« 盛りだくさんだった今週のツァー | トップページ | WGCブリジストンインビテーショナル最終日 »

WGCブリジストン・インビテーショナル初日

今年限りでメモリアルトーナメントのコースが変わると誤解し、誤記したので訂正したが、今年限りで終わるのはこのWGCブリジストン・インビテーショナルをずっと開催してきたファイアーストーンCCサウスコース。タイガーが8回も優勝したコースなので残念。また松山も去年16アンダー、5打差をつけて勝った。

わたしのショートメモリーでも、いくつか覚えている。2001年ジム・フューリックとプレーオフ7ホール目で決着がついたとき。フューリックは地味なプレーヤーだが、以来彼のファンになった。

それから2005年だったと思うが、9番ホール、上り150ヤードから9番アイアンが飛びすぎてクラブハウスの屋根を直撃。ボールは反対側の駐車場へ。ボールが見つかるまでとドロップ地点を設定するのに長いこと時間がかかり、タイガーはパーセーブしたと記憶している。

今週テレビはしきりにタイガーはこの試合に16回出場して8回優勝と言うが、実際は4日間プレーしたのは99年から2007年まで9回、2009年から2013年まで5回である。2014年は腰痛で途中棄権。今週を入れずに2013年までとすると、14回出場で8回優勝した。勝率57%。(笑)

初日は午前スタートで、タイガーとジェイソン・デイ、松山とローリー・マックロイがフィーチャードグループでネットストリーム中継があり、両方見られて良かった。松山は今年は2月から3月にかけて親指の付け根の痛みから試合に出ず、以来調子が上がらないまま。全英オープン二日目はアイアンショットが良かったし予選落ちするほど悪いゴルフはしていなかったと感じたが、今日もティーショットが悪かったもののアイアンはかなりのホールでピン筋に打っていた。最後のホールでボギー上りは残念だったが、毎日調子を上げていってほしいもの。今日のゴルフを見てちょっと安心。67、3アンダー。

午前中のコンディション(完全に無風だった)とピンポジションから、6アンダーがごろごろ出るだろうと思った。

最初にー7で上がったカイル・スタンレーは朝2組目のスタートだった。リッキー・ファウラー(ー7)も朝組。午後組から追い抜いてー8で首位に立ったのがイアン・ポルター。

タイガーはティーショットがフェアウェイキープ率50%、特にドライバーは1度しかフェアウェイに打っていないと解説者。ドライビングアイアンもどうもイマイチですなぁー。全英オープンでもフェースが開いたままでスライスしたような腑抜けたショットが出て、どうもあのクラブは信頼度が低いような。昨日の練習ラウンドの前のレインジでは、テーラーメイドの人が持参した3本の違うドライビングアイアンを打っていた。シャフトの組み合わせが難しいのだろうか?

フェアウェイやファーストカットからのアプローチショットは非常に良かった。多くのホールでピンに打っていた。タイガーよりアイアンが良かったのが、午後組のジョン・ラーム。カップインしそうなショットが度々。

タイガーはパットが良かったといっていたが、スタートホールで7フィートのラインが容易なバーディパットを外したことと、最終ホールで9フィートのパーセーブパットを入れられなかったのが、まだまだのタイガーかと感じた。66、4アンダー。

タイガーのハイライト。

松山、16番のイーグル。


金曜日は松山とローリー・マックロイが2:00pm、タイガーとジェイソン・デイが2:10pm、いずれも1番ティースタート。

リーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« 盛りだくさんだった今週のツァー | トップページ | WGCブリジストンインビテーショナル最終日 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 盛りだくさんだった今週のツァー | トップページ | WGCブリジストンインビテーショナル最終日 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ