« マスターズ2日目終了 | トップページ | オーガスタはあのロアー(大歓声)がなくちゃ/マスターズ終了 »

ベービー・タイガー/2018年マスターズ3日目

パトリック・リードのあだ名がベービー・タイガー。体型も似ていないのに何でベービー・タイガーかというと日曜日に赤いゴルフシャツを着ることが一つ。日曜日でなくとも着ることがある。

タイガーの絶頂期は、最終日の赤シャツはタイガーという暗黙の了解で、着るプレーヤーはほとんどいなかった。確かヨーロッパツアーのヒメネスや、PGAツアーのベテランの一人二人がたまに着るのをみかけるぐらいだった。タイガーと同世代は特に決して着なかった。

たったそれだけのことで、リードを叩くゴルフファンもいたし、メディアも反感を持った印象がある。もう一つ、顰蹙を買ったのが、記者会見で「自分は世界ナンバー5に入るゴルファーだ」と言ったこと。何年も前のことだ。

彼の本意は、「自分は世界5位になれるぐらいのポテンシャルはある(と思う)」・・・つまり、今はそんなところを狙えるプレーヤーにさえ見えないが、ポテンシャルはあると思っていると言いたかったのだが、口が足りず、言い方が下手で、メディアやファンに、おまえが世界ナンバー5?寝ぼけたこと言うなと受け取られた。(笑)

PGAツアーでの成功を妬まれたのか、大学時代の品行の話など、今更どうでもいいことがメディアに出てきたこともあった。

彼は頭脳という意味では切れるほうじゃないかもしれないが、調子に乗るとどこまでも突進する、ぶんぶん丸の印象がある。今、ハイライトを見ているが、今週はベストパーフォーマンスのプレーをしていると思う。これだけのゴルフをして、明日勝てないとするとゴルフは酷いものだと思う。(そんなメジャーはいくらでもあったが・・)14アンダー。

3打差のローリー・マックロイ。肋骨の疲労骨折があったとは言え、マックロイは結婚して骨抜きになったかと諦めかけたが(爆)、スイングが良い。今日のようなゴルフをされると、マックロイに勝ってほしい、彼が勝つべき、なんでもっと勝たないの?とさえ思う。

昨夕から夜に降った雨が6.6 mm。グリーンが柔らかくなり、スコア日和になろう。今はまだ6度の寒さだが、最終組がティーオフする頃には陽が出て15、6度になる予報。

近年のマスターズでは、後ろから追いついて優勝したのは3打差と4打差。バッバ・ワトソンが勝ったときと、シャール・シュワーテルが勝ったとき。ファウラーとラームはかなり厳しいか。

中嶋さんが13番グリーンのアンジュレーションについて説明したのはおもしろかった。プレーヤーの心理を話すときも興味深かったが、現代のプレーヤー達に多少ついていってない部分もあるのではないか・・。批判していうものでは決してないが、パトリック・リードが15番フェアウェイ、残り268Yから3Wで(たぶん)グリーンを狙い、右バンカー下のラフに行った時、「えーっ?雨で、268ヤードを打つのー!?」と何度も言っていた。わたしは、「そりゃ打つでしょうよ。288ヤードなら知らないが・・」と内心思った。

マックロイは18番バーディで上がった。ああいう終わり方するのは、たいてい翌日勝つんだけど、どうなるかな。


1a11125289424e189927f073eeec080d

F68e9035675640a6bdd90fc8c3348a7e


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« マスターズ2日目終了 | トップページ | オーガスタはあのロアー(大歓声)がなくちゃ/マスターズ終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マスターズ2日目終了 | トップページ | オーガスタはあのロアー(大歓声)がなくちゃ/マスターズ終了 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ