« FedExプレーオフ/ノーザントラスト予選終了 | トップページ | ハリケーン・ハーベイ »

だからゴルフは分からない/フェデックスプレーオフ第1弾終了

3日目終了でジョーダン・スピースが12アンダーで3打差の首位。勝ちにかかった時のスピースと強さと、良いショットを打ってもなかなかバーディパットを入れられない2位のダスティン・ジョンソン。

それより下は、ジョン・ラームとポール・ケーシーの7アンダー。このコース設定では届かないかな・・・してみると退屈な最終ラウンドになるかもしれないと思ったが、いやーゴルフは終わってみるまで分からない。
ウェッジショットを磨いて、去年からの好調を維持していたジョンソンが、マスターズ中に借りていた家の階段で足を滑らせて、今年メジャーも優勝争いに入れなかった。想像するに、ジョンソンも「勝たないことに飽き飽きした」のじゃあるまいか。happy01


土曜日夜、ゴルフチャンネルのコメンテーター達はあたかもスピースの優勝が決まっているかのような口調だった。それも責められまい。2015年のマスターズ以降、54ホール後の首位になった10試合のうち9回で優勝している。ほとんど90%。

最終日のフロント9、相変わらずバーディパットが入らないダスティン・ジョンソン。3番パー5では15メートルの長いバーディパットを先に入れられ、ジョンソンは8フィートを外す。5番でもスピースは6メートル余のバーディパットを入れ、14アンダーへ。ジョンソンは7フィートを外し、9アンダーのまま。差は5打差に広がった。

スピース、6番パー3のティーショット池ポチャは何だったのか、まるで距離が足りてない。ジョンソンが9番10番でバーディをとったあとは、11アンダーのタイスコア。片方がバーディをとると、もう片方もバーディで15ホールまで13アンダー。サンデーバック9どころか、上がり3ホールに勝負を持ち越すという、筋書きを書いたような展開になった。


スピースのミスは16番パー4で、横からの6フィートのパットを外したこと。ジョンソンは右ファーストカットのラフからウェッジショットが大きすぎピン上9メートルに打ったのだから。

17番222ヤード。ピン右バンカー寄り。少し下りらしい。ジョンソン6番アイアンで右バンカー。スピースは完全にミスショットで、右バンカーの右にランド、バンカーに入る。彼はドロー球だから、左に行くのを嫌ったのだろうか。スピースのバンカーショットのほうがはるかにタフだと解説者。

スピースのバンカーショットはピンを超え、5メートル半。コースレポーターのドッティ・ペッパーが、「ジョンソンのほうが容易なバンカーショットだけど、彼のバンカーセーブ率はツァー184位で40%」とネガティブなことを言う。(笑) ジョンソン、ピン下へ4フィート。

ここが、トッププレーヤーのタフなところで、スピースがこのパーセーブパットを入れる。大歓声のあと、ジョンソンもパーセーブ。

18番467Y、ジョンソンはこのホールを3日間バーディ、パー、バーディにしているが、安全ルートにしたティーショットはスライスして右ラフへ飛び込む。あまり表情に出さないジョンソンが天を仰いでいた。ライがあまりにひどかったらしく、フェウェイにレイアップ。

ここのグリーンはフェアウェイからすごい上りで、バンカーが左右に口を開け、フェアウェイから見ると脅威を感じる。スピース、フェアウェイから残り186ヤード、6番アイアンで・・・あのショットは何?のミスショット。グリーン右から少し外れたところ。彼はたまに突拍子もないミスショットを打つ。左ピンまで下り22メートル。

ジョンソン、残り88ヤード、ピン右上、大きすぎ。5メートル。かなりの上っているから、アマチュアならグリーンに届くように打つと絶対止まらないと思われる。(つい、自分に置き換え・・)

スピースのラグパットは上手かったー。ジョンソン、これを入れてプレーオフ、外すと負け。早い下りパットはカップを半周して入ったー。タイガーならそっくり返ってフィストパンプするところ。





プレーオフ。お約束で18番。オナーはスピースになる。ここでも流れはジョンソンになっていたのかもしれない。スピースは池を避け、右サイドだったが、レギュレーションの同ティーショットより飛距離が出ていた。

ジョンソンはスピースとは違うほうにエイミングしているので、あれっと思ったが、何と池越えのショートカット。キャリー310ヤード、トータル345ヤード。ひぉえーっ



フェアウェイを歩く後ろ姿がもう違ってしまっていた。セカンド、スピースは残り174ヤード。7番アイアンはピン後方のファーストカットラフまで転がった。ジョンソンは残り95ヤード。レギュレーションでレイアップした後の3打目と同じような距離。(笑) 60度ウェッジで打ったそうだ。(失礼すぎ・・爆) ピン下3フィートへ。スピースは外し、ジョンソンは入れて(わたしは見ていて冷や冷やした・・笑)、3月のWGCマッチプレー以来、5ヶ月ぶりの優勝。今季4勝目。

ということで、久しぶりにトッププレーヤー同士の互角の戦いが見られて楽しかった。タイガーとミケルソンが両方とも良いプレーをして最終日、最終組でプレーすることは少なかったように、若いプレーヤー達のこういう最終日もなかなか見られない。


スピースとジョンソンのハイライト。





にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村








« FedExプレーオフ/ノーザントラスト予選終了 | トップページ | ハリケーン・ハーベイ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FedExプレーオフ/ノーザントラスト予選終了 | トップページ | ハリケーン・ハーベイ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ