« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

ポール・ゲッティー・ミュージアムその2

最近日本のほうが気温が低くなり、早く帰ってゴルフしたいもの。では、ポール・ゲッティー・ミュージアムの展示作品をいくつかアップします。

ところでポール・ゲッティーはオイルで富を築いた人。ウィキペディアで調べたらおもしろい経歴だった。もともとお父さんの代からオイルの精製をやっていたが、息子は20代で自分の会社を作り、サウジアラビアでの60年間のオイル採掘権を買った。最初の数年はオイルが出なかったそうだ。大金持ちのわりにケチで、息子が誘拐されたときに、その身代金を値切ったと言われている。亡くなったとき、遺産のほとんどをポール・ゲッティー基金に遺したのは芸術にとって実にありがたいことだ。

Img_0042

Img_0162

iPad で写真を撮ると被写体が近くなるので、展示物が大きかったり部屋の奥行が狭くて後ろに下がれない場合、全部が入らないのでiPhoneで撮ったが(上の画像)、色調が違ってしまう。

わたしは彫刻にはあまり興味がなくて、自分ではどんな絵も描かないが鑑賞するのは絵画が好きだ。この部屋に入ったときは悲鳴をあげそうになった。


Img_0046

みんな見たことある絵ばかりじゃないの!印象派のマネ、モネ、ルノアール・・・。一つの部屋にさりげなく(?)隣り合って次々に壁にかかっているのは、この世のものとも思えない。

Img_0047


Img_0048


Img_0049


わたしは娘にひそひそ声で言った。「これ全部レプリカじゃなくて本物かしらね?」(爆)娘「そーでしょ。ポール・ゲッティーだよ。」

これだけの絵が、ロープもなく、ガラスの箱で保護してあるでもなく、むきだしでわたしの前にあり、いくらでも顔を近づけて鑑賞できるのは信じ難かった。


Img_0050


とどめは、上の絵画がかかっていた壁と交差する右側にかかっていた、これ。↓

Img_0051


わたしは感激と畏怖の思いで動転し、手が震えんばかり、画像が斜めになってしまった。これは確か相当高価だったはず、と家に帰って調べたが、1980年代に今の貨幣価値にして$52ミリオンでこのミュージアムが買い取ったそうだ。

あー、勿体無い、わたしのような絵心もない者がタダで見られて、何とめぐまれていることだろうと、ほんとに感謝しました。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


ポール・ゲッティー・ミュージアム

近くに住んでいるとなかなか行かないの典型で、世界的に有名で膨大な展示作品をもつポール・ゲッティー・ミュージアムは、以前ロスのマリブというところにあったが(今はゲッティー・ビラという名前になっている・・20年以上前に日本から友人が遊びに来たときに案内した)、そこが手狭になったというので、ウェストロスアンゼルスに巨大な美術館を建ててからまだ行ったことがなかった。


Img_0113_2

↑ゲッティー・ビラ。建物自体も素敵だった。

ウェストロスアンゼルスに新設になったのが、10年近く前じゃなかろうか。孫が見学に行ったのが幼稚園のときだったという。オープンしてすぐは大混雑だったそうだ。

何より驚いたのは、入場料が無料だということ。1日中何時間でもとめていい駐車料金が$15。そこからゆっくりゆっくり走るモノレールで5分ぐらい。何と豊かな国だろうと感服。芸術をどれだけ大事にするかは民度をはかる大きな尺度じゃないかと感じる。アメリカはこういう素晴らしい面もあるのにねぇ・・・近年の政治や民心の衰退はどうしたことか。

というわけで、画像をアップします。iPhoneよりも、iPadのカメラのほうが良く撮れるのじゃないかと思って、初めてカメラを使いました。

Img_0114_2

↑彫像が立つ階段を上る。


20170923_170102_2

↑インフォメーションデスクがあった。


Img_0098

↑広場があちこちに広がり、複数の展示館に繋がる。


20170923_171534

↑前のインフォメーションデスクがある建物を振り返る。手前右にはステージがあり、後刻ラテンバンドがライブのコンサートをやっていた。もちろん無料。


Img_0099


20170923_175147

↑ミュージアム自体がかなり高い丘の上に立っていて、ロスアンゼルスが一望。少しモヤがかかっているが、右の紺色は海です。いかに高層ビルが少ないかというのも分かると思う。30年前はこの十分一もなかった。※きれいに見えないので、一番下に大きなピクセルでアップしました。画像はどれもクリックで大きくなります。(オリジナルの大きさで入れてもいいかも知れない・・)

iPadで画像を加工し、ブログにアップする作業に慣れていないので、時間がかかってしょうがない。展示作品の画像はまた後刻にします。写真撮影が許されない部屋はほんとの僅か。ほとんどで写真が撮れたのも驚き。しかし、多すぎてとても全部は撮れなかった。


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Img_0054


とんでもない・・・

天気予報で今日から気温が下がると言っていたが、午前中は霧かと思うような曇り方、それは涼しくて、よーしコースに出ようと思い立って9ホールコースに行きました。歩きなので、1W、4W、ハイブリッド#5、9番アイアン、56度ウェッジ、パター。

ウッドは練習場で打ててもコースで打てないことのほうが多いと、その練習のつもり。サンタモニカのビーチまで数ブロック、今日も今日とて、海に向かうホールはアゲンスト。

Img_0141


貰い物だったのか、孫に買ってやったのか、ピンクのボールを処分しないとうらめしい。孫もピンクボールは使いたがらない。どうも打感が嫌い。スイングも悪いから、なおさらこっすったような打感。(笑)ティーショットがどれぐらいショボイことか。ほんと、昨日の記事で飛ばない人の平均9番アイアンが55ヤードでその2倍がドライバーの飛距離ってことになると110ヤードで、1番ホールはそんなもんだった。(悲)

ライも良くなかった。やめときゃいいのに、4Wを打ってすくい打ちで左に舞い上がる。こうまで下手とは自覚してなかった。SWのチップはヒョンクでスライス。もう1回チップでダボ。ビギナーに戻る。

2番もティーショット、バナナフックで左ラフ。これは80ヤードってところだった。3オンして何とかボギー。

3番はパー3で、4Wで打ったと思うが、左手前エッジにかろうじて乗ってパー。これまでショットは何を打ってもこするか、左に引っ張るか、右プッシュスライス。こんなことでは日本でラウンド出来ないなと暗くなる。これじゃあ人に迷惑かけるし、だいたい高いお金払うのにアホらしい。

5番パー3は海に向かうホールで常にアゲンストの風が吹き、右手前に大きなバンカー。チップでまた乗らなかった。ほんと、愛用のウェッジがないというのはかように自信をなくす。まあいいや、日本に行ったらミズノMPがあるから。ボギー。

Img_0145

6番は唯一のパー5だが、ティーショットを左引っ張りで左ラフ。ここはリビエラCCと同じでラフはキクユグラス。タフなんだ。いつ雨が降ったのか、フェアウェイも歩くと、ぎしぎし音がするほど水気があった。4打目が転がりすぎて奥エッジに行き、ダボ。まったくしょうがないなー。

Img_0149


8番パー3は、ハイブリッド#5で本日唯一の良いショットだった。ピン右上から2パットパー。今日はグリーンの状態が悪く、4フィート以上は入らないと割り切ったが、長いのはタップインにつけ短いのは外さなかったからまだ救われた。

Img_0151_2

9番パー4、3打目をピンハイ右ラフに外した。ピンまで6、7ヤード、エッジもキクユグラスだから、下手するとボールにブレーキがかかる。難しいチップだなぁーと思いつつ9番アイアンで打ったらカップ右からカールして入ったぁーーー。チップインパー。

パーが3つあったのに(あったのにって目標が低すぎる)、8オーバーで、このコースではかなりひどい。

悪かったのはスコアだけではない。最初の2、3ホールは大きいクラブを振ると左臀部が痛み、後半は右の腰が痛み、駐車場の車に戻るときはビッコ引く有様。帰宅しては、右足の指が攣り、アイタタアイタタと体をひきずって夕飯を作った。(笑)

これじゃあ18ホール回れないのじゃない?

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ