« もう最悪! | トップページ | ブログ引っ越しのお知らせ »

やけのやんぱちで初詣もすませた!

最近よく東京に出るので、だいぶ地下鉄に慣れてきた。オリンピックに向けてか何か知らないが、地下鉄の建物の中をあちこち工事していて、工事している箇所をキャンバスで覆い、上には束ねた配線がむき出し、ときとして幅1メートルに狭まった通路もある。

1日に一度は良いことが起こるものだ。今日地下鉄に乗っていたとき、杖をつき、ゆっくりゆっくりとしか歩けない、腰が曲がった小柄なおばあさんが乗ってきた。わたしが立っていた前の優先席には赤ちゃん連れの夫婦と、若い男性が座っていた。夫婦連れの男性が立とうと中腰になったとき、その隣の若い人が席を立っておばあさんに席を譲った。

順当だ。一番譲るべきだったのは彼だったのだから。それでもわたしは嬉しくて、もう少しでその男の人に「ありがとう」と言うところだった。

2、3駅後に夫婦連れは降りた。おばあさんは席を右端に変えて、譲ってくれた男の人を見上げて、「どうぞ」と言った。その男性は、まずわたしに「どうぞ」と座らせてから自分が座った。

何と良い子だろう!今時こんな子はそうそういない。(何歳か知らないが、男の子と言いたくなる若さだった)

良いことというのじゃないが、今日はまためったにお目にかかれない上品な老婦人にも遭遇した。

地下鉄銀座駅から銀座松屋に出る通路はややこしくて、長いこと歩いてやっと松屋にたどり着いたら大混雑のB3の食料品売り場。こんなところにはいられないと、エレベーターを見つけた時、老婦人が乗ってボタンを押すところだった。

わたしは走って飛び乗った。思わず、「間に合ったー!」

老婦人「良かったわ。」

続いて、「さすがに今日は人が多ございますね〜。」

上品なツイードのスーツ。かなりの年齢だと思うが、ミドルヒールのパンプス。靴と同色、同素材のハンドバッグ。髪はアップにして、お顔も上品で目鼻立ちが整っている。薄化粧で濃すぎない。

彼女は7階で、「ごめんくださいまし。」とお辞儀をしてエレベーターを降りた。

老舗の奥様だろうか。このごろでは、あんな言葉遣いは小説の中だけかと思っていた。

築地東本願寺がこんな建物だったとは夢想だにせず!

650d503277d44ef8859ba52b08f16138

1934年(昭和9年)の建立。そんな昔に、これだけコンクリートを使ったのです。日本も存外豊かだったのね。わたしには、この外観は仏教の寺院よりイスラム教のモスクを連想する。

7bcd3316e21746fa850ce3672362f14d

参拝者が入れるここは、外陣というのだそう。お詣りする人が列になっていた。


739ed9f3f84b40459ca24daf38c9ea85

わたしもお詣りしたので、まあこれで初詣もしたことにしよう。


67321d0756f14a0b98668a28e7661200

ここは宗派に関係なくお葬式もあげさせてくれ、共同墓所にも入れてくれるそうです。

このあと、新しく出来た歌舞伎座もやっと見てきた。周りに高いビルが多いので陰になって写真がとれない!


F0f9ea12765b415f9967c9b900d25c91


銀座もちょっとうろうろしたが、昔の面影今いずこ。高いビルが多すぎて歩いて圧迫感がある。店が多すぎ!こんなに人がたくさん歩いている銀座は見たことがない。(わたしが言うのは30数年前と比べて)

まあ、よろず30年前と比べるほうがオカシイのだろう。

平成最後の大晦日。実のところ、わたしの人生に平成は存在しない。昭和の終わりにロスに引っ越したから、平成は人ごとで終わってしまった。そういうわけで、来年、新しい年号になるのが楽しみ。

みなさま良いお年をお迎えください。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« もう最悪! | トップページ | ブログ引っ越しのお知らせ »

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もう最悪! | トップページ | ブログ引っ越しのお知らせ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ