。3日間で一番コンディションが容易だったであろう今日、ダスティン・ジョンソンがオーバーパーを叩くとは思いませんでした。

バイロン・ネルソン、リーダーボード


にほんブログ村

母の日

今日は嫁が午後から用事があり、お昼を食べに息子と孫が来た。男の子二人を相手にするのはエネルギーが要るから、プレーヤーズチャンピョンシップ2ラウンド目のゴルフ中継は諦め、早朝2時間ぐらい見たのみ。午後は風がタフでしたねー。

内孫二人は年齢差が2年なので、ベストフレンドのようによく遊びもするが、喧嘩もひんぱんにする。体力で負けるので、下の子は思い通りにならないとワーワービービー泣く。

1回目の喧嘩はおさまり、まずはランチ。

Lunch_may13


この家は長女一家が住んでいた分譲マンションなので、孫達は、「おにいちゃんは?」と年上の従兄のことを聞いていた。「お引越しして、ここにはもう住んでいないのよ。」と言ったが、今イチ飲み込めないようだった。

その従兄の使っていた部屋をのぞいて、「おにいちゃんのベッドがなーーい!」

娘達は、(当然ながら)家財道具全てを持っていったので、わたしはここに住むことになって、家電製品はもとより、物干し竿から(笑)、鍋釜まで買わねばならなかった。

今日孫達が来るまで、子供用の短いお箸がいることを忘れていた。それにオモチャ一つない、絵本も、スケッチブックとクレヨンもない。今日は1日中雨だった。

子供チャンネルを2,3回して、好きなものに合わせる。なんべん言ってもテレビに近寄ってみる下の子。

Lunch4


行ったり来たり、踊り出す。上の子は、父親のスマートフォンでゲームをしたり、Dワン(?)の幼児版で遊んでいる。

Lunch2_may13

ソファーセットは引越し先のリビングルームにおさまらないと、娘が置いていったもの。家具は極力少なく、部屋を広く使うのが好きなので、ヨガでもダンスでも出来る。(笑)

故意にジュータンを敷いてない。台所も洗面所も敷いてない。何も敷いてないと小ごみや汚れが目立っていいですよ。人のうちを預かっているのだから、頻繁に掃除する。(笑)

セルフィーは難しい。小さい子と身体の大きさが違うからなお難しい。わたしだけゴリラみたいじゃないの。(爆) 家の中ではメガネです。

Lunch3_may13

今日は母の日の前日だけれども、母の日のプレゼントを持ってきてくれた。嫁が選んで買ったのは一目瞭然。HANAE MORIの薄紫の地色に可憐な花柄の夏物パジャマ。

彼女は、わたしに花柄が似合う優しい「おばあさん」をイメージしているのか(or 希望的願望か)、以前、羽毛布団のカバーを頼んで買ってもらったときも、ローラ・アシュレイの花柄だった。(爆)

これから子供にいくらでもお金がかかるのに、わたしにお金を使ってくれなくてもいいのにと気の毒になった。

ということで、1日早い楽しい母の日でした。


にほんブログ村

怒涛の3月でした

最後に更新したのは3月12日で、どうしたのかと思われた方も多かったでしょう。長年?ご訪問くださった方に事情説明の義務があると思いますので、簡単に。

実は、神奈川に住む娘一家が遠いところに転居することになり、娘婿の赴任期間は2年から4年だろうという、サラリーマンは辛いよの予定は未定。

いわゆる分譲マンションに住んでいたわけですが、その間人に貸すといっても、4年とはっきりしていればすぐ見つかるそうですが、3年では難しく、2年では借り手はないということで、わたしが留守番することになりました。(笑)

娘のところはそもそも子供4人ですから、ただ日々生きていくだけで大変。そのうえ、引越しを控え、卒業式があったのが3人。それに子供達同士の送別会、おかあさん仲間のお別れランチにお別れ飲み会。

わたしは娘があまりに可哀相で、家の中がしだいにダンボール箱で埋っていくなか、最後まで一緒に住んで送り出しました。日本では引越しが3月から4月頭に集中するようで、大きな引越し会社に頼んだけど、5人来る予定が当日は男性2人に女性1人(女性は何のため来たか不明)、荷物の積み込みに5時間半かかった!

娘はいっとき断シャリに凝っていたぐらいで、荷物は人より多いほうじゃないと思うが、家族6人分の引越し荷物はすごいですよ。最後の1日半は近所のコンビニからのお弁当やパンで食事をすませ、でも娘にも婿にも「お母さんにいてもらって助かった」と言われた。(笑)

わたしは子供の頃は父の転勤で九州から秋田に引越したし、子育て途中でアメリカに引っ越したので、慣れた地を離れることに抵抗がないが、最後の引越し当日まで孫の友達から娘のお母さん仲間から、プレゼントを持ってお別れを言いに来た人が何人もいたのには、「昔のブラジル移民じゃあるまいし、行きたいと思えばいつでも行けるところに引っ越すんじゃないの!」と言ったら娘が「そうよねー」と笑っていた。

娘の空き家の留守番をすることになって、さあそれからが大変。娘達はもちろん家電や家具を持っていってしまったから、わたしは所帯道具を一からそろえねばならなかったのです。

冷蔵庫から洗濯機からいっせいに買うのは人生初めての経験でしたが、なかなか楽しかった。(笑)

娘や母が使っているのを参考に、ネットで色々検討したが、やはり近所の家電販売店にした。万が一、サイズが合わなくても引き取って別なものを買えますからね。もし家の中に持っているものがいっさい無いとしたら、どれほどのものを揃えねばならないか、想像外ですよ。

鍋釜はもちろん、洗濯ばさみも買わないとだものね。(笑)

大きな家電以外のほとんどはネットで買いましたが、すぐ要るものばかりなので、なるべく早い配達可能日、時間にしてもらいます。すると毎日毎日、宅配便が来るので、どこにも出かけられない。

東京は全国で一番早く、昨日が開花日だったそうだ。ここらも桜並木が多いことで知られる住宅地ですが、外に出てないから何分咲きなのかも知りません。今も、物干し竿の配達を待っている。(爆)

ということで、3月半ば、これが最後になった娘一家との外食。横浜ララポートというショッピングモールで、ロスにあるモールより大きくて驚いた。

Img_0745

週末は駐車場に入るのも長打の列のことが多いらしいが、この日は偶然空いている入り口を見つけ、並ばず入れた。モールのビルの反対側にあるので多くの人は知らないのだろう。横浜市都筑区。

Img_0747

入ったところはバイキングの串揚げやで、「串家物語」という店。男の孫が一度行ったとき気に入って、田舎に引っ越す前にもう一度行きたいと言ったそうだ。そう言われると親は不憫になって、ほんとはおあばあちゃんとの最後の会食なのに、揚げ物を食べさせられる羽目に。(笑)

Img_0746

以前行ったときはランチで待ち時間が長かったそうだが、この日は4時半の夕食だったので(笑)、数分で席につけた。

Img_0748

これはデザートテーブル。イチゴクリームがでろでろ流れている。(笑)肉や魚は一串の量がとても少ないのだけど、それにしてもわたしは14串も食べた。食べ盛りの孫達は一人30串ぐらい食べていたようだ。

婿から「お母さんに喜んでもらって嬉しいです、高級なレストランでしか食べられないイメージがあって・・・」と言われた。自分がそういう印象を与えているとは知らなかった。「えっ?わたしは福岡、川端の屋台でおでん食べたくちですよ。」

あれ、おでんだっけ、ラーメンだっけ、あまりに昔で忘れました。川端はあまり変わってない気がするがどうだろう。何せ川がありますから。

話は戻って、所帯道具ですが、しばらくは一人暮らしになるので、知ったこっちゃないと可愛い台所用品を買っています。ちょっと「やっちゃった」?(爆)

Kitchencorner

来週はマスターズ。人からお古のテレビをもらったら、それが壊れていて(爆)、新しいのを買った。配達してくるのが7日で、マスターズに間に合います。イエイ!

これからはしょっちゅう更新の予定。何しろ暇ですから。(笑)


にほんブログ村

春二番ってなに?

近年はほとんど毎年帰国していますが、20数年ロスに住んでいたわたしには、奇異な日本語が多くて憤慨する。(何でも怒るおばーさん)

春二番って何です?

先週金曜日が春一番だったはずだ。あれが吹くと冬におさらばして春が来るというので、意義がある強風なのです。そのあと風が強い日があったなら、タダの強風なのだ。

わたしはあいにく、春一番の日に内科に行かねばならなかった。向かい風プラス上り坂は歩きにくかったが、まあまあでした。

帰路に高級回転鮨の「金沢まいもん鮨」に寄って、しかし、お昼時とは言え、平日住宅街の鮨屋が何であんなに混むんだろ?それに赤ん坊連れの夫婦、子なしの夫婦、働いているべき世代の夫婦連れがかなりいた。

一人、カウンター席なのに番号札とって待つ有様。ここは好きなものをカウンター内の板さんに直接注文できるから好き。真鯛が美味しかった。(笑)

Maimonzushi

それで、昨日の「春二番」は用事で、二子玉川に出かけた。これは、「春一番」の日どころじゃなかった。午前遅く家を出た瞬間、ばーさんが転がっても見た目が悪いから帰ろうかなと思ったぐらいの風。

東急電車に乗って、一度は緊急停止!わたしは閉所恐怖症なので、このまま何十分も止ったらどうしようと冷や汗が出た。(電車の窓は破られるのだろうか?そう願いたい。)

閉所恐怖症だから地下鉄は大嫌いです。何で飛行機は平気なのか説明がつかないが。きっと飛行機の外は広い空だからでしょう。(爆)

二子玉川駅直前の、多摩川を渡るときは「強風のため徐行運転」。東口を出てバスターミナルの辺りを目的地を探してうろうろしたときは、風に身体をもっていかれて、しばらくビルの陰に退避した。こんな日にゴルフしたら、えらいことだとゴルファーの考えることは同じ。(笑)

でもゴルフした人もいたそうですよ。女性は風がある日は謙虚なゴルフするから以外と大して叩かないと思う。男性のほうはだいたいダメだ。

Futagotamagawa_higashiguchi

昔は何があったのか記憶がないほどの変わりよう。二子玉川駅東口の広場。両方にあるビルがライズRiseというらしい。

用事がすんだら、もちろん高島屋に寄る。近年都心のデパートに行ったことがないので、比較が出来ないが、高島屋はやっぱり良いなと思う。デコレーションも上手い。

Nikotama1

Nikotama2

Nikotama3_2

Nikotama4

デパ地下の佃煮屋で親類に詰め合わせを送り、わたしはまたしてもお鮨を食べた。持ち帰りの鮨折りも販売、中で食べることもできるという店。梅田の地下街にも同じような店があった。

これで、税込み¥999。多分ランチスペシャル?わたしは安いと思ったけど、相場として安いのでしょうか?サーモンの鮨は嫌いなので、鯵に変えてもらった。

Nikotama5

今日は「春三番」だそうで(おいっ)、わたしはまたしても内科に行かねばなりません。日本に来たら医者通いばかりになったのは何でだろ?もう少しで医者が友達になりそうだ。(爆)


にほんブログ村

恐怖のインフルエンザ

わたしはロスで毎年インフルエンザの予防接種を受ける。家族の誰も受けないのには憤慨するが、孫が学校からもらってくる可能性を考えて予防接種を受ける。感染したら、わたしが一番大ごとになって迷惑をかけるであろうからだ。去年、帰国を前に9月末か10月初めに受けた。

ここらは(横浜東部)いっとき前までノロが流行っていたそうだが、今はインフルエンザらしい。長女宅の子供が昨夜は39度7分の熱、今朝は40度2分。ひぉえーーーっ。娘が医者に連れて行き、もちろんインフルエンザ、A型だそうだ。

同じ家に寝泊りしているわたしは、恐怖にかられた。インフルエンザの種類が違っていたら・・・。

日本とアメリカ、両方のインフルエンザ事情を検索。いつも便利なインターネット。(笑)

東京都感染症情報センターによる、定点医療機関当たり患者報告数では、94.4%がAH3(A香港型)、ほかAH1pdm09とB型が僅か。

詳しく読みたい方はこちら

アメリカのインフルエンザ予防接種は3つの型を混ぜたワクチンと聞いていたが、調べずにはいられません。40度の熱が出ちゃあ、脳が飛んでしまう。

 

  • A/California/7/2009 (H1N1)pdm09-like virus
  • A/Hong Kong/4801/2014 (H3N2)-like virus
  • B/Brisbane/60/2008-like virus (B/Victoria lineage)
  • 2016から2017年は、この3つの成分が望ましいと書いてあるから、香港A型はカバーしているもよう。(嬉)

    予防接種をしていても罹ることはあるらしいが、少なくとも気分はポジティブ。(笑)

    興味がある方はこちら。(アメリカの保健省みたいなところ)

    今日はすごく寒かった。日中の気温は7度か8度だったか、それよりはるかに寒く感じた。あまり風は感じなかったが、北北西の風4mとかで。

    わたしは家にいても、外を歩いていても、しょっちゅうiPhoneで気温をチェックする。どのぐらい寒いか知らないと気がすまない。(爆)

    寒さで家に引っ込んでいると、鬱になりそうで、わたしは強いて理由を作って出かける。30分も歩く気力がなく、電車で一駅の隣町へウィンドーショッピング。

    ロスから手袋を持ってこなかったわたしに(そもそも冬に手袋をするという感覚がない)、母が薄茶色のコットンの手袋をくれた。手袋は暖かいですね。(笑) ニットの帽子も買ったのです。(大笑い)

    今日はニット帽をかぶっても寒かったから、フード付きコートのフードもかぶり、スウェーデンの町を歩いているようだ。(行ったことはないが)

    20数年ぶりの日本の真冬だけれども、横浜がこんなに寒いとは記憶していなかった。


    にほんブログ村

    ついに2017年

    毎年同じ感概を持つが、21世紀に入ったさえ信じがたいのに、早や2017年とは。4日、遠くに住む親類が上京し、首都圏在住組も合流した家族や親類30人近くが集まった。生まれたときから見ている子が、立派な中年になっている。(笑)

    わたしのお正月は静かでした。うちは駅から多少遠いかわり、環境が良く、家の前が公園。その公園の上の奥には小さな神社がある。

    ずっと昔は神主さんもいたらしいが、もう長年無人で町内会の人達が年何回か草刈や掃除をして維持していた。それが2,3年前から始まったらしいが、元日から3ヶ日は社務所もあけ、地元のおじいさん?の神主代行と思われる方5人ほどが破魔矢を売り、お神酒やみかんの振る舞いもある。

    わたしは元旦の午前遅く行ったが、大きな神社のように混みあうことはないが、家族連れがひっきりなしにお参りに来ていた。

    神社をぱちぱちと写真に撮り、お参りして息子一家に破魔矢を買った。

    そういうわけで、たった一人、年越しそばを食べ、紅白歌合戦は見向きもせず(あれは昭和で終わらせてよかったのじゃあ?年々ひどくなっているそうじゃないか・・)、元旦にはお雑煮を作り、テレビでかなりアメリカ映画を見た。

    数日の静寂は、2日の深更に息子一家が帰宅し、あっという間に男の幼児二人の戦場と化す。(笑)

    ところで今週からPGA2017年は始まるが、わたしの悩みの種はあちこち動くものだから、ゴルフ中継を安定して見られないことである。

    いろいろテレビを見たが、どう見ても日本のテレビ番組は衰退の一方。鶏が先か卵が先かで、視聴率が取れないからスポンサーがつかない、スポンサーがつかず予算が少ないから、制作費がかかる番組を作れない、お手軽な番組ばかりで視聴率は下がる・・・。

    はっきり言って、わたしが見たいのはゴルフ中継、そのほとんどはゴルフネットワーク、あとはCNNぐらいのものだ。NHKのドキュメンタリーは良いのが多いが。

    そのゴルフネットワークを見る方法を調べたが、これがとりあえずベストの選択だと結論。それは「スカパー on demand」というもので、月々お金を払えば、PCやアンデロイド、スマートフォンからゴルフネットワークをライブで見られるというもの。わたしは入りました。

    月額1994円。これは1ヶ月ごとの契約で、やめたければ翌月から解約すればよい。解約しなければ自動更新。(なおケーブルですでにスカパーを取っている人は、少額で契約できる)

    1,994円は高いと思うかも知れないが、ケーブルを契約してさらにゴルフネットワークを含むプランの契約料を払うことを考えるとはるかに安いだろうし、PCでもスマートフォンでもどこでも見られることはは大きな魅力と思う。試してみたが、映像は綺麗だし、わたしのラップトップPCでも充分に思える。(ちなみに、わたしのはノートパソコンにしては大きいらしい)

    明日から、SBSトーナメント・オブ・チャンピョンズ。はてはて、新春の初試合や如何に?


    にほんブログ村

    大晦日今むかし

    けったいな女とお思いでしょうが、わたしは暮れとお正月を一人で過ごすことにした。

    クリスマスを家族と過ごしたり、年末年始に親の家や本家に集まるのは普段一人暮らしの人、あるいは遠くに離れている人には楽しみだろうが、わたしは帰国以来毎日が小さい子に囲まれている。

    賑やかというのは控えめな表現で、喚くか泣くか歌うか喧嘩してるか、それにピアノの音に犬の吠え声。

    幸いbleah、長男宅は一昨日から誰もいなくなった。家の留守番をするという名目で、好きなだけテレビを見、好きなだけ本を読んでいる。ハッピーlovely

    日本では自分の車がないので食料品はネットスーパーで買う。付近のイトーヨーカドーから。ネットスーパーでも食べ物のデリバリーでも一度頼むと宣伝メールがどんどん入る。

    『片付けや大掃除で忙しい時、デリバリーでお食事が出来ます』

    『1月1日もお届けします!お刺身やお寿司のご馳走メニュー』

    『配達は1月1日からです!』

    現代人はどれだけレイジー(怠け者)なんだろう。
    昔は大晦日には既に店はみんな閉まっていて、主婦はそれまでに御節料理の材料は全て仕入れておいたものだ。
    日持ちするものや時間が経った方が美味しいものからどんどん作っていった。昔は冷蔵庫などなかったのだから、年内に作ってしまう御節料理は基本的に日持ちするものばかり。
    店は三が日休みだっだから、作りだめしておく必要もあった。

    それがどうだ。1年365日ネットスーパーは配達してくれ、店舗は休み無し‼︎休みがないどころかクリスマス前から三が日まで朝1時間早く開店‼︎

    じゃあ作り置きもしなくていいわねと思うが、そうではない。デパ地下の「(予約の)おせち受け取りコーナー」にはまたしても人の列が出来ていた。年輩の女性も少なくない。あんた、お煮しめに黒豆ぐらい作れないのか⁉︎

    既製品の箱入り御節はかなり高い。大きなお世話ながら、母にも娘にもあんなものに高いお金を出すのは愚の骨頂だと言ってやった。よろず何でもエスカレートしてお金をかける、かかるようになったもんだ。

    日本に住んでいた昔も、ロスアンゼルスに引っ越した後も我が家で毎年欠かさない日本の風習が年越しそば。ロスの娘や孫にも時間をずらしてでも食べさせた。

    ということで今年は長男宅でわたし一人ですが、これからお蕎麦の仕度にかかります。

    みなさまも良いお年をお迎え下さい。今年一年、拙ブログにご訪問ありがとうございました。


    より以前の記事一覧

    その他のカテゴリー

    2017年8月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    

    最近のトラックバック

    無料ブログはココログ