« やっぱり役者が違うミケルソン/WGCメキシコ | トップページ | タフなコース/バルスパーチャンピョンシップ »

ツァー情報3月7日/飛距離伸長への懸念

アメリカではゴルフ界やアマチュアの間で、論議を呼んでいる。

発端は、この月曜日にUSGAとR&Aが合同で出した調査結果。レポートはこちら

24ページのレポートで、こんな長いものを読みたくない・・・と誰でも思うが、クリックして2ページめにあるグラフだけ見てもらうと、飛距離の伸びが歴然としてわかる。

調査に使われたのはアメリカPGA、ヨーロッパツァー、日本ツァー、ウェブドットコムツァー、PGAチャンピョンズ(シニア)、アメリカLPGA、ヨーロッパ女子ツァー。

調査では2003年から2016年にかけては、少しずつ伸びてきた平均飛距離が、2016年から2017年のたった1シーズンで、ウェブドットコムツァーが平均6.9ヤード、ヨーロッパ女子ツァーが6.4ヤード、日本ツァーが5.9ヤード伸びていた。アメリカPGAツァーは全ホールの平均で2ヤード、飛距離を計測するホールのみの平均では2.5ヤード伸びている。


ツァー名 /2003年 /2016年 /2017年 (プラスマイナス0.12 - 0.21の誤差省略)

ヨーロッパツァー/286.3 /288.1 /291.7

PGAツァー /285.9 /290.0 /292.5

Web.comツァー/292.3 /296.0 /302.9


(筆者;飛距離の伸長をわかりやすくするためのリストで、3つのツァーのみにしました)

たくさんのグラフで、いかにツァープレーヤーの飛距離が伸びたかを示したのち、「今回のUSGAとR&A合同のステートメントは、過去600年に渡り道具やボールが進歩してきたのは歓迎するが、度を超えてゴルフのスキルより道具の進歩に頼ることにならないよう、ゴルフのスキルが成功の鍵となることを確実にしたい」と書いている。

「すべてのゴルファーが能力に関係なく同じルールを保持することはゴルフの最大の強みで、ゴルフエリートに別なルールを課すことは望ましくないと考え、現在、超上級ゴルファーにゴルフ道具に関して違うルールを作る計画はない。」(筆者:ツァープレーヤーを指している。また例えば全米オープンなどに出場するエリートアマチュアも含むと考えていいと思う)

次の一文にご注目!

「超上級ゴルファーが打つボールは、すでに速度と距離の限界に達している。我々は、ゴルフボールが現在飛んでいるより、さらに著しく飛ぶべきではないと考える。」「現在の状況においては、ゴルフボールのスペックに関してルール変更を提唱しているものではない。」

「しかしながら、これ以上著しい飛距離の伸びは望ましくない。この飛距離の伸びが道具のテクノロジーのためか、プレーヤーのアスレチズム、ゴルフコーチの進歩、コースコンディション、これらの理由かあるいは他の理由であれ、深刻な影響をもたらす。ゴルフコースを長く、タフにすることは費用がかかりすぎるか出来ないときもある。自然保持や環境保護にもよくない。プレーペースは遅くなり、グリーンフィーは高くなるだろう。」

+++++++++++++++++++++

さて、この行間を読まなければいけないわけです。(笑)
USGAとR&Aの過去のパターンから言って、ボールの規制をすでに考慮しているのではと感じる。ゴルフ界ではそう受け取っている人が多いように思う。ネガティブな反応が多い。

PGAツァーのコミッショナー、ジェイ・モナハンは、「1年だけの飛距離の伸長をとりだしているがボールのせいというより、プレーヤーのボールスピードが上がっているし、フィットネスで鍛えているからだだと思う。2003年からPGAツァーメンバーの年齢は下がっているし(若くなっている)、身長は高くなっている」と語る。

これはまさに真実。タイガーもしばしば言っているが、自分がプロ転向したころは自分は背が高いほうだった、今は自分は低いほうだと。

PGA ofAmericaのピート・ビーバッカは、ボールを飛ばないようにすることが、ゴルフの成長に貢献するというのは疑問に思うと、つれないコメント。(笑)

今のボールは飛びすぎると一貫して発言していたのはジャック・ニクラウス。一説によると、彼が言い出したのは40代のときというがどうだろう。

ProV1が出現して、2000年から2001年でPGAツアーの平均飛距離は6ヤード伸びた。また2002年から2003年には6.4ヤード伸びたそうだ。当時USGAやR&Aは黙っていたのに、今ごろ何故という批判もゴルフチャンネルのライターがかいていた。

実にけっさくなのが、上に引用したレポートに記載があるが、アマチュアゴルファーの飛距離は大して伸びていないことだ。ハンディキャップのどのカテゴリーでも、90年代末よりは伸びているが、2000年に入ってからと現在は伸びていない。ハンディキャップ6未満のゴルファー群は、年により10ヤードぐらいの平均飛距離が増えたり減ったりしているのは興味深い。なんでだろ?新しいドライバーを買って、1年ぐらいで効果がなくなる?(笑)

女性アマチュアゴルファー(クラブに所属しているゴルファー)2013年調査

ハンディ6未満・・・195ヤード
ハンデイ6から12・・・177ヤード
ハンディ13から20・・・150ヤード
ハンディ21から28・・・136ヤード
ハンディ29から36・・・118ヤード

ゴルフは飛距離じゃないなどと言い張る人はいっぺん女になってみろと言いたい。あはは

タイガーは今まで出場したことがない、今週のバルスパー・チャンピョンシップに出場。現地火曜日の午後にコース入り、ドライビングレンジで声援送るファン、9ホールの練習ラウンドでは後方スタンドにファンが陣取り、またしてもえらい騒ぎでした。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


« やっぱり役者が違うミケルソン/WGCメキシコ | トップページ | タフなコース/バルスパーチャンピョンシップ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり役者が違うミケルソン/WGCメキシコ | トップページ | タフなコース/バルスパーチャンピョンシップ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ