« 全英オープン終了/運命は決まっていた・・? | トップページ | 悲惨になったわたしのゴルフ »

ロスは涼しい・2

こんなにロスが涼しいと感じたことはない。去年の夏だって同じ場所に住んでいたのだから、これは多分、超蒸し暑い日本から戻ってきたからに違いない。日曜日はランチョに球を打ちに行って、夕刻6時すぎとは言え、西日が体全身に当たる打席で打って、頭も痛くならなかったから驚いた。あの日、最高気温は25度ぐらいじゃなかったかなぁ。

球を打ったあと、念入りにパットの練習もした。その時の開眼は後述します。(笑)

土曜日は娘と孫とでショッピング。ビバリーセンターと言って、わたしが最も好きなモールだが、ここも内部を改装中で、鉄パイプむきだしの通路がうっとおしい。別なモールは2年がかりの改装がようやく終わった。プロフットボールチームのラムがロスアンゼルスに来て、そのスタジアムの建設も始まったそうだ。

2024年か2028年には再び夏のオリンピックがロス開催になるから、新しい競技場が出来たり、道路がきれいになったりすると期待している。オリンピックを見越して、すでに不動産を買い上げる動きがあるそうだ。それに一戸建て、マンションと値上がりしているという。

Politix

これはおもしろい服がおいてある店だった。娘が「日本の店じゃないの?」と言っていたが、店内のディスプレーにピカチューの人形が置いてあったから、そうかもねーと言ったのだけど、数百ドルから1000ドル以上の服ばかり。孫も高いと呆れていた。庶民が手が届く値段の新しい店を見つけ、孫に2,3枚買ってやった。

Bathbodyworks1

この店、あるいはここの製品を日本のどこかで見た気がするが、ボディーローションやボディーシャンプー、それから芳香剤を売っている。液体の芳香剤を逆さに入れ、コンセントに差しっぱなしにする。

Bathbodyworks

Bathbodyworks3

手前の丸い瓶は芳香キャンドル。アメリカでは火事の大きな原因らしいので、使うのは好きではないが、贈り物などに喜ばれる。

この秋から10年生(日本の高校1年生)になる孫(女の子)は、わたしがいなかった9ヶ月の間に174cmになっていた。日本の感覚ではそんなに高くなってと思うかも知れないが、アメリカでは背が高いほうがはえてよろしい。(笑)

*               *              *

パットの話。

芝でパットの練習するのは、日本で4月末にゴルフした時、ラウンド前にちょっとやって以来だ。パブリックコースの日曜日夕方、芝は伸びて(不規則に)、重いなんてものじゃない。

しかし、短いパットを外す理由はない。外すのは、おおかた、手をこねくりまわしているからだろうと思った。

そこで、ブルック・ケープカ式。テレビの画面で気がついたのは、イアン・ポルターから。普通にというと漠然とした表現だが、オーソドックスにグリップし、右の人差し指を真っ直ぐ下に伸ばしてパターグリップに添える。

セント・ジュードクラシックだったと思うが、ポルターとケープカが同組になり、ケープカのパットがあまりに入るのでポルターが真似をしだしたのだそうだ。ケープカはもともとパットが得意だったというが、これで見事に全米オープンに勝った。

で、この話をはっと練習グリーンで思い出し、やってみました。ビンゴー!短いのは全く外さなくなった。また長いパットを2メートルもオーバーした時も(笑)、返しがかなり入った。

ということで、何回か練習したらコースに出てみよう。何せクラブの振り方を忘れている。


にほんブログ村

« 全英オープン終了/運命は決まっていた・・? | トップページ | 悲惨になったわたしのゴルフ »

ゴルフ」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全英オープン終了/運命は決まっていた・・? | トップページ | 悲惨になったわたしのゴルフ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ