« 勝つべきだった石川遼/トウケンホームメイト | トップページ | 小平智最終日ハイライトその他 »

びっくりの小平智

どのブログを読んでもびっくりした人ばっかりで、ま、本人も「こんなに早く勝てると思わなかった」と言っていたから失礼にはあたらないだろう。(笑)

週末は母宅に滞在していて、母は早寝早起きなので、わたしも日曜日は夜10時すぎに寝た。3:50amに目がさめ、iPhoneでPGAツアーをチェックしたら、小平とSW.Kimがプレーオフの途中‼︎

\( ̄ロ ̄)/ ぎゃあーーーーっ

飛び起きてテレビをつけた。BS1でやっていない。えーーっ、どうしたのよ。

ゴルフブログチャット仲間に泣きつく。「日本じゃあ中継がやってないから、プレーのアップデートしてー!」

2、3人に、あなたのために、Kodairaを応援してたのよーと言われる。(嬉嬉嬉)

一人の男性が、Kodairaが30フィートのパット入れて勝ったーーーーっ!とタイプ。

どうも様子が変。アメリカでは既に中継はやっているが、まだプレーオフまで行ってないようだ。これは悪天候が予想されたのでスタートを早め、録画放送したそう。

ゆえに、録画中継はしないBS1も録画になっていたのです。

アメリカ人達も、小平のことは全く注目していなかったと言っていた。マスターズ中継で日本人のプレーをたくさん映すのは、日本版放送のみだから、彼らは小平を見るチャンスも少なかったろう。

朝5時から中継が始まり、小平はリーダーボードの上位者の3ホールは前をプレーしていたので、ここからどうやって上位が崩れるのかと思って見ていた。

小平はフェアウェイに打って、ピンハイかピン下に打って行く。17番はアンダークラブだったのでしょうね。18番のセカンドもアンダークラブか。

小平がホールアウトして、最終グループはグリーン上で全員次々とショートする。イアン・ポールターもマスターズの出場権がかかっていた時はあれほど強気でプレーしたのに、この最終日の崩れようはどうしたのか。

SI・キムはアイアンシューターで好きなタイプのプレーヤーだが、数ホールであんなにパットを外し続ける人を初めて見た。

レギュレーションで、15番4フィート(1.2メートル)、16番7フィート5インチ(2.2メートル)、17番5フィーと6インチ、18番6フィート4インチ(2メートル)。

去年後半の小平を見て、まだまだポテンシャルがある人だろうと感じたが、PGAツァーに何試合も出続けて、マスターズで大きく成長したというところか。

小平の優勝を見て、「運」を感じずにはいられなかった。

石川がPGAツアーで上位に行ったのは、シュライナーズ・ホスピタル2位、プエルト・リコオープン2位、WGCブリジストン4位。

どのぐらい惜しい2位だったのか覚えていないが、優勝争いしていた他のプレーヤーが、今日のポルターや、ルーク・リストや、SW・キムのようにパットを外し続けたり、池ぽちゃしていたら、勝っていたかも知れない。

良いゴルフをして、かつ「運」も自分側につかないと勝てないとはよく言われる。

ラウンド直後のインタビューは短かったし、日本メディアからのインタビューはまだ全部は見ていないが、「(スケジュールなど)これからどうするかということで頭がいっぱいです」と答えているのが印象的だった。

28歳、この9月で29歳。ちょうど良い年齢じゃないですかね。海外でゴルフをするのがかねてからの願望だったというから、可能性をためして頑張れ。

アメリカ人の陽気さ。

リーダーボード


ジャック・ニクラウスのお祝いツイート。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


« 勝つべきだった石川遼/トウケンホームメイト | トップページ | 小平智最終日ハイライトその他 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝つべきだった石川遼/トウケンホームメイト | トップページ | 小平智最終日ハイライトその他 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ