« ちょっと早いクリスマスディナー | トップページ | もう最悪! »

クリスマスイブ

今頃言うのも何ですが、日曜日は有馬記念で勝ち馬券とりましたーーーー。

しかしっ、配当460円。

最後の再考で、ブラストワンピースって馬が良いなと思って、レイデオロ(1番人気)との組み合わせで買ったら、優勝したブラストワンピースも結構人気があってえらい低配当になった。レースが終わるまで知らなかったのです。

3歳の牡馬で、ホースレースの世界も若返りでしょうか?(笑)

大きな馬だから強いというものではないのでしょうが、わたしは大きな馬が好きです。

昨日のクリスマスイブは、キリスト教の教会でのクリスマスキャロルを聴きに、中央区の聖路加病院に行ってきた。入場人数が多くなるゆえだろう、クリスマスキャロルは隣接の聖路加国際大学のホールで開催だった。

わたしは方向音痴なので、新しい場所に行くときはとても苦労するが、地下鉄半蔵門線から有楽町線に乗り換え新富町駅で降りて数分。正しい出口から地上に出ると、すぐにこの親切な表示。


630c20a6172b44f28841762ae9fc9a26


この角を曲がると、すぐにそれらしい建物が見えてくる。これは聖路加病院の建物。

B872138bc8af4412b958bbb63729b868

クリスマスキャロルは教会員の人達と思われる中年から初老の男女混声。とても良かったです。写真やビデオ撮影は禁止。こういうところが日本独特のディフェンシブで堅苦しい面だと思う。ロスの娘は友達の教会の催し事によく行くが、いつもビデオを撮ってフェースブックにアップしている。同じ宗派の教会なのに。

そのあとは、クリスマスイブ礼拝で、それも出席した。偶然隣の席に座った女性が、13年前に乳がんの手術で聖路加病院に入院していたそうで、それ以来、このクリスマスイブキャロルと礼拝に毎年来るのだそうだ。また以前同病院に勤めていたという年配女性も、千葉からかけつけていた。なかなかユニークな教会。

終わったら外はすっかり暗くなっていた。左、青と白のイルミネーションが大学のホールの入り口、ライトアップした尖塔が病院のチャペルで、その後方右が病院の建物。


Ed97afc80f144ccdbf8461255e38caae

外は寒風が吹き寒かった。どうも駅に戻る道に不安があり、同じ教会から出てきた人に聞いて(偶然外国人だった、たぶんアメリカ人)、言う通りに歩いたつもりが怪しく、再び人に聞いて、今度こそと思ったら、なんと日比谷線の築地駅地上入り口に着いた!

こんなときは便利なGoogle(笑)。日比谷線で銀座まで行き、銀座線に乗り換えて赤坂見附で半蔵門線に乗り換えねばならない。その銀座駅のホームが電車から出てくる人で大混雑。遠慮してると電車にたどり着けない。しまいに、人をかき分けかき分け、電車に飛び乗った。

車内はお酒臭い(泣)。この頃夕方5時半。赤坂見附で乗り換えは地下道をこれでもかと歩かねばならず、これが通勤ラッシュならストレス如何ばかりか。

クリスマスイブは祝日であったから、地下鉄の乗客は遊びに出た人達がほとんどだったのだろう、東京を走る間年配の客は少なかった。

ということで、クリスマスイブもクリスマスも過ぎようとしています。アメリカにいるほうがクリスマスらしさの度合いが違うが、下はロスの孫が焼いたクリスマスクッキー。ものすごい色使いとおもうでしょうが、普通です。(笑)こんなクッキーを食べたらおおごとの糖分。


Ba1bf3dd77c4463fa8f2c990d7ba8a35

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« ちょっと早いクリスマスディナー | トップページ | もう最悪! »

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと早いクリスマスディナー | トップページ | もう最悪! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ