« 2017年4月 | トップページ

藍ちゃん、今季で引退のニュース

4時間ぐらい前か、テレビを見ながらスマートフォンでニュースをチェックしていたら、「宮里藍、今季で引退」の字が目に入った。

えーーーーーっ、そうなの?日本LPGAに戻ってくるかと思ってたのにーーっ。

先週は最終日にまだまだ藍ちゃん健在のゴルフしたじゃないのーーっ・・・とわたしは涙目にならんばかり。

このところ、3試合も続けて出場したので、もう日本に帰ってくることに決めたのじゃないかと憶測していた。ここ何年かアメリカLPGAでは上位にいってなかったが、日本で見る藍ちゃんはスイングも良い気がしたし、パットさえ入ればまだまだロースコアを出せる人だと感じていた。

なのに、なのに、なのに・・・・と残念に思う。いつかこの日は来ることは分かっていたのだけど。

31歳、来月で32歳。ゴルファーとしては、まだまだ選手生命が残っている年齢だが、藍ちゃんのように高校生で初優勝、弱冠二十歳でアメリカLPGAフル参戦した人には長い長いプロフェッショナルキャリアなのかも知れない。

2006年からアメリカに渡り、なかなか勝てないとき、さぞや苦しんだことだろう。自信が揺らいだことも何度もあったと想像する。Qスクールに圧勝したことも、日本のゴルフファンに非現実的な期待をいだかせたと思う。

ゴルフ業界でさえ、アメリカですぐにも優勝すると期待していたのではないか。半年経ち、1年経ち、それが批判や中傷をいう人さえ出だした。

その当時、わたしはほんとに腹が立った。20歳の女の子が外国で頑張ってるんだ。あんたもやってみろと思ったものだ。フル参戦4年目、2009年で初優勝。アメリカLPGA9勝は、これからも語り継がれる戦績でしょう。

アメリカでも藍ちゃんファンがたくさんいた。

グーグルすると藍ちゃんの画像がたくさん出て来るが、その多くが笑顔で、見ている者の気持ちを明るくする笑顔だ。

Ai_chukyotv_sunday

引退の理由は結婚という噂もあるが、どんな道を進むのであれ、彼女は幸せな人生を生きるでしょう。

今季残りのスケジュール、一試合でも多く日本でプレーしてくれるよう願いたい。

寂しいですね・・・weep


にほんブログ村

ゴルフはフィジカルから

昨日偶然見つけて、アメリカシニアツァー、リージオンズ・トラディション最終日の再放送を見た。

2位スタートのバーナードランガーがほとんどのグリーンを打ち、-8を出して5打差で優勝。どんどんバーディをとっていくランガーに優勝のチャンスがあった他のプレーヤー達はだんだん意気がそがれる風だった。人間、何でも顔に出るからおかしい。

これは誰しも持つ印象と思うが、ランガーの体型がグッドシェイプなこと感嘆する。裸を見たことはないが、いかにも体脂肪が少なそうな、上体は長年ジムで鍛えているのがわかる。若い頃のランガーはもっと細かったが、今も中年になって「太った」「体重が増えた」という感じがしない。

Langer_regionstradition_may21


毎週、毎週全米を転戦していくツアーでは、このグッドシェイプを維持するか維持しないかで、通年の結果が違ってくるのだろうと思う。2009年から去年まで、1回の例外を除き、毎年賞金王なのは信じ難い強さだ。

見た目で分かるグッドシェイプ以外に、カメラが遠くから映すランガーのフェアウェイを歩く姿は、レギュラーツアーの選手と何ら変わらない。彼は少し蟹股ふうに歩くが、全身に無駄な肉がついていず、疲労が少ないだろう。

Langer_regionstradition2


推測するに、シニアツアーの同僚選手達に比し、肉体年齢は10年から15年若いのじゃないか・・・?今夏8月で60歳!

リーダーボード

わたしはプロのゴルフを見ても、すぐ自分に当てはめる癖があってお笑い草だが、ここでも思った。ゴルフはフィジカルがモノを言う。

ジムに行って鍛えることは出来ないが、デブチン体型を返上し、常に良い姿勢を維持していなければと思う。

今日ここらは25度で、ニュースの天気予報おねえさんが、涼しかったと言っていたが、湿度が高いのかむわっとして、とても涼しいとは感じなかった。

北海道か軽井沢でゴルフしたいものだ。最近は軽井沢も結構暑くなるらしい。あーいやだ。weep


にほんブログ村

こちらも3年ぶり優勝/AT&Tバイロン・ネルソン

人間は少しずつ気候になれるらしく、夜に入って23度、冷房を切って窓を開けると、「あー自然の風は気持ちがいい」と感じるのだから我ながら結構順応したものだと思う。

最後に真夏の日本にいたのは13年前。長女がお産したときに手伝いに帰国した。朝7時半にゴミを出そうと玄関のドアを開けると、外全体がむわーんと熱風で、数十歩歩くのも命がけの気分だった。(笑)

*                *

今朝はとうとう寝坊してしまい、NHKBS1の中継が始まるころに起きた。さすがに石川遼のハイライトはなく、ライブプレーの中継を続けていたから嬉しい。

最終日のプレーを始めから見ていた人達によると、上位プレーヤーは前半みなさえないゴルフをしていたそうだ。見たところ、大して風は強くなかったと思うが、優勝争いのプレッシャーからだろうか。

首位スタート、オーバーパーのゴルフになり勝てなかったジェイソン・ハーン。彼はアイアンが切れる人で、渋いプレーヤーだと思うが、リビエラで勝ったわりに安定度がない。

プレーヤーズチャンピョンシップ中継中にも言われたと思うが、ジェイソン・デイ、オーストラリアに住むお母さんが、(今年初めと思う)肺がんで余命1年と診断され、デイは彼女をアメリカの病院に連れて行った。

心痛で、成績も悪く、棄権もしたが、お母さんは手術も成功、順調に回復し、すでにオーストラリアに帰った。デイのゴルフもようやく上向きになってきた。今週は優勝には1歩足りなかったが、今夏のメジャーも活躍するだろうと思える。

今週はショットが良いのが目立ったビリー・ホーシェル。何でガムを噛みながらプレーするのかと疑問に思ったが(わたしは好きじゃない)、あれは神経をおさえる、緊張をやわらげるためじゃないかと推測した。それを意識して噛んでいるのかどうかは別にして。

彼は見ていてわかるが、結構感情が激しい人だと思うし、(歳のわりには)気持ちが純で、かつ温かい人。

わたしの勝手な評価だが、失礼ながら彼程度のプレーヤーが2014年にフェデックスカップ・プレーオフシリーズに勝ったときは驚いた。

先週のプレヤーズ・チャンピョンシップに優勝したS・I・キムじゃないが、ホーシェルもこの試合の前は4月から4試合連続予選落ち。

それが、何がクリックしたのか、いつ調子が変わったのか、ジェイソン・デイに堂々と戦って勝ったのだから、ツアープレーヤー達の実力に差はないということかと思う。これがPGA4勝目。30歳。

リーダーボード

LPGAは全く見てないが、ようやくという表現はおかしいけれど、ANAインスピレーション以降、日本でも優勝争いをしていたレキシー・トンプソンが5打差でキングスミル・チャンピョンシップに優勝。

ゴルフチャンネルのサイトでビデオを見たが、短くないパットを恐ろしいほど入れていた。つい1年ぐらい前までだろうか、彼女のパットが1日に2つ3つでも入ったら、毎試合のように勝てるのに・・と思って見ていたものだ。

日本でも見せたように、ショートゲームも上手くなったし、弱点がないゴルフになってきたので、これからLPGAのドミナントプレーヤーになっていくかもですね。

彼女も大好きなプレーヤー。子供の時から見ているから、やはり可愛くてしょうがない。


にほんブログ村

上田桃子3年ぶり優勝/中日テレビ・ブリジストンレディース

29度どころか、ここらは午後1時半で32度まで上った。その頃にはとっくに窓を閉め、ブラインドを引き、冷房をがんがんかけていたから、室内の暑さで気がついたわけではないけれど。5月に32度にもなったことがあるのかと、過去の天気をさかのぼったが見つからず。恐ろしい地球になってきた。

今週もまた上位に入っていたので、今度は桃子ちゃんの番かと、リーダーボードをチェックしたら、首位じゃないか!しかも、リーダーボードはもう停止されている。

あれれ、藍ちゃんは11アンダーで既にホールアウト?えーーっ、藍ちゃん出てたのー?(初日はリーダーボードのあんまり下で名前を見逃したらしい。)

昨日と今朝は1番ホール中継をやっていたのですね。知らなかった。(がっくり)

3時放送開始にアラームをセット、それまで競馬中継を見てお勉強。(爆)

わたしはせっかちだから、結果をサンスポのサイトで調べる。14:16に、上田桃子3年ぶり優勝と出ていた。

嬉しい。これで安心して見られる。(爆)

14番まで安定して良いゴルフをしていたもよう。(見てないからスコアで想像するのみ。)

ちなみに、こういう気温が高くなった日はボールが飛ぶから、特に女子プロの試合ではスコアが出ますなぁ。アマチュアだってそうだが。

14番で長いバーディパットを入れたあと、ドラマが始まったのは15番パー3。143Yと言っていた気がするが、テレビが映したときは旗は左から右だった。アゲンストと判断したのだろうか、8番アイアンで風にぶつけてピンの方に打とうと思ったのか・・、誰か聞いてみたらいいのに。(笑)

大きすぎて左奥エッジへ。難しい角度で、おそらくパターは使えなかったのじゃないか?チップは、あれ以上は打てなかったと感じる。エッジから左エッジにランドさせて、ピン下に転がりすぎたが、あとはパットを入れるか入れないかだけ。

入らなかったが、これで、テレサ・ルーや川岸史果ちゃんと同スコア(-14)になって、おもしろくなった。(結果知ってるからお気楽です)(爆)

15番最後のパー5。ティーショット、左に引っ張る。あるいはフックか。左土手の大きな岩のほうへ飛んでいく。(しかし、何で脈略のないところに大岩があるんだろ?)すぐ近くにOB杭が見えた。

勝つときは、こういう運もついているもので、ボールが岩に当たり左ラフに落ちていた。ここから225Yとか言っていたような、5Wでグリーンを転がりのぼり奥ラフへ少し入ったところ。チップはとーろとろ転がり、ピン上。このパットもよく入れた。下りフックラインで、結構曲がった。こういうところも、熊本の上田桃子とは違う桃子ちゃんになっていると感じる。-15へ。

17番は良いティーショット打ったが、なぜかセカンドは魂が抜けたようなショートアイアンで(8番でしたっけ?)、右ツリーラインの葉っぱに当たったのじゃないかな、グリーン右ラフ。ベアグラウンドに近く、芝がないか、はげてる部分でボールの前に芝の塊のようなものがあった。

このコースのラフは野芝でしょうか?カメラでクローズアップすると見栄えが悪い草ですね。

チップしたボールはかなり転がり、解説者は、これはボギーになるかなと思ったそうだが、わたしは入れると思った(笑)。16番で曲がる下りバーディパット入れてるから、ここも入れるぐらい落ち着いているだろうと・・・。

最後のひと転がりでカップに落ちた感じでお見事。これが勝負の分かれ目になったろう。桃子ちゃんにも笑顔が出ていた。

18番のティーショットも相当飛んでいたから、アドレナリンもあるし、スイングも絶好調。彼女は、ここ数試合見ているけど、スイングが良くなりましたね。というか、昔よりスイングが良くなった気がする。確か解説者の誰かも言っていた。

2打目、たった113Y。またしても風はフォロー。あのピンは嫌らしいところに切ってある。ピンより上にランドして左奥エッジぎりぎりに。ボールが止ったときはギャラリーのほうが安堵のどよめき。(笑) 勝つ時は、こんなもの。

ファーストパットがすごかった。するするするーっと転がってど真ん中からドーンと入った。タイガーみたいなやっちゃな・・・とわたしは思った。もう勝つのは決まっているのに、トドメを刺して、俺は強いっと証明するみたいな。(笑)

彼女はここ3年勝ちがなくて苦しんだと優勝インタビューで言っていたが、アメリカLPGAで苦しんでいたのも見てきた。藍ちゃんが初優勝に4年もかかった。

上田桃子に勝つ力がなかったとは思わない。彼女はフラストレーションをどんどんためてポジティブな方向に向けられなかったのではないか。「自分で抱え込むタチなんで・・」と解説者に語ったというが、やっぱりと思った。

今年は良いゴルフをしている。またこれからも勝ってほしい。

Momoko_bridgestonladiesopen_sunday


今日8アンダーのゴルフをした藍ちゃん。先週は確か出場予定を棄権したのですね。宮里優作の沖縄での優勝の写真に、上のお兄さんやお母さんと写っていて、藍ちゃんは華がある、気持ちが良い笑顔は人の目を引く。

藍ちゃんは、ウェッジやショートアイアンの正確さ、ショートゲームの素晴らしさとパットで勝ってきた人だ。彼女のショートゲームも、松山と同じでアメリカで色々なコースや芝で戦ってきた、レベルの違う腕を持っているのがわかる。

ギャラリーも嬉しそうだった、18番で迎える他の選手もボランティアも嬉しそうだった。こちらもまた勝つのが見たい。ワールドレディースの週、解説者が藍ちゃんは少し肉がついて飛距離も伸びていると言っていたが、今日見て、少しふっくらしてきたとわたしも思った。

アメリカでいっとき大丈夫かと思うほど細くなって、心配したものだ。

Air_bridgestonladies_11under


我が史果嬢の話は、長くなったのでまたにします。彼女は可愛いですね。独特の可愛さがある。もうじき勝つでしょ。(笑)


にほんブログ村

うんざりのゴルフ中継/AT&Tバイロン・ネルソン

他に見るものがないときに、ちらちら見る程度だが、相変わらず巨人は弱く、しかし実況アナウンサーは巨人の敗色濃い試合に、「(投手)よく抑えましたーっ!」「(野手)あーッ、捕ったー、〇〇、捕りましたぁー」と絶叫する。あんなアナウンサーと付き合う解説者も気の毒な。

相撲は終わりの30分ぐらいはほとんど毎日見ている。明らかに、先場所からの左腕と左胸の怪我が痛そうだが、稀勢の里は頑張っている。ああ声援があっちゃあ休場も出来まい。すごいですね、賞金の束。(笑) 中日にもなっていないのに。大相撲も一度見てみたいなと思うが、正座でなくともあの桟敷席に長く座っていられそうもない。

若い人は相撲を見ないのかも知れないが、見だすと案外おもしろい。昔のように相撲巧者はいませんが。

*               *

さて、愚痴に入ります。

何も今に始まったことではないかも知れないが、今週のAT&Tバイロン・ネルソンではもううんざりして、見る気が失せた。

ゴルフネットワークでは、頻繁に石川遼のハイライトを映す。懇切丁寧な分析付きだが、わたしは嫌になって英語版の音声にしていた。英語版にしておくと、その間長いこと無音になる。

ハイライトはいいけど、時間を割きすぎている。ライブで、今プレー中の試合中継をしているという意識が欠けてるのか?

放送権料を払っているから、下位でもアメリカのゴルフチャンネルは時々は遼くんのプレーを映す。良いプレーをすれば、上位に行けば、もっともっと映してくれる。

初日5オーバーのゴルフだったのだ。2日目は1アンダーだったが予選落ち。ハイライトで毎ホールのショットやパットや、ショットを打つ前にヤーデージブックを見て検討しているシーンまで映さなくていいのじゃない?

わたしはアンチ遼くんではありません。(そもそもスポーツ選手にアンチって何?理解出来ないものがある。)

ほかの選手達のプレーを見ることが、その分減ってしまうから腹が立つのだ。こういう時もままあった。石川遼のハイライト→ゴルフネットワークのCM→石川遼のハイライト。

昨日2日目の中継では、最後のほうに、再び石川遼の話になり、えーっ、今ジョーダン・スピースがバーディを取って予選通過ラインに戻せるかの肝心なときなのに、中継に戻らないのかな・・・と思っているうち、画面は遼くんのスコアカードを1分以上写して、中継は終わってしまった。(泣)

それで今朝だ。NHK・BS1は、そんなことはしないだろうと期待したが、ゴルフネットワークほどではないにしろ、また石川遼のおさらい。

トドメは、プレーヤーズチャンピョンシップのハイライト。たった2時間しかないライブ中継に、そんなことで時間を減らさないでほしい。

この試合ダラス・オープンの歴代の勝者のビデオや画像を紹介したのは良かったけど。あれは、NHKが編集して入れている部分だと思う。

スポーツは何でもライブ中継であるべきと思うし、プレーそのものの中継を最優先すべきと思う。これから大きな試合が続くのに、こんな中継を我慢せねばならないのかと、わたしは憂鬱です。

*              *

昨日、ここらは29度で、暑さに弱く、すぐ熱中症や脱水症になるわたしは夜7時すぎて買い物にいった。今日も同じぐらい上る予報。朝から陽ざしが強い。

ゴルフ中継が残念に終わり(笑)、窓外を見ると(最上階から見下ろすと)、年配男性がジョギング姿で走っている。そうか、朝ならわたしでも歩ける・・・と急いで外へ。近所の公園は、緑が鬱蒼とあまりに綺麗だったので写真を撮ってきました。

Park1


Park2


Park3

鴨がいる。春に見たときは、3羽はいたと思う。孫の話によると以前は蛍がいたが、近年は見たことないそうだ。水がこう汚くてはねー。

Park4

Park5


こんなに自然が残って・・・と感心することはありません。(笑) 周りはすべて大型マンション。コンクリートとアスファルト。この東急開発の住宅街に住宅が建ち始めたのは50年近く前と思う。しかし、こっち側はほんの10年前から続々とファミリー型マンションが建設され、少子化はどこの話?というほど小学校が混んでいる。

小さい子や小学生がたくさんいる町は活気があっていい。子供の声や音をうるさがるジーサンの気が知れない。(笑)

ようやくジェイソン・デイが上ってきた。3日間で一番コンディションが容易だったであろう今日、ダスティン・ジョンソンがオーバーパーを叩くとは思いませんでした。

バイロン・ネルソン、リーダーボード


にほんブログ村

ツァー情報5月18日

昨夜見るともなし、プロ野球をつけていたが、何で巨人はこんなに弱い?最近負けてばっかりでしょ。後楽園のドーム球場は立派ですね。このために後楽園遊園地をつぶしたのですか?

腰痛は、1日アイスで冷やし(20分冷やしては外しの繰り返し)、アイボプレフェン(沈痛、消炎剤)を1日半のんだらかなり軽減。あんまり何もしないのも身体がなまるので、昨日は気温が低いことだし練習に行ってきました。ほとんどの人が半袖で、むわーっとした。19℃で湿度が60%と言っていたがもっとあったのじゃないか。

前回のラウンドで4Wがさっぱりだったから持っていったが、シャフトが硬くてしょうがない。レディースクラブで硬いって、いったいどうすればいいのか?

*              *

遅いニュースになるが、プレヤーズチャンピョンシップのスケジュールに関して。

この試合は2006年まで3月開催だった。マスターズのそのまた前で、まだゴルフシーズンが明けてトッププレーヤーが本調子ではない時に、残酷なコースでプレーする感があり、視聴者や試合観戦にいくゴルフファンには5月のほうが良い気がするが、再び3月に戻る話が出ている。

新しいPGA会長モナハン氏が将来のスケジュールに関して、その可能性を話したそうだ。(わたしはその記者会見を見ていない)

これはフェデックスから向こう10年の契約更新をとりつける際の、合意だったろうと噂されている。UPSと新しく契約したプレーヤーは出場できないとの規制と共に、フェデックス側が要求してきたことではないかと推測する人が多い。

ツァー側がプレーヤーズチャンピョンシップを3月に戻したい理由は、最後のメジャー、PGAチャンピョンシップを5月に動かそうというアイデアが出ていることによる。

そしてフェデックス・プレーオフシリーズを秋のフットボールが始まる前に終わらせようという案。(フットボールが始まると、殊に男性はゴルフを見る気分ではなくなるcoldsweats01

ゴルフチャンネルのビデオで、PGAオブアメリカの新会長レビー氏へのインタビューを見たが、「PGAチャンピョンシップを5月に移すかについては過去18ヶ月話してきた、今後6ヶ月の話し合いで方向が見えると思う」と語っていたが、わたしの勘だが彼はさほど乗り気には見えなかった。またPGAチャンピョンシップは開催コースが数年先まで決まっているので、季節的に5月ではコース整備が難しいコースもあるもよう。

いずれ、ツァースケジュールの大移動は2,3年はかかるかも知れない。

今週のバイロン・ネルソンは結構トッププレーヤーが出ている。

ガルシア、パトリック・リード、ジェイソン・デイが12:50.ジョーダン・スピース、ブランディト・スネディカー、マット・クーチャーが7:50、ダスティン・ジョンソン、コーディ・グリブル(先週まで彼のことは知らなかったcoldsweats01)、ルイ・ウーストハウゼンが12:40。

ティータイムとグルーピング(リーダーボード)

今、現地は夜7時40分で、気温31度。明日初日は雷のマークがついている。

ところで、日本は夏時間というものがないから、朝明けるのが早く(今4時半ぐらい)、わたしは早く目が覚めて二度寝できません。coldsweats02


にほんブログ村

ニュースがおもしろい

トランプ大統領の言動で毎日毎日がブレーキングニュース。もちろん重大なニュースであるし、視聴率も稼げる(笑)、ニュース局は普段の番組を変更して朝な夕な、ほとんどわめかんばかり。

各局により多少トーンは違うが、どこもほぼ同じ見方をしている。一度見だすとやめられず、ニュース局サイトで、視聴者のコメント欄を読み、一般アメリカ人がどうとらえているか知るのもおもしろい。

いよいよ、大統領の頭上に暗雲たれこめてきた。一つ目の最新暴露ニュースは、先週ホワイトハウスでロシアの外相とロシアのアメリカ大使が大統領と会談した折り、トランプはISIS対策に関しての、機密情報をロシア側にもらした・・・というすっぱ抜きがワシントンポスト新聞に出た。

それが現地月曜日。その夕、国家安全保障大統領補佐官のマックマスターが大統領は、どんなときも国家機密に関することを話してはないと明言。

ところが翌日、本人のトランプがあっさりと、「大統領として、前から決まっていた会合で、テロと航空に関してロシアと(情報を)分かち合う権利がある」「人道的理由で、それにロシアにはテロとISISに対する戦いをさらに強化してほしいからだ。」とツイッターで、情報を話したことを認めた。

ISIS対策の機密情報とは、シリア内でISISがラップトップコンピューター(ノートパソコン)に爆発物をしこみ、空港のセキュリティーにひっかからない方法を開発をしているというものだが、それはイスラエルからアメリカに流した情報で、彼らの情報員がシリアのラッカから報告したものであるという。これは、情報を流した側の生命にかかわることであり、ISIS掃討のために同盟を組んでいる国々の信用をなくすこと。

さらに最新ブレーキングニュース。

FBIのジェームス・コーミー長官は今月大統領に首にされたが、3月、安全保障の会合がホワイトハウスで開かれたとき、会合後にほかの参加者を帰らせ、大統領は元安全保障大統領補佐官マイケル・フリンのロシアやトルコとの繋がりに関しての調査をやめてくれるよう言われた。

コーミー長官は、大統領が現在進行している調査へ不適当な影響を与えようとしたとして、その時の会話を逐一書きとめ、FBIの高官らに提出した。

これをFBIの誰かだろう、ニューヨークタイムズに漏らした。

もし事実とすれば(事実だろう)、重大な罪。英語でオブストラクション・オブ・ジャスティスといいまして、調べたけど日本ではどういうのか分からず。司法への妨害でしょうかね。(笑) 裁判で証言する前に手を挙げて真実のみを話すことを宣誓するが、それでウソの証言をすると、オブストラクション・オブ・ジャスティスの罪に問われると思う。

さすがに、共和党議員達も、厳しいことを言うようになった。

誰でも望めば大統領にさえなれるというアメリカンドリームがこんな形になるとは夢思わず。


にほんブログ村

勝者予想は難しい/プレーヤーズチャンピョンシップ帰結

座ってテレビばかり見ていたせいか、変則睡眠を続けたせいか、腰痛が次第にひどくなり、昨日今日は椅子から立ち上がるにも、イタタッ。

暑くなる前にもう一度ぐらいゴルフしたいと思っていたが、もう無理かも知れない。先週29度が3日ぐらいあったように思う。これでグローバルウォーミングを信じないと言うのは、意図的に無視しているのだろう。

結局優勝した、スィー・ウー・キムは去年初優勝をしたらしいが、忘れていたのか、注意を払っていなかったのか、ともかくノーマークだった。昨日の記事に書いたように、火曜日の練習ラウンドで松山と合流し、14番のティーショットを見てすごい球を打つなと感じた以外。

すでに優勝しているのだから実力は充分あったのだろうが、今年の成績の悪いこと。

今シーズン(去年10月のCIMBクラシックから)、19試合出場のうち7試合予選落ち(先週も)、4試合で棄権(腰痛)、80以上叩いたラウンド3回、トップ10内1回(去年10月)

今季のアベレージスコア、73.001。

今季のスタティスィック。飛距離169位、フェアウェイキープ率178位、パーオン率201位think、平均バーディ数173位、サンドセーブ率165位・・・何か秀でている分野は無いの?というぐらいのものだ。

しかし、ベストのゴルフをすると、タフなコース、タフなコンディションでもトッププレーヤー達を抑えて勝てるということだと思う。全英オープンのベン・カーティスには及ばないが。彼は世界ランキング500位以下じゃなかったか。みな名前さえ聞いたことがなくて、いっときベン・カーティスブームになったぐらいだ。

ある意味、恐ろしいと思いませんか?ゴルフの内容ももちろんだが、SI・キムが一番メンタルもタフに見えた。ミスマネージメントもなかった。グリーンを逃したホールも、ショートゲームでパーセーブしていく。プレッシャーで、ゆらいだ瞬間があったようには思えない。堂々たる優勝だった。

PGAサイトで彼の紹介欄。ゴルフの唯一の先生は父親。一番好きなコースはトーレパイン。プロゴルファーでなかったら、サッカー選手になりたかったそうだ。(一緒にプレーしたい)夢の4サムは、タイガー・ウッズ、KJ・チョイ、アダム・スコット。

タフなコンディションでも、崩れないだろうと予想した(わたしが勝手に)、ルイ・ウーストハウゼンが追いつけなくなってきたのは、コースのタフさと、同伴競技者の一歩も後退しないタフさに、次第に疲れてきたのではないかと推測した。

JB・ホームズ、昨日のようにフェアウェイを逃すゴルフをしては、最終日のプレッシャーとピンポジションでとてもスコアに出来まいと思ったが、それにしてもこれほど叩くとは意外だった(84)。彼は昨日今日出てきたプレーヤーと違う。見ていて残酷で気の毒になった。

イアン・ポールターのいきさつは既に何回も中継で言われていたが、故障後の特別・・・日本語で何と言いましたっけ?(泣)、出場権?・・ともかくそれでプレーしていたが、賞金額で今季PGAカードを維持するには足りなかった。それが同じ境遇だったブライアン・ゲイが、いやPGAの数え方が間違っている、君はカード維持できると教えてくれ、ツアーに認められ、カード維持のみならず、プレヤーズチャンピョンシップも出場可能となった。

彼ももう2年は良いゴルフをしていなかったが、やはり故障があったのですね。(彼は手術をすることになるまで言わなかったと記憶している)彼が今週良いプレーをしたというのも、ゴルフにいかにメンタルが影響するかという好例になった。

よくよくリーダーボードを見れば、優勝者以外で、4日間ともオーバーパーを出していないのはポールターとアダム・スコットだ。スコットも今週に入る前に、この試合で良いプレーをして、きっかけにしたいと言っていたそうだ。今季の再浮上が楽しみ。

さあて、松山君。バック9で良いゴルフが出来て良かったー。イーグル・バーディ・バーディというフィニッシャも見てくれが良いが、それより自分のスイングのずれていた点?修正すべき点に気がついて直せたことが何より良かった。

彼がたった1ホールの「8」を翌日まで引き摺るとは思わないが、タフなコンディションでスイングが悪かったのは、相当口惜しかったろう。全米オープン、全英オープンと続くから、調子を上げていかないとね。

昨日、強い風で苦しいゴルフをしていたゆえか、それ以上理由があるのか、画面では松山とキャディーの進藤さんと会話しているのを見なかった。マクドーウェルが16番での松山のミスを指摘していたときも、進藤さんは会話に加わっていなかったように見えた。

松山は超不機嫌になるのだろうか、それも進藤さんと意見の違いがあると、二人とも口をきかないのか(笑)、詮索したくなる。

ゴルフは基本的に大した英語がいるわけじゃないから、ああいうルールに関してオフィシャルと話す程度の英語力はつけると楽になると思う。同伴競技者と談笑している姿はよく見るので、カジュアルな会話はできるのだろうけど。

ルールブックの書き方はだいたい分かりにくいでしょ、わたしは英語と日本語を読んだが、英語のほうがまだマシな気がした。

2018年からいろいろとかなり変わる、容易なほうに変わるはずです。

ということで、「ディフェンディングチャンピョンは成績が奮わない」のトレンドはまたしても続き、ジェイソン・デイは7オーバー、リッキー・ファウラーははまる時ははまるが、はまらない時は下手のパターンで7オーバー。

ローリー・マックロイも結婚式のハネムーンぼけ、道具も変えて、上昇するまで時間がかかりそうな。

ダスティン・ジョンソンは、このコースと相性が悪いと言われていたが、優勝争いには入らなかったが大叩きした日が1回もなく、2アンダー、12位タイでまとめたのは、彼が違うレベルのゴルファーになった証と思う。

あー疲れた。(笑)

リーダーボード


にほんブログ村

試練/プレーヤーズチャンシップ3日目

BS1では、北朝鮮ミサイル発射のニュース速報のあと、かなりゴルフ中継が中断してニュースを流し、再びゴルフに戻るのかなと疑ううちに、中継は再開した。

トランプ大統領が、"He is a smart cookie"(頭が良いヤツだ)とキム・ジョンアンのことを言って、またしても叩かれていたが、ま、人物評価より、その根拠を言って叩かれたわけだけれど、わたしも彼は頭が良いと思い始めている。

みんないいようにやられてるじゃないの。

*            *

今年のプレヤーズチャンピョンシップは連日風が出る。2日目の中継を見ても午後は風が強かったなと思ったのに、今日3日目はまたコンスタントに風が吹いたうえ、方向が変わるわ、突風は吹くわで、可哀相な人がたくさん出た。(これは日本の中継陣が使った言葉で、日本人は優しいなと思った。)

ゴルフ中継を見るときは、英語放送か両方の音声が同時に出る方法かで聴いているが、英語放送にしていると、日本人選手のプレーやハイライトの時、音声が聞こえないので、日本語に替えたり、ピキピキとリモートコントロールで変えている。結局は虻蜂とらずになっている?(笑)

再放送のとき、ほとんど日本語だけで聴いてみたが、今週のゴルフネットワークに限っていうと、日本の解説陣のほうが「ゴルフの内容」をよく解説するし、選手の情報もよく集めていて、視聴者に披露する。わたしは日本の放送をはるかに高く評価する。主席解説者が内藤さんで、アナウンサーが誰だっけ、宮坂さんという人?

アメリカは予選はゴルフチャンネルで、解説者やレポーターがやたら多いうえ、全員が元PGAツァープレーヤーだから、不要なインサイドジョークや、だれた雰囲気があって、アメリカ人達にも極めて不評。

まずは、風の試練にあった人、ナンバー1のジョン・ローム。わたしは4時半ごろから見始めたので、彼のプレーは最後の最後のほうでパーパットを外したところしか見てないが、「最初に3連続ボギーにして(2番~4番)、もう身体が自分の身体じゃないような感じになった。こんな風に感じたのは久しぶりだ。」とラウンド後に言っている。

彼の悪いところは、ゴルフが悪い方に向うと、全身に落胆を表して気分も落としてしまう。これが、82の原因でしょう。(笑)

松山に関しては起床直後に16番グリーン奥にドロップするシーンで、何のことやらわからず。

13番の「8」、ハイライトで見て、あれはアンラッキーだったなと思う。右からの横風がぶぉーっと吹いている。「今週はアイアンがよくなかったから、不安があった」と言っていたと思うが、ショットはミスショットにしても、たまたま13番の高いティーグラウンドに立ったとき、もっとも強い風に見舞われた。

17番で一度も入れてないから、13番でコースにやられたと思えば同じことだ。(笑)

そのあとの14番、15番、16番は13番を引き摺っているのが想像できる。

16番のグリーン奥からのドロップのやり方だけれど、ゴルフダイジェストの記事によると、松山はドロップしたボールが、カップに平行に2クラブレングスの距離にティーペグを2個刺しておいた、その外側に転がり落ちたので、もう1回ドロップし直しと判断してボールをピックアップした。(直後にすぐマクドーウェルに指摘された。)

しかし、正しくは、ドロップしてボールが地面に着地した場所はその2つのティーペグの範囲内だったから、転がって最終的に止ったボールがインプレーになって、そこからプレーすべきだった・・・という解釈でいいのでしょうか?

もしそうなら、わたしもそのルールは知っていますが、松山はルールを知らなかった、自分が悪かったと答えている。ひょっとして、ボールをドロップする頃は頭が真っ白で、よく考えずにボールを拾ってしまったのではと思っている。頭が真っ白で、勘違いして拾った?

いちいちルールオフィシャルを読んでは時間を食うとは思うが、池に入れてどこにドロップするかなどの場合はルールオフィシャルを呼んで、ドロップするところ、インプレーになるか確認までみてもらったほうがいいと思う。トッププレーヤー達もよくやっていますね。

おもしろいのはガルシアで、マスターズ以来試合から遠ざかっていたこともあり、初日前半は40叩いたのに、17番のホールインワンですっかり変わってしまった。2日ワンアンダー、3日目は5アンダーと優勝も狙える位置にのぼってきた。今週はともかく、今季のこれからも楽しみだ。

厳しいコンディションで、あのスムースなスイングを崩さないルイ・ウーストハウゼン、ショートゲームも上手い、パーパットも入れるし、彼がなぜもっと勝たないか不思議に思うファンも多い。

JB・ホームズ、これほど悪いティーショットが1打2打につくコースで、トラブルショットのすさまじいこと。バーディゴーの手術をして何年も経つが、日本の解説によると最近もあちこち手術したそうですね。彼のアイアンの音が良い。

カイル・スタンリーは、解説のジョニー・ミラーが彼はグッドシェイプだ、あれは毎日毎日ゴルフボールを打って出来た筋肉だと誉めていたが、さて、最終日、神経がもつか。

14番の右土手からドライバーでグリーンオンさせた韓国のシーウィー・キム。日本のレポーター(杉澤さん?)が、松山と練習ラウンドを回ったと言っていたから火曜日バック9から合流したのは彼だったのだ。その日、14番のティーショットでものすごい球打つなと驚いた記憶がある。今日68で、-7。

みんな書いていては切りがないが、明日もまた午後は風が吹く予報。18番でどうなるか分からないのが、TPCソーグラスの取り得である。(爆)

母の日は女房孝行ではなく、お母さん孝行ですぞ。いつから男は母の日のプレゼントを妻にするようになったんだろ?


にほんブログ村

母の日

今日は嫁が午後から用事があり、お昼を食べに息子と孫が来た。男の子二人を相手にするのはエネルギーが要るから、プレーヤーズチャンピョンシップ2ラウンド目のゴルフ中継は諦め、早朝2時間ぐらい見たのみ。午後は風がタフでしたねー。

内孫二人は年齢差が2年なので、ベストフレンドのようによく遊びもするが、喧嘩もひんぱんにする。体力で負けるので、下の子は思い通りにならないとワーワービービー泣く。

1回目の喧嘩はおさまり、まずはランチ。

Lunch_may13


この家は長女一家が住んでいた分譲マンションなので、孫達は、「おにいちゃんは?」と年上の従兄のことを聞いていた。「お引越しして、ここにはもう住んでいないのよ。」と言ったが、今イチ飲み込めないようだった。

その従兄の使っていた部屋をのぞいて、「おにいちゃんのベッドがなーーい!」

娘達は、(当然ながら)家財道具全てを持っていったので、わたしはここに住むことになって、家電製品はもとより、物干し竿から(笑)、鍋釜まで買わねばならなかった。

今日孫達が来るまで、子供用の短いお箸がいることを忘れていた。それにオモチャ一つない、絵本も、スケッチブックとクレヨンもない。今日は1日中雨だった。

子供チャンネルを2,3回して、好きなものに合わせる。なんべん言ってもテレビに近寄ってみる下の子。

Lunch4


行ったり来たり、踊り出す。上の子は、父親のスマートフォンでゲームをしたり、Dワン(?)の幼児版で遊んでいる。

Lunch2_may13

ソファーセットは引越し先のリビングルームにおさまらないと、娘が置いていったもの。家具は極力少なく、部屋を広く使うのが好きなので、ヨガでもダンスでも出来る。(笑)

故意にジュータンを敷いてない。台所も洗面所も敷いてない。何も敷いてないと小ごみや汚れが目立っていいですよ。人のうちを預かっているのだから、頻繁に掃除する。(笑)

セルフィーは難しい。小さい子と身体の大きさが違うからなお難しい。わたしだけゴリラみたいじゃないの。(爆) 家の中ではメガネです。

Lunch3_may13

今日は母の日の前日だけれども、母の日のプレゼントを持ってきてくれた。嫁が選んで買ったのは一目瞭然。HANAE MORIの薄紫の地色に可憐な花柄の夏物パジャマ。

彼女は、わたしに花柄が似合う優しい「おばあさん」をイメージしているのか(or 希望的願望か)、以前、羽毛布団のカバーを頼んで買ってもらったときも、ローラ・アシュレイの花柄だった。(爆)

これから子供にいくらでもお金がかかるのに、わたしにお金を使ってくれなくてもいいのにと気の毒になった。

ということで、1日早い楽しい母の日でした。


にほんブログ村

プレーヤーズチャンピョンシップ初日

いやー、過酷でした。テレビ見るのが・・・(笑)

松山はじめ、かなりのトッププレーヤー達が午前スタートだったので、中継が始まるまではスコアボードをチェック、夜中0時から頑張って見ていたのですが、ゴルフネットワークからBS1に変わる時間に、寝てしまった。たぶん2,3時間の睡眠。

2日目は午前2時から中継開始。ライブで見ないと気がすまない。どっちにしろ録画機能がついてないが。(爆) 何とかを外付けにしろと表示が出るが、頼む人がいないのでまだやっていない。


今年のソーグラスは青々として、こんなに綺麗なコースだっけ?と思うぐらいだ。今冬は雨が少なく、気温が高かったので、こういう仕上げが出来たというコース側の話だった。

やはり午前中のほうが風も弱く、良いスコアが出た。この試合はロングヒッターでもそうでない人も勝てるコースだと思うが、ショットメーカーというか、ボールストライカーが上位に見られる。ウィリアム・マッガードは37歳にもなってPGA初優勝した人だが、自分のゴルフに自信を持ったら、すごいものだなと思った。

17番のティーショットを打つ前は、ナーバス丸出しで、キャディーに何度も確認していた初出場のマッケンジー・ヒューズ、初出場でー5のスコア。初出場は、慎重に丁寧にプレ
ーするからか・・?-5で首位タイ。
スウェーデンのアレックス・ノーレンも初出場で、-4。ヨーロッパの渋いプレーヤー。
スペインの大型ルーキー、ジョン・ラームは期待にたがわず、これまた初出場で-4。しかも午後スタートだった。ボギーなし!
ともかくフェアウェイに打つことが大切とローリー・マックロイにアドバイスを受けたと言っていた。「ほんとはドライバーを使いたいけど、キャディーは僕より何でも知っているから、彼が渡す番手で打っている。」 キャディーはツアーキャディー歴18年だそうだ。前に誰のバッグを担いでいたのか、後刻調べてみよう。
濃い頬ヒゲとおっさん風の体型で、とても22歳には見えないが、上手くいかなかった時に落胆を全身に表すところはまだまだネンネの部分があると思う。(笑) これからどれだけ強くなるか、想像できない器。

朝スタートで、最初は順調にスコアを伸ばしていたが、途中から崩れて落としたのが、リッキー・ファウラー、ジェイソン・デイ、松山英樹。
松山は好調で乗り込んできたとは思わないが、スタートホールの10番で20フィート(6m)のパーパットを入れて、流れに乗れるだろうと思った。ケチのつきはじめは16番パー5の3パットパーだと感じた。ああいうのは気を殺ぐでしょうよ。

18番のティーショットを池に放り込んだのは仕方がない、ミスショットは誰でもやる。
わたしがすごく嫌だったのは、後半2番パー5で、フェアウェイから214Yだったのに、あの右バンカーぎりぎりのピンに打ったこと。(結果バンカーに転がり落ちる。)あの時点で早いスタートだったカイル・スタンリーは4アンダーか5アンダー行っていたと思う。(最初の6ホールで5アンダー)
初日はフィールドのスコアの様子を見ながらという考えでいくと、硬いグリーンであんなサッカーピンを狙うより、グリーンのどこかにオンして確実にバーディを積み重ねるで良かったのじゃないかと感じた。松山の攻めのゴルフは彼の強さでもあるが、それはコースやコンディションや自分のショットの調子じゃないかと思う。
最近の松山は、そういうマネージメントのミスをするようになったと感じる。勝ちたいという気持ちの強さと、世界ランキング5位や4位になり、成績を出さなければという焦りがあるのではないかと、推測している。

ガルシアは37歳で初メジャー制覇したんだ、焦るな松山、とわたしは老婆心ながら思っている。


なぜかマスターズに優勝した人は、長くメジャー制覇の二日酔いが続く。ガルシアは、プライベート生活が充実し、今夏の結婚を控え、マスターズチャンピョンとしてのプレッシャーを感じるまでも至っていないのではと思っていたが、マスターズ以降試合に出ていないから、あっちこっちでゆるさが出るのは推定できたことだ。

それでもバック9に入り、ガルシアらしいショットを見せ、17番ではホールイアンワンを出したから、今年は彼の年なんだろうと思った。大歓声で16番にいたマックロイ達もプレーをやめ、18番ティーグラウンドにいたジャスティン・ローズは仕切り直し。
ガルシアが、コースに設置の大スクリーンに映るよう、人差し指を挙げ、ホールインワンだったよと知らせる笑顔は、この年までの彼がアメリカで受けた不当な扱いを思って、わたしは涙が出そうだった。


ガルシアが17番で連続池ポチャし「7」と叩いたとき、ギャラリーのかなりが嘲笑した。
過去、彼に大人気ない言動が何回もあったが、だいたい彼やイアン・ポルターはライダーカップで大活躍して長年アメリカチームを叩きのめしたので、アメリカ人はそもそも何でも悪く取るのだ。

話は横にそれたが、誰でも人の幸せな顔を見ると、こちらも幸せな気持ちになるものだと思う。


Players_garcia_holeinone




にほんブログ村


プレーヤーズチャンピョンシップ練習グリーン

今日も夜中から練習中継の再放送があるようですが、改造後ドライバブルパー4になった12番ホールの画像。

Sawgrass_1920_12


スピースがグリーン奥のバンカーに入れたというのは、グリーン右バンカーの一つだろう。グリーンすぐ右にあるバンカーの手前がコレクションエリアになっているそう。アダム・スコットが記者会見で、このホールでたくさんイーグルやバーディが出るだろうと言ったそうだ。

Rory_players_tuesday


ローリー・マックロイは、ボールを含め全てのゴルフギアをテイラーメイドにしたと発表。よって、パターも同社と思われます。練習グリーンでパットのコーチについていた。この器具ですが、ボールはラインの上を転がり、黒いゲートの中をくぐり、10フィート(3m)先のカップに入る計画。(と計画された発明品)

Rory2_players_tuesday


(テレビの画面を撮ったので画像のクオリティーが・・smile) しかし、ボールはゲートの左の足に当たり、跳ねてあんなところに。何度も何度も当てていた。そこでコーチは、右の肘が身体からちょっと離れていると指摘。マックロイはそれを修正し、この道具なしでカップインするようになった。

なぜか、再び道具を使うパットに戻ったら、同じことの繰り返しで、ゲートの左に当たる。shock 

わたしなら、こんな器具を使って何度もパットさせられたら気が狂う。コーチをののしって首にするな。(笑)

イギリスのマシュー・フィッツパトリックも同じ道具を使っていた。こちらは最初は白い板の上に鏡を置き(ぺらぺらのフィルム状の鏡?)、自分で「目線」などをチェック出来るのだそう。解説の内藤さんが言っていた。それから鏡を外してパット。彼のほうは、結果上出来。おおかたボールはカップインしていた。

たった今気がついたが、このコーチは同一人物ですね。(笑)

Matthewfitzpatric_players_tuesday

わたしの偏見だが、練習時もこういうギヅモを使わないプレーヤーのほうがパットが上手いと思う。(笑)

この試合に限ったことではないが、練習場でも練習グリーンでも、プレーヤーに複数の人がつき、コーチやらキャディーがスマートフォンでスイングを撮ってはプレヤーに見せ、修正させる。そんなことは試合に乗り込む前にやって来ることだと思いますがね。

練習では、誰もが素晴らしいスイングでナイスショットを打つのは当然としても、ショットの練習では、ジョン・ラームのスイングが好きだった。オーソドックスとは言えないが(テークバックが非常に小さい)、フィーリングでスイングしているというか、よほど天性のものを持っているのだろうと思う。

*              *

続いて、PGAツァーニュース。

フェデックスは、PGAツアーとの契約を10年更新することに決定。ついては、業界競争相手である、UPSとの契約選手はPGAツァーに出場させないという規約をツァー側と結んだ。しかし、既に契約している選手は対象外。

つまり、リー・ウェストウッドやルイス・ウーストハイゼンはUPSと契約しているが、それは以前からなので、今後もPGAツァーに出場するのは構わない。これから新しく、UPS契約をする選手は出場出来ないということ。

過去20年、PGAのフェデックスシリーズのスポンサーとなり、これから更に10年延長ということで、プレーヤー達は納得すると思われるが、この束縛は将来、スポンサーのあり方にどう影響するか、興味深い。

天気は、非常に暑くなる予報。ライブ中継の杉澤さんもすでに暑そうだった。

今、iPhoneの予報を見たところ、水曜日36度、木曜日37度、金曜日34度。土曜日は31度で風マークがついている。


にほんブログ村

プレーヤーズチャンピョンシップ練習風景

昨夜というか、水曜日午前0時、ゴルフネットワークではプレーヤーズチャンピョンシップ、火曜日の練習風景をライブで放送した。ここでお知らせしようと思ったが、平日の夜中から練習を見る暇な人はそうそういないだろうとやめました。わたしも1時間ぐらいで寝入ってしまったと思う。30分のコマーシャルタイムをはさみ、4時間半かそこらTPCソーグラスから中継した。

起床した途端、トランプ大統領がFBI長官のコーミーを首にしたニュースで、しばらくCNNに釘付け、ゴルフの頭が飛んでしまった。pout

幸い、今日午後に、その再放送があり、ほぼ全部見た。

おもしろかったー、スタジオにいる人達と現地コースアナライズの杉澤さんとのインサイドジョークを除いて。(笑)

まず、おもしろい第一弾はテレビ中継でのお決まりのカメラ位置(タワーからやフェアウェイ、グリーン周り)とは異なるアングルや高さからのコースを見られる。コースやグリーンのアンジュレーションや、どれだけ池に近いかなどが視覚できる。しばしば、普段のテレビ中継で自分が描いてたホールとは全く違う様相に驚く。

(自分の場合はコースがどれほどタフか、記憶にあるプレーヤーの特定のショットがどれほど難易度が高いものであったか認識させられる。)

マスターズのオーガスタナショナルも練習場が充実していることで知られるが、このTPCソーグラスがこれほど広大で、立派な練習場があるとは知らなかった。(練習だけでも行ってみたい。coldsweats01

中継はいきおい、松山英樹のあちこちのホールでのショットやチップ、パットの練習を映すことが多かったが、ホールの解説も詳細にあったので、これまた興味深かった。プレーヤーズチャンピョンシップは、もう20年も見続けているのに、意外と知らないホールもあるものだ。

それから、改造された12番パー4。去年のセットアップより50ヤード余短くなり、302Y。ティーグラウンドは右側に移動。グリーン右側は、芝があまり高くないコレクションエリアにした。左は池。つまりワンオン狙いが出るように、最初から短いパー4に変えてしまった。

松山はダニー・リー、バック9で加わった韓国人プレーヤー(サン・カン?)と回っていたが、みなアイアンでのレイアップティーショットとドライバーを打っていた。強風でもない限り、かなりのプレーヤーがワンオン狙いするかも知れない。ジョーダン・スピースはグリーン奥バンカーに入っていたが、ポットバンカーに近い、小さいバンカーで、場所によっては困難だと思う。

18番のティーショットは、バッバ・ワトソンとJB・ホームズ組は両方ともドライバー。別な組で回っていたがダスティン・ジョンソンはアイアンでティーショット。ヘッドが小さかったので2番か。

ダスティン・ジョンソンは17番グリーンで、同じところからのパットを何球も打って全部入れていた。スイングといい、ボディーラングエージといい、絶好調、絶大な自信を持っているのがうかがえる。この試合では上位に行ったことがないが、そんなことは吹き飛ばすのじゃないか・・・。

ティータイムはこちら。また後刻書き足します。


にほんブログ村

情けないゴルフメディア/ワールドレディースサロンパスカップ

最初から話は飛ぶが、アメリカLPGAの今週はメキシコでロレーナ・オチョア主催のトーナメント。今年からマッチプレーになった。4ラウンド目の土曜日は、アリア・ジュタヌガンがアメリカのクリスティー・カーに19ホール目で勝ち、ミシェル・ウィーがアメリカのエンジェル・インに20ホール目で勝った。

見たかったわーと思ったが、この試合はアメリカでも中継がない。オチョアのトーナメントは始まったころは中継していたと記憶しているが。

今日セミファイナルは、そのジュタヌガンとウィーが対戦。ミシェル・ウィーは今年パットが入るようになって、幾つかの試合で上位に顔を出すようになった。背が高くキリンのようなウィーと、どすこいタイプのジュタヌガンで外見は正反対だが、ゴルフは似ていると思う。ロングヒッターで、弱点はパット。しかし、わたしが好きなアリアはどんどんパットも上手くなっている。

*              *

さて、サロンパスカップの最終日。これまで通り朝7時半から午後3時まで中継があると勘違いして、朝はテレビをつけていたけれども、ネットで買い物やらネットスーパーに注文したり、川岸史果の(圧巻であったろう)1番のセカンドショットを見逃した。たしかティーショットは左ツツリーラインに行ったでしょ?

またしても途中から風が出てきて、硬いグリーン、グリーン周りの薄いライとまって厳しいコンディションになった。わたしはバーディフェスティバルのような試合は嫌いなので、コースセットアップが厳しいのは好ましいと思うが、それにしてもグリーン周りの芝を刈って、ボールが止らないほうにしたのは、女子メジャーではちょっと行きすぎじゃあるまいか。

正午を過ぎる頃、最終組は9ホールをプレーしていたので、日テレの午後3時からの録画中継は試合の決着がついてから放送するのか・・・と怪しんだとき、ライブ中継は12時15分で終わることに気がついた!

何だ、これは!

その後は、ウェルスファーゴ・チャンピョンシップ3日目の再放送を見て時間をつぶす。途中、LPGAのサイトでリーダーボードをチェックすると、例のごとく12ホールで止っている。

やっと録画中継が始まったら、14ホールからじゃないか!じゃあ、10番から13番のプレーは全く見せないの?わたしはもう見るが失せて、アナウンサーの声もいい加減うっとおしく(あの人はよく喋りますなー)、ボリュームを下げて惰性で見てしまった。

結果は7割方、キム・ハヌルが勝つだろうと予想していて、その通りになった。先週も優勝したのだから、ゴルフは絶好調なのだろう。あれだけ安定したゴルフをしていて、しかもメンタルミステークをしないとなると、毎日風が出る厳しいコンディションでは追う者にはハードルが高い。

川岸史果は名前も知らなければ、見たこともなかったから、大いに興味があった。

これはけなす意味でも、誉める意味でもいうものではないが、彼女はお嬢さんですね。玉のように育てられたのだと感じる。キャディーをしたお母さんが、(コース上で)絶対けなさない、誉めて誉めて打たせるというようなことを言っていたそうだが、やっぱりわたしの勘は当たっていたと思った。(笑)

22歳でツァーデビューは今時にしては遅いほうだ。ツァープレーヤーとしてのマチュアリティーはまだまだ若い。これからどんどん吸収して強くなると思う。

既に強いわけでしょ、6試合で賞金獲得ランキング5位なんだから。

わたしが気になったのは、フェアウェイの良いところにティーショットを打ったとき、短い番手のセカンドショットで度々グリーンにショートしたこと。風が強かったから、みな同じようなことをしていたが、彼女は多すぎた気がする。

体型が似ているからというのじゃないが、彼女はアリア・ジュタヌガンに似ている。ボディ・ラングエージもシャイな感じで。

藍ちゃんがときどき見せる、他の日本選手が打てないショットは、さすがと思った。そうでなければアメリカで9勝はできない。初日にパットが入らなさすぎた。

度々、アン・シネを礼賛する中継アナウンサーにもいらいらしたが、スポーツ紙サイトの見出しは何だ!その記事はこちら

それは、日本のゴルフファンのせいだろうか?こちら。彼女の足や顔を見に来るファンがいても、それはそれで構わないと思うが、ゴルフのレポートするスポーツ記者までこれじゃあ品がない。

そう言えば、石川遼がデビューしてしばらくはオバサンファン達がすごかったそうですね。

来週はPGAのプレーヤーズ・チャンピョンシップで楽しみ。松山の調整はいかに?(笑)


にほんブログ村

ワールドレディース3日目

3日目の中継が始まる前に、2002年のワールドレディースチャンピョンシップ最終日の放送をやっていた。2000年と2001年に優勝したカーリー・ウェブが、彼女らしからぬショットを打ってスコアを落としていくうち、鉄の女、不動裕理が優勝した年。

不動さんは強かったー。わたしはああいうプロフェッショナルに徹したプレーヤーが好きだ。今から15年前だから彼女もずい分若かったのでしょ。

ああ、そうか、今週のワールドレディースはこの試合だったのだと気づく。どうもコースが似てないな・・・と思ったら、東京よみうりカントリークラブだった。(笑)この試合は帰国時に何回か見た記憶がある。

その2002年も、ローラ・デイビスが出ていたが、毎年トップレベルの外国選手が出場していたのですね。過去の優勝者には、懐かしい名前が見られる。ワールドレディースチャンピョンシップのウィキピーディアはこちら

3日目も日テレGタスで、朝から午後3時半まで。今日もまたほとんど全部見た。

1番ホールスタートは全プレーヤーを映したのではないか。先のホールのプレーも交互に映していくから、(日本のゴルフ中継にしては)結構お金と手間をかけてるじゃないの。初日入場者13,000人。木曜日の入場料は前売りで2,500円?単純計算で、32,500,000円?

ついに見ました、川岸史果。解説者やレポーター達はしきりに「表情が変わってない」「淡々とプレーしている」と言っていたけど、わたしに言わせれば、1番ティーグラウンドに歩いてくるときから、緊張していたと思う。噂の通り、神経は太いのだろうけど、メジャーで単独首位スタートでナーバスにならないわけない。(笑) ナーバスになっていたから、1番ホール、2番ホールとひっかけて左に行ったのではないかと思ったのだけど。

上位者がティーオフする頃に風が強くなって、再びタフなコンディションになった。今日のピンポジションはすごかった。易しいピンは1番ホールぐらいじゃなかったか。

木曜日で、グリーンは12フィート、コンパクションが24と言っていたと思うが、それで毎日乾いてくるから、今日はグリーンがボウリングアレーみたいで、奥までボールがつっぱしって、ああまで硬くしなくてもと思ったが、このコースは毎年風が出るのでしょうか?

ティーオフ前に練習グリーンでパットするレキシー・トンプソンをカメラは写し、今日はピンクのウェアですね、ポーラ・クリーマーを思い出しますなどと解説者が言う。アナウンサー「トンプソンはピンクのコスチュームで・・」

コスチュームって・・ゴルフウェアをコスチュームというのは初めて聞いた。あなた、コスプレやってません?

まあ、スポーツ中継のアナウンサーはどこも頭痛の種であろうけれども、ゴルフも相当にひどい。昨日の人も(同一人物か)、何十ヤードからチップしてるのに、「ピンにからみました!」と叫ぶのはやめてほしいと思った。(爆)

キム・ハムルは上手いうえに、メンタルミステークを犯さない。彼女はアメリカLPGAにも出たことがあるから、顔と名前は知っていた。去年最後のメジャーを優勝したそうで、年齢も28歳。落ち着いたプレーヤーですね。

成田美鈴はスイングもゴルフも好きだ。よく見たのは今週が初めてだけど、この試合に同じ西コースで3年前に21歳で優勝している。まだ24歳だから、まだまだ勝つのじゃないか。

今日のピンポジションとコースコンディション+風で、イーブンパーで良い日だったと感じたが、ロースコアがー4で、二人だけ。レキシー・トンプソンが何も特別なことをするでもなく、じわーりじわりバーディをとっていくさまは、さすが鍛えられた22歳だと思った。

アメリカでLPGAを見ていたわたしが言うのは変だが、彼女は上手くなりました。

3月のANAインスピレーショナルでも涙を流したが、今まで数々悔し涙を流して強くなってきた。12歳で全米女子オープンに出てきて、出場の度の天真爛漫さが可愛かった。親御さんも、上手に育てたものだと思う。

天気予報をみると、明日もまた風が出るもよう。さてさて誰が出てくるか。明日も朝から日テレGタスでライブ中継があるが、午後3時からの日テレの中継は録画ですね。

またーーーーっ?

ライブではまるようなスタート時間にして、もしプレーオフになり中継時間中に終わらなかったら、Gタスに移して中継すればいいじゃないの!国内でやっているゴルフをライブ中継しないって、非文明的ですよ。


にほんブログ村

プロらしいプロ

大阪在住のhiroさんという方が、ホームページ『ごるふな日々』でよくテレビ番組『ゴルフ侍』のことを書いておられるが、わたしも2,3回見ておもしろいとは思っていた。シニアプロとアマチュアが後者のホームコースで、同じティーからハンディなしで競う9ホールマッチ。

たまにプロが負けることがあるそうだが、わたしが見る時はいつも勝っていた。

スカパーのスカイAでやっていた昨晩は特におもしろく、楽しめた。

ところで、ゴルフの技量はともかく、見たこともないコースを回るのは、そのコースが「見たまんま」ではない場合、やはりいくばくかのディスアドバンテージがあるだろうと思う。

昨夜出演のプロは三好隆さんという人で後刻しらべたところ、レギュラー時代は無名のプロで、シニアになって活躍、優勝もしたそうである。GDOのプロファイルはこちら。1951年生まれ。

画像は2012年、ISPSハンダカップ・灼熱のシニアマスターズ。優勝時の記事はこちら

Takashi_miyoshi_ispshand2012


今年はまだ1試合出場だが、現役でプレーしている人だ。開催は沖縄のオリオン嵐山コース。

幾つかのホールはフェアウェイが上下左右にうねり、ティーグラウンドからグリーンが見えないホールも少なくなかった。

プロは、「左のバンカーの端まで幾つ?」「池まで何ヤード?」「フェアウェイ右寄りを狙うの?」とキャディーさんに聞くわけだ。ティーショットのミスは2回あったと思うが、それ以外は言われた方向に打つ、置いていく。ま、現役ツアープロなら当たり前と思われる。

わたしが最も感銘を受けたのは、アプローチショット。神奈川の山岳コースのように、フェアウェイからグリーンへはきつい上りで、旗のてっぺんしか見えないホール、グリーンが砲台で、キャディーはヤードでは教えてくれるが、目では奥だかセンターだかわからない。それをことごとく、ピンに打っていく。9番アイアンの距離(上りで135Yぐらい)以内は、ころころピッであれ、ドンピッであれ、バーディチャンスの距離にボールが止る。

沖縄とは言え、コースは冬枯れから復活していないのか、フェアウェイの状態もあまり良くなかった。三好プロのアイアンやウェッジは、スピンがかかるような入り方をしているように見えなかったが(わたしの見る目がないんだろうcoldsweats01)、あんなに止るんだから、スピンがかかっているのだろう。

アマチュアの男性(52歳)はロングヒッターで、プロは「若いねぇー」「スイングに勢いがあるねぇー」と誉める。誉めるというか、正直な感想と評価だろう。

いつ収録したのか、今年始めのほうとしたら65歳。グリーンは砲台が多く、グリーン周りからチップする時、パットに入る前、ハーハー、ハーハーと息がマイクに入っていて、やはり上りが堪えるのかなと・・(笑)

シニアになってずっと長尺パターだったそうだが、体につけずストローク。現役プレーヤーだから、当たり前と言えば当たり前かもしれないが、パットも思ってところに打つんだ。(笑)

素人とプロの、それもゴルフすることでメシ食ってる人のパットは、もうどうあがいても埋らない差があるというか、見ていて一種ぞっとする。あんなパットする人を敵に回したら、ハンディなんか幾らもらってもかないませんよ。

6番ホールで、勝負はついた。三好プロは幾つバーディ取ったのかな、6ホールで4つ?プロの試合に比べたら、ピン位置が簡単なんだろうとも思った。キャディーの説明と、傾斜、芝の順目、逆目を見て、ひょこひょこひょこーっと入れるのだものねー。

彼は、2001年からシニア転向だから、そう古い世代のプレーヤーでもないが、わたしに言わせると古いタイプのプロだ。コントロールショットのスイングとか、アメリカの年齢でいうと70代、80代のプロに似ている。

雰囲気があって、良いプロだと思った。あんな人と一緒に回ったらさぞかし楽しかろう。

*              *

サロンパスカップは朝7時半から午後1時半まで、ほぼずっと見ていた。最初は1番ホールばっかり映すので、今日は「とことん1番ホール」かと、怪しんだが、そうではありませんでした。(笑)

桃子ちゃんがパットが入るようになって、嬉しい!プロが良いショットを打ってパットが入らないほど酷いことはない。見ているほうも落ち込んでくる。

中継が終わったあとで、一つも見られなかったが(映ったのでしょうか?)、大器の予感がする川岸史果、今日も4アンダーで単独首位に出てきた。神経が太そうな、風貌もぬーぼーとしていて、あの子は伸びるかもしれませんぞ。これからのプロツァーは背がすごく高いか、でっかいかじゃないとダメだ。(笑)

もう少しで世界ランキング1位になるかも知れない、タイのアリア・ジュタヌガンを見てごらんなさい。わたしは彼女が大好きで、アマチュアの頃から今に出て来るぞと目をつけていた。

ということで、明日は黄砂が飛んでくるそうだから、またテレビでゴルフ観戦。

何だこれは?

人のブログを読んでいると、ゴールデンウィークにみな当たり前のようにラウンドしておられるが、よほど近いコースを回るのだろうか?

ニュースを聞く度、どこもここも道路は渋滞だと言っている。
うちの息子は昨日3日、神奈川県のコースに行くのに、東名高速下りが大渋滞で、4時間かかり、午後スルーに変更してもらったそうだ。計画の仕方がまずかったのね。距離でいうと30kmか40kmじゃなかろうか。
嫁は関西の実家に帰っているが、これまた行くとこ行くとこ渋滞で1日中車の中にいて疲れたと嘆いていた。
わたしは練習場にも行けず、ゴールデンウィークが終わるのをひたすら待っている。わたしが行くところは、週末と祝日は打ち放題オンリー。球数を打てない自分には、はるかに割高になる。
そういうわけで、どこにも行かずに家にいるのに、見るべきテレビもないことに厭き厭きした。ここ数年、日本のテレビ番組は劇的に劣化し、地上デジタルとBSではテレビを持っているのも意味がないほどのひどさ。
(仕方なし)ここ数日、野球中継をよく見た。昔に日本に住んでいた頃はかなりプロ野球を見ていた。チーム名も変わり、監督やコーチでさえ、もう名前も知らない人達ばかりだけど・・・しかし、横浜がDeNAになったの?だいたいDeNAって何の会社だろう。
先日、巨人の試合では、長嶋さんがフェンスの向こう側で立って見ましたね。あんまりだらしがないからじゃないの?(笑)勝率5割?
それで、今日の午前遅く、とうとうスカパーを取った。サロンパスカップが15:30から17:30まで、日テレNews24で生中継とある。これはいつもはニュース専門チャンネルだからおかなしいなとは思ったのだけど・・・。
楽しみに見るも、9番ホールばかり映し、待てども待てどもほかのホールの中継はない。
何と、9番ホールのプレーだけ延々と2時間も映すライブ放送だった!『とことん1番ホール』はそれはそれで、意義も意味もあると思うが、9番って何?
それならそうと、番組のサブタイトルに書いたらいいじゃないの。『べったり9番ホール2時間生中継!』(爆)
とは言え、9番は400Y、右曲がり、大木のツリーラインに風もあり、みな結構苦労していたから、見だすとおもしろかった。

上がってくるのは、遅いスタートで10番スタートのグループ。中継が始まって最初のほうに写った、韓国のアン・シネ。アナウンサー「(韓国では)セクシークイーンと呼ばれているそうです。」

そんなこと言わんでよかろう。あんな短いスカート(スコートであれ何であれ)は、ミシェル・ウィー以外見たことない。顔見たら、白塗りのようなお化粧に、鼻が通っておめめもぱっちり。(爆)

キム・ミンソン、まだ大学生だそうだが、9番のティーショットを左に曲げ、ツリーライン。木間を抜いてフェウェイに出すのに、ツリーラインの向こう側の地面にギャラリーのバックパックや椅子がある。何で誰もどけないのかなぁと思っていたが、作戦や番手をさんざん熟慮したあとで、荷物をどけてくれのジェスチャー。それでどける人達が、手際が悪くて椅子だけどけたり、一人1個の荷物持って、下がっては、また出てきてもう1個持っていく。
そもそもその前に、ボールの後ろの小枝をとろうとしてボールが動いてしまったため、オフィシャルが来るまでかなり時間を食っている。プロでもああいう間違いを犯すから可笑しいですな。
上田桃子ちゃん、熊本で負けたのが堪えているのだろう、まだ表情が暗いというか悲しそうな顔をしている。彼女はコース上ではよくぶーたれた顔に見えるが、わたしは真剣なだけだろうと思っている。
久しぶりに藍ちゃんを見た。アメリカLPGAでは上位に来ないと映してくれないから、長いこと顔のアップを見てなかったような。
う31歳なのですね。31歳になっても彼女は可愛い。先週優勝した、宮里優作の娘さんが藍ちゃんと似ていた。(お父さんに似なくてよかった・・)
9番のバーディパットが入らなくて残念。かなり右向いて打っていたのに、それでもカップ前で切れた。また藍ちゃんが勝つのを見たいものだ。
首位3人は既にホールアウトしていて見てないが(たぶん)、ハイライトをちょっと映していた川岸史果は初めて見たが、大器になるかもですね。去年ツアー入りでしょうか。飛距離はあるほう?今日は4番で284Y(風フォローだろう)、14番250Y(ミスショット?)飛んでいる。
明日から3日間は日テレGタスで中継。
アメリカPGAのウェルス・ファーゴ・チャンピョンシップは1ラウンド目が始まっているが、松山は出場していませんね。毎年出場していたが、休養とツアー後半に向けて調整でしょうか。
パットが入らなくなっているから(ズーリッククラシックで最終日は入っていたようだが)、プレーヤーズ、全米オープンに向かう前にもう一頑張り、調整していただきたい。(ま、していると思いますがcoldsweats01
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

見たかったアメリカLPGAハル・ノムラ頑張り勝ち!

男子PGAのズーリック・クラシックが悪天候で長いこと中断、今日はもうないかなとテレビもつけなかったが(だいたい松山と谷原チームの成績が悪いので見る意欲もなしcoldsweats01)、プレー再開と、LPGAのほうはハル・ノムラが最終ホールをバーディにして、クリスティー・カーとプレーオフに行くところだとゴルフブログで知った。

この試合は、どこが中継したのですか?WOWOWを調べたら、明日火曜日午後に最終日の録画中継がスケジュールされている。初日から最終日までライブ中継したのかな?どなたか見た方、教えて下さい。

わたしは娘の留守宅に住み始めて、まだケーブルを契約していないのだけど、探しても探してもアメリカLPGAをどの局で中継しているのか見つからない。去年までゴルフネットワークで中継していたのではないかと思うが。

ゴルフネットワークは、日本で唯一のゴルフ専門局と宣伝するが、PGAはアメリカからの放送を中断しては度々石川遼のハイライトを入れ、米LPGAを全く放送しないでは、お金を払う価値があるのかと疑問に思う。

そういうわけで、ハルちゃんがカーおばさん相手にプレーオフで頑張っているというのに、アメリカのゴルフブログでライブレポートを聞いたり、LPGAのツイッターでフォローする有様。フェアウェイを外す度、カーがグリーンオンする度、もうダメかとハラハラする。

アメリカ人達がクリスティー・カーのスロープレーをぼろくそにけなしていたので、相当ひどかったのだろう。結局プレーオフは6ホールも続いたが、二人だけのプレー、しかも毎回18番ティーグラウンドにカートで運んでもらっただろうに、2時間ぐらいかかったようだ。

LPGAのプレーオフでゴルフチャンネルはPGAとLPGAを交互に中継し続けたそうだ。

見ていたアメリカ人に、カーはノムラをいらいらさせるために、故意にスロープレーしたと思うかと質問したら、プレーオフの早いホールは多分そうだと思うとの答えだった。

ま、どうであれ、心情的にはアメリカ人のカーを応援したい彼等がカーの馬鹿馬鹿しいほどのスロープレーに、そろってノムラを応援する側に回ったというのだから、いやはや。

多くが、+3から+5を叩いていたから、強風だろうとは思ったが、ハイライトをみるとすざまじいですね。ビデオ

最後のプレーオフホールではかなり暗くなっている。



恒例の優勝セルフィー。



よく頑張りました!


にほんブログ村

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ