« 怒涛の3月でした | トップページ | やっと練習行ったはいいが・・・ »

ANAインスピレーション、LPGAのBS

Lexi_anainspiration

中継を見てもいないのに、書くのもどうかと思ったが、これが書かずにいられようか。BSはbullshit(ブーシット)(直訳は牛糞)の略で、ほんとは下品な言葉に入り、レディーは使うものではないとされているが、BSと表現するのが一番ぴったりじゃないか。(怒)

わたしはテレビが見られないときもPGAとLPGAのスコアは始終チェックしている。就寝直前にチェック、トイレに目がさめてはチェック、朝方早く目がさめすぎてもチェック。

レキシー・トンプソンが13アンダー、2打差の首位でスタートしたのははっきりしている。途中チェックしたときは16アンダーで、これはほかが追いつくのは無理だなと思った。

それが寝坊して起きたとき、SY・リューとプレーオフに入ったとあるではないか。スコアを見ると両者14アンダー。トンプソンは今日5アンダー出したことになっている。それが何で、14アンダー?

ゴルフブログ仲間に聞くと、昨日からのスコアで4打罰くらったからという。

テレビ中継を見た方は、何から何まで御存知と思うが、わたしは見てないから、あちこちの記事を読んで事と次第を理解した。

土曜日の17番パー3のグリーンで、ボールをボールマークの前に置くときに、本来の位置より少し斜めに置いたというもの。

それをリプレーで見た視聴者が、LPGAのサイトのFanFeedbackにeメールで投稿した。eメール!!

それが何時に送信されたか、メディアはまだ知らないらしい。

ともかく、これがLPGAのルールオフィシャルの目についたのが、最終日レキシー・トンプソンが9ホールをプレーしている時間だったという。ブログ仲間によると現地午後4時頃?

それから彼らはゴルフチャンネルの映像を探し、ビデオで確かめ、誤所からのプレーで2打罰、間違ったスコアカードにサインしたことで2打罰、合計4打罰を課すことに決める。そうして、のこのことコースに出て、12番グリーンを終えたトンプソンに伝えたという話。(そのシーンはビデオで見た)

ほどなくギャラリーは事態を知ったのか(グループについて歩くスコアボードはすぐ修正されたろう)、それからずっとトンプソンにひときわ大きい声援が続いた。次の13ホールと15ホールでバーディを獲ったのはあっぱれであった。

名物18番の2打目は5番アイアンで18フィートにつけたらしいが、イーグルパットは入らなかった。

22歳の女の子だ。13番からずっと涙目でプレーしたに違いない。ゴルフチャンネルがラウンド後のインタビューをしたのも酷いと思ったが、涙を押し戻しながら健気に答えていた。

そのビデオはこちら

テレビの視聴者の通報によって、プレーヤーのルール違反が決まるのは以前から問題視されていた。

わたしなどはこの意見だが、まずゴルフというスポーツの根本理念からも、プレーヤー本人とそのグループにいる他のプレーヤー及びそのキャディー、グループに付くオフィシャルが気がつかなかったルール違反はもう無かったとみなしていいのではないか。

コースでその場にいる者は、録画のリプレーやスローモーでは見られないのだ。それに、テレビには写らない下位のプレーヤーと、一挙手一投足、後ろからも前からもカメラで撮られるタイガーなどとの不公平さがある。

百歩譲って(譲りたくないが)、外部からの通報であれ、大会内部で気がついたのであれ、その日のラウンドの罰打はその日に課すべきである。その日のうちに判明しなかったものは、罰打にすべきではないと思う。

前日の罰打を翌日のラウンドの途中に伝えるなど、「ルールはルール」という天下ご免の言い訳をもってしても、非常識すぎる。

この常識のなさが、頭の硬さが、ルールいってんばりの堅苦しさがゴルフ人口を減らしている、ゴルフを始める人が少なくなっている一因と知らないか。

なお先日USGAとR&Aから提言された数々のルール改変では、この外部者からのルール違反の通報はいっさい受けないと改善しているが、確か施行は来年初めのはずである。

トンプソンに4打罰が課されたと知るや、タイガー・ウッズはじめPGA、LPGAプレーヤー達から批難轟々のツイッターが続いた。

4打罰が昨日の段階で課されたなら、最終日のグループも違っていたはずだ。

SY・リューもプレーオフはさぞかしやりにくかったろう。

優勝した瞬間の顔を見ても、レキシー・トンプソンとハグするときの顔を見ても、同情より優勝の喜びで何か言葉をかけてあげる余裕はないように見えたが、それはそれで仕方がないことだろう。

アメリカのゴルフサイトの読者コメント欄や個人ブログサイトでも、LPGAの行動を肯定する人は一人もいなかった。見た限り、100%の人が大会オフィシャルはテレビ視聴者からのルール違反通報は考慮すべきではないと言っている。

これがなければ、今季一番初めのメジャーらしく良い試合になっただろうに。上位はトンプソン、スザンヌ・ピーターセン、オーストラリアの星ミンジー・リー、SY・リューにクイーンビー(女王蜂)インビー・パク。ミシェル・ウィーも好調だった。

実にアホらしい。

マスターズは例年通り、素晴らしい試合になると期待したい。


にほんブログ村

« 怒涛の3月でした | トップページ | やっと練習行ったはいいが・・・ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怒涛の3月でした | トップページ | やっと練習行ったはいいが・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ