« WGCブリジストンインビーテーショナル2日目終了 | トップページ | 再来年からPGAツアースケジュール変更 »

松山強しWGC2勝目

松山がラウンド後、テレビブースでのインタビューで言うまで忘れていたが、タイガーが2013年のWGCブリジストンで61(2ラウンド目)を出したとき、松山は同組で回ったそうだ。初日2日目と同組。多くの若いプレーヤー達のように、松山もタイガーを見て、プロゴルファーになりたいと思った一人だろう。タイガーが最後に強かった年に、同じ組でプレーしたことはラッキーだったと思う。

その年、松山は初めてのWGC出場で、スコアは72・68・70・71、トータル1オーバー、成績21位タイ。(悪くないじゃないの?) 以降、T12、T37、T42。

今週、これは松山が勝てるかも知れないと感じたのは3日目のグリーンを見て、木曜日や金曜日より速くなっていると思ったから。CBSスポーツアナウンサーのジム・ナンツがどこかのホールのグリーンで、「これは速い。オーガスタ並の速さだ」と言っていた。グリーンが速くなると、差が出てくる・・・とわたしは思う。

本人が言ったことがあるかどうか知らないが、松山は速いグリーンのほうが好きで得意だと思う。

彼が3ラウンド後に日本のメディアに言った言葉が興味深かった。『勝手に勝ちたい意識が入ってきて、ピンを狙っていきたい気持ちが強くなる。それはいいことなのかもしれないですけど、まだ技術が伴ってきていない。それをどこまで抑えられるかで変わると思います。』(ニッカンスポーツサイトより) 

『たぶん(それで)10番のピンを狙う気持ちを抑えられなかった』(3日目の10番のピンは左寄り、左手前にバンカー) 同感だった。(笑)

2打差で、最終組の一組前というのも優勝を狙うには最高だろうと思われた。

最終日の松山のプレーを見て、一番感銘を受けたのは、8番右ラフからと、11番左ラフからのセカンドショットをグリーンに乗せたこと。彼が振ったスイングスピードから見て、ライは相当タフだったと思われる。11番では打ったあと、笑顔が出ていた。あれで、パーセーブに苦労せずにすみ、流れが途絶えなかった。

松山の組について歩いたコースコメンテーターのドッティ・ペッパー(元LPGAプレーヤー)が、ラウンド中、一度ならず、「今日の松山のウォームアップは、私が見てきたうちで最悪の一つだった」「ウォームアップでは、ショットが右に左に行き、ダフりまで出ていた」と言っていた。

本人も、『(スタート前は)パーで回れればいいと思っていた』『とんでもないミスをするのではと不安だったが大きなミスがなくて良かった』というのだから、ゴルフは分からない。(笑)

アメリカのコメンテーター達は、松山がバーディをとってもあまり嬉しそうな顔をしないことをからかう。(アジア人は表情に出さないというのが西洋人の信じるところで、実際ほとんどの人に当てはまる・・笑)

今週、ボギーを打っても、バーディをとっても、同じようにキョトンとした顔をするのが非常に可笑しかったが、今日のバック9は笑顔をたくさん出てきて、キャディーの進藤さんも、緊張をほぐすのに、良い仕事をしたに違いない。

WGCの試合は世界のトップ76人のみ出場権があるとはいえ、人数が少ないので、優勝しやすいとケチをつける人もいるが(笑)、メジャー同様、よほどの事情がない限り、トッププレーヤー達は全員出場するので、その時のベストプレーヤーしか勝てないと思う。

普通の試合と違って、名前も聞いたことがないプレーヤーのフルークがないから、勝つべき人が勝つとも言える。だからタイガーが格段に優勝回数が多い。

1年に4回あるWGCの試合で、今シーズンは松山が2回、ダスティン・ジョンソンが2回勝っているのがおかしい。

松山の今日のゴルフが、1週間あとに出てほしかったと思うものだが(笑)、何より、今日のメンタルの強さでメジャーが戦えたら、勝つ日も遠くないと思う。最後の16、17、18番ホールでバーディを取れば(コースレコードタイの)61が出せるとわかってプレーしていたというから、大した神経じゃないか。

Dgk9o54voaavy38

リーダーボード

Dglnxxqw0aa171x

何より嬉しいのは、アメリカ人のギャラリーが「ヒッデッキー!」と大声をあげてくれることだ。良いプレーをすれば中継局もたくさん映してくれる。優勝争いをすれば、ほとんど毎ショット毎パット見せてくれる。スポーツはこうでありたい。

ファイアーストーンCCのサンセット

Dglyilixoaaziw7


にほんブログ村

« WGCブリジストンインビーテーショナル2日目終了 | トップページ | 再来年からPGAツアースケジュール変更 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

ぃや~ホント楽しかったですね~!

スコアカード、3と4しかないw

そんで、字が下手っぽいとこが
松山クンらしくて良いですね~!(笑)

>のっくさん

先週の松山はスローに見えなかったと思いませんか?(笑)
自分の中で勝てるかもしれないというゴルフが出来ているときは、スローにならないのかなと思ったり、あるいは努力の結果か、はたまたカメラの振り方かと思ったりしました。
でもLAオープンを見に行きましたが、松山は全然スローではなかったですよ。
彼は打つ前にアドレスでお地蔵サンみたいに時間がかける時があって、それをカメラがずっと写すからスローに見えるのじゃないかと思っていますが、実際罰打までくらったときがありますから、昔は遅かったのかもですけど。

スコアの字は同伴競技者のスコット・ヘンドが書いたのだと思います。
字が汚いといっては語弊があるけれども、西洋人にはめずらしくないし、ある種ゴルフ馬鹿(悪い意味ではなく)の人の字かなと感じます。

日本人でこれだけのプレーヤーが出て来るのは信じ難いです。体つくりからとりかかった松山の長期を見通した人生計画の成功でもあると感じます。

あ、そっかー!
スコアラーが書くんですもんね^^;

そういえば、スローじゃなかったですよね!
ま、トラブルにもなってないですもんね~!

本当に、これからも楽しみですねぇ!

全米プロ、ゴルフネットワークで4日間放送あるのに
バイトで観れないという、、、(´;ω;`)ウゥゥ

>のっくさん

レスが遅くなってすみません。

今週軽井沢でしょ?涼しいのじゃないですか?(笑)
帰宅して4日分の録画観るのは大変ですね。松山は初日は全然映りませんでした。
日本ではハイライトか何かで見せるのかもしれませんが。
今日も3連続ボギーのあと、最終3ホールを連続バーディで取り戻しました。もともとしぶとかったけど、一層そこら辺が実力が上がっていると感じます。
今、ツァーの飛距離がどんどん伸び、活躍しているプレヤーの年齢が若くなっている中、5勝しているのですから、ゴルフ力も違いますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WGCブリジストンインビーテーショナル2日目終了 | トップページ | 再来年からPGAツアースケジュール変更 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ