« 今週はウェルスファーゴチャンピョンシップ | トップページ | タイガー、松山予選通過 »

ウェルスファーゴチャンピョンシップ1日目も終わって

もうすぐタイガーの第2ラウンドが始まるので大特急で書きます。

午前3時にめざましをかけて、日本のテレビ中継から見たが、ネットライブストリームのPGATourLiveは4時までやっていたので、タイガーのグループはそれまでよく見られた。

初日は午後から風が出て、明らかに午後のほうがタフなコンディションだったと思う。

新しいアイアンでまだ距離が合わないときがあるとプロアマのレポートで読んだが(本人ではなくコースをついて歩くゴルフチャンネルのタイガー専属レポーターから)、試合ではそんな印象はなかった。ショットが奥へ行ってしまったのは主に風と風のせいでグリーンがどんどん硬くなっていったのではないか。

フェアウェバンカーによく入れていたが、ラウンド後のインタビューで、「コースは以前出場したときよりずっとタフになっている。距離も長くなったので、たくさんのバンカーがプレーにかかる。いくつかのバンカーはキャリーで越えるのは難しい」とタイガー。

「このコースセットアップと今日の様子じゃあ、スコアボードは僅差でつまったままになるだろう。たぶん、僕の推測では、日曜日には優勝するチャンスがあるプレーヤーは15人ぐらいになると思うよ」

長いのも入れたが、パットは短いのをいくつか外している。特に短いパー4の14番でティーショットを左バンカーへ入れ、ピンまで距離がないところを4フィートにつける良いバンカーショットを打ったのに、このバーディパットを逃した。それから16番ではセカンドをアイアンでドローでピン右15フィーと(4.5メートルにつけて、3パット。外したパーセーブパットは3フィート10インチ。

ほかに5フィーとや7フィーとを外している。この4つはタイガーは普段入れるパットだ。トータル31パット。13箇所のグリーンにオンしているからショットは悪くなかった。ラウンド後、練習グリーンの直行していた。

優勝争いにからむほどのゴルフをしているとは思えないが、毎日よくなってほしいと思う。来週めざして。

松山は、めずらしく試合前に調子は良いと言っていたそうだが(サンスポに書いてあるらしい)、開けてみればひどかった。しかし、本人が言うように、すべてが悪いほうに行ってしまったというゴルフだったと感じた。

悪くないショットのときさえ、右にこぼれ、奥にこぼれ、良いチップ打ったと思ったときも、ほんの少し手前で止まってしまった。バーディチャンスにつけても、ほんのボール1個ずれて入らない。要するに、そんな日もあるさ、といいうゴルフだった。

予選カットラインがいくつぐらいになるか、+2か+3か。今日も天気予報によると午後のほうが風が出る。

松山もパットは良くないと感じた。プラアマ前の練習グリーンを撮ったビデオがツイッターに出ていたが、17,8フィートのパットが1回もカップに触っていなかった。

ま、5週間あければ、復帰に少しはかかるでしょう。頑張れ。

タイガーのグループも、マスターズ以来のパトリック・リード、故障から復帰のブルックス・ケープカと全員まだ本調子じゃない印象。

ではまた。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« 今週はウェルスファーゴチャンピョンシップ | トップページ | タイガー、松山予選通過 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週はウェルスファーゴチャンピョンシップ | トップページ | タイガー、松山予選通過 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ