« あまりにおもしろく・・・ | トップページ | 春二番ってなに? »

ダスティン・ジョンソン13勝目/ジェネシスLAオープン

ジェネシスオープンという試合名は以前あったと思う。まったく別な試合だった。

元々は都市名がついていたトーナメントは、スポンサーが変わっても残すべきだと思う。(以前も書いたが)ジェネシス・ロスアンゼルス・オープンやファーマーズインシュアランス・サンディエゴ・オープンのように。

南カリフォルニア(いやカリフォルニア州全土といっていいだろう)は、過去4年間ひどい旱魃だった。水不足という観点からは今冬の大雨は歓迎すべきだが、降りすぎて北カリフォルニアのダムは決壊寸前、住人に避難勧告が出たぐらいだ。

つい2日前も、ロス近郊では大雨と強風で電柱が倒れ、男性一人が感電死した。

金曜日、リビエラはやられました。天気予報と、初日のティータイムを見て、もう松山の目はなしと思った。近年はPGAもLPGAもクジ引きで組み合わせを決めているとは思わないが、くじ運が悪かった。

もちろん、それでも木曜日遅いティータイムで15位タイ、22位タイに残ったプレーヤーもいるから、全てを天候のせいには出来ないかも知れないが、木曜日に1ラウンド目が終わらず、金曜日早朝残りホール消化、その後、風雨が強くなり、2ラウンド目はリズムもパットも狂ってしまった。

ま、そういう日もあるってことで本人も気にしていないと思いますが。ショットもパットも好調ではないと言いながら(わたしもそう感じた)、それでも勝ったウェストマネージメント・フェニックスオープン。

タフなリビエラに雨・強風で、悪い部分が倍に出てしまったということでしょう。

ダスティン・ジョンソンは去年からえらく強くなった。

PGAツァーのメンバーになって以来、毎年優勝しているのは彼だけ・・という事実で、そのポテンシャルと実力が分かろうというものだったが、メジャー優勝がかかったときの自滅、不運、パットで、何度も逃したときは、この人にいつか勝つ時が来るのかと思ったこともある。

2010年、ペブルビーチでの全米オープン、あの最終日は見るに耐え難い崩れようだった。

それから何勝もしているが、去年全米オープン開催コース中でも屈指の難関、オークモントでの優勝は、わたしのジョンソン観を一変させるものだった。

練習嫌いだったというのは聞いたことがないが、自分の弱点であったウェッジを徹底的に練習して(一昨年のシーズンオフからではなかったかと思う)、去年の好成績に繋がったのだと自ら言っていた。

彼のアスレティズムは有名。性格がイージーゴーイングなせいか、タイガーやミケルソンのようなカリスマ性はないと感じるが、圧倒的飛距離、飄々としたプレー態度、独特の歩き方・・男性にも女性にも好かれるゴルファーと思う。

リビエラはタフなコース、そのうえ、雨でプレー距離が長くなり、ロングヒッターにはより有利になった。確か3ラウンド目だったと思うが、17番パー5、セカンド残り288ヤードをジョンソンが3Wでピンハイに落とし、ボールは右奥ラフに転がったのには呆れた。

シーズン連続優勝の年数。アーノルド・パーマーとニクラウスが17年連続。タイガー、14年連続。ダスティン・ジョンソンが、今日優勝して10年連続(現役プレーヤーの中では最長記録更新中)

18番グリーンからクラブハウスに向う階段。ここは、ほんとに心臓破りの傾斜です。息子のテイタム君と。奥さんのポーリーナは二人目を妊娠中と聞きました。

リーダーボード

今年はもう1つ2つメジャーを獲るかも知れないといわれているダスティン・ジョンソン。松山割り込め。(笑)


にほんブログ村

« あまりにおもしろく・・・ | トップページ | 春二番ってなに? »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あまりにおもしろく・・・ | トップページ | 春二番ってなに? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ