« 浅草花街から二天門 | トップページ | ここら辺のハロウィン »

キャメロン・チャンプ

最近、わたしがPGAツァーテレビ観戦記を書かなくなったと気づいている方も多いと思う。

強いて理由をあげるなら、タイガーがツァー復帰して、優勝を果たす前から勝つのは時間の問題だろうと感じたころ、わたしはもうタイガーが出ない試合は興味がなくなった。タイガーが何度も腰の手術をした、彼不在の年月もそこそこ見てきた。

可愛いくりくり頭のローリー・マックロイが出てき、本物アスリートのダスティン・ジョンソンがメジャー優勝、母国日本の松山は期待以上の活躍をした。

それなりに楽しい、たまには興奮することもあるツァー観戦だったが、去年のヒーローチャレンジからタイガーが出てきたらもういけない。誰もかれも退屈なプレーヤーだ。300ヤードを超えるキャリーは当たり前、ピンをアグレッシブに攻め、怖いもの知らずにバーディを連続でとっていく、若きアスリート達。

しかし優勝記者会見では、誰がそこに座っていても変わりのない単調さ。2週間したら誰が優勝したか忘れている有様だ。

よって、テレビ中継も、テレビの前に座って、長時間見るということがなくなった。ネットをする合間にちろちろと横目で見る。

たまに見ても情熱なく見ているから、観戦記も筆が進まない。

復帰以来タイガーが出る試合は、わたしは夜通しでも見る。ネットで見てテレビで見て、ビデオで見る。(笑)良いショットに喜び、ミスショットに憤慨し、ほかのプレーヤーが良いプレーをしても知ったこっちゃないのだ。リーダーボードを見て、タイガーに勝算はあるか、どのぐらい首位と差があるかチェックする。誰が上位にいるかも無頓着になった。

我ながら、こんなゴルフファンになるとは思いもよらなかった。(笑)


******

さてさて、上に書いたことと、これから書くことはなんの脈絡もないので、わたしがこのプレーヤーに特別期待しているとか、「第二のタイガー」になる可能性があるとか、そんなことは思っていないことを明記しておきます。

先週、WGCの裏の試合、サンダーソンファーム・チャンピョンシップに優勝したキャメロン・チャンプ。なかなか出世が早い。

1995年6月15日生まれの23才。メディアに出てきたのは、去年ウェブドットカムツァーで初優勝した時。7月だった。彼の顔を見て黒人の血が入っていると思っていたが、その優勝時お父さんとハグしていたを見て確信。

先週の優勝で、彼のファーミリーの歴史が出てきて、ちょっと良い話なので書いておきます。

彼の父方のおじいちゃん、マック・チャンプは、テキサス州の小さな町に生まれ育ち、1961年アメリカ空軍に入隊。アメリカは1973年まで徴兵制であった。それからヨーロッパ各地に駐屯させられ、ドイツにいる間に白人女性ルルと結婚。除隊して帰国するときに、白人の妻を連れてテキサスに戻ってきたら殺されるぞと兄弟に忠告され、カリフォルニア州に住むことにした。(いまだに大して変わっていないのは嘆かわしい)

そうして、彼らの息子ジェフ・チャンプは白人の女性と結婚、生まれた男の子がキャメロン・チャンプ。お父さんのジェフと小さい頃のキャメロン。


B50103cf65334a61920a7c4fdfd3a7e1

ここから先の話が「歴史」というわけですが、おじいちゃんのマックが1961年、テキサス州で入隊後の基礎トレーニングを終えたあと、バスに乗って故郷の町に帰り、母親に無事入隊を報告しようと思った。カレッジ・ステーションという町のバス停で乗客みんなが降りてランチを調達したとき、マックも同じ店に入ったが、断られた。そこには「有色人種お断り」のサインがあった。

この話は、かなり後年になるまで誰にも言わなかったそうです。孫息子のキャメロン・チャンプがテキサスのA&M大学(テキサス州立大学)のゴルフチームに引き抜かれたとき、おじいちゃんはキャメロンに言ったそうだ。「人間はどこから来たかではなく、これからどこへ進むかだ」

おじいちゃんが、有色人ゆえに食べ物を売ってもらえなかった町、カレッジ・ステーションこそ、A&M大学がある場所なのです。

父方のおばあちゃん、ルルとキャメロン。4年前に亡くなったそうだ。

Ab72f58ae0504d69899d7504b16e158c

キャメロンがA&M大学に決めた日。後列の左がおじいちゃんのマック。その隣はお姉さんではないかと思う。その右はおばあちゃん。下の列、中央のキャメロンの左がお母さん、右がお父さんのジェフ。


6ccb644416a042c0a6c1364d6a1ccb57

タイガーの元コーチ、ショーン・フォーリーが彼のスイングコーチ。キャメロンが15才のときに初めて見て以来、惚れ込んだらしい。下は2017年の全米オープン、練習ラウンドでのフォーリー(右)と真ん中がキャメロン、左はマックロイ。セクショナルクオリファイから出場、結果は32位タイ。

プロデビューして、2018年のウェブドットコムツァー21試合出場。優勝1回。賞金ランキング6位により、2018ー2019年のPGAツァーカード取得。PGAメンバーとして出場2試合目で初優勝。

先週の平均飛距離334ヤード。2位のプレーヤーが314ヤードだったというから、20ヤード長い。

C7acdc13f6ae4141867be0b547eae0e3

あれ、2017年全米オープン時の画像が入っていませんでした。


82e67dba382d4cbb9ee6571af2cfabad

これからに期待。おじいちゃんのために頑張れ。今は人工透析しているので、遠くまで孫の観戦には行けなくなったそう。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« 浅草花街から二天門 | トップページ | ここら辺のハロウィン »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅草花街から二天門 | トップページ | ここら辺のハロウィン »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ