« タイガー、LAオープンとホンダクラシック棄権 | トップページ | あまりにおもしろく・・・ »

世間知らずの勉強不足

トランプ大統領の数々の発言や、過去から現在に至るまでの行動の多くにわたしは憤りを覚えるが、ほとんど唯一好きな点は彼がゴルフを愛することである。

安倍首相とのゴルフを予定するにあたり、ランチを共にするよりゴルフを一緒に回ったほうが相手を理解できると語ったそうだが、ゴルフする者ならみな同意するところだ。

日本の首相がゴルフすると必ずや、ネガティブなことをいうのがいるのは腹が立つ。例えば、自然災害が起こった日、大きな事件が起こった日、「首相はその日どこそこでゴルフをしていた」とあたかも不徳の致すところのように言うのはどういうわけか。

たまたまゴルフをしていたのは悪いが、たまたま温泉で休養していたのは良いのだろうか?

ゴルフは金持ちの道楽、余暇であれ公職につくものがするべきではないとみなすのは究極の貧乏人根性か、はたまたインテリジェンスレベルが低いのか。けなす前に、ゴルフの歴史とゴルフがどれだけビジネスや政治、国際政治における人間関係に貢献してきたか勉強してから発言してもらいたい。トランプ大統領が、どんな思惑からこれほど安倍首相を歓待したかというのは、また別の話。

ゴルフするのは如何なものか、と尻馬に乗ったように言うのも知性がない。何でもケチをつければ受けるとでも思っているのか。

*          *          *

1日で場所を変えて2箇所でゴルフをしたというのは、トランプは自分のコースを見せたかったのだろうと思う。

2つのコースが位置するジュピター・アイランドやウェスト・パームビーチは世界のエリートプロゴルファー達が住む地域。すぐ思いつくところではタイガーやダスティン・ジョンソン。アーニー・エルスもトランプや安倍首相と回ったそうで、さきほどのBSのニュースには映像も出ていた。アーニーもコースのメンバーなのかも知れない。

Trumpabe_golf_feb11_2017

↑後ろ姿、ショーツの男性がアーニー・エルス。青シャツが安倍首相。日経新聞のウェブニュースの記事に、「関係者によると首相はスコアでアーニー・エルス選手に負けたという」とあったが、誰かがジョークで言ったことをそのまま書いたのだろうか?shock

トランプ大統領はゴルフコースを造り(あるいは買い取って改造)、回りに邸宅を建てて顧客に売る商売をやってきた。客とコースを回って、コースの良さと不動産価値をアピール。そのためにある程度のゴルフの腕が必要だったし、自分のゴルフは不動産を売る役に立っていると何年も前のインタビューで言っていた。

ディナーの席での表情やコースでのボディーラングエージを見ても、客をもてなすのは非常に上手いのだろうと想像する。ビジネスマンのトランプの真骨頂だ。

日本の首相も今時(昔もだが)、ゴルフをやるのは政治家としてプラスの資質だ。


にほんブログ村

« タイガー、LAオープンとホンダクラシック棄権 | トップページ | あまりにおもしろく・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイガー、LAオープンとホンダクラシック棄権 | トップページ | あまりにおもしろく・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ