« おもしろくなりそうなリーダーボード/フェニックスオープン | トップページ | ようやくグリップ交換 »

ゲーリー・ウッドランドの復活/フェニックスオープン

今朝は明るくなりかけた頃起きてテレビを見始めたから6時15分ぐらいか。ブライソン・デシャンボーの崩れは予想していた通り。昨日の後半ショットが良くなかったので、それを引きずってくるだろうと。バック9は盛り返したが時すでに遅し。

リッキー・ファウラーの15番左引っ張り池ポチャは何だったのだろう?チェス・リービーやゲーリー・ウッドランドが2、3打先行していたから、プレッシャーだったのか?ファウラーは最終日首位スタートではどうせ良いゴルフが出来ないから今週もダメだろうとみる人が多かった。(わたしの出入りするネット仲間で)未勝利のプレーヤーじゃあるまいし、そんなことはないだろうと思ったが、やはり結果は彼らの言うことが当たった。今日は+2の体たらく。

ジョン・ラームも乗ったときは強いが、時々実にしょうもないミスをするのと、そのミスのタイミングの悪さ。今日も15番でセカンドを池ぽちゃ。疎漏が多いとはこういうことを言うのじゃないか。(笑)ラームは今週優勝すればワルドランキング1位になるところだったはず。

彼らトップランカー達がワールドゴルフランキングをそれほど意識しながら試合に出場しているとは思えないが、来週はAT&Tペブルビーチプロアマで1位のダスティン・ジョンソン、2位のジョン・ラーム、3位のジョーダン・スピース(ディフェンディングチャンプ)が揃う。

今日優勝したゲーリー・ウッドランドは53位から26位になった。マスターズに出場資格。ウッドランドはPGAツァーに入って来た時は鳴り物入りだった。野球にも進めたと言われるぐらいの運動能力、ロングヒッターで末は大物になるとみる人も多かったが、2011年に早々に優勝して以来、期待されたほど活躍をしていない。

彼は頑固なのじゃないかとわたしは推測していた。ブッチ・ハーマンについたがほどなく別れた。理由は、スイングに関して意見が合わなかったからという話がもれていた。タイガーやフィル・ミケルソンのスイングコーチした人と?(笑)

去年、再びハーマンと会ってカウンセリングを受け、ハーマンはショートゲームの教え方に定評があるピート・コーヘンを薦めたそうだ。パットは、ブラッド・ファクソンにも見てもらったそうだ。今週はパットのスタティスティックが良いし、実際中継を見ていてもパットが良かった。以前はこんなにパットがうまい印象はなかった。

4日間、良いプレーをしていたチェス・リビーとプレーオフになったが、最初のホールで勝負がついてしまったのは、リビーはツァー1勝しかしていない、それも10年前だったということで、プレッシャーが大きかったからだろうか。こういう、派手さがないプレーヤーが良いゴルフをした週は勝ってほしいとも思うが、ゴルフはそう都合よく回るようにできていない。

父親になって初めてのツァー優勝。去年は双子だった胎児の1人が死産。息子ジャクソン君(7ヶ月)も集中治療室に入っていたそうで、去年は早く忘れて新しい年になるのが楽しみだったと語っていた。33才、PGAツァー3勝目。家庭持ちのプレーヤーの優勝はそれぞれにストーリーがあって味わいがある。

リーダーボード

最終日のハイライト。


松山はどうしたでしょうね?帰国したのか、アメリカにとどまっているのか。大事にしてもらいたい。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


« おもしろくなりそうなリーダーボード/フェニックスオープン | トップページ | ようやくグリップ交換 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おもしろくなりそうなリーダーボード/フェニックスオープン | トップページ | ようやくグリップ交換 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ