« メモリアルトーナメント最終日ティータイム変更 | トップページ | 全米オープンクオリファイヤー »

メモリアルトーナメント終了

【お詫びと訂正】

メモリアルトーナメントが開催コースを動かすというのは、他の試合の情報と混同したわたしの誤解でした。

あー、人に再確認して良かった。

最終日の中継は、ゴルフネットワークではやはり録画中継。昨夜はiPadでPGATourLiveを見、同時にテレビでヨーロッパツアーのイタリアン・オープンを見ていた。

デンマークのトビヨーン・オルセンが優勝してご機嫌。わたしの好きなプレーヤー。優勝スコアが22アンダーだったのだから、コースが容易だったとも言えるが、ベテランのウェストウッド、マクドーウェルやマーチン・カイマーも上位に来て楽しい試合だった。

全米女子オープンでは、これまた贔屓のアリア・ジュタヌガーンが優勝。バック9で追いつかれプレーオフで勝った展開は知っているが、中継は見ていないので再放送してほしいもの。性格が良い(良さそう)から応援するという趣味はないが、彼女といいお姉さんのモリアといい、話し方も仕草も可愛い。育てた家族が良いのでしょうね。

アリアは恐ろしい飛距離。パー3ホールで9番アイアンが高ーく上がってポトリと落ちるのを見た。女子ツァーも、ロングヒッターが主に活躍する時代だろうと思う。

メモリアルトーナメント最終ラウンドは、ついさっきテレビ中継の再放送を見終えたところ。ライブストリームのPGATourLiveはタイガーの3サムしか映さないので、昨夜は時々リーダーボードで動向をチェック、ほかにツイッターとゴルフブログで情報を集めるから、なかなか忙しい。

アメリカでテレビ中継を見ている人の間では、どうも最終組は人気がないようだった。いわく、パトリック・カントレーがスローすぎる。デシャンボーもグリーン上で時間をかけすぎる。彼らは11番ホール、12番ホールから前と空きすぎていたようだが、スロープレーの警告を受け、13番ホールが終わったらついに個々のショットにかける時間を測られるようになった。

自分のルーティーンができなくなったのか、次の14番ではカントレーはグリーンオーバー、デシャンボーはもう少しで池に落とすところだった。これでカントレーは崩れていった。

デシャンボーのティーショットの悪さには驚愕。フェアウェイキープはたった4ホール!しかも大きく右に左に曲げたホールがいくつもあった。数字上のパットで獲得したストロークは、0.311だけれども彼はショートゲームとパットで勝ったと思う。

パットで負けたのがタイガー。連日、パットで獲得したストロークがマイナス。短いパットを外し続けた昨日と今日は特にひどく感じた。ラウンド後のインタビューで、パットが普通だったら、今日トップのグループに入ってプレーしていただろうと言っていたが、それは謙虚すぎるコメントじゃなかろうか。

普段のタイガー程度入っていれば勝っていたと思う。首位と7打差で終わったが、4日間で5フィート台からそれ未満のパットを9回外している。そのうち、3フィート台(1メートルやそれ以下)が3回あったか。

普段はパットが不調でもたまには入るであろう、3メートルや4メートルは全く勘定しなくてこれだ。本人の悔しさ如何ばかりか。(笑)短いパットを外したときみな左に引っ張っていたのが、どうも気になる。我々だって、プレッシャーかかった時、これ入れなくちゃと思ったとき、左に外しません?

昨日、今日とOBがあったが、アイアンは非常に良いので、パットはなんとか調整してほしいもの。全米オープンの週まであと10日。

松山君は今日もまたフロント9で苦しみ、バック9で取り返して何とかアンダーパーにしてくる。粘り強さもそうだが、彼のこのメンタルの平静さが凄いと思う。

ボールストライカーなので、成績はパット次第はいつものことだが、松山がパットを打ったときのボールを見ていると、ほとんどが入りそうな勢いで転がってくる。カップに蹴られるときもしょっしゅう。今週のタイガーのボールは転がってない。

チリ人の19歳、ジャックイーン・ニーマンは最終日オーバーパーにしたが大崩れしなかった。6位タイ。これで今季の残りはツアーの臨時メンバーになった。少年が飛距離を出したくて全身を使うような、そんなスイングは見ているだけで自分の右腰が痛くなる気分。(笑)パットもうまい。彼も淡々とプレーするタイプのようだ。

猛チャージまでいかなかったが、ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、リッキー・ファウラー、マックロイ、フィル・ミケルソンとリーダーボードを上ってくる。

【訂正】ミュアフィールドビレッジでのメモリアルトーナメントは終了というのは、わたしの誤解でした。ナショナル(タイガーがホストの試合)の情報と混同したのかと思います。

ということで、ミュアフィールド・ビレッジでのメモリアルトーナメントはこれが最終回。第1回がロジャー・モートビーの優勝(近年CBSのコースレポーター)、第2回ニクラウス。タイガーは1999、2000、2001の3年連続、2009年、2012年に優勝。松山のPGA初勝利の試合。

リーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« メモリアルトーナメント最終日ティータイム変更 | トップページ | 全米オープンクオリファイヤー »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メモリアルトーナメント最終日ティータイム変更 | トップページ | 全米オープンクオリファイヤー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ