« 蒸し暑い!/2018年11ラウンド目 | トップページ | アメリカのゴルフと日本のゴルフ »

ノーザントラストとCPカナディアンオープン

プレーオフシリーズの第1弾ノーザントラストが終わった。フェデックスポイントの上位125位に出場資格があるが、120人しか出場しなかった。故障や休養(推測)。次の試合はデルテクノロジーチャンピョンシップで上位100人出場。

今日優勝のブライソン・デシャンボーが9位から一挙に1位になった。100位は誰かとリーダーボードをずっと下っていくと、今週予選落ちしたジェイソン・ダフナーだった。プレーオフというのに予選落ちしたプレーヤーが次のステージに進めるのはおかしいという意見もある。一理あると思う。しかし、ゴルフの性質上、実力あるプレーヤーがたまたま不調の週になり、最終戦の30人に、トッププレーヤー、人気プレーヤーが欠けていては視聴率に響くという見方もある。おそらく変わるまいと思う。とかくこの世は金次第。(笑)

リッジウッドCCは、この試合がバークレーと呼ばれいた時に、2008年、2010年、2014年にも開催されている。各ビージェイ・シン、マット・クーチャー、ハンター・メイハンが優勝。あいにくコースを覚えておらず、ファーストカットラフがないことがユニークと思う。オールドファッションの林間コース。ロングヒッターに有利なコースとは感じないが、ビージェイが優勝しているのは例外か。

ブライソン・デシャンボー。ユニークなプレーヤーだ。独自のロジックでウッド以外、全て同じ長さのクラブを作り、すべてのクラブで極端にアップライトのスタンスで、わたしはいまだに見ていてとんでもないミスショットが出るのではないかと、心地悪い。(笑)

ウィキピーディアの彼のバイオグラフィーを読むと、ゴルフにおいて大学時代から自分のせいではないことで立ちふさがる障害を、彼独特のやり方で乗り越えてきたのだとわかる。またそれだけの才能があったからだろう。

タイガー・ウッズを崇拝、敬愛することひとかたならず、最近の練習ラウンドではウォームアップのレンジから金魚のフンかと思うほどつきまとい(笑)、いつもタイガーと一緒である。タイガーも彼を高く買っていて、ライダーカップでぜひプレーさせたい、一緒に組みたいとめずらしい推薦ぶり。

ライダーカップポイントランキングで現在9位。8位までが自動的に選ばれるから、デシャンボーのメンバー入りは確実。

松山くん、先週のウィンダムチャンピョンシップの週末は良いゴルフが出来て、ようやくショットとパットが揃ってきたと思った。今週もフィーチャードグループにも入ってなかったのであまり映らなかったが、バック9のショットをplay-by-playで見るとカップに近く打っている。4つのバーディのうち3つは4フィートから5フィートだ。たいがいパットが悪くても入れるでしょ。してみると、タイガーは今週パットがひどいひどいと言われるが、松山ほど近くに打っていない。ま、近いのも外しているが。

シャフトを変えたとかでドライバーのティーショットは格段によくなっているので、タイガーもこれから期待したい。本人も今季何とか1勝したいという欲が出ていると思う。それが新たなプレッシャーになっていると推測するが。

ノーザントラストリーダーボード

LPGAのCPカナディアンオープンはカナダの寒冷地サスカチュワンで開催。今年は氷がなかなか解けず、解けたあとはフェアウェイは草1本生えていなかったそうだ。トーナメント開催までに苦労したらしいが、グリーンはスムーズで速かった。

カナダのブルック・ヘンダーソンは弱冠20歳でLPGA既に6勝していたが、カナダのナショナルオープン、国の期待を一身に背負ってはプレッシャーもさぞかし大きかったと思う。初日から顔が緊張で引きつっているようにさえ見えた。期待に応えて、最終日首位スタート。1打差で畑岡奈紗とアンジェル・イン、その下には怖いサン・ヒュン・パクがいた。

しかし見事な最終ラウンドだった。ショットも良く、パットもよく入れ、バーディ9個、ボギー2個‼︎最終日にー7出されちゃあ追撃も何もあったもんじゃない。サスカチュワンはなるほど寒かった。雨がときどき降っていたが、最高気温11℃。プレーヤーやギャラリーの服装を見て、こんなところでゴルフしたいもんだと思ったが、ちょっと寒すぎるかもですね。(笑)

56e89d6f7f0548c788a07a69d0e933b9


どうでもいいことながら、彼女はほとんどお化粧していないのではと思う。薄いピンクの口紅は塗っているように見える。アメリカ人のプレーヤーは厚化粧ゆえ、新鮮でよろしい。(笑)

CPオープンリーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« 蒸し暑い!/2018年11ラウンド目 | トップページ | アメリカのゴルフと日本のゴルフ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

いつも詳しい情報をありがとう
それにくわえてタイガーの公私ともどもの近況をのせてほしい
勝手なおねがいですいません

やっぱりタイガーの情報が一番嬉しい

>マツさん

投稿ありがとうございます。
そうですね、わたしもタイガーの動向を知ることが一番嬉しいです。(笑)
タイガーが外で何かをする時は、必ずネットのどこかに出てきますが、一度帰宅してしまうとプライベートな人なので(プライベートなことは公表しない、話さない意味)何をしているやら全く出てこないのが普通です。
何しろ、いまだにゴルフを動かすのはタイガーですから、ゴルフメディアも常にネットを張り巡らせています。
最近、信頼しているのがツイッターに出てくる情報です。ゴルフに関しては、ガセはなくて情報が早いです。
タイガーファンで作っているネットワークがいくつかあり、彼らはカナダや全米のあちこちにいて、タイガーがいつどこに現れたという情報が速攻で入ってきます。試合にも誰かかれかが現地観戦に行って、画像やビデオをアップします。

これからもいっそう気をつけて、アップするようにしますね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒸し暑い!/2018年11ラウンド目 | トップページ | アメリカのゴルフと日本のゴルフ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ