« プレーオフシリーズ第2弾デルテクノロジーチャンピョンシップは金曜日スタート | トップページ | フェデックスプレーオフ2戦目終了 »

とかくゴルフは難しい/デルテクノロジー3日目

やっぱりね、タイガーのパットはパターを変えただけでは改善しなかった。ショットが良くて、それがバーディに出来ないと見ている方も欲求不満になる。3日目の今日もまたカップに弾かれる「リップオフ」と言われるパットが何回もあったが、何回もあるのはどこかパットが悪いのだと思う。読みとスピードが合っていないか、ストロークしているあいだ自分が狙ったライン通りにパターフェースが向いていないか、なんかの原因があるに違いない。

ラウンド後のインタビューで、(スタート前に)今日はアグレッシブにパットしていこう、ローサイドには外ずすまいと思ったと言っていたが、4フィート余カップを超えるうち、ついに返しのパットが入らず3パットボギーにしたのが13番。6フィート台のバーディパットを2回外し、8フィートを1回外している。ー7で16位タイ。

昨日2ラウンド目は63を出し、首位スタートだったウェブ・シンプソンが76!ものすごいロースコアを出したプレーヤーは翌日約束したようにプラス10打叩くものだが、+13打は稀じゃなかろうか。

そういう意味でも、今日タイガーと組んで見事63を出したブライソン・デシャンボーが明日どんなゴルフをするか見ものだと思う。

デシャンボーの天真爛漫さは、自分がPGAツァープロになり憧れのタイガーが今季ツァー復帰してきて同じ試合に出場するようになると、臆面なく練習ラウンドを一緒に回らせてくれと頼んだことだ。多くの(ほとんどの)若いプレーヤー達はいつかタイガーと同じ組で回れたらと願いながらウェブドットカムツァーからPGAツァーでプレーしてきた。

試合で偶然にタイガーと同組になるまで、彼らには一緒に回る機会はないのが普通だ。今季初めてタイガーと同組で回った若いプレーヤー達は、一様に感激のコメントを言っている。

けっさくなのは、今年PGAルーキーのプレーヤーについているキャディーが「この日を待って、14年間重いバッグを担いできたんだ」とタイガーと同組になる前の日にツイッターで言っていたことだ。しかも、リーダーボードを見つつ、ひょっとしてひょっとしたら自分のプレーヤーが次の日に同組になるかもしれないと、ワクワクして待っていたというのだから、可愛い。これが50代のキャディー!

デシャンボーは練習ラウンドは何回かタイガーと回っているが、試合では今日が初めてだったそうだ。7番ホールまでは緊張が解けなかったとインタビューで言っていたそうだが、その間4つバーディを取っているからほんとかしらと思う。(笑)

ジョーダン・スピースがようやくリーダーボードの上位に上ってきた。度々自分のゴルフに声を出して文句を言うところが可笑しいが、彼はよほどパーフェクショニストなのだろう。

明日の午後はかなり気温が上がり、午後半ばからは風も出てくる予報。早いスタートで62、3をポストするとおもしろくなる。

松山は最初の5ホールでイーグルにバーディ3つで、見られないのが残念無念だった。テレビ中継では16番パー3で、14メートルのボギーパットを入れたのが映った。日本ではたくさんハイライトが流れたと思うが。最終のツァーチャンピョンシップに進めるよう、ロースコアを出してほしいと思う。松山は11:45、バッバ・ワトソンと。(日本時間深夜0:45)

タイガーはブルックス・ケープカと12:15。最終組アブラハム・アンサーとデシャンボー、1:45。

リーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« プレーオフシリーズ第2弾デルテクノロジーチャンピョンシップは金曜日スタート | トップページ | フェデックスプレーオフ2戦目終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プレーオフシリーズ第2弾デルテクノロジーチャンピョンシップは金曜日スタート | トップページ | フェデックスプレーオフ2戦目終了 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ