« 2018年マスターズ1日目 | トップページ | ベービー・タイガー/2018年マスターズ3日目 »

マスターズ2日目終了

昼夜逆転の生活をしてまでゴルフを見るのはタイガーが出る試合だけだ。優勝する可能性があろうがなかろうが、良いゴルフをしようがしまいが、関係ない。タイガーを見なくなる日が来るとしたら、マスターズでミケルソンとオナラリースターター(今年のニクラウスとゲーリー・プレーヤーのように)をする時だろう。幸い、その頃はわたしは生きてないだろうから心配してない。(笑)

今日は目がさめたら午後3時でさすがに呆れた。1日に一度ぐらい外に出ないと体がなまるから、夜ハンバーグを食べに行った。たまに肉汁したたる大きなハンバーグが食べたくなる。

もう第3ラウンドは始まり、あと15分もしたらタイガーとイアン・ポルターがティーオフするので大急ぎで書きます。

昨日第2ラウンドは、稀にみるタフなコースであった。ザック・ジョンソンがオーバーパーのスコアで優勝した年があったから、今日よりタフなときはあったろうが、風が出たものの、今年のオーガスタは風や天候の影響以前にコース自体がタフな気がする。

そんな日でも出てくるのは出てくる。たった今気がついたが、ジョン・ラームは68でー1に上がってきた。ティーグラウンドで待っているラームが映ったのを見たが、プレーは映ったっけ?わたしはラーム
大好きなんだ。そろそろメジャーで存在を示すべき。

午後のスタートで夕刻遅くは風がないだとは言え、やっぱり出てきたダスティン・ジョンソン(68)とジャスティン・トーマス(67)。二人、ー3で鎮座。その上が、ー4のマックロイとジョーダン・スピース。スピースは初日と正反対でやることなすこと上手くいかないというか、昨日はラッキーな結果になったショットが、今日はことごとく悪いほうに転がるというような。しかし、13番と15番でバーディを取って被害を少なくした。

ダスティン・ジョンソンは、特に何もしていないようにみえて、終わってみるといつの間にやらスコアにしている。これだけ飛距離があって、外見も良くて強いのに、絶大の人気が出ないのはイージーゴーイングののーんびりした見ためとシャイなパーソナリティーだからだろう。池に入れて顔色変えないのはジョンソンぐらいなものだ。(笑)

パトリック・リードは厳しいコンディションのコースで、金曜日は何もかにも上手くいく感じだったが、さてそれが毎日続くほどオーガスタは甘くなかろう。若いプレーヤー達にこれだけメジャー優勝経験者が多い時代ゆえ、リードなどチャンスがある時はさっさとメジャー優勝をもぎとっておかないと、そうそうチャンスはめぐってこないと思う。

もうテレビが始まってしまったので、このへんにします。

ミケルソン、ぐだぐだと崩れた。タイガーも、ボギー、ボギースタート。現在雨が降って風も4m/sです。早いスタートがババを引くか。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« 2018年マスターズ1日目 | トップページ | ベービー・タイガー/2018年マスターズ3日目 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年マスターズ1日目 | トップページ | ベービー・タイガー/2018年マスターズ3日目 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ