« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

日本LPGAヨコハマタイヤ

ゴルフ中継は好きなので見ていますが、何しろ忙しくブログを書く時間がない。孫達の卒園式に卒業式、お祝いの食事会に(単に近所のレストランに連れて行ってご馳走しただけ)、相変わらずの内科通い。これはあと3週間来なくていいと言われた。やれやれ。

そこへ娘のところの末娘がインフルエンザB型。先月はA型に罹った。可哀相に・・。で、わたしは訪ねることも出来ない。


*

話は飛びますが、今大相撲を見ています。稀勢の里、横綱になって初めての場所、初めての一番。強い勝ち方だったけれど、あの賞金の多さ‼︎どれだけ日本人が日本人の横綱を待ち望んでいたかがわかる。

*

ゴルフの話に戻り、ヨコハマタイヤゴルフトーナメント最終日を見た。解説が岡本綾子さんで、わたしとしてはそれだけでテレビ中継を見る価値がある。岡本さんの(解説の)悪口を言う人の気が知れない。ゴルフがわかってないのじゃない?


ショットやパットの評価は厳しい。その解析はアナウンサーがついていけないレベルで、ゴルファーとして勉強になる。自分のゴルフをはるかに超越した技術論でも勉強になることを聞くのが楽しい。岡本さんは一般視聴者を考慮してか、しばしば言いたいことを抑えているのが可笑しい。いっぺん言いたい放題の解説を聞いてみたいものだ。


わたしが見始めた時は全美貞が単独首位のようだった。大山さんのグループは3ホールぐらい後ろだった。彼女が勝てるだろうと思った。わたしは何ジンが勝とうが、その週ベストのゴルフをした者に勝つ権利があると考えるが、シーズン始めから外国人ばかり勝っておもしろくないとブログに書く人達を毎年見るので、大山さんを応援した。(爆)


全美貞の18番のティーショット!大きくフックして左の林(OB)に入ろうとするところ、神のお告げで木が跳ね返した。あれ見て、今日は全さんの勝つ運命かなと思った。右ラフに行った2打目を見てなかったが、チップはまああんなものか。日本のグリーンは硬い。ラフから打ってもフェアウェイから打っても止まりゃしない。あのパーパットは見事でした。


まだシーズン浅いので試合勘が今一なのか、17番の大山さんのプレーは見たくないものを見てしまった感がある。149ヤードとあったが右からのフォローを読み間違えたのか、前に打った人のティーショットが奥まで転がったにもかかわらず彼女も大きすぎた。ファーストパットがあれほど転がり落ちたのだから
ティーショットのミスがコトの始まりだろう。

返しは見ている者も入る気がしなかった。優勝に届くところまで来てボギーにして落胆のあまりか、何だあの不注意なタップインは?パターをストロークしてボールに当たったが転がらず。転がったか左右にブルブル動いただけかなんて、わたしに言わせればどうでもいい。入れる意図でストロークしたのだから1打だ。あろうことかダブルボギーに。

*


意外な展開だったのだろうか、上がり5ホールで3バーディをとった藤崎がプレーオフに行ったが、スコア提出のテントでなぜあれほど時間がかかったのだろう。日本ではあれぐらい時間をかけるのが普通なのか・・?


あれで藤崎はナーバスになったろうと想像する。いずれプレーオフになった時点で優勝は全に傾いたと思った。百戦錬磨のベテランが優勝歴があるコースで逃すわけない。あれほど綺麗に勝つとは予想以上だったけれども。


女子プロのゴルフを見ると、わたしも久々ゴルフがしたくなった。

WGCメキシコ3日目終了

WGCの試合はみなそうなのか、今週は初日からNHKBS1で中継をしているのを偶然発見。おー、めっけもの、じゃないけど、見逃さなくて良かったとテレビ観戦。

海抜2300mで自分がゴルフ出来るか疑問だが(たぶんいるだけで気分が悪くなるだろう)、こういうコースはわたしの好みです。適度に傾斜があって、大きな木々がコースを狭くしている。始まる前は、その狭さゆえに、ボールを両方に打てる(ドローとフェード)タイプのプレーヤーに利があるかと思ったが・・・そもそも今時のプロで自在に打てるのはバッバ・ワトソンぐらいじゃないか・・・結局今は盛りのプレーヤー達が上位を占めている。

フィールド中のほとんどのプレーヤーがこのコースは未経験と思うので、ベテランのミケルソンが来るかと推測したが、やっぱり来た。今日第3ラウンドのミケルソンのティーショットは木の間どころか潅木の茂みの中、あるいは隣のホールとトラブル続きでおもしろかったが、一興までにPGAサイトのショットトラッカーのイラストを抜き出してみよう。

1番ホール、短いパー4。バーディ。

Wgcmex_1birdie

5番、ボギー。

Wgcmex_5bogey

10番、パー。

Wgcmex_10

11番パー5、パーセーブ。

Wgcmex_11

12番、ボギー。

Wgcmex_12bogey

14番、パーセーブ。

Wgcmex_14

この後、3連続バーディ。最終ホールはボギーにしたが68、最終日は首位に2打差のスタート。最終組はジャスティン・トーマス(-12)、ダスティン・ジョンソン(-11)、ローリー・マックロイ(-10)。

その一組前が、ミケルソン(-10)、リー・ウェストウッド(-9)、ジョン・ローム(-9)。スペイン人のロームはアメリカに来た時は全く英語が喋れず、アリゾナ大学ゴルフ部の同期や先輩は彼が1年と持たないと言っていたらしいが今はインタビューでもほとんど外国人訛りがないほど話せる。

コースでのボディーラングエージを見ていても、明るくて可愛いキャラクターだ。(笑) 一昨年後半ぐらいからだろうか注目し始めたのは。ファーマーズ・インシュアランス・オープンでPGA初優勝したのみならず、世界のトップが集まるWGCの試合ですぐに上位に来る実力は将来が楽しみ。

最終日は、第3ラウンドの63(ジョーダン・スピース)のようなロースコアが出るとは考えにくいが、誰か下から来るか、あるいはダスティン・ジョンソンか。

ジョンソンは最近コース上では人相が変わってきた。(笑) イージーゴーイングで、めったなことでは怒らないと自ら言っていたが、ゴルフしている時はストイックにさえ見える。なかなか興味深い。

ということで、明日も早起きせねばなりません。

リーダーボード


にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ