カテゴリー「雑感」の記事

皮膚科の医者

今日、初めてのコースに一人予約していたが、雨の予報がずっと変わらないうち、先に予約していた男性がキャンセル、わたしもキャンセルした。早朝はかなりの降りで、ゴミ出しに行くのもレインコートをきて出たぐらい。こんな雨でゴルフするつもりは毛頭ない。1万いくらも出して・・雨の中ボールをひっぱたいてもねー。好天でも情けないゴルフしてるのに。


先週土曜日の夜に、左腕の外側、手首から10cmぐらい上に、突然真っ黒な黒子様なものがあるのに気がついた。以前は小さかったから気がつかなかったのか、気にとめなかったのか、覚えがない。シミにしては色が真っ黒だ。

わたしは病気に関して、大丈夫だろうと根拠なく楽観するタイプではない。これほど医学が進んできているのに、早く発見、早く治療を始めないのは愚かだと思うから。

近年こそゴルフが激減しているが、陽射しが強いロスアンゼルスで、昔は誰もわたしを日本人と思わないほど日焼けしていた。今は日焼け止めクリームは塗るが(外出時はほとんど常に塗る)、色は気にしません。(笑)

皮膚ガンを疑うなら、それなりの経歴がある医者に行かねばと調べると、たまたま以前湿疹でかかった近隣の皮膚科専門医の開業医が立派な履歴がある。で、月曜日に行ってきました。

知っていて損はないと思うので、書いておきます。

正午少し前、わたしの前も後も患者がいなかった。

「土曜日の夜、突然気がつきまして。わたし、ゴルフするものですから、悪性じゃないか見ていただきたいのですが。」

先生「これは内出血ですね。どこかにぶつけましたか?」

(えーっ、内出血?こんなに都合よく、まん丸くアザになるものかしら?それに真っ黒だ。)

「いーえ、覚えがありませんけど。」

先生「周りが赤くなってるでしょ。念のため、大きな写真撮ってみますね。」

(ライトがついたカメラをその黒子ようなものにくっつけんばかりに近づけて写真を撮った。)

先生「ね、周りが赤いでしょ?」

(わたしはクローズアップした肌の汚さにショックで言葉がない・・爆)

先生「いま、混んでいませんから、皮膚ガンと黒子の区別のつけ方の説明をしてあげましょう。」

B2a75df800a84f329b7c1f5940a7d6a6


先生「悪性のものはね、左右対称じゃないんです。黒子は丸いのでも楕円形でも対称なんです。」

先生「ボーダーって周辺のこと。悪性のものは、しみたようになってるの。これみたいに(皮膚ガンの写真を見せながら)」

先生「カラーは色のことね。」(爆)「悪性のは一定の色じゃないの。」

先生「ダイアミターは直径のことですがね、悪性のものは・・メラノーマって言うんだけど、直径が6ミリ以上。6ミリって結構大きいですよ。ペンシルの底ぐらい。(お尻に消しゴムがついたエンピツをデスクからとり、消しゴムのほうをわたしの“内出血”の丸へ当てる)」

先生「ね、6ミリより小さいでしょ?」(説得力がある理由じゃないの!)(爆)

先生「これは内出血です。1、2ヶ月で消えますよ。はい、お大事に。」(爆)

この先生はある有名大学病院で、皮膚科に勤務したあと、30代半ばにユタ州の大学に2年間研究に行っている。住宅地で開業していると多くの患者は高齢だろうから、英語を日本語にして説明するのかと推測した。医学博士。

こんなところに早くから開業して、能力がもったいない気がするけど、わたしのたくましい想像力でいうと、大学病院勤務に疲れたのじゃなかろうか。履歴をみると医長まで上っている。

ロスでゴルフしていて、白人男性で皮膚ガンで手術したという人に何人も出合った。ほとんどの人が鼻で、手術して取り除いて、自分の体のほかの皮膚を持ってきて移植するのだそうだ。

識別方法の左下にあるように、先生によると足の裏にできることが多いそうだ。アメリカで聞いたのは、頭頂部、それから耳の一番上にも多いと聞いた。

ちなみに日本に戻って、陽射しの強さに驚いています。オゾン層の破壊が進んで紫外線の量が昔に比してはるかに多いと言われて久しいと思う。最近曇りの日でもUVインデックスが4か5ある。晴れた日にラウンドするとどれだけ浴びているやら。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


タイガーのミズーリ州出張

今日は世界と日本でたくさんニュースがあった。中で平和なニュースが、男性の平均寿命が一番長い地域が横浜市青葉区、83.3歳。思わず、「ここじゃないの!」と笑った。

昨日ラウンドした82歳ゴルファーが、住所は横浜市青葉区ではないと思うが、数駅隣で環境として同じ地域だ。テレビは長生きの理由として、健康意識が高い人が多い、喫煙率が低い、週2回身体を動かす運動をするなどをあげていた。都会のほうが平均寿命が長い地域が多いそうだ。身体活動をしやすい環境ゆえとのこと。

何度も書いたように(笑)、この沿線はほんとに坂が多く、歩くのは楽ではないが、逆にそれが良い運動になるのではないか。それとほとんどの車道の幅が広く、また両側にある歩道は2メートルから3、4メートルの幅がある。従って運動のためのウォーキングもしやすい。

自分が乗れる車を入手して足が衰えてはいけないので、少なくとも1日おきにには徒歩で買い物に行っている。帰りがきつい上りで・・・それでも川崎国際のグリーンへの上りはきつく、ひぃーひぃーはぁーはぁー。82歳氏が大丈夫かというようにわたしの顔を見ていた。(笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

タイガーは、アメリカの火曜日、自分が設計したゴルフコースへ行き、午後からは子供向けゴルフクリニックを開催。以前書いたか失念しましたが、ミズーリ州リッジデールに造成中のコースは故ペイン・スチュワートにちなんで、“Payne’s Valley”。右に立っているのが、「バス・プロ・ショップ」(バスは魚のバス)という会社のオーナー社長、ジョニー・モリス。彼とタイガーと、ペイン・スチュワートの家族が共同でコース開設。記念館も建てるそうだ。

知り合ったきっかけというのがおもしろい。何とタイガーが最初のマスターズに優勝したあと(1997年)、モリスの会社から魚釣り用のボートを買ったそうだ。21歳で‼︎

そのボートをモリスと彼の息子が納車(納船?)に行き、一緒に魚釣りに行った。1日、魚釣りで一緒にすごすと、ゴルフじゃないがその人となりが分かるそうだ。モリス社長はタイガーの人格と親しみやすさに感銘を受けたと言っている。外交辞令だけではないと思う。一緒に車に乗っている写真など、二人とも満面の笑み。(笑)

子供向けゴルフクリニックで、左がジョン・モリス氏。

B8f1c3464f4347449aa4dc7463caa1f5

タイガーを一目見ようと7000人が集まったそうだ。


8494acb7deff45a6a9b5a04adb122cc2


1e429d03fc614be6bebf2364618cbfe5

484c643fa1c240f6a2087c9c6ae68abf

ふざけて打ってみせるタイガー。

さあ、次はどのトーナメントに出てくるか。まだ何も伝わってこない。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

子供は世の宝

月曜日に行った整形外科での治療と(温熱磁気マッサージマットとでもいうのだろうか、うつ伏せになって腰に10分当てる、それと腰に何やら光線を当てられた)、飲み薬貼り薬で痛みも格段に軽減し、今日は性懲りもなく練習に行った。あまりの強風で、58球にて終了。それでも帰宅後は腰が痛く、それが肩・首・頭に響いて頭痛までする。

ここらでは風速9メートルから11メートル吹き、時折の突風で、練習としてはおもしろかった。南南西の風で、練習場の中央の打席も南向き。ショートアイアンでターゲットより10ヤード右に打たなければならなかった。ハイブリッドはもっと右に狙わないと左に流される。

ドライバーのスライスが問題で、毎度練習に行ってスライス球ではない時が1球ぐらい。

午後に近所のセブンイレブンに買い物に行って戻ったとき、マンションの玄関のインターコムで自分の部屋を押している小学校低学年の男の子がいた。

その子が来るだろうと、わたしはエレベーターの「開く」ボタンを押して待っていた。

やっとその子が来る。

メリー「ボク、乗る?」

「うん、ありがとう。」

メリー「何階で降りるの?」

(あ、と言ってあわてて5階のボタンを押す)

(花粉症なのか鼻をぐずぐず言わせている)

メリー「今日は風がすごかったねー。」

(男の子はエレベーターのドア近くでわたしに背を向けて立っている)

「うん、僕、これからスイミングなんだ。」

メリー「そうなの?気をつけて行ってきてね。」

「うん、わかった。」

5階でドアが開き、わたしは「じゃあまたねー」と言った。

その子は振り返ってわたしの目を見、

「うん、サンキュー!」と手をあげて歩き去った。

会話の内容とランドセルからこの春で2年生になった子に違いない。子供はかように可愛い。よその子でさえこんなに可愛いのだ。

子供はしみじみ世の宝だと思う。

6階で降りて、外廊下を歩きながら、わたしは涙ぐみそうになった。親が子を思う気持ちは、子にはとうていわからない。

ここ数日、わたしは赤の他人の、どうでもいい人のことで感傷的になっている。

事情はいろいろあるのだろう。そこまでこじれるには、お互い並々ならぬ怒りや悲しみのやりとりがあったと思う。ここで、ゴルフライター達が書いた記事や、両者を知る人達の話を書いても仕方がない。

部外者は真実を知ることはないし、人の家庭のことだ。

このマスターズに優勝したパトリック・リードはオーガスタ出身ということはTBSの中継中も言っていたが、わたしは両親がいまだにオーガスタナショナルから4kmも離れていないところに住んでいるとは知らなかった。

リードが数年前から両親と交流をいっさい絶っているのはゴルフ界みんな知っていることだが、このマスターズも両親は観戦することも許されず、息子にお祝いを言うこともかなわなかった。リード夫妻には赤ちゃんが生まれたが、もちろん孫にも会わせていない。

優勝記者会見の最後のほうで、ゴルフライターが、「このオーガスタで優勝したのは苦い思いと嬉しさと両方じゃないか」と水をかけたが、リードは睨みつけて「僕は試合に勝つためにここに来てるだけだ」と言って、それが記者会見の終わりだったという。

おそらく、どの国にもそんな親子はいるだろう。わたしは日本人の感性として、人の親として、この実の両親を完全に拒絶してしまう、その行為がわからない。

マスターズ観戦者は地元の人が一番多い。1番ティーグラウンドで、リードよりマックロイのほうが歓声が大きかったこと、リードが優勝パットを入れたときの18番グリーンサイドにいたギャラリーの例年より控えめな喜び方。

彼らは、歓迎しなかった。本人のために気の毒と思うが、おそらくもっとも好かれなかったマスターズチャンピョンになるだろう。

わたしはそれが残念だ。

Ab06a280358d4f36857efd2c7668f1bd


今日、近所の公園。桜は新緑になり、今はハナミズキ。夏に蒸し暑くならなければ、日本はほんとに良いところなんだけどねー。(笑)


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

怖いおばさん、怖いおばーさん

人の悪口は聞き苦しいが、こういう人もいると初めて知りました。ま、笑い話と思っていただきたい。

昨日医者のクリニック2箇所に行くのに駅近くのデパートの駐車場に入れた。2000円買い物すると3時間無料。6階に駐め、下りのエレベーターに乗る。

女性3人も乗ってくる。一番若いおばさんが、「何かお薦めのところありますか?」(レストランの話らしい)

おばさん2「・・何かお薦めって、ずいぶん広範囲ね。」(人が聞いてるのに冷たい口調じゃない?)

おばさん3「何が好きなの?」(えっらそーに)

若おばさん「なんでも好きなんですけど。」

おばさん2「『閉める』(のボタン)押してくれる?」(ボタンのそばにいた若おばさんへ)

若おばさん「あ・・」(急いで押す)

おばさん2「ごめんね、私イラチなの。」(爆)

わたしは思わず、おばさん2の顔を見た。絵に描いたような鬼ババアの顔。いや、ほんと。人格は顔に表れるのだと思った。

最初の若おばさんは、いじめられ役なのだろうか、ほかのおばさん2人の言葉にはまぎれもなく、いちいちトゲがある。ちなみに、その女性のほうが2人より年下で小柄で顔もまだ可愛いさが残っている。ぎゃはは

1ヶ月以上前のこと。歩いてデパートのある方向に向かっていた。道を渡ったらデパ地下の入り口へ行ける交差点で信号を待っていると、自分が来た歩道を腰が曲がったおばーさんが杖をつき、かなり歩行がきつそうに歩いてくる。

横断歩道の角には鉄柱が何本か立っているが(あれは車がぎりぎりに立つ歩行者をひっかけないようにななのだろうか?)、おばーさんはそれに掴まってようやく立っている様子。

信号が変わり、わたしは早足で渡り始めたが、途中、このおばーさんが青の間に渡りきれないかもしれないと、スローダウンしておばーさんのすぐそばを歩いた。

交差点を渡りきると、おばーさんは再び鉄柱につかまって少し休んでいる。わたしは今に倒れるのじゃないかと気が気じゃない。

おばーさんが歩き出した。腰をさらにかがめ、地面に3、40センチになるまで顔が下がる。

よろけて倒れるのでは、デパ地下までたどり着くのも無理では?と声をかけずにはいられなかった。

メリー「大丈夫ですか?」

おばーさん「(うんこらしょと体を起こし、わたしの顔をにらみつけて)大丈夫よ!大丈夫じゃなきゃ、ここに来やしないわよ!」

びっびっび、びっくり。

メリー「ははは、そりゃあそうですよね。」

おばーさん「どうもないわよ。ただ、早く歩けないだけよ。」

メリー「はぁ、じゃあお気をつけて。」

高齢者に席をゆずったら、そんなに年取ってないと怒られた話などネットでよく読むが、よほど運が悪い人なんだろうと思ってきた。日本に住み出していくらも経たないわたしも体験するとは、世間にはこんな年寄りは少なくない証拠だろう。

ロスの娘にその話をすると、ママは正しいことをしたのよ、そのおばーさんは普段全く人に愛されない生活をしてるのよと言った。

その通りであろうし、このおばーさんの攻撃的な表現はすでに認知症が始まっているのが原因かも知れないと思った。

もう一つ、これも驚いた、

ここの最寄り駅は、近年大きなショッピンモールになり、わたしは店に行く時、改札口近くを歩いていた。そこは通り道がカーブになっているとこだった。

そのカーブのフェンス側で、幼児の男の子が、顔をくずし、「ママがいなーい」と泣き始めた。付近に親らしい人はいなかった。前方数メートルにマスクをした若い女性がいたが、男児の母親にしては若いので、おかあさんではないのだろうと、わたしは男児に戻った。

「ママ、いないの?」

すると、前方にいたマスク女性が男児に近寄り、これも振り返ってわたしの顔をにらみつけ、「ここにいます!」

OMG!

カーブになっていて、先に歩いていた母親が視界から見えなくなったから、男児はママがいなくなったと考えたのだ。(幼児にはよくあること。視界に見えない=いない、になるのだ。)

この反応はなに?誘拐するとでも思ったの?それとも咎められると思った?

なんで、「ここにいますから大丈夫です」とか「ありがとうございます」と普通に言えないのだろう?日本人の人への反応の仕方の不自然さを感じずにはいられない。

人にぶつかりそうになるとエクスキューズミー、なんでもしてもらうとサンキューという言葉をおしみなく使うのが日常の国で生活したわたしには、実に寂しく感じる。

ところで消費税が今年中に10%に上がるのは本当でしょうか?上がらないうちにドライバー買おうかな。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

運転の練習(笑)

わたしも歳をとったもんだと情けない。

一昨日、息子が都心から納車された車を乗って帰った。夜だったから試乗はやめといた。(笑)

昨日は近所の2ブロックを2周した。(慣れない)右ハンドル、左側通行、新車というので、初心者のように練習しなくちゃいけないとは、年寄りになったのねと思う。若い頃は、日本で免許とってすぐにロスに行って、周りが時速40マイルで走っているのに20マイルでとろとろ、子供3人後ろに乗せて道に迷い、つたない英語で外で車を洗っていた若者に道を聞いたもんだ。あの神経はどこに?(爆)

ここらは分譲大型マンションが多く、少子化はどこの話?というぐらい小さい子や学齢の子が多い。

昨日は失敗した。まだ子供の下校時間じゃないと思ったのに、三学期が始まってすぐだからだろう、ぞろぞろと下学年の子供達が歩いている。這うようにゆっくり進んでいたら、一人の男の子が10ヤード前を右側から左側へ走って横切った。ひぃーーーーっ。

そのあと左側に立ってわたしの顔をじーっと見ている。ありゃわざとか?今の子はそんなに悪いのかな。

この車はよくブレーキが効く。

(ここらはたいてい歩道が完備しているが、そこは両側に歩道も、緑の歩行者用ラインもない道だった。あの道は通るのをやめなきゃいかん。)

最悪なのは、うちが借りているガレージスペースに駐車するとき。地下に立体駐車場もあるが、電気代けちっているのかいつも暗いし、駐めにくそうだし、わたしは道路面にある外の駐車スペースにした。

各駐車スペースに、幅、奥行き、高さの最大値があって、幅は余裕があるはずだったのに(数字上は)、狭いっ!


7e0d37dccf584644b9972d0bd76722a4

変な写真ですみません。車を駐めるのは道路面だけど、ここは3段になっている立体駐車で、わたしのは最下段だから、まずはがーーーーっと上げなくちゃいけない。それから、ここに駐めて、またがーーーっと下降させる。向かって右側はタイヤこするぐらいぎりぎりに駐めても、左側は20cmもない。

昨日は20回ぐらい切り返して、ほとんどギブアップしかけた。(笑) 今日はだいぶマシだったけど、それでも7、8回は切り返した。わたしは日本で運転を覚えたから、バックで入れるのは下手ではなかったのだけど、いかんせん狭い。ここに駐めるとどっと疲れる。

今日はイートーヨーカドーに行った。昔より駐車スペースが広くなって、駐めるのが簡単だったから、やはり駐車場が狭すぎるのだ。

京都とでは年寄り(わたし)から6才までいたから、無理をせず、金閣寺だけにして(ちなみに金閣寺で小雪が散らつき、マフラーに落ちてロスの孫が喜んでいた)、そこからバスに乗って「四条通り」へ。


Ac8dbeaf938548559afdec9110c1760c

バスから見ていてもとても綺麗な通りだった。デパートや高級店もあり、小さい土産物屋もたくさん。


84282bba0f984857854a141e20cf9ce6

これは髪かざりが売っているお店だったと思う。

992df72e20604bbdb4984a911a324a3a


ロスの孫は友達へのお土産にダルマを買うと決めていた。店内に母親や伯母といる孫(黄土色のニット帽)。

39d7a2235f31420a8059ffae5825a35a

明日は練習に行きたいなぁ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

成人式に思う

ここらでは昨日8日午後1時半ごろから雨が降り始め、夕刻はかなりの降りになっていた。自治体の成人式は午前中にするものか知識がないが、多摩市に住む姪は着物を着て雨に降られなかったろうかと心配した。

成人の日に、成人式用晴れ着の着付けや貸衣装をしていた業者が夜逃げして多くの利用者が被害を被ったとニュースが伝えていた。福岡の支店だけは開いたそうだが。

ニュースの詳細や、お金がとられ損になった利用客の談話を読んで驚いた。晴れ着の貸衣装に18万。あるいは将来の予約で60万。全国に支店が数店あった一業者の夜逃げで、これが明るみになったが、こんな業者は山ほどあるのだろうし、全国でこういう業者を利用する20歳は相当な数になると想像できる。

わたしの驚き。今の親は成人式に出るたった2、3時間のことにこれだけお金をかけるの?(当然、みんながみんな金銭的に余裕がある家庭ばかりじゃないだろう)

多くが成人式は晴れ着を着るから、姪も着物が着たいと言ったのだろうと納得できた。彼女は音大に行っているが、こっちが憂うほど洒落っ気がなく、その話を聞いたときは意外だなと感じた。弟夫婦はお金がないので、姪の叔母さんの振袖を借りることにした。

何十年も前、秋田の田舎では、雪が深いせいだろう、成人式は夏にやっていた。都会に出た(推測98%)若者がお正月休みより、盆休みに帰省して友達に再会するのが普通だった。当時、振袖を買うお金がないから成人式に出ない子がいると聞いたことがある。(貸衣装が発達したのはずっと後年だと思う)わたしはそれを聞いて、アホらし、振袖がなければワンピースでもなんでもいいじゃないのと思った。

わたしは成人式に出る意義もわからなかったから出なかった。その後の中学のクラス会と高校のクラス会には出て、すでにそれぞれ一人、二人亡くなっている子がいたのに愕然とする。病死やバイクの事故だった。

母はわたしが振袖にも晴れ着にも興味がないことを知っていたが、親として何か買ってやりたかったのだろう、結婚しても着れるように、袖を少し長めにした色留袖を仕立ててくれた。

何事も派手に、子供にお金をかけすぎることで思い出したのがランドセル。

今春、長女の末っ子が小学生にあがる。いまどき、おばあちゃんやおじいちゃんがランドセルを買ってやるのだろうと、イトーヨーカドーなどでちらちら見ていたがあまりに高くて呆れていた。

大阪で会った6歳の孫に聞くと、「もう買ったよ!」

「え、もう買ったのー?誰が買ってくれたの?」

「パパ」

そばの長女がいう。いまは1年前に予約しておいたり、早く買うのだそうだ。「展示会があって子供からも注文が出るのよ、男の子は外の色が地味だからは中生地はチェックとかね。」

「へーーーーーーーーーっ」

そんな男の子ばかり育っちゃあ、あんた達が年金もらうころは日本は沈没してるよ。(口には出さなかったけれど)

今日やっと車が来るが、いまどきの車の仕様を知らないので、ネットで使い方のガイドを読んだ。(笑)

わたしに言わせると、大きなお世話の機能がつきすぎて、便利になったようで不便になっている部分もあると思う。

例えばアメリカではいまだの相当良い車でないと、サイドミラーが自動で閉じる機能はついていない。

わたし一人で乗るのに安い中古で良いと思ったが、ロスの娘が仕事で度々日本に来るようになることを考えて、彼女が乗れるように新車になった。

よーく読んだら、駐車する際、自動で駐車スペースを測り、アクセルとブレーキを踏む以外、車が自動的にハンドル操作して駐車する機能がついている。レクサスがこの機能を宣伝したCMを流していたが。

どんどん無人運転に近くなっているのだと思う。わたしもお金があったら絶対買う。多くの人が買ったほうがいいと思う。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

正月3日、金閣寺に行くときの電車内。阪急で淡路まで行き、乗り換えて西院(さいいん)というところからバス。孫はどんどん風邪がひどくなり、大阪ではリビングルーム用の大きな加湿器をつけようやく眠れた。ロスに着陸した途端、咳は1回も出なくなったそうだ。ロスも月曜日から学校が始まった。

0200ccec151d45e39d34b23e4c50174c

金閣寺。その昔、高校の修学旅行で京都に行ったが、龍安寺は覚えているが金閣寺は見たのか見てないのか記憶がない。午後1時に家を出たので夕闇迫る金閣寺であったが、見応えがあった。


55e736e9b12f47d5a9ce9eebf76c8a80


メンタルブロック

一昨日イトーヨーカドーに行ったら、野菜が高くて「ワケあり」の(サイズが不揃いと書いてあった)サツマイモとエリンギを買っただけだった。大阪では、自分は食材の買い物に行かなかったので、正月値段で高くなっていたのか不明だが、最近はいつもあんなに高いのか・・?

たいがいの野菜が高いときでも小松菜はいつも100円かそこらなのに倍以上の値段。キャベツは小さい玉の4分の1が100円。確か11月、大きなキャベツが1個100円だった。

アホらしい。野菜なんか食べなくても死にゃあしない。栄養というのは1ヶ月単位で足りていればいいそうだ。

秋刀魚は今年不漁だとネットニュースで読んだが、1尾100円ちょっとでしたよ。めずらしくバター焼きにした。レシピが知りたい方はお教えします。(バカを言え)

今日は切れかけているものがあり、セブンイレブンに行った。運動のため、買い物を小出しにして店に行く。

昨日は散歩で駅と反対方向に歩くと迷ってしまい、グーグルマップで見て歩いた。音声を初めてクリックしたら大きな音で英語が!200メートルで左に曲がれと言う。そばのマンション内から男の子が、「英語で言ってたよ」とお母さんに。お母さんも「うん、英語だったね。」

これは設定で英語が言語になっているからだろう。地図を検索するとアルファベットで地名が出てくるから閉口する。変えなさいよと娘は言うが、今度は英語で検索しても日本語のが出てくるのではないかと心配で変えていない。(笑) 英語で検索したら結果も英語で、日本語で検索したら結果も日本語で出てほしい。

散歩途中でここらでは高台にある細い道路から富士山が見えた。ここの部屋からも、「お風呂場から富士山が見えます」がセールスポイントだったのに、道を隔てて大型分譲マンションが建ったので見えなくなったそうだ。富士山がよほど小さく見えるのだろうと想像していたが、意外と大きかった。しから手前の山に隠れててっぺんしか見えない。

サークルの中に富士山。

1068dff4e8b2417c836fa909b86f7a59

ズームアップして撮った写真。薄曇りで、富士もうすぼんやり。


07e58adfeb3e46298786f2780811dd53


さっきから何度も同じことを書いては、反映されず、メンタルブロックというタイトルにしたのに、その部分の記事がない。(苦笑)

では最後の挑戦。

大阪で、多少の英語教育は受けている中学生から高校を出て1、2年のまで何人も子供達がいたのに、誰もロスの孫に英語で話しかけようとしない。お餅つきの前日、数人の中学高校生がいる部屋に孫を連れて行き、みんな自己紹介してと言ったのに、立ち上がって自分の名前をいって握手したのはたった一人。

単語の羅列でもブロークンイングリッシュでも、話しかけようとする気持ちはカケラもないようだった。

外国人とみると言葉の自信のなさ、あるいは面倒くささからか放っておく警察官や警備員の話はよく聞くが、この世代から外国語にメンタルブロックがかかるのはどうしたことか。

理由なきシャイさ、臆病さ、意欲のなさは憂うべきものがある。

会話する勇気がなくても、ハーイやハローといって、にっこりする社交性や愛嬌もない。情けない。呆れてしまった。

ユニバーサルスタジオジャパンの孫(セルフィーじゃなかった)。いく先々で写真をとり、インスタグラムにアップしてロスの友達にみせていた。セルフィーもしょっちゅう撮っていた。あれだけ活用すればiPhoneを持っている価値もあろうというもの。

450b68d3afc643caad913db71d7cf178

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

寒い!

今夕のニュースで、飲酒運転を除く交通事故の56%は(確か56だったと思う)はヘッドライトをハイビームにすると避けられただろう、という調査結果が出たそうだ。

要するに普通のライトの高さでは直前になるまで歩行者に気がつかないことが多いということ。(これからは)「ハイビームが基準」だそうだ。

うーん、だけど、向こうからハイビームにした車が来るとものすごく眩しくて、めくらましのようになって一瞬何も見えなくなる気さえするけどなー・・と思ったら、「交通量の多い市街地を除く」って。

対向車がめったに来ない夜中過ぎとか、田舎とか山道とか、そんな場合はとっくに実行してますよ。

娘がわたしのアイアンやハイブリッドを打っていたら、アイアンのグリップが細くてちゃんと握れないと言っていた。うちはわたしも娘二人も手が大きい。ONOFFのレディースアイアンだが、わたしにもグリップが小さくて、手の中で泳いでいると感じるいことがある。(笑)

車がないと、こういうことまでつい我慢してしまう。車が来たらショップに持っていって変えてもらおう。

それから娘はアイアンが 短すぎると言っていた。わたしにも短い。(笑)身長何cmを基準に作っているんだろう?

ハイブリッドは、アイアンよりはグリップが幾分太いが、これもちょっと太く変えるべきだろうな。

手になじまないようなクラブで打ってるから当たらないのじゃない?(←そんなことを超えた下手さだと思いますけど。)

こんなに寒くてゴルフする人がいるのだろうか?昨日、午後3時半ごろ、買い物に行く時、皮の手袋をはめてもすぐに指先が冷たくなった。

クレージーゴルファーのYouTube、『雪の中でゴルフするには』。11分のビデオ。アメリカのインディアナ州のようです。この男性は過去4年間ゴルフしない日はなかったと言っている。グリーンを傷めないために、グリーン付近に旗を立て、水(氷)を入れたガロン瓶(3.8リットルで牛乳を入れてスーパーで売っている・・笑)を置いてある。ガロン瓶のそば、クラブヘッドの長さ以内につけたらカップインしたとみなす。

同じ4ホールを2回まわり、もう1ホールまわって、最低でも9ホールにすると言っています。これはこれで楽しそう。一人で回るから早いし、常に動くからさほど寒くはないかもです。

ビデオ

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

悲しい話

クリスチャンでなくともクリスマスをお祝いするのが一般化した日本。多くの人にはせわしなくもわくわくする12月ではないかと思う。若ければ若いほど、クリスマスは楽しいだろう。

悲しいニュースを読んだ。JGTOの下部ツァーの試合で、スコア改ざんした選手が10年間出場停止処分になった。

やり方は同伴競技者が書いた自分のスコアを消しゴムで消し、2つのホールでスコアを改ざんして提出。同伴競技者がスコア速報を見て気がついたそうだ。起こったのは10月13日のこと。懲戒・処分委員会が今日発表した。

20歳にもなってその幼稚さに呆れるが、そんな絶望的なことをする背景は何だったろうと思う。

プロフィールを見るとゴルフを始めたのが5歳、師弟関係は父とある。

ジュニアゴルファーの親子には色々なのがいるそうだ。ロスのゴルフの先生がたまにジュニアゴルファーをまかされ、レンジでのレッスン、コースでのプレーイングレッスンはもちろん、ジュニアゴルフの試合にも同行したりキャディーをすることもあった。(そりゃあもう親はものごいお金を使う。他州の試合に行く時は先生の飛行機代、ホテル代、日当も払う)

典型的には2つのタイプがあるようだ。

一つは、お父さんが我が子は突出した出来のジュニアゴルファーと思っており、我が子の有利になるように開催側に無理を言う、あるいは我が子は才能があるのだから特別扱いしてもらって当然という態度。その子供もまた、生意気このうえなく、ほかの親や大人に挨拶もしない、自分は一段上の存在と思っているように振る舞う。

もう一つは、親が自分の子供を実力よりはるかに才能を買いかぶっており、我が子のゴルフが悪いと、人前でののしったり、小突いたり、子供は屈辱と怖さで震え上がっている。いわゆるアビューシブってやつ。

PGAのショーン・オヘアのお父さんも、試合のスコアが悪いと帰宅して酷暑のなか、何マイルも走らせるなどの罰を与えたそうだ。オヘアがプロになって、父子は絶縁したらしく、長いことオヘアはお父さんを悪し様に言って、わたしはそれも嫌だったが。

この20歳のプレーヤーのゴルフ人生に何があったかと想像をめぐらして同情しようというのじゃないが、いまどきの20歳はまだ子供だ。人生が始まる前につまづいてしまったのが公衆に知れて、これから生きにくかろうと思う。

報道は朝日新聞デジタルだが、名前を出す必要があったのか疑問に思う。匿名にしても興味を持った人なら突き止めるにしろ、あるいはゴルフ界には知れ渡っても、全国版で名前を出す犯罪だろうか。

例えば早稲田大学の入試で20人がカンニングしたことが露見した場合、実名を出すだろうか?二浪していれば同じ二十歳だ。(笑)

スポーツで生きようと決めた人生でも、音楽で身を立てようと志しても、途中で変えたってどうってことない。20年経ってごらんなさい。全く違うことして、幸せなパパやママになっているかも知れない。

立ち直ってほしいと思う。

たかがゴルフなのに。ボールひっぱたいて穴に入れるだけのゲームですよ。一人の人生に比べたら、どーってことない。

冬休みに入ったらロスの孫が来るので、寂しいクリスマスになってはと、5フィート(152cm)のクリスマスツリーを買った。ここのリビングルームの天井は高いので、ケチらず8フィートのすれば良かったと後悔したが、まだ飾っている途中。

ロスから到着の娘はちゃんと電車に乗れたと自慢している。(爆)


C72d092a91fb4a2281d0c71779f9022b

毎日毎日、膝が痛くなりながら買い物に出る。金銭感覚を失くして買い物するクリスマスシーズンだ。今日は新潟に引っ越した幼稚園の孫へ帽子と手袋とセーターと髪飾りを買った。すでに雪が積もり、雪だるまを作りながら登園しているそうだ。(笑)


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ただいま

日曜日帰国しました。

連日、日本が暑いのには驚いた。ロスにいる間にチェックした時はえらく気温が低く、早く帰国してゴルフしなくちゃーーーと思ったのに。それでこの季節外れの高温が終わったら、毎日雨の予報。あんまりだ。

この歳になると飛行機の長旅は疲れて、着いた日と翌日は「もうロスと日本の往復は限界!」と思うのだけど、2,3日もすると「あーこれだから日本は良い」or「やっぱりロスは最高!」となる。(笑)

わたしが日本で一番好きなのはデパート。デパートは欧米から来たものだろうが、日本のデパートのほうが「百貨店」の名にふさわしい。売っていない物はないほど何でも扱っている。ロスのデパートでは食べ物が売っていない。文房具も売っていないし、絵画展もやらない。(笑)

「デパ地下」は中でも偉大なインベンションだ。smile

さて早くも明日からPGAシーズン2試合目のCIMBクラシック。ティータイムや組み合わせがPGAサイトに出ていない。

出場選手は分かっているが、去年よりさらにフィールドの層が薄くなっている感がある。トッププレーヤーで出場するのはディフェディングチャンプのジャスティン・トーマスと去年2位だった松山英樹。アダム・スコットとガルシアは抜けたもよう。ヨーロッパツァーからはトーマス・ピータースが出場する。

来週は新しいトーナメント、CTカップが韓国のNine Bridgesコースで開催される。これも予選カットなし、78人のフィールドで、うち60人は昨シーズンのフェデックスポイント上位60から。松山は出場するつもりだとどっかで読んだ記憶あるが、これに出ると3週連続になるのでねー…いつ休むのか。(笑)

言わずもがな再来週はディフェディングチャンプとしてWGC・HSBCチャンピオンシップ出場。その後は11月末のヒーロー・ワールドチャレンジまで4週間空く。日本のツァーのどれかに出るかもですが…。

そう言えば、今週の日本オープンは松山はディフェンドしないのですね。まあナショナルタイトルは1回獲っておけばいいだろう。

ということで、3週連続で昼間にPGAゴルフ中継が見られる。happy01


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ