« びっくりのニュース | トップページ | WGCブリジストンインビーテーショナル2日目終了 »

WGCブリジストンインビテーショナル前夜

タイガーの大ファンとしては、彼が同じコースで複数回優勝した試合は愛着がある。1999年から去年までのうち、2002年を除いてオハイオ州アクロンのファイアーストーンCCサウスコース開催。3年連続優勝を2回達成、トータルで8回優勝している。(クレージーじゃないですか?どう考えてもこれだけのプレーヤーはもう出てこないでしょうね)

タイガーが勝った試合はほとんど見ているとは言え、全部覚えているものじゃないが、この試合がWGCーNECインビテーショナルという名前だったころ、ジム・フューリックと7ホールにも及ぶプレーオフの末に優勝した時は見ごたえがあった。

2001年というと、長いことドミナントプレーヤーだったタイガーの最も強いシーズンだったろう。互角に戦ったフューリックに感服すると共に、まったく違うタイプのゴルファーながら以来ファンになった。

ついでにタイガーの消息を書いておくと、元気そうな姿は見せています。先週土曜日は、子供達とその友達を連れサッカーの試合(親善試合?)を見に行き、メッシーやセルツとの写真をツイッターにアップ。

明けて今週の火曜日、バハマ諸島のアルバニーのジムで、ファンのセルフィーに汗びっしょりのタイガーが写っていた。早くもジムで鍛えているもよう。どの画像でも太ったように見えるが、リハビリできるようになってしぼっているのかも知れない。

*               *

ちょっとびっくりのニュースは、ローリー・マックロイが9年来のキャディー、JP・フィッツジェラルドを解雇した。こちらのほうは、両者合意で分かれることにした、というより、キャディーとして解雇したという印象。

今日の記者会見では、プレーヤーとキャディーとしてのダイナミズムが次第になくなってきて、自分は「変化」が欲しかったと説明。自分が悪いショットを打ったり、間違った選択をしたときに、彼に怒りをぶつけることも多かった。そんなことが、ここ1年多すぎた。自分のゴルフはもっと自分で決断したい。

(意訳しましたが、お互いなれすぎてきて口論や感情のぶつけ合いが多くなった、ここらで心機一転というところでしょうか。23歳のスピースに先を越されたくないという競争心もあって当然。)

もう一つ、アダム・スコットは今週と来週のPGAチャンピョンシップが終わったら、FedExプレーオフシリーズの最初の2試合は出場しない。8月19日に2番目の子の出産を予定しているからだそう。

9月14日からのプレーオフ第3弾のBMWチャンピョンシップからツァー復帰したいそうだが、今週来週の2試合でかなりの成績を出さないと、出場資格に満たないかもしれない。

松山はまたしてもケープカと同組。もう一人はダスティン・ジョンソン、10番ティーから8:20AMスタート。一組目は7:30AM、天候で早くスタートするらしいです。

松山は練習ラウンド10ホール回って、フェアウェイキープは1ホールだけだったと言っていたそうだが、休んでクラブも握ってなかったというから、シーズンの疲れが出て、へたらないように休養優先したのでしょうか。

リーダーボード


にほんブログ村

« びっくりのニュース | トップページ | WGCブリジストンインビーテーショナル2日目終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« びっくりのニュース | トップページ | WGCブリジストンインビーテーショナル2日目終了 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ