« 『クレージー・リッチ!』 | トップページ | 蒸し暑い!/2018年11ラウンド目 »

PGAレギュラーシーズン終了/ウィンダムチャンピョンシップ

この試合は来季のPGAカードを維持出来るか出来ないかぎりぎりのプレーヤーが多く出場するので、あんまり注目して見たことはなかったが、今週は松山が出ているので見ていた・・・と言いたいが、初日は早いスタートでPGATourLiveのネットストリームで見られたが、週末は大して映らなかったので見た気がしない。

金曜日は良いショットが出てもパットが入らず、10番で1メートルのバーディパットを外したときは仰天した。パットがあまりに入らないと、パットをガイドしだすのが人間の常じゃあるまいか?(笑)何というか、パターで小細工しだすというか。金曜日ではそれを感じて、実に嫌な気分がした。

しかーし、土曜日はさらにピンに近く打ってきた。パットが入らない時は、入る距離に打つのが一つの解決法。4フィートや5フィートに何度も打っていれば、いくらなんでも入る。土曜日64でトータルー9にしても順位は24位、日曜日はわたしが見ている間は一つも映らなかった。途中スーパーに行ったので1時間ぐらいは見てなかったが。日本では日本からのカメラクルーが写したプレーを流したり、ハイライトを度々流すので十分見られたと思うが。

最終日は62、3を出して、フェデックスカップのポイント順位をもっと上げてほしかったが(今77位)、65に終わった。9フィート、10フィートのパットが4回あってその4回とも外しているから、まだスコアは伸ばせた。(笑)この距離は半分は入れるでしょ、トッププロは。

ということで、今季は奮わなかったが、ここへ来てようやくショットが良くなった。来週からのフェデックスプレーオフシリーズでまた期待出来る。

松山はもう2ヶ月以上、進藤キャディーを使ってないと思う。カーヌスティーに進藤さんを外した時は驚いたが、もう離れるのでしょうかね。メディアに聞かれて、大した理由はない、気分を変えたかっただけというような事を答えていたが。PGAで5年もやっていれば、キャディーが誰でも大して影響ないのじゃないか。あるPGAキャディーが、「良いキャディー」とはキャディーとしての能力より、ついたプレーヤーの人間を見抜く能力のほうがモノをいうのではないかと言っていた。

最終日、ウェブ・シンプソンが62でー18をポストしたものの、最後はスネディカーとツァー2年目のCT・パンの優勝争いになった。スネディカーも、ティーショットを左に引っ張りはじめ、優位にも見えなかった。両者ー20で、先に最終ホールに来たパンがティーショットをOB。これでスネディカーに優勝が転がりこんだ。

解説者の一人、フランク・ノビロが、18番ティーグラウンドに立つスネディカーはパンがOBへ打ち込んだことをまだ知らないと主張したが、おそらくそうだったろう。険しかったスネディカーの顔が、18番のフェアウェイに来たときに変わっていた。右ラフからセカンドを7番アイアンから8番に変えて、ピン上に打ち、バーディで締めくくった。

彼も故障で去年7月から11月半ばまで出場していない。優勝は去年のファーマーズ・インシュアランス(サンディエゴ)以来で、嬉し涙を流していた。

CT・パンは未勝利。今週だけのようだが奥さんがキャディーを務め、終始明るい表情でポジティブな感じはパンに良いほうに働いたのではないかという印象を受けた。台湾国籍なのですね、わたしは知らなかった。アジア系アメリカ人かと思っていた。これでフェデックスカップポイントが63位!

リーダーボード

来週は早くもフェデックスプレーオフシリーズ第一弾、ノーザントラスト。3週連続でタイガー出場。楽しみー。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


« 『クレージー・リッチ!』 | トップページ | 蒸し暑い!/2018年11ラウンド目 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『クレージー・リッチ!』 | トップページ | 蒸し暑い!/2018年11ラウンド目 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ