« こういうのは悲しくなる | トップページ | びっくりの来季PGAツァースケジュール »

お見舞い申し上げます

ここ数日、YahooJapanを開くと毎回、赤文字で避難指示 ○○県、○○県、○○県。『災害の危険が切迫しており、自治体が強く避難を求めています。対象世帯を確認して下さい。』が上部に出ている。

北陸の一部と西日本はほぼ全てに感じる。詳細をクリックして確認するが、我が子の配偶者の実家や、わたしが子供の頃よく泊まった叔父宅の住所に覚えがある。年寄りだけが住んでいるところは、無事か連絡を取るように娘や息子にメッセンジャーで伝える。(なんでロスにいるわたしがと思うが、若い人は気が回らない時もあるので念のため)

気象庁が、「今まで経験したことがないような大雨が降る」と、これも数日前ステートメントを出していたが、確か去年も同じことを言っていたと記憶している。映像や画像を見ると、山際や川沿いではない、ごく普通の住宅街と思われる地域の道路が、木材やガレキに溢れ、津波が通ったあとのようだ。大雨が降ったら被害が出そうな地勢や場所はあるが、それ以外の場所でも水害が及ぶ天候になっているのではと感じる。しかもこれが台風でもないのにだ。

すでに53人の犠牲者が出ているそうだ。お悔やみと、被災者へお見舞い申し上げたい。

アメリカでは先週、中西部から東部に酷暑が襲ったが、今週は西部。週半ばから北カリフォルニアとオレゴン州の境や、ロスの近くではサンタ・バーバラや、サンベルナンドの山で山火事が起こっている。

昨日金曜日はここらで38度。これで低かったほうだ。高速で北へ15分、わたしが時々行くゴルフコースの辺りは46度、内陸部では47度に上った。夕刻、娘と孫が出かけるとき、玄関のドアを開けると熱風が吹きつけ、この世のものとも思えず。いやほんと。湿度は日中で22%。山の方じゃこれが一桁%になるから、何かで発火したら乾き切った草やブッシュであっという間に燃え広がります。カリフォルニアの消防隊員はもっともタフな仕事。そうあるべきだが、給料も高いのです。消防士になるアカデミーの訓練は過酷だそうだ。

53cbbb89d3764066a8290755904f245d


Fc9bfaddfbcf4fc1ada02bddc4d84d5d

12bbe479a1c64a0994ca12c94de91fc1

猛暑になるバレー地区からさきほど帰宅した娘が言っていたが、昨日友人宅に行く途中の高速で、車の車外の気温は54°Cを指していたそうだ。

わたしはもちろん暑さで昨日も今日も室内にいた。昨日はオウム真理教関係の記事を読んで1日過ごした。全ての事件はわたし達がアメリカに引っ越した後のことなので、アメリカでも大きく報道された地下鉄サリン事件以外は、断片的な知識しかなかった。これを機にネットに再掲載された記事やインタビューの内容、裁判の様子など、かなりは初めて知ることばかりだった。

彼の組織がどうやって成り立ったのかが興味深い。自分の能力が普通の世の中では発揮されない、評価されていないと感じていた人達が、オウムで認められて生きる喜びを見つけたのだろうか。弟子同士の競争心が自分達を殺人マシーンに変えていったのは、浅ましい限り。

カルトの首謀者はいつも複数の女がいて、子供をわんさか作るのは、どこの国でも同じとみえる。

一審から最高裁まで、良識と常識ある裁判官に恵まれたことは、我々日本人には幸いであったと思う。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« こういうのは悲しくなる | トップページ | びっくりの来季PGAツァースケジュール »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こういうのは悲しくなる | トップページ | びっくりの来季PGAツァースケジュール »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ