カテゴリー「ゴルフ」の記事

もう最悪!

今日は暖かかったですねー・・・と言っても北海道じゃあ吹雪いていましたが。神奈川のここら辺はお昼頃から午後4時頃まで13℃を維持していたと思う。

いつもの練習場では暑かった。暑かったとはまたオーバーなと思うでしょうが、それは数打席奥のゴルフスクールで打っていた一人の奥さんが言っていたこと。ここは全打席が南向きで、陽が照る限り、暖かいというよりむしろ暑く感じる。

35fb4a3e97ae4dd4a672b4b7be77db9c

ネットの天井がふわりふわりと浮き上がっている箇所があったのが(10月の台風で)、先週平日はずっとクローズしてネットを取り替えたり、最後の修理をしていたそうだ。

あまりのお天気の良さに、練習場で打っているのがアホらしくなってきた。年末に冷え込むのは分かっている。最後のチャンス。多摩川河川敷のショートコースに行くことにした。

大急ぎで帰宅してお昼を口に押し込み、ゴルフバッグとゴルフシューズを車に詰め込み、今回は1箇所道を間違えただけで(また?)、ほぼ時間のロスもなく到着。

もう年末年始の休みに入っている人もいるのでしょうね、引退年齢ではない、サラリーマン風のグループや中年夫婦連れもいた。

回り放題の4回目という、わたしより一世代下と思われる男性と回った。聞くとスタートしたのは10時頃だそうだ。1回だけなら2160円、回り放題は4320円。

いやはやゴルフはひどかった。まともに当たらない、大ショートするうえ方向も左引っ張りか右ストレート球。チップショットはトップするか、グリーンにショートするか。

バンカーに入る入る入る入る。何ホールで入ったっけ?こんなところにバンカーがあるとは知らなかった・・というホールもあった。1箇所は一度で出なかった。あとは出たけど手前ラフが2回、ホームランではるか向こうのラフが1回、一度で出てグリーンに留まったのが1回。ってことは5回バンカーに入れた?7ホールで?ご苦労さん。

A4e029686f2240ca83b7a7fa6a7c8389

このコースはホールの写真を撮ってもしょうがない。この景色を見るだけでも、もっと頻繁に来るべきだ。


789b30fab8924333a7cb8e76dbae651b

小さくて見えにくいが、白い鳥がいる。たぶんサギだろうと男性と話した。多摩川も水が綺麗になって鮎さえいるそうです!

5番ホールじゃなかったかと思うが、チップショットをトップしてボールはグリーンを駆け走り、向こう側に消えた。同伴男性が、奥の溝に入ったんじゃないかと言う。かなり深い溝があってネットでかぶせてある。やはり入っていたが、ほかにもボールがあったから間抜けはわたしだけではなかった。


4a0d0d0b83994dee85d9e206d1ce476a

このショートコースはいつ来てもグリーンの状態が良いうえ、早い。上の写真を撮ったのが3:18pm、すでに陽が傾いている。

1番ホールがダボで、溝に入れた5番はWスコア。ワンパットボギーが2箇所あった。ボギーがベストスコアっていうんだから初心者よりひどい?

これじゃあ長いコースは回れないですよねーと言うと、男性ははぁーと苦笑していた。(爆)

ちょっと真面目に練習しないと、これはえらいことになる。気温が暖かい日を選んで、またここに来ようと思った。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

新先生レッスン3回目

先週からレッスンを取り始めて、今週火曜日に練習に行ったら、まともに当たらない。ターゲットラインをはさんで右に左に10ヤードぐらいぶれる。ドライバーで10ヤードぶれるならいいが、8番アイアンでぶれちゃあしょうがない。

先生に(教え方が上手いから先生に昇格した!)、体の重心を真ん中にと何度も言われたのに、どう立てば重心が真ん中になるのか混乱して(タコかっ)、打席後方の喫煙室のガラスに向き、体を真ん中に対称にして立つ練習。

フィニッシュで左真横からさらに後方ぐらいが視野に入るまで身体を回転することは、ほとんど不可能に思えた。まだまだだな、もっとレッスンで指摘してもらわないと自分で練習もできやしない。

ということで、今日行ってきました。

練習場についてからレッスンを予約したせいか、新先生1、2分遅刻して現れる。

メ「この前、自分で練習に来たんですが、全く言われたことが出来なくて・・・」

「そーですか、それでアイアンからやり直したいんですね。」

(そんなことは言ってませんけど・・

メ「(自分で練習したときは)だいたいどこが重心が真ん中かわからなくてですねー。」

「重心を真ん中に。自分では右足体重かなと感じるぐらいが重心真ん中です。」

まるで当たらない。今回は2球打っただけで、口を出してくれて嬉しい。(笑)

今日は、力を入れてグリップするなと徹底的に言われた。きつく握るから、手打ちになってしまう。きつく握るから、左足が止まってしまう。よって体が回転しない。

「腕でボールを打たないように、体を動かしてボールを打つほうが労力が少なくて打てるでしょ?」

メ「はぁー、そうですよねー。」

しつこく、グリップをきつく握らないように言われた。

「車を運転するときはそんなに強く握らないでしょ?車のハンドルを握るぐらいの強さで。」

メ「運転歴とゴルフ歴とほとんど変わらないぐらいの年数やってるのに、ゴルフはいまだに力入れて握ってしまうんです。」

「そんなに強く握って運転したら怖いですよね?」(爆)

メ「ハンドル強く握るのも怖いですけど、アクセル強く踏む人も怖いですよ。」

「それは怖い、怖い。」

「テークバックで右折するときの強さ、ダウンスイングでは左折するときの強さです。」

この先生、何を言ってるのかと一瞬理解できなかったが、あーそうか、車を運転するときのハンドルを握る感触でグリップしろと言ってるんだ!

先生が、わたしのスイングに合わせて、「はーい右折です」「はーい左折です」と言う。恥ずかしい。

それから、当たるようになった。(爆)

腰も回るようになったし。しかし、それでも腰が痛くて、20分のレッスンを消化するのがやっとかっとだった。

先生は腰痛持ちではないが、寒い時期はホカロンを腰に貼っているそうだ。ゴルフのレッスンも生徒はボールを打つが、インストラクターは立ちっぱなしですから冷えるでしょうね。

わたしも湿布より、ホカロン貼ってみようと思った。

明日は渋谷にクリスマスのショーを見に行く。帰路が寒くなると嫌なので昼間のショーにした。夜のライトアップなどとても見に行く根性がない。(笑)

B88d781df5b1427eb896fbfd4e3cbe2f

⬆︎代々木公園のライトアップだそう。ここは110年前は前の記事の写真のようだったのです!

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

新先生レッスン2回目

ふと思ったのだけど、日本ではゴルフインストラクターのことも「先生」と呼ぶのでしたっけ?わたしはロスで長い年月ゴルフのレッスンを取ってきて、その人をここに登場させるときは便宜上先生と書いてきたが、もちろん実際に会っているときに先生と呼ぶわけではない。アメリカでは生徒もインストラクターもファーストネームで呼ぶ。

日本は特にかなりの職業の人に名前のあとに先生をつけて呼ぶから、どうなんだろうと思った。教えるという職業ですから、直接は先生と呼ぶべきか・・?

前回レッスンを取ってから練習に行ってない。アドレスを直してもらってようやく当たるようになったのに、自分で練習してまたもくの黙阿弥に戻ってもしょうがない。ということで、今日はアイアンからユーティリティーに上げて見てもらうことにした。

「どうも、先日はお世話になりました。」

「今日はユーティリティーの5番を持ってきました。」

この新先生は最初何球か黙って打たせるのだけど、それがシーーーンと、気配さえ感じない静けさなので、どうも居心地が悪い。早く、何か言ってくれないかなぁーと思う。

「キャッ」「あれーっ」「ぎゃっ」とミスショットが出る。

数球打たせられてから、新先生笑って(そりゃ笑うほど変なスイングなんだろう)、身振りでわたしの悪いフォロースルーを真似される。フェースが開いて、右方向にクラブが出ているとのこと。

クラブを掴んで、「フォローをもっと低くしてみませんか?」「そうして、左方向にクラブを振って、フィニッシュでお腹が正面に向くように。」

わたしのスイングはボールにコンタクトしたら終わり、手をしゃくりあげて体は右方向に向いてフィニッシュに入っていたのです。指摘されると、さもありなんと思う。

F4a8b47a9dda4dd89fa933bcc67e1d35

上は練習場の画像。黄色丸あたりがわたしが打っていた打席。ターゲットラインは真っ直ぐで150ヤードのグリーン方向。

フィニッシュのとき、視界に左180度のクラブハウスが入るぐらいになるように(写真で赤点線)と言われた。

最初は真正面のグリーンしか見られず、時には右方向が視線。(笑)

バックスイングを長くゆっくり、ダウンスイングもゆっくり、フォロースルーを低く、おへそが正面を向くぐらい腰を左に回転させる・・・がだんだん出来ると、当たりもよくなり、視線にどんどん左側が入ってくるようになった。

「○○さんは教え方が上手ですね。」。反応がなかったのは、そんなこと言って失礼だったのかしら?(笑)

ロスの先生より教え方が上手いと感じるインストラクターは初めてだ。生徒の直すべきことを見抜くのは経験を積んだインストラクターならほとんどの人が出来ると思う。良いスイングに変えていくのに、どう表現したら生徒が理解して実践できるようになるか、それが差になっていくのじゃないかと思う。

実名をあげるのは何だから、「先生」にしておくが、彼はカリフォルニアでゴルフアカデミーに1年いて、オーストラリアのゴールドコーストには十数年いたそうだ。

わたしの勘は当たった。良い先生を見つけて嬉しかるがる。

先生は今回も、「コースに出る予定はないんですか?」と聞く。コースに出る前に、何とかしなくちゃと個人レッスンとる人が多いのかしらね。「いいえ、出ません。3月、もし暖かい日があれば回ります。」

好むと好まざるにかかわらず、近いので川崎国際に行っているが、平日セルフプレーでランチを入れると15000円だ。同じ値段で個人レッスン20分を6回分。わたしはレッスン費は安いと思う。あるいは、グリーンフィーが高すぎるのか。(笑)

次は4番ウッドのレッスンを受ける予定。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


手遅れになる前に/新先生レッスン1回目

最近腰が痛いことが多いし(昨日は歯医者の椅子に1時間近く横になっていたら、そのあとは腰を曲げたまま歩かねばならなかった)、もう寒くなったし、日本でゴルフするのは諦めて3月ロスに行ったらコースに出ようと考えている。

だいたい練習場でもまともに当たらず、コースに出られるゴルフ力がない。このままゴルフ引退か・・。

しかーし、ゴルフブログ仲間のコメントを読んでいたら、腰が痛くてカップからボールを拾えないからパターグリップの先端に吸盤みたいなのをつけてボールをとるって男性が3人!

F53414077e9242a69d9345a5c3d1a045

えーーーーっ、わたしはボール拾いに困ったことはない。みんな、そんなに腰が硬くてもゴルフしてるのね!

ということで、勇気が湧いてきた。(笑)

スイングが相当崩れているからまともに当たらないのだ。自分で考えてスイングしているつもりでも、大方考えているイメージとは程遠い打ち方になっているに違いない。

レッスンをとるべきだと思った。

いつもの練習場で、各インストラクターの経歴や年齢をよーく読んで、レッスンを予約。わたしの勝手な想像ですが、あんまり年配の方は考え方が旧式すぎる、あんまり若い方はわたしのような年齢のゴルファーに同情心がない(筋肉が落ちて体も硬くなっているから言われたことが出来ないなど)、と思うので、まあ中間ぐらいの方。(笑)

9番アイアンで3、4球打つ。適度の緊張のせいか、普段よりはるかに良い出来だ・・・と自分で思ったが、それがそもそも勘違い。

「左に重心がかかっていませんか?」

(そんなこと考えたこともなかった)

「まず、アドレスから直していきましょう」

9番アイアンのアドレスがおかしいようじゃ話にならないな。

都合よく前の打席の人がいなくなったので、インストラクターはわたしの正面に立って、「メリーさんはアドレスのとき、こうなってます」

ぎゃあーーーー、醜いフォームを真似しないでほしい!

それは左足に体重を乗せ、体全体が左側によじれている。要するにアドレスで体がCの字になっているのだ。(爆)

それで、重心が真ん中の立ち位置と頭の位置に直された。体の真ん中にボールがあるというより、重心は右にあるように感じ、右に寄りかかっている感じがする。

ボールを打つと、あら不思議、球はまっすぐに飛んでいくし、高さもある。

たまに打ち損じがあったり、当たりが薄くなったりする。

機械式でボールはゴムティーの上に乗っかっていて、右手だけでクラブを持ってボールをマットに上に置くが、

「その時と同じ強さでグリップして、打つときも同じ強さで打って下さい」

「打つときにグリップを強く握ると、それはブレーキをかけるのと同じことになるのです」

そーですよねー、と返事する。

この先生は教えるのが上手い。どれだけ悪いアドレスをしていたかを指摘して、ちょっと直しただけで、球筋が断然良くなった。

「かなりの年数やっておられるでしょ?」と聞くので、「はぁ、年数ばかり長いんですけど、30年以上やっています。ゴルフはここで始めたんですけど。」

「30年前というと高橋さんとかおられた頃ですね。」

メリー「そう、その高橋さんにクラブの握り方から教えてもらいました。良い先生でしたよ。」

「今、読売におられるんですよね。」

メリー「そうなんですか?そんなこと言われても、読売じゃあ行けないし。」(爆)

今後数回レッスンをとって、ショートアイアンから徐々にクラブをあげ長いものに移りたいとお願いしときました。

20分のレッスンで33、4球打ったかな、真ん中重心に気をつけて打つと、ほとんど腰が痛くならないのでした。(嬉)

今日は季節外れに気温が上る予報だったので半袖で打ったが、南向きの2階打席はガンガンと陽が当たって、汗びっしょり。ほかのゴルファーも同様。ここらは午後に24度にもなったらしい。

クライメイトチェンジは危機的状況にあるっていうし、近い将来、ゴルフは冬やるものになるかも知れない。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

路線変更しなくちゃ

東急ゴルフパークに行ったときの記事を読んで、呆れてしまった。以前行ったとき云々の箇所で、カッコして2年前ぐらいかと書いたが、今の車を自分で運転して行ったから今年の初めに決まっている!

ぎゃーーっ、記憶が・・。

日本とロスと交互に暮らすと、今回帰国する前に日本にいたときは1年前のような気がするのです。(この歳になって)こういう生活をすると、しばしば頭の切り替えがパッパッとできなくて、先日カーラジオから澄んだ男性の歌声が流れてきて、えーっとこれ誰だっけ、知ってたはずだが、とアメリカの歌手を一生懸命思い出そうとして、突然、それは小椋佳さんってことに気がついた。(爆)

彼も井上陽水も、わたしよりちょっと年上と思うが、彼らが出てきたときから聴いている。上の娘が赤ちゃんの頃だった。長い年月好きだったのに、ライブで聴いたことがないまま終わった。日本の歌手で唯一真剣に好きだった人達だ。

日本語で話しかけられてるのに英語で返事したりは、いまだにたまにある。一瞬だと相手は気がつかないから、バーサンの発音が明瞭じゃないぐらいに取られておしまいだと思う。

ゴルフクラブでどれをどっちで持っていたか混同するのもしょっちゅうだ。日本に持っているクラブは、比較的最近買ったものが多いから、持っているのさえ忘れているクラブも多い。

河川敷東急ゴルフパークに初めて行ったときだったか、あるいは川崎国際回ったときだったか、バンカーショット用に買ったレディースのサンドウェッジしか持っていかず、仕方なし、それでチップも打った。意外とチップショットでも打てることに驚いた。

わたしは、長年サンドウェッジとギャップウェッジは男物でスチールシャフトを使ってきた。なぜかというと、カーボンシャフトで軽いと手首をこねくるからだ。

ミズノのMPウェッジ。ところが最近、サンドウェッジが打てなくなった。練習量が少ない、日本では芝からチップの練習する機会がない・・それもあるだろうが、最近、わたしには無理なスペックになってきたのではと考えた。

それで、今日は練習場でバンカー用、Lynxのサンドウェッジでチップを打ってきました。


Dbe3504701814c47b810b8e05abce55b


いくらも使ってないのに、傷だらけだ。これでも拭いてから撮ったのです。刻印に気がついた。USA TOUR, LASER MILLED とあるがどういう意味かしら?


31bd325eac354f31ad54c81631e36fe4


東急の練習場が閉鎖しているので、この鄙びた練習場に通っているが、ボールが自動で出てこないのは喜ばしい。あれはリズムが狂うというか、打つペースが早くなっていけない。

A686e22325724334a0298d27d6e76071

体力、筋力、柔軟性も、毎年落ちていくのだから、ゴルフクラブの路線も変えなくちゃと思った。

よくブログで練習場が主催するコンペに参加したことを書く人があるが、この練習場にも貼り紙があった。川崎国際で(この練習場から5分だろう)、グリーンフィーはキャディー無しの平日料金、コンペ参加費が3000円だった。32人募集。

開催日が11月末。そんな先の天候はどうなるかわからないから、聞いてみなかった。あんなに傾斜がきついコースを、なおさら雨で回りたくない。好天ってわかっていたら参加するんだけど。

500円コインで75球打って、終わったら腰が痛くてびっこを引く。洗車に行って、車から降り、アイタタタと歩く。これじゃあ、ダメだわね。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


「どんなルール違反にむっとするか?」

来年からルール変更になって、そのほとんどが(いや全部か)、現行ルールを平易に、ゴルフを容易にするもので、アマチュアゴルファーには歓迎でしょう。

しかし、なぜ現行ルールが変更になったかという理由を言い訳のように長々書いてあって可笑しい。理不尽なルールも多かったし、状況によるルール適用の解釈がまたややこしかった。

あまりにルールが難しく、「USGAのルールブックをゴルフバッグに入れておきましょう!」と推奨された時期もあったぐらいで、じゃあただでも時間がかかるダッファーがいちいちプレーの途中で本を出して、これはエーッと該当ルールを探すのかと、現実的ではないUSGAの机上論だと思った。

単純であるほど、実行しやすいので、良い変更だと思う。

ルール変更になろうがなるまいが、自分ルールを作ってゴルフをする人はいくらでもいると思うが、ゴルフブログ仲間に聞いてみた。

「あなたの4サムの中や、ゴルフ友達の中で、ルール違反する人がいたら、どんなことをされるのが一番むっとするか」という質問。

まず、深刻なケース。2サムや4サムを1グループにし何組かでネットスコアを競うとき、ほかの4サムがお互いに4フィート(120cm)のパットをOKにしてしまうことだという。言った本人はハンディキャップ5だが、これをやられるとまるで勝ち目がないそうだ。

次は70代半ばのゴルファー。この人は暑い時期高級コースのグリーンフィーが大幅に安くなるというので毎年真夏のフロリダにゴルフ旅行する強者。彼は、自分もいい加減なゴルフをしているくせに、ドロップの場所が間違っているなどと糾弾してラウンドの間中言い張る輩が大嫌いだそうだ。

カナダの女性ゴルファーは、一緒に回っていてルールを教えたがる男性に閉口すると言っていた(こういうのは世界共通か?)。彼女は同組の人がルール違反しても、自分もルール全部わかっているとは思っていないので普通は黙っているそうだ。

わたしが一番嫌いなのは、誰もOKと言ってないのに、パットしないでボールをピックアップする人。あれはどういう神経か?全部入れさせたら、時々は外すでしょ。

同組の人が「OKです」と言ったら、わたしもそのパットはいただくけれども、それと勝手に拾うのはかなり違うと思う。(笑)

ロスではもうゴルフ友達がいなくなってしまったので(みんな故人になったりゴルフから遠のいたり)、たいていは初対面の人と回るので、お互いにめったにOKパットは言わない。絶対パットアウトしたい人もいるし、失礼かと思うので。チップでピンの根元に寄せたときぐらいか。

来年からのルール変更で、ボールが遠い人から先に打つは遵守する必要がなくなる。マッチプレーでもお互いの合意で。

一人が左ラフ、もう一人が右土手で、似たような距離なら人が打つまで待つのは時間の無駄と思える。でも、男性で(必ずや男性なのだ)、わたしがまだ打ってないのを忘れて、ファアウェイ真ん中をグリーン方向に歩き出す人がいて、あれは自分のショットが悪かったりすると頭の中が真っ白になるからだろうか?(笑)

わたしは今に気がついてくれるかと黙って待つが、あんまり待つとなおグリーンにオンするのが遅くなるから、しまいに叫ぶ。「打ちますよぉー」

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

やっと見たツァーチャンピョンシップ最終日

YouTubeで、タイガーのショット、パットだけで編集しているビデオを見つけ、最終日のプレーを見た。タイガーのみなのでトータルで34分。

タイガーのショットが終わって、一瞬マックロイの姿が映ると、すぐ次のタイガーのプレーに画面が変わり、無視されっぱなしのマックロイで気の毒になった。

このビデオをそのままにしておくと、タイガーの土曜日、金曜日、木曜日とビデオは遡る。

最終日は3打差でスタート、3打差は大したリードじゃないと思うが、最終日のプレーはわたしに言わせればビンテージタイガーだった。

安全にプレーすべきところは安全に、狙える場面になればピンをアタックしていく。リードしている時の勝ち方を知っている。そしてその通りに、ほとんどビジネスライクにホールを消化していく。

何年ぐらいのことだったか思い出せないが、タイガーはリードして最終日に入った試合の優勝確率は90%以上だった。解説のジョニー・ミラーが、“That is crazy”と言っていたのを覚えている。

昔の(昔の話は禁句でしょうが)、入れたであろうパットも1つ、2つあった。しかし、それでも勝つ、それがタイガーということを見せつけられた。

PGAツァー80勝目だったが、ある意味、80勝のなかで最も素晴らしい優勝ではなかったか。そして、もっとも意義ある優勝だったかも知れない。なぜなら、再び勝てることを自分に証明したから。

あとはもう、ファンにとってボーナスだ。これから何回優勝するとか、メジャーに再び勝てるかとか、わたしにとってはそんなことはもう余生に入る。(笑)

勝てることがわかった、4度の腰の手術から、歩くのも困難な状態から、勝てるところまで持ってきた、これがタイガーのゴルフ人生最大の成就だろう。

ライダーカップが終わったら長い休みをとると言っていた。体のメンテナンス、トレーニングの組み方、ツァー出場のスケジュール、いろいろと調整してくるだろう。

腰は治ったにしろ、無理が来ているのは腰だけではないはず、ほかのプレーヤーと同じように、これからも故障が出てくるかも知れない。体を大事に、自分の好きなだけツアー人生を満喫してほしい。

これで、タイガーは誰に何も証明する必要はなくなったのだから。

下は最終日、タイガーのshot by shotのビデオ。

https://www.youtube.com/watch?v=pFm2bhWt1qI&feature=share


明日は一泊でちょっと小旅行に行ってきます。画像だけアップ出来るかも知れません。

では御機嫌よう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

今時のクラブ

最近、娘がアイアンのセットを買った。数年、ゴルフをしなくても平気な人だが、最近日本からの客人と回ることが続いたので、少し楽しくなってきたのか、嬉しそうに、「すごく打ちやすいよ、よく飛ぶし」と言う。

先週末、9ホールコースを家族で回ったとき、一度だけ打ってみた。フェアウェイから6番アイアン。グリーンにはまだまだ距離があったので、グリーン方向に向かって打っただけ。よって無心ゆえ当たったのか知らないが、ほんとものすごく簡単なクラブでわたしのスイングスピードであれだけ球が上がるのも信じがたいほどだった。(笑)

娘はゴルフバッグを車に積みっぱなしで、確認してないが、たぶん、これだと思う。


3262c1ac52034ddebd8dad19db88bb6c


キャロウェイROGUEアイアンには、ROGUE、ROGUE X、ROGUE PROと3種類あって、スペックから見て、ROGUE Xだったろうと思う。男性用。シャフトR。娘は太っているのでレディースの短いクラブでは打ちにくいのだ。日本で言うところの、「縦振り」ではなく「横振り」のスイングになる。わたしは彼女ほど太ってないが、やはり女性用の短いクラブは打ちにくい。(アメリカ女性に比したら)背は高くないが、手が長いのだと思う。

これがスペック。

Eb070c9a64884c4cb9c71782ed2fff8b

6番アイアンが24度!昔のアイアンは24度というと4番アイアンぐらいじゃなかったですか?3番が21度で。ロスでは、わたしは16年ぐらい前にフィッターにフィッティングしてもらい、マグレガーの本社で組み立ててもらったVフォイルをいまだに使っている。そのあと、キャラウェイやテーラーメイドなど3回ぐらいアイアンセットを買ったがどれも気に食わなくて、この古いアイアンに戻った。男物でシャフトはシニア用。最近はスイングスピードが落ちて何で打っても球が低くて。(笑) それに何で打ってもほとんど距離が変わらない。(笑)

娘のゴルフはどうせ続かないから、わたしが回るときは貸してもらおうと思っている。今時のアイアンはロフトが立っているから、飛ぶと言ってもロフトがない分当たらないのじゃないかと思っていたが、そんなことはないのね。いやはや、実に道具も進歩したもの。

ラウンドしなくても週2回は練習場に行こうと思っているが、腰が痛くてただ歩くさえ痛むのでサボることが多い。座るのもいけないが、どうも車の運転が一番悪いような気がする。日本に帰国したらたくさん歩こう。(笑)


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

アメリカのゴルフと日本のゴルフ

今、日本から客人が来ていて、そりゃあ日本から来たらロスの天候は暑いうちにも入らず、湿度も低く感じるだろうから、もう何回かゴルフに行っているようだ。

そのうちの一人はまだ初心者で、ロスのゴルフは楽しい楽しいと言っているらしい。彼の経験した話だが、日本で普通の人ではなかなか行けないカントリークラブに知り合いの紹介で行った時、ロビーでマネージャーが飛んできて、ゴルフシャツをズボンの中に入れるよう、頭ごなしに注意したそうだ。

それで、わざととぼけて、「え?これは外に出すタイプのシャツですけど何かいけませんか?」と尋ねると、「いや、それなら・・・」ともごもご言って引き下がったそう。その間、そこらにいた従業員全員が人を見下す表情と視線で眺めていたそうだ。

わたしも90年代に帰国して、ロスで知り合った日本人女性と千葉にゴルフに行って、23、4歳と思われる男の従業員に失礼な言い方をされたことがあるので、多いに共感できる。

日本のゴルフコースはゴルフが特権階級だった頃の名残か、一部のコースでは従業員が客を身なりや持ち物で値踏みするところがあると思う。それぞれのカントリークラブには服装のガイドラインがあるので、あらかじめ調べるなり聞くなりして合わせるべきとは思うが、ゴルフごときがいったいなんぼのもの?と思う。

ゴルフ場に限らず、人を乗っている車や服装で判断するのは卑しさこれに極まれりの人間性だと思う。

ゆえに、彼はこっちのゴルフは楽しい楽しいと言っている。1回はカントリークラブ、それからわたしが時々行く、9ホールだけのコースも行ったそうだ。手引きカートで回るのは初めてだったらしく、おもしろいですねとご機嫌だったらしい。

ランチョも回ったそうだが、ロスの知人が一人遠いので(朝のラッシュにかかるゆえ)ティータイムに間に合わないというと、スターターはその人の分を空けておいてくれ、途中数ホールめで合流したそうだ。

わたしはロスでは、天気を見て(主に気温)、ネットで前日予約したり、その日にコースに電話したり、あるいは行き当たりばったりコースにかけつけて、あんまり混んでなかったら回るという、ゴルフは運動不足解消、お散歩感覚、娯楽、気晴らしである。

スコアが良いと嬉しく、悪いと落ち込むのはどこでやっても同じだけども。

日本でのゴルフもだいぶ慣れてきて、日本のゴルフとロスでのゴルフはまるきり違うものだと割り切るようにしている。

近年はカントリークラブに行っても、不愉快というほどの思いはしたことがないが、もっとも従業員の態度が行き届いていると感じたのは東京のKカントリークラブ。初めていった不慣れさも何も感じさせない客扱いは超一流だった。

ゴルフコースというのは、コースのメンテナンスから、接客するスタッフから、ゴルファーに楽しくゴルフしてもらうのが存在価値じゃあるまいか。

ということで、日本からの客人にはロスでいっぱいゴルフをして、ついでに上達して帰ってくれたら嬉しく思う。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

一人留守番

日本はすさまじい暑さのようですね。東京は10日以上35度が続いているそうで、昨日月曜日は39度!人間が歩いている地点の実際の気温はアスファルトからの照り返し、車の排気ガス、ACの排気でもっと高くなるだろうから、まあ外を歩ける温度じゃないということでしょう。

こちらのBBCチャンネルで日本の酷暑を報道していた。熊谷市が最も高温になるためか、熊谷市市内の風景や、渋谷のスクランブル交差点の様子などの映像を出す。東京の特派員(駐在員?)が、外は40℃で、自転車でスタジオに来たそうだが、汗だくになったと言っていた。(車は支給されないのかしらと思ったが)

わたしは日本に住んでいる時代、33度ぐらいしか経験がない。1988年横浜の日中最高気温の10日ごとの平均は、7月上旬27.4℃/中旬24.5 ℃/下旬22.8 ℃/8月上旬29.5℃/中旬29.3℃/下旬30.7℃。7月の最高気温が31.9℃、8月の最高気温が32.1℃。もっと暑い年もあったが、それでも最高気温は32、3℃でした。

気象庁の過去の気象データを見ると一目瞭然です。

日本の友達でタイに3年ぐらい住んでいた人がいたが、日中はあまりに暑いから学校は6時半ごろ始まってお昼には終わってしまうのだそうです。イランもお昼休みがすごく長いと聞いたことがある。熱帯のような気候の中で、コンクリートとビルに囲まれて生活しているのだから、日本もいろいろとシステムを変えたほうがいいのじゃないかしら。小学校の冷房はマストですよ。

ロスの孫が行っていた小学校は、生徒数が増えたのでプレハブ用の建物もクラスに使うようになった学校だったが、ある年一挙にクーラーをつけた。パイプを窓から突っ込んでという、見てくれも悪いやっつけ仕事のような付け方で最初はこんなもので効くのかと思ったそうだが、十分間に合っていたと娘が言っていた。

日本の孫達が通う学校はどこも冷房があると言っていたので、いまどきは全国の学校でついていると思っていたら、地方によってはきわめて設置率が低いらしい。東京は87%と言っていたと思う。クーラーはあっても先生がなかなかつけてくれないところもあると読んだ。なんちゅう馬鹿馬鹿しい。

熱中症で子供を死なせるなんて、そんな哀れなことがあろうか。公営ギャンブルやロトは教育費に回るのじゃなかったですか?競馬にどれだけ人はお金を使ってることか、小学校のクーラー設置代ぐらい出させなさいよ。

日本はそんなに貧乏なのだろうか?個人の生活は厳しい人もいるだろうが、国が貧しいとは思えない。

娘婿はバイクでアメリカ横断の旅に出て(毎年夏にやるが暑いのにご苦労さん)、孫は高校生対象の合宿セミナーに参加、娘も孫のセミナーが終わったら合流して友達家族とすごすため今朝ワシントンDCに発った。

早朝に娘をロスアンゼルス空港に送り(超久しぶりにロスの高速に乗った!)、まだ開いてないかなと食料スーパーに寄ったら、24時間営業と書いてあった!駐車場には10台ぐらいの車。客はコーヒーや朝のパンを買いに来た人ばかりだった。この頃朝6時ちょっと前。


8b44bc2d77c3414daf81e364e154d6d4


スーパーから自宅に戻る道。左右に住宅や公園がある。道が広いでしょ?なんでこんな大きな街路樹を植えるのかな、育ちすぎたのでしょうね。(笑)ちょうど6時ごろ。ロスでの日昇は5:58。ゴルフがスタート出来る明るさですね。そのうち早起きして回ろう。

E78b5c6d097440e4af64f9f9f100cbc5


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ