« 2017年マスターズ、ティータイム | トップページ | マスターズ初日・・・再ゴルフどころの騒ぎじゃない »

マスターズティーオフ直前

Hole1s

オーガスタ1番ホール。これは去年のセレモニアルティーショットでしょうか。

トップスタートが現地8時ですから、日本時間の夜9時だと思います。もうすぐですね。

マスターズはシーズン最初のメジャーのため、プレーヤー達もゴルフ界もゴルフファンも期待が大きい。期待といおうか、ワクワク感ですね。(どうも適当な熟語が出てきません・・・coldsweats01

それを、端から悪いニュースで残念だが、水曜日午後3時、ダスティン・ジョンソンは今週のため借りている家で、階段から落ち、腰をしたたか打ったそうで、いまだ出場するか棄権するか、分からない状態。階段は3段で、(ぐるりと回ってだろうか)さらに3段があり、フィアンセのポリーナが大きな音でかけつけた時は、仰向けに転がっていたそう。

場所は肋骨のすぐ下ぐらいで、腫れあがり、炎症剤を飲み冷やしているそうだ。一晩明けて、今日医者に行くか、MRIなどで検査するか、決めるだろうとのこと。

ジョンソンは、水曜日に9ホールだけ回り、ストームが来たのでコースは午後1時半に閉鎖。優勝候補の筆頭だったでしょう。今、生涯ベストのゴルフをしているし、自信もあるだろうし、プレーしたいとは思うが、無理はしないでほしいものと思う。

もう一つも悪いニュースというかレポートです。

タイガーはマスターズには出場しないが火曜日のチャンピョンズ・ディナーには出席すると発表していた。彼の腰の状態は外部には聞こえてこず、このディナーで同席したチャンピョン達から情報が入ってくるのではないかと思っていいた。

ディナーではタイガーの隣に座ったという、マーク・オメーラが、「タイガーは苦しんでいる。状態は日替わりで、良い日もあれば悪い日もあると言っていた。」

「痛む場所は同じで、手術したところだよ」と言ったそうだ。

ゴルフ界も多くのタイガーファンも、彼のプレーヤーとしての将来にだんだん悲観的予想をする人が多くなっていたが、わたしはこのオメーラの言葉を読んで、もうツアー復帰は無理だろうと感じる。

以前から言われていた、タイガーのような腰の手術は半年してまだ痛いようならそれは神経が傷ついている傷みで、治ることはないと。

なんとも悲しい。

プレーヤーとして復活するか否かはさておき、痛みのない身体に戻ってほしいものと思う。

Hole11s


タイガーが優勝したマスターズで、我々の脳裏に残るホールは数々あるが、わたしはこの11番が好きなのです。プレーヤーの技量が最も表れるホールのうちの一つと思う。

あと1時間半で最初のグループがティーオフするが、日本のTBSの中継は朝4時からです。あんまりリーダーボード追っかけをしてると、朝が辛いですね。

松山英樹は10:02、池田勇太1:08、谷原秀人1:21。

去年から引き続き谷原さんが調子が良いですからね、あのパットがオーガスタで発揮されないものかと期待しているんですけど。彼はほんとパットが上手いですね。

リーダーボード


にほんブログ村

« 2017年マスターズ、ティータイム | トップページ | マスターズ初日・・・再ゴルフどころの騒ぎじゃない »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年マスターズ、ティータイム | トップページ | マスターズ初日・・・再ゴルフどころの騒ぎじゃない »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ