« タイガーのスケジュール&ツァー情報 | トップページ | ゴルフは遠くなりにけり »

ポジティブなルールチェンジ・・・?

プロのみならずアマチュアにも喜ばしいルールチェンジと思われます。

今年の全米オープン最終日、5番グリーンでパーパットを入れようとしていたダスティン・ジョンソンのボールがわずかに動いた。ジョンソンはボールが動いたのは自分のせいではないと考えたが、USGAはビデオを見直し、ジョンソンに罰打を課すと裁定。

大問題になったのは、USGAの処理方法だった。ジョンソンが12番ティーグラウンドにいる時、ルールオフィシャルが「5番ホールに罰打が課されるかもしてない。ラウンド後、オフィシャルとビデオで確認出来る」と伝えた。同伴競技者やキャディーの顔の強張りから良い内容ではないことが想像出来た。やがてテレビで説明があった。

ゴルフファンやゴルフ界の誰彼から非難轟々、ソーシャルメディアで即刻出るから良い時代になったものだ。

USGAはジョンソンの罰打の件がルール変更のきっかけになった訳ではない、もう長いこと検討してきたと言っているが(?)think、その行程を早めたことは確かだと認めている。

このルール変更はローカルルールであり、2017年1月1日から採用できる。

新ルールは、グリーン上のボールやボールマークが「事故で」動いた場合、罰打はなく元の場所に戻してプレーを続ける。「事故で」の意味は、故意にではないということ。

過去例から言うと、ジョンソンのように何もしていないのにボールが動いた時。あるいはイアン・ポールターのようにボールを過って落とし、ボールマーカーに当たってそれが動いてしまった時。

加えて、パットの前に練習ストロークしている時、パターでボールに触ってしまいボールが動いた時。

最後の例は、無罰にするのはおかしいと批判しているゴルフファンもかなり見受けた。そう不注意なのもどうかと思うが、それもこれもゴルフ人口が減っていることだからルールは簡単、簡略にしましょうってことだとわたしは勘ぐっている。

もともとゴルフルールはもっと少なく、ゆえにもっと分かりやすかったと思われる。

ルールが複雑であればあるほど、アマチュアゴルファーは理解していないか、誤解しているか、全く知らないかでルール無視、あるいは実行しない人が増えるだけだと思う。

ティーグラウンドからカップインするまで、ボールを引っぱたいて歩くのに大したルールが要るとも思えません。happy02

« タイガーのスケジュール&ツァー情報 | トップページ | ゴルフは遠くなりにけり »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

「ティーグラウンドからカップインするまで、ボールを引っぱたいて歩くのに大したルールが要るとも思えません」 このくだり、笑えます・・・・
確かに大したことやってる訳ではないのでそのとおりだと思いますよね~
でも どこの世界にも利が絡むと邪な奴が出てくるんですよね~
まあ このスポーツやってて心掛ける様になったのは、「他人に優しく自分に厳しく・・」ですかね・・
所詮反撃してこないコースを相手に、自作自演で負けて帰るだけですから、
ルールも他人も特には影響ないですね・・・ (;´д`)トホホ…

BOSSさん、レスが遅くなりました。

は?「自分に厳しく、人に優しく」ですか?
わたしは自分に甘くないつもりですが、人にも厳しくです。(爆)

ボールを曲げると、「見つからなかったら、そこら辺にドロップしていいですよ」と親切心から言われますが、たまにボールを探してるんだから放っておいてほしいと思います。
人にルール違反を勧めないでいただきたいです。(笑)

ゴルフは自分に満足して帰って来るか、自分に怒って帰って来るか、2つに一つだと思います。
そてが生きる原動力と言いますか・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイガーのスケジュール&ツァー情報 | トップページ | ゴルフは遠くなりにけり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ