« さらにひっちゃかめっちゃかの後半 | トップページ | マックロイ復活/アーノルド・パーマーインビテーショナル »

ツァープレーヤー達さまざま

今朝方はタイガー組の13番ホールの途中からソファーで寝てしまい、寝不足で1日ごろごろしていた。

午後、日本LPGAのTポイントレディースを見ていた。各選手紹介が画面下部に出て、今シーズンの抱負もある。イボミの言葉は、「毎日ゴルフが楽しいと思えるようになるよう頑張ります」(正確ではないかもしれないが、そんな意味のことだった。)

ん???と思った。途中解説者が、(イボミは)去年はもうゴルフをやめたいと思ったことも何度かあると思うんですが・・云々。

わたしは、以前の圧倒的強さに比して去年は成績が奮わなかったことしか知らないので、テレビでこんなことを言われるのはよほどのことがあったのかと思った。

見ているとショットも良くないようだし、チップインはあったが、表情に元気がない。16番だったか17番だったか短いパーパットを外したあと、顔をゆがめて泣き出しそうだった。検索で調べたら、一昨年とその前の年と賞金王になって、去年のシーズンが始まった頃プレッシャーを感じ始めたと、12月ファンの集い(韓国)で自ら語ったという記事を見つけた。

彼女も今夏に30歳になるのですね。誰も頂点に昇りつめてそこに居続けることは出来ないのだけど、維持しなければと感じてしまうのだろうか。いずれ我々には想像も出来ないプレッシャー下で、彼女達は生きているのだと今更ながら思い出させられた。

そこから抜け出して、違うプレーヤーになった感があるのが今年のミシェル・ウィー。2014年に全米オープンに優勝して以来、長いこと勝てなくて、彼女の場合は世界中が注目しているからスイングからパットから両親のことまで批判にさらされた。その前の2010年のカナダ女子オープンのあと2014年まで優勝がなかった時期も同様だった。

昨シーズンは度々トップ5に入り、優勝は近いことを思わせたが、2週間前今シーズン3試合目で4年ぶりの優勝。今週のファウンダーズ・カップでも2日間終わって8位タイにいる。最近のウィーは人生を楽しんでいる印象がある。わたしは今のミシェル・ウィーが一番好きだ。

さて、アーノルド・パーマーインビテーショナル、予選が終わった。2日目は、タイガー、松山、ジェイソン・デイと、全員苦しいゴルフだったが、調子が悪い日もしのいでしのいで、18ホールをプレーし通すのを眺めるのも見応えがある。

タイガーは1番ホール、2番アイアンでさえダックフックで左に打ち込み、ドライバーの右行きは今日はOBのネットに当たりラフに戻って昨日のようなダブルボギーは回避できたものの、ティーショットでドライバーを使ったのは5ホールだけだったという。コースが硬く速くてボールが走るので、2番アイアンのティーショットが多用できたとゴルフチャンネルのレポーター。

アイアンはバーディを狙えるような距離に打っていなかった。いくつかのパーセーブは相変わらずのタイガーだったが、松山はああいう不調のタイガーも見られてラッキーだったと思う。(笑)

松山は日本で医者に行ったが、何が原因で親指の内側に痛みが出たのか分からないそうだ。今までのように練習でたくさんの球数は打てないと言っていたが、1ヶ月半の休養明けにしては悪くないと思った。PGAでも有名な練習量だったから、早晩どこか壊すとわたしは思っていたのだけど、練習量をセーブするようになって良かった。

ライブ中継では最後の数ホールを寝てしまったので、夜の再放送を見ていたが、最終ホール、松山のファーストパットが終わったら、タイガーのパットを映すことなく終了してしまった。ゴルフネットワークはバカじゃない?再放送でどうせ編集して流してるのに、どっか切って、その分で最後まで映せば良かったじゃないの。

第3ラウンド、松山はスタートしたばかり。タイガーはあと45分でスタート。

リーダーボード


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

« さらにひっちゃかめっちゃかの後半 | トップページ | マックロイ復活/アーノルド・パーマーインビテーショナル »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さらにひっちゃかめっちゃかの後半 | トップページ | マックロイ復活/アーノルド・パーマーインビテーショナル »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ