« フェデックスプレーオフ第3弾BMWチャンピョンシップ最終日順延 | トップページ | 今時のクラブ »

外れて良かった天気予報/BMWチャンピョンシップ終了

PGAツァーの公式ツイッターやタイガーファンのグループなどをフォローしているので、更新されるとピーン!という音がしてその内容の一部がiPhoneのトップに出る。タイガーの月曜日のティータイムは8:40amというツイッターが来たのが、西海岸時間の朝3:24。(呆れ)

月曜日はネットストリームのPGATLiveはやらないと聞いていたので、朝7時からのテレビ中継から見た。昨日のコースコンディションを見ていたから、今日の状態には驚いた。よくここまで水を除いたなと思った。トータルの距離は300ヤード短くしたそうだが、いくつかのホールはプレー距離が相当長かったと思う。9番のパー5だったと思うが、タイガーが253ヤードから3Wを打ってグリーンフロントにかろうじてオン。奥ピンに21メートルもあった。

前半4アンダーで、ひょっとしたら・・と希望を持たせたが、これほど柔らかいコンディションではみなロースコアを出してくるので、届かなかった。今日は最低でも62は出さないとと思ったそうだ。ということは優勝スコアはー20にはなると予想したわけで、その通りになった。

ジャスティン・ローズはちと気の毒だった。午前雨、午後は雷雨になるという天気予報に、プレーヤー達の多くが、54ホールに短縮されるだろうと思ったらしく、ヨーロッパツァーからのプレヤーなどは昨日のうちにローズに優勝おめでとうと言っていたそうだ。

ゴルフはメンタルなスポーツだから、少し緩んでしまった気持ちを再び持ち直せなかったのか、あるいは1日まるまる休んで疲れが出たのか・・最終ホールのボギーと、プレーオフでのボギーは彼らしからぬプレーだった。

第3ラウンドが終わって、フェデックスポイントが31位だったジョーダン・スピース、第4ラウンドが流れず挽回のチャンスだったのに、+3を叩いてどっちにしろ最終戦ツァーチャンピョンシップを逃した。こんなことではライダーカップでどうなるか・・。

今日優勝したキーガン・ブラッドレーもやはりロングパターのアンカリングが禁止になって苦しんだ口だが、ロングパターの頃もパットが上手いプレーヤーではなかったと思う。ウェブ・シンプソンも同じ境遇で、ロングパターをやめて今年久しぶりに優勝。両者とも中尺というのか、まだかなり長く、グリップも長いタイプのパターを使っている。長いシャフトが左腕の内側につきそうで、パットしにくくないのかなと思うが、苦肉の策なのでしょう。理想を言ったら、見た目といい、ケープカみたいなパッティングが最高ですね。タイガーのパットの見た目も麗しかったが、これほど苦しむことになるとは想像だにせず。

ということで、フェデックスプレーオフ最終戦に進むのはたった30人。今季優勝もなく、不調が長かった松山も入ったし、去年12月は世界ランキング1200何番だったタイガーが、ここまで上ってきたのは信じ難い復活だと思う。

今週、一番好きだったショット。初日16番ホール、セカンド256ヤードから3番アイアン。


リーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


« フェデックスプレーオフ第3弾BMWチャンピョンシップ最終日順延 | トップページ | 今時のクラブ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ