« あれから1年/ウェイストマネージメント・フェニックオープン | トップページ | 日本はお金がかかりすぎる! »

松山PGA4勝目フェニックオープン2年連続優勝

自分のインフルエンザの話から記事を始めたくはないが(爆)、案の定うつりました。金曜日から寝込み、今日は元気です。

1ラウンドから3ラウンドは全く見ていませんが、今朝6時すぎに目がさめ、iPhoneでスコアを調べたら松山が首位タイ!飛び起きて、テレビをつけました。

いやー、わたしは松山のラッキーチャームじゃあるまいかと思ったぐらいです。(笑)

今週もスコアだけはチェック、初日首位に立ったけれども2日目、3日目はショットの正確さも今いちのように感じた。(PGATサイトのplay by playを見ると)

松山は最終日を4打差で迎えた。優勝出来ないとしても、上位3,4位に入ればディフェンディングチャンプとして良い成績になるのじゃないかと・・わたしはすぐ謙虚な見方をする。(それが凡人で終わる人)

ロースコアが出るコースなので、首位が独走しない限り下の誰が来るかわからないと思ったが、ウェブ・シンプソンが猛チャージかけてくるとは想像しなかった。ロングパターをやめてしばらく苦しんでいたようですが、やはり実力ある人は這い上がってくる。(今のパッティングスタイルがパターでストロークしているかと問われるとわたしは疑問に思うが、わたしの意見がゴルフルールに反映するわけではなし・・・)

松山のパットが入ってない!

Play by playを見ると、最終日18ホールで8フィートから18フィートのバーディハンスが8回あって、その全てを外している。

優勝する日は、普段はどうあれ、こういうのを幾つかは入れるものだと思う。一番長いパットが10フィート11インチ(約3.3m)というのだから、いかにボールストライクが良かったかということでもあろうが、それにしてもね、レギュレーションの最終ホールのあのパットは何だ?下りパットにショートするなっ。

松山の今週のスタティスティック。パットでゲインしたスコアは、-0.895(マイナスですよ、マイナス)

とうとうサドンレス・プレーオフに持ち込んでしまった。1発パット入れられたら終わりだから、松山のあのパットじゃあ不利かと思ったが(松山もだいがい信用ない・・・笑)、ウェブ・シンプソンのパットは最初のプレーオフホール以外すべて入らなかったのは勝つ運命になかっただけかと思わせる惜しいパットだった。

松山のプレーオフ最初のティーショット以外、ショットも良くなかった。優勝後の記者会見を見ていないが、ティーショットをフェアウェイバンカーに入れ、バンカーショットはグリーンにショートというよなプレーはプレッシャーからだったのか、それとも今週はそれほど調子は良くなかった、それが出ていたのか・・・。

しかし、粘って粘って粘って、得意の(笑)17番ホールまで持たせたのが、彼の運に傾いたのか。

おそらくテレビを見ていたゴルフファンの大部分は、このバーディパットは松山入れるなと思ったのではないか。

Phoenixopen_playoff

リーダーボード

これがPGAツアー4勝目、日本人プレーヤーの最多勝利数となったなどなどは今夕の日本のニュースで言われることだろう。

しかし、わたしにはもはやそんなことは大したことではないように思えてきた。松山のキャリアはまだ幕が開いたばかりなのではないか。


にほんブログ村

« あれから1年/ウェイストマネージメント・フェニックオープン | トップページ | 日本はお金がかかりすぎる! »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あれから1年/ウェイストマネージメント・フェニックオープン | トップページ | 日本はお金がかかりすぎる! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ