« マスターズウィーク | トップページ | 2018年マスターズ1日目 »

マスターズ続報

日本ではアメリカのゴルフチャンネルの“Live from Masters”みたいな番組がないから、昨夜もネットであちこち情報収集。出てくるレポートは画像やビデオと共に楽しい。まだ現地火曜日というのに、わたしはすでに目の下に隈ができ(爆)、腰痛に肩こりが酷い。

ツイッターは実に偉大な発明だと思う。ツイッターにアカウントを持つ人の44%が発信してないというリサーチが先日出ていたが、自分で発信しなくても、スポーツでライブの情報を得る好手段と思う。わたしはそのために使っている。ツァーはもちろん、ゴルフメディアのツイッターや、プレーヤー達のツイッターのフォロアーになっておくと、ツイッターを開ける度に、ばーっと出てくる。災害で救助を求める手段にも使われますね。

さて、火曜日の鳴り物入りの練習ラウンド。タイガーの4人組は他の一人はUSミッドアマチュア優勝者と書いたが誤報で(おそらく今日水曜日の練習ラウンドで回るのじゃないか)、タイガー、ミケルソン、フレッド・カプルスとトーマス・ピータース。

8:30amスタートに大ギャラリーが1番ティーグラウンドの周りで待っていたそうだが、10番と知って大移動。次々にメディアがレポートする。マスターズではスマートフォンも携帯も禁止なので、コースで4サムを見てはクラブハウスに駆け込んでネットにアップするそうだ。(爆)

スタート前の練習。今週はタイガーの笑顔が素晴らしい。この練習ラウンド後の記者会見で、フュージョン手術をした者が時速192マイルのスイングスピードで振れるようになるのは奇跡だと言っていたが、去年のチャンピョンズディナーは出席したものの歩くのも困難な状態だったそうだから、出場出来ることがどれほど嬉しいか、我々には想像するのみ。

画面でタイガーの後方で笑っているのはシャール・シュワーテル。彼も調子を上げている。優勝候補の一人にしても良いのかも知れない。

423f9cf4b93b43d094dd668349393a3a


ミケルソンのシャツを見て下さい。オフィスに着ていくワイシャツのようでしょ?伸びる素材らしいが、ワイシャツ。マスターズ用に特製したのでしょう。ミケルソンの左袖を拡大すると、初めてマスターズに優勝したとき、グリーン上でジャンプしたときの姿が刺繍で入っている。同じものがベルトのバックルにも入っているのです。


12dd47f395a04ab99c39b43dd7824aef

記者会見で、誰が言い出して練習ラウンドを一緒に回ることにしたのかと聞かれ、昨日の練習で会ったからとミケルソン。数年前まで考えられなかったことだ。マックロイがスタート前の練習場でタイガーに、「こんな日が来るとは思わなかった」と言ったそうだ。

練習場のフレッド・カプルスは腰が相当硬そうなスイングをしていた。彼も長年腰痛に悩まされている。タイガーが、カプルスにはオーガスタは長すぎるようだったと記者会見で同情の口調で言っていた。今日水曜日の練習ラウンドもカプロスはタイガーと回るそうだ。今年が最後のマスターズ出場にする気なのかも知れないと思ったがどうだろう。

50937b2f187743ba9fd2d89994df6e8e

今年のアザリアは本当に綺麗。この世のゴルフコースとは思えない。


53c5803ee2754c7794cdb19e96c6ce03


練習ラウンドは練習ラウンドとよく言われるが、しかし、タイガーは13番でイーグル、15番でもイーグル、16番でバーディだったそうだ。ファンとしては平常心ではいられない。(笑)

タイガーとミケルソンの関係が友情に発展したストーリー、練習ラウンドの様子と共にビデオに。こちら

毛嫌いしていたとは思わないが、若い頃は気が合わなかったことは確か。近年ライダーカップやプレジデンツカップでチームとして勝つためにはどうするかと毎日ベースで話したことが親しくなった理由だろうとミケルソン。

タイガー、「自分たちがプロキャリアのどの位置にいるかお互いに分かっている。20代前半の(二人の)関係は関係だったし、今の関係はこれなんだ。」「フィルは自分の体調が悪いときに励ましてくれた。」

ミケルソン、「タイガーがどれほどゴルフというスポーツに貢献したか、自分ほど分かっている者はいないと思う。なぜなら、タイガーがいたことで自分のゴルフにも得るところが多かったから。だからタイガーが気落ちしている時、力になりたかった。」「ついこの前も彼にテキストした。バルスパーチャンピョンシップの時、心から彼に良いプレーをしてほしいと思った。彼に勝ってほしいと応援したんだ。これはめずらしいことだよ。」

ミケルソンの記者会見はいつもおもしろい。非常に頭が良いし、どの質問にも真摯に答えようとする。しばしば記者の質問にゴルフのテクニックの詳細まで話して、とても記者が理解しているとは思えないことがあるが。

タイガーとミケルソンが一致して言うことが、今回のマスターズは若いプレーヤーからベテランまで、世界のトッププレーヤー達が全員調子を上げて今週を迎えている。ゆえにもっともおもしろいマスターズになるだろうと。

ティータイムと組み合わせ。松山はポール・ケイシー、パットン・キザイアーと、10:09。タイガーはトミー・フリートウッド、マーク・リーシュマンと、10:42。そのあとが、トーマス、ガルシア、レッドマンの組。さらにそのあとは、ジェイソン・デイ、ステンソン、バッバ・ワトソン。

ミケルソン、マックロイ、ラーム、スピースやダスティン・ジョンソンは午後。

まだまだ書くことがあった気がするが、今はこのへんで。

現在、うちの辺りは26度。南の風8メートル。花粉情報、非常に多い。┐( ̄ヘ ̄)┌


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


« マスターズウィーク | トップページ | 2018年マスターズ1日目 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マスターズウィーク | トップページ | 2018年マスターズ1日目 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ