« 今月3回目の川崎国際 | トップページ | 想定内/ヒーロー・ワールドチャレンジ3日目 »

タイガーハイプ

一昨日が21℃で、昨日は雨の12℃だったか、今日は日中8℃以上には上らなかった。寒さのせいか、歩き過ぎか、今日は腰、膝、背中、肩、ぜーんぶ痛くて使いものにならず。むかっ。

リビングルームは暖かいが、廊下に出ると冷蔵庫のような冷たさという状態に倦き倦きして、ドアを開けっ放しにしておくことにした。ずっと開けっ放しにすると廊下も洗面所も結構温度が保てる。まあそこが密閉度が高いマンションの良さだろう。

今回のタイガーの復帰は、前回や前々回の復帰とはちょっと違うハイプがあった。それは、かなりのゴルフファンが、タイガーは選手生命が終わりではないかと密かに思っていた反動もあったろう。

アイアンショット、ドライバーショット、スティンガーとタイガーがネットに出してきたスイングは、ゴルフ界を驚かす出来だった。体の回復やスイングの復活が本物だと期待しだした。

水曜日プロアマでのタイガーのプレービデオがPGAツァーの公式フェースブックに出る有様。これに各スポーツサイトのライターや、見物にいったファンが、そのスイングをツイッターにアップする。茶の間にいて、タイガーの18ホールすべてを見た気分だった。(笑)

プロアマでの練習ラウンドで驚いたのは、パットがひどかった。大オーバーが多く、ラインも大違い。

始まる前の記者会見では、(正直に)4ラウンド完遂するのが最初のゴールだと言っていた。終わってからのインタビューで、今日のラウンドをgreatと答えた。ティーショットのダイナミックさ、惜しくもグリーンに上りきれなかったが良い3Wショット。内容はタイガーの片鱗をうかがわせるショットが幾つsもあった。

このフェアウェイからの2番アイアンは、ビンテージタイガーだった。


それから、何番ホールだったか、左のフェアウェイウェイストバンカーからのアイアンも素晴らしかった。昔は・・ってそんな失礼な言い方はしたくないが、タイガーはデビッド・ラブIIIとともにツアー中もっともフェアウェイバンカーから上手いプレーヤーだった。(わたしに言わせれば。)

プロアマや初日のラウンドで、まだ歩き方が?の瞬間もあったが、手術による硬さと、医者から許可が出てたくさんの練習をこなすようになった張りではないかと推測する。

この4月に受けた手術はフュージョンと言って、これは成功か失敗か2つに一つしかないそうだ。骨を再構築するのだから、その骨が折れない限り、一生持つのだそうだ。

ゴルファーだけではなく、たくさんのアスリートからタイガーの復活を喜び祝う言葉がツィッターで流れた。可愛いと思ったのが、マット・クーチャーのコメント。出場選手はみなタイガーが毎ホールどうプレーしているか気にかけ、コースでテレビ中継局のレポーターに聞いたりしたそうだ。

ラウンド直後のインタビュー、ハイライトを見ながら自ら解析。


毎度同じことをいうが、毎度腹が立つ。ゴルフネットワークは松山がプレー中とホールアウト後と何度も彼のハイライトを流す。ラウンド終了後で、わたしが覚えているだけでも4回流した。

音声切り替えを副音声にすると、解説者の声が無音のときが度々ある。それがゴルフネットワークが日本用に流している時間。

松山の(誰であれ日本選手の)ハイライトを流す時間はほかのプレーヤーが映らないことになり、ひどい中継だ。ハイライトは見逃した人のために、後で流すべきである、ライブ中継している間に何度も流すのは無意味なサービス。

ということで、2日目以降、どうプレーするか楽しみ。わたしはスコアはどうでもいい。今週足りないものは、練習して追いつくに決まっている。新しい腰で、どんなゴルフができるか、それが興味津々。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


« 今月3回目の川崎国際 | トップページ | 想定内/ヒーロー・ワールドチャレンジ3日目 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月3回目の川崎国際 | トップページ | 想定内/ヒーロー・ワールドチャレンジ3日目 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ