« 第100回PGAチャンピョンシップ最終日余話 | トップページ | 余話の余話 »

昔は・・昔は・・

YahooJapanをクリックすると夏の痛ましい事故のニュースをよく目にして悲しくなる。

最近、高齢ドライバーが引き起こす交通事故が増え、高齢者の悪いことばかり聞くが、お年寄りは昔の知恵を若い世代に言わないのだろうか?

昔は、お盆は仏様が足を引っ張るから水には入るなと言われたものです。わたしは海の近くで育ってないから知識はなかったし、今もないが、おそらくそれはお盆近辺になると海が荒れてくるから自然の理にかなった教えではないかと、今にして思う。

小学生から高校まで山の田舎で育ったので、泳ぐのは町に1つあった屋外プールだったが、やはりお盆は泳ぎにいかなかった。

わたしの父は病気のため早い年齢で引退し、気候が良いということで山口県の山陰側、半農半漁の街に移住した。眼下は海で、小さな湾。それは綺麗なところだった。うちの子供達が小さい頃は、夏によく遊びに行ったが、8月に入るとクラゲが出てくるからと父は海に行くことに良い顔をしなかった。子供の太ももなど刺されると赤く腫れ上がる。よって、海に入るのは8月ではせいぜい最初の数日だったと思う。

ちなみに、歩いていける近所に大きなリゾートホテルがあり、町民にはそこのプールを無料で使わせてくれるので、うちは我が子から、我が子のアメリカの友達まで連れて行った。ホテル専用の砂浜にはサンドバギーもあり、隣の家も見えない田舎にしては豪華な遊びも出来た。

下は父の家の近くにできた角島大橋(2000年)完成。車で通るとかなり怖かった。(笑)父の家は画面でいうと左方向。橋の入り口まで徒歩圏内。ここらの海は透明度が高いのです。この画像はネットで見つけた。自分の撮った画像は出てこなかったから、旧メリーのゴルフ奮戦記にアップしたのだと思われる。


85b62bb9236741b2a869585c99c8ede6

ネットの記事を読むと、日本ではいまだにお正月とお盆は実家に帰る人が多い印象を受ける。その実家が田舎にあるなら子供達には申し分ない。うちも子供達が小さい頃は、山口の田舎があって良かった。今や子供達の実家は都会のマンションになり(笑)、孫が気の毒。

ロスの孫は今日から新学年、新学期が始まった。昔、我が子がミドルスクールやハイスクールのときは新学年は9月上旬に始まった。どんどん早くなり、親にも子供達にも不評だ。期間としては6月下旬に夏休みが始まるので、2ヶ月に1週間足りないぐらい。アメリカの学校は入学式や始業式がない。スクールが始まる日からランチ持ちの平常通りの時間になる。

わたしがいる間は出来るだけ健康に良い食べ物を食べさせたいので、学校が始まると翌日のお弁当になるような夕飯を作る。アメリカ人はピーナツバターのサンドウィッチやハムとチーズのサンドウィッチを持ってくるので、孫のランチは垂涎の的らしい。

ではまた。ゴルフの話は午後アップするつもり。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


« 第100回PGAチャンピョンシップ最終日余話 | トップページ | 余話の余話 »

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第100回PGAチャンピョンシップ最終日余話 | トップページ | 余話の余話 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ