« やめてほしい・・・ | トップページ | アイリッシュオープン at Portstewart »

風よ吹け吹け・・アイリッシュオープン

日本に帰国して最初の3,4ヶ月はすぐ口から英語が出てきて、娘はいいが、5歳の孫が「それなーに?」と聞くのはまだしも、"Oh, my gosh!"とか"That's so cute!"などわたしを真似して大声で言うからちょっと反省した。

ところが、先日ロスの娘に電話していてDuty Free(免税)の英語が出てこず、Tax free(無税)と言う始末。(爆)

アイリッシュオープンはDDF(ドバイ・デューティフリー)が冠スポンサー。

今年のコースはPortstwart(ポーツトゥワート?)で初めての開催のようだ。地図で探すと、北アイルランドのほとんど北端にあって風が出たらひどかろうと想像できる。クリックすると大きくなりますが、北部オレンジ色の旗の右から2番目がパーツストワート。

Irelandgolfmapportstwart

アイルランドのナショナルオープンは1927年に始まった。開催コースはポートマーノックゴルフクラブ。試合は3日間で、最初の2日は18ホールづつプレー。60人の予選通過者が最終日36ホールプレーするというもの。

初日は地元のプロのウィーリー・ノーランがコースレコード72で首位。2日目、ノーランは81を叩いて後退。ヘンリー・コットンが2日間で146のスコアで首位。ジャック・スミスが1打差で後に続く。カットラインは165で、予選通過者はちょうど60人。

最終日はひどいコンディションでメディアや飲み物のテントは吹き飛ばされ、雨は急流のように降っていた。午前中、ジャック・スミスは77という素晴らしいスコア、ヘンリー・コットンは86。スミスは8打差をつけ、午後の18ホールへ。

しかし、スミスは粉砕して91を叩く。(爆)コットンは81。首位スミスに14打差で最終ラウンドをスタートしたジョージ・ダンカンは74を出して、トータル312。コットンを1打差、スミスを3打差で破って優勝。

この74は、初日に出たコースレコードよりわずか2打しか悪くなった。この日80を破ったのは午前中のスミスの77と、彼の74だけだった。ジョージ・ダンカンはスコットラウンド人。

というわけで、今週風が吹いたらおもしろいなと期待している。ココログが不具合なのか現在画像が入らないが、現地の火曜日と思われるジャスティン・ローズのいでたちは真冬ゴルフに見える。今朝6時の気温10度、今9時すぎで14度。風は大してない。

(わたしはむしろ、こんな気温でゴルフしたいsmile

それこそ、自然の地形を生かした、ほんとのリンクスコース。のちほど画像が入るようになったらまたアップします。松山はホストのローリー・マックロイ、ジョン・ラームと1:20pmスタート。

谷原さんは、ハオトン・リー(あのお母さんが池に入った人coldsweats01)、イギリスのマークフォステスと1:50スタート。

ティータイム (エントリーリストが出てきたら左上のティータイムをクリック)


にほんブログ村

« やめてほしい・・・ | トップページ | アイリッシュオープン at Portstewart »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やめてほしい・・・ | トップページ | アイリッシュオープン at Portstewart »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ