カテゴリー「フォト」の記事

ポール・ゲッティー・ミュージアムその2

最近日本のほうが気温が低くなり、早く帰ってゴルフしたいもの。では、ポール・ゲッティー・ミュージアムの展示作品をいくつかアップします。

ところでポール・ゲッティーはオイルで富を築いた人。ウィキペディアで調べたらおもしろい経歴だった。もともとお父さんの代からオイルの精製をやっていたが、息子は20代で自分の会社を作り、サウジアラビアでの60年間のオイル採掘権を買った。最初の数年はオイルが出なかったそうだ。大金持ちのわりにケチで、息子が誘拐されたときに、その身代金を値切ったと言われている。亡くなったとき、遺産のほとんどをポール・ゲッティー基金に遺したのは芸術にとって実にありがたいことだ。

Img_0042

Img_0162

iPad で写真を撮ると被写体が近くなるので、展示物が大きかったり部屋の奥行が狭くて後ろに下がれない場合、全部が入らないのでiPhoneで撮ったが(上の画像)、色調が違ってしまう。

わたしは彫刻にはあまり興味がなくて、自分ではどんな絵も描かないが鑑賞するのは絵画が好きだ。この部屋に入ったときは悲鳴をあげそうになった。


Img_0046

みんな見たことある絵ばかりじゃないの!印象派のマネ、モネ、ルノアール・・・。一つの部屋にさりげなく(?)隣り合って次々に壁にかかっているのは、この世のものとも思えない。

Img_0047


Img_0048


Img_0049


わたしは娘にひそひそ声で言った。「これ全部レプリカじゃなくて本物かしらね?」(爆)娘「そーでしょ。ポール・ゲッティーだよ。」

これだけの絵が、ロープもなく、ガラスの箱で保護してあるでもなく、むきだしでわたしの前にあり、いくらでも顔を近づけて鑑賞できるのは信じ難かった。


Img_0050


とどめは、上の絵画がかかっていた壁と交差する右側にかかっていた、これ。↓

Img_0051


わたしは感激と畏怖の思いで動転し、手が震えんばかり、画像が斜めになってしまった。これは確か相当高価だったはず、と家に帰って調べたが、1980年代に今の貨幣価値にして$52ミリオンでこのミュージアムが買い取ったそうだ。

あー、勿体無い、わたしのような絵心もない者がタダで見られて、何とめぐまれていることだろうと、ほんとに感謝しました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


ポール・ゲッティー・ミュージアム

近くに住んでいるとなかなか行かないの典型で、世界的に有名で膨大な展示作品をもつポール・ゲッティー・ミュージアムは、以前ロスのマリブというところにあったが(今はゲッティー・ビラという名前になっている・・20年以上前に日本から友人が遊びに来たときに案内した)、そこが手狭になったというので、ウェストロスアンゼルスに巨大な美術館を建ててからまだ行ったことがなかった。


Img_0113_2

↑ゲッティー・ビラ。建物自体も素敵だった。

ウェストロスアンゼルスに新設になったのが、10年近く前じゃなかろうか。孫が見学に行ったのが幼稚園のときだったという。オープンしてすぐは大混雑だったそうだ。

何より驚いたのは、入場料が無料だということ。1日中何時間でもとめていい駐車料金が$15。そこからゆっくりゆっくり走るモノレールで5分ぐらい。何と豊かな国だろうと感服。芸術をどれだけ大事にするかは民度をはかる大きな尺度じゃないかと感じる。アメリカはこういう素晴らしい面もあるのにねぇ・・・近年の政治や民心の衰退はどうしたことか。

というわけで、画像をアップします。iPhoneよりも、iPadのカメラのほうが良く撮れるのじゃないかと思って、初めてカメラを使いました。

Img_0114_2

↑彫像が立つ階段を上る。


20170923_170102_2

↑インフォメーションデスクがあった。


Img_0098

↑広場があちこちに広がり、複数の展示館に繋がる。


20170923_171534

↑前のインフォメーションデスクがある建物を振り返る。手前右にはステージがあり、後刻ラテンバンドがライブのコンサートをやっていた。もちろん無料。


Img_0099


20170923_175147

↑ミュージアム自体がかなり高い丘の上に立っていて、ロスアンゼルスが一望。少しモヤがかかっているが、右の紺色は海です。いかに高層ビルが少ないかというのも分かると思う。30年前はこの十分一もなかった。※きれいに見えないので、一番下に大きなピクセルでアップしました。画像はどれもクリックで大きくなります。(オリジナルの大きさで入れてもいいかも知れない・・)

iPadで画像を加工し、ブログにアップする作業に慣れていないので、時間がかかってしょうがない。展示作品の画像はまた後刻にします。写真撮影が許されない部屋はほんとの僅か。ほとんどで写真が撮れたのも驚き。しかし、多すぎてとても全部は撮れなかった。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Img_0054


ロスアンゼルス・セントラル図書館

アメリカは今週、サンクスギビングデーの連休、ロス市立の学校は月曜日からすでに休み。孫のクラスでは連休中の宿題として歴史のプロジェクト製作が出た。自分で好きな題材を選んでいいそうで、7年生12歳の孫は、イスラム教徒に伝わる医薬類(中国なら漢方薬というところ)。

何もそんな難しい題材にしなくてもと思うが、資料探しにロスアンゼルスの公立図書館で一番大きなセントラル・ライブラリーに行くことになった。

ダウンタウンにあるこういった市や政府の建物は古く、歴史を感じる見事な建築が多い。わたしも便乗し、図書館見学に行った。

(画像はどれもクリックで拡大)

Centrallibrary_daytimepicture

夕昏ごろ着いたので、この外からの画像はネットで見つけたもの。1925年築。スフィンクスもあり、エジプト風です。入り口は幾つかあるが、これが正面玄関。中は広い廊下からホールになっており、とても図書館とは思えず、田舎者が史跡を訪れた按配で気押される。

Centrallibrary_new1

メインビルディングにつけて新しい建物が完成したのが1993年。その新建築の図書館へ行って規模の大きさに仰天。

Centrallibrary_new2_2

天井からは巨大なオブジェがぶらさがっている。

Centrallibrary_new3

人の大きさを見ると、緑色の巨大な柱のサイズが想像できると思う。地上4階、地下3階と案内図にあった。地下鉄のエスカレーターのように、何階も昇降していく。

Centrallibrary_new4

エスカレーターがある中央ホールに面した窓から見た館内。本を読むデスク、ソファが充実している。

Centrallibrary_new5

ずらりと並んだ書棚は質素で平凡。細かくラベルをつけて類別され、各部屋には図書館員が数人いて本探しを助けたり、相談に乗っている。

*

Centrallibrary_old1

旧館のほうへ行くと、インテリアはスパニッシュ風。タイル。画面の左に少し写っているが、別な通りに通じる出入り口で、金属探知機の無粋な枠が見える。

Centrallibrary_old2

天井。

Centrallibrary_old3

この大広間には圧倒された。壁画はカリフォルニアの歴史を絵にしたものだそうだ。

Centrallibrary_old4

高さもかなりある。

Centrallibrary_old5

この照明は逆光になって見えないが、真ん中の球は青い地球。

Centrallibrary_old6

天井。今度来るときは陽が射す日に見てみたいと思う。

Ritzcarltonlosangelesaaerialview

ロスアンゼルス、ダウンタウン地区のビル群。高いビルが集まるのはここだけ。セントラル・ライブラリーは真ん中の丸いビルのふもと辺り。

ダウンタウンは、ビジネス街と非常に治安が悪い地区と隣接しているので閉口する。図書館が終わってリトルトーキョーで夕飯を食べ、高速の入り口に向かう途中は倉庫が並び、ジャンキーが車道に出て金をせびる。スキッドローもすぐ近く。夜、道に迷おうものなら、信号無視で突っ走る。(ほんとの話です)

娘の運転だったので、迷うことなく高速に乗ったが、ほどなく高速の両サイドに何台ものパトカーを見た。

娘が事故かなとのんびりしたことを言うので、ミズーリ州ファーガソンの未成年を射殺した警官を起訴するかしないかの発表があったんじゃないの、ライオットを警戒しているのよと言ったのだけど、出口ランプもパトガーが塞いで下りられないようにしている。

やがて近づいていく、高速の上を渡る道路にはパトカーが横にびっしりと並び、その屋根の青ランプはクリスマスのイルミネーションかとみまがうぐらいだった。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

これが本場のハロウィーン、トリック・オア・トリート/その1

夜8時からのCIMBクラシック中継を見ていましたが、連日お約束の雷中断。今日はさらに早めに現地12時24分にホーンが鳴った。特に夜の中継はネットで見るのだけど、中断になったあとはヨーロップツァーのBMWマスターズ(上海開催)に変えて見ている。

Wiziwig.tvというサイトでは、世界中のスポーツをライブで見られる。BMWマスターズはイギリスのスカイスポーツ局中継で、そのライブをネットで流している。このサイトは広告のスパムが入ってくるので、興味ある人もリスクを承知で利用したほうがいいと思います。残念ながら日本からのゴルフは入ってこない。

*

今日アメリカはハロウィーン。記憶にある限り、ロスのハロウィーンは毎年暑いぐらいで天気も良い。今年は日中に短時間小雨が降り、気温も20度ぐらい。暗くなってからのトリック・オア・トリートは寒くて子供達が可哀相と思ったが、歩いていると寒いどころではなかった。

タイミングよく、これを書いている夜中屋根を打ちつける雨が降ってきた。coldsweats02

*

うちの近所にハロウィーンのデコレーションで有名な通りがあり、遠くから子供達を連れて、見物がてらのトリック・オア・トリートに大勢が来る。散歩がてら写真をたくさん撮ってきました。

まず前半は、子供達が家を回ってキャンディーをもらうシーン。

Trickortreat_corner_2

Trickortreat_1

なるべく人が入らないように撮ったが、歩道は行き交う人で込み合っています。馬車も悪魔も、電気で空気を入れた風船様のしかけ。

Trickortreat_1b

小さい子は親が玄関まで連れて行き、子供が「トリックオアトリート!」というとキャンディーをもらえる。

Trickortreat_4

この通りはものすごい数の子供が来るので、住人は玄関の外に座り込んでキャンディーをあげている人が多かった。アメリカのうちは、歩道からドライブウェイがあり、このように木のフェンスでガレージや裏庭に繋がる構造が普通。

Trickortreat_2

玄関前でキャンディーをあげているのも中学生ぐらいでハロウィーンの仮装をしている。このお母さんは何の扮装なのか青いカツラですね。

今日近所のスーパーではレジの女性がアラジンの魔法のランプに出て来るようなドレスと髪型をしていて、豪華だった。誉めたらすごく喜んでいた。

Trickortreat_3

右側にこの家の主婦らしき人が座り込んでいる。

Trickortreat_5

暗いですが、歩道をぞろぞろ歩く人達。煙のように見えるのは、デコレーションの舞台効果でわざと出しているものです。

Trickortreat_6

車道と歩道の間の芝のスペースに植えられた街路樹が巨大なのがわかると思います。根がコンクリートを押し上げて、歩道が盛り上がってしまうのです。大きくならない木を植えればいいのにと思うが、ロスは気候がいいので何でもニョキニョキと大きくなる。

次の記事には、凝りに凝ったデコレーションの画像をアップします。

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ミニ・サマーバケーション1

何しろ今週はもうThe Openでありますから、早く画像アップしなくちゃ。smile

というわけで、ロス近郊のサンタ・バーバラに娘と孫とで行ってきました。

インターネットで調べて行きたいところを決めた。

第一がOld Mission Santa Barbaraという、220年ほど前に出来たスペインのフランシスコ修道会の伝道所です。

アメリカは国の歴史が浅く、まして一番最後に開発された南カリフォルニアは80年90年前というとほとんど何も無かったぐらいらしい。

1786年から40年かけて造られた書いてあって、ほぉーっ何と古い!と思ったけど、日本なら数百年も千年も前の建造物が残っているのにと苦笑する。

その220年前当時、マリブ(サンタモニカのすぐ北)からサンタ・バーバラを越えサン・ルイ・オビスポ辺りまで、チュマーシュというインディアンが住んでいた。

(いわずもがなロスアンゼルスなど存在しなかった)

彼らをクリスチャンにするのがこの伝道所の目的であったそうです。

以下、画像たくさん。興味がある方は画像をクリックすると大きくなります。

ロスから101番というハイウェイを使って海沿いの道を行き、サンタバーバラ地区には1時間で着いた。が、このオールドミッションは小高い山の上にあるので、1車線の道をくねくねと行く。

Oldmissionsantabarbara_b1 Oldmissionsantabarbara_b2 Oldmissionsantabarbara_b3

左の画像のみ、ネットで見つけたもの。遠くからの写真を撮れなかった。

中、正面の建物の前の噴水。小さい花だったが蓮。孫が、ゴールドフィッシュがいる!と言う。何と金魚が数匹、投げ入れられたコインも。

孫もペニーを3枚投げ入れる。

右、建物を背にして、丘の下には海が見えます。サンタバーバラに到着した直後に空が晴れて、綺麗な景色だった。

入り口でいくばくかの入場料を払い、あとは⇒の表示に従って各自で見て歩く。

Oldmissionsantabarbara_b4 Oldmissionsantabarbara_cemetry1 Oldmissionsantabarbara_cemetry2 Oldmissionsantabarbara_cemetry3

左、中庭。向こう側の建物はかなり素朴で、クリスチャンの教育をほどこすインディアン達を住まわせたそうだ。中央の噴水では妻達が洗濯物をすすいだ。

左から2、中庭に面した建物の向こうは墓所。修道会でも上の地位にいた人であろう立派な墓や、十字架だけの墓もある。

左から3、真ん中にあった十字架とキリスト像。孫とわたし。

右、説明によるとインディアン4000人の墓があるというが、とても4000人を埋められる広さとも思えなかった。この大木の下に埋まってるんじゃあないかと、つい想像した。

Oldmissionsantabarbara_cemetry4 Oldmissionsantabarbara_cemetry5 Oldmissionsantabarbara_cemetry6

左と中、立派な墓。墓石はスペイン語。よって修道会での地位は分からない。1787年生、1851年8月没とある。右、このように墓所は建物と塀に囲まれている。

Oldmissionsantabarbara_cemetry7 Oldmissionsantabarbara_cemetry_skul

左、墓所内を一周して再び建物に戻るわけですが、これは元々は建物から墓所への「出口」。右、壁に頭蓋骨の彫りがあるのには驚愕した。アップで見ると、上の頭蓋骨はかなり古いのが分かる。下の2つは後年修復したのが明らか。

*

Oldmissionsantabarbara_church1 Oldmissionsantabarbara_church3 Oldmissionsantabarbara_church4 Oldmissionsantabarbara_church5

はっきり言って不気味な墓所から出ると、隣は教会になっている。これが素晴らしかった。

この長椅子が並んだ場所をチャーチ・ピューと言います(オークモントCCのバンカーが似ているのでこう呼ばれる)。

かなり縦長ですが暗いのでフラッシュが要り、全景は撮れなかった。右、祭壇の前にこのプレートが床に埋め込まれている。伝道所初期の伝道士や一般人で、床の下にある教会の地下室(納骨所)に埋められた故人の名前がある。ひぉえーっ。

この教会はいまだに礼拝に使われているそうです。

*

Oldmissionsantabarbara_room1 Oldmissionsantabarbara_room2 Oldmissionsantabarbara_room3 Oldmissionsantabarbara_room4

建物はどれも幅が狭く、個室や廊下を使って展示している。一番右、修道士の個室を再現。現代でも修道士や修道女の生活は質素と思うが、この寝具を見ると圧倒される。

建造物や教会の素材はほとんどがメキシコや南アメリカから運んだものだそう。

Oldmissionsantabarbara_room6 この床が印象に残った。赤いタイル。血のような色。画像ではわからないが、床はうねったような傾斜があって歩きにくい。

Oldmissionsantabarbara_outside1 Oldmissionsantabarbara_outside2 娘と孫はさっさと出てお土産を買っていた。外の回廊にはこんな俗物が置いてあり、あまりのコントラストに笑った。左がわたし、右が孫。

孫は霊感が強く(娘も強い)、わたしが長々とあれこれ見学しているうち、泣き出したそうだ。気分が悪くなるのだ。「外に出たら大丈夫だから」と健気に言ったそうだけど。

4000人のインディアンが埋まってるんじゃあ、霊気がただよっていたに違いない。

また後日につづく。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

それぞれの正月

うちの家族はすぐ盛り上がって、思いつきで計画する癖がある。それでみな主張が強く頑固だから、その思いつきが実現するまでに誰がああ言い、彼がああ言いで中々決まらず、どこかに出かけるったって、出かけるまでに多大なエネルギーを費やしてしまう。

正月すぎに家族が日米から集まってハワイで過ごそうという計画は、今年もまたポシャってしまった。ハワイに行ったことないのはわたしだけだが、目の黒いうちに実現するか怪しいものだ。think

だいたい日本で温泉行きさえ話がまとまらないのだ。(呆れ)

*

ということで、わたしは一人で遊ぶことに慣れているがそうそう映画を見に行っても腰に来るので、今日は頼まれもしないのに孫を迎えに行ってゴルフのレッスンに連れて行き、ご飯を食べさせて送り届けた。

何と良いおばあちゃんじゃないか。

迎えに行くと、いつも婿がにこやかにドアを開けてくれる。smile

Mountain_1 Mountain_zoom

景色写真に凝りだしたわけじゃないが、あまりに綺麗なロスの空でした。娘のうちのすぐ近く、遠景の山に雪があります。右は、同じ写真のクローズアップ。

今日のような日をゴルフ日和というのじゃなかろうか・・24度ありましたが、冬なので日差しが強くない。

Muffin_1 Muffin_2 Muffin_3

マフィンは胴体の毛がグレーになって、お婆さん犬のようだ。まだハイティーンぐらいなのに。

中、マフィンへのクリスマスプレゼントらしい。中が空洞になったぬいぐるみの栗みたいに見える。トイサイズだからか、この犬は中に入るのを嫌がらない。右、後ろのTシャツは孫が作ったもの。

*

帰路、練習場で初打ち。

風がフォローで結構あったが、北北東。サンタアナ・ウィンドだと思われる。真夜中の現在、湿度24%だ。

ショートゲーム以前に、長いコースでスコアにするには飛距離が大前提だからドライバーの練習した。(笑)

6時も過ぎると前後の打席に誰もいなくなり、前のラフやダートでギャップウェッジとサンドウェッジを打った。

左足上がりのダートで、砂取らずに打ったり、硬めのバンカーのつもりで砂取ったり。

思うけど、ボールを見てれば・・クラブがボールをストライクするのを見てれば、そうそうミスショットにはならないものだ。

コースに出るといかに結果を知りたがって、早くルックアップしているかが判る。

孫もレッスンでそう言われていた。(笑)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ