« 夏ゴルフの愚痴 | トップページ | アリヤ・ジュタヌガン今季5勝目 »

コースは平常に戻ったか?

日中の屋外アクティビティーは暑いので、YMCAで時間をつぶし夕方ランチョへ行ってみた。先週より格段に人が少ないのじゃないか・・・親子連れがいないし。

これはいいぞ、9ホール回ろうと思い、乗用カートで。さっきカレンダーでチェックしたら、ランチョあるいは普通の18ホールコースを回るのは3ヵ月半ぶりだった。(驚)

Rancho1st_s

ショットは割りと良かった。3打目9番アイアンのミスショットが蹴っ転がってグリーンオン。同組のオヤジがすかさず、ラッキーだったなと言う。あんたに言われたくないですよ、右のフェアウェイバンカーでボールが自分に戻ってきてたじゃないの。(爆)

Rancho2nd_s

2番ホールは男性には長いパー4で女性にはパー5。一番前のイエローティーから367Yになっているが、上りだからわたしにはきつい。セカンドショットが少し右ラフにかかり、松の枝がはりだしていてるので、9番アイアンでハーフショット。2パットパー。

3番パー3は奥ピンで、ハイブリッド3番を大ミスショット・・・その割にはグリーン左手前のラフ。チップショットは今イチ寄らず。

Rancho4th_s

4番右ドッグレッグ、パー5。夕刻回ると3番とこのホールはいつもアゲンスト。ティーショットを打った時、自分でもかなり飛んだなと思った。もちろん、そんな時はセカンドをしくじる。爪先下がりで、難しいなとは思ったが、スイング中に体を支えられず(えっ?)、左ラフ。

そのあとがさらにイケなくて、もっと体が崩れ、左土手のツリーラインの中。低い球で叩き出すため、ハイブリッド3番。(練習バッグに入れたクラブしか持ってなかったので、ドライバーの下はハイブリッド3本。アイアンは7番と9番しかなかった。だいたい打てる番手はその程度だから支障はない。爆)

グリーン右手前下のラフからピンハイ右にチップしてボギーセーブパットが入ったー。(嬉嬉嬉)

次の5番パー4のフェアウェイ150Y地点はすごい上りなので、ティーグラウンドから全部見え、こっちも全部見える。我々の組に一人いた18ホールコースを回るのはこれが2回目という若い男の子が、左ラフからのセカンドが木に当たって戻ってきた。

ティーグラウンドから何か言っている。「俺たちに先に行かせてくれないか?」わたしは振り返って、大声で、No!(爆)

すでにフェウェイにいるのに、後ろからそんなことを叫ぶとは、何たる品のなさ。

我々の組でビギナーは一人だけ。バンカーから出ないとボールを拾ってギブアップしたり、ボールが見つからないとさっさとドロップして打っている。つまり迷惑かけないように気遣って回っている。

だいたいだ、後ろの男等も下手くそで、さっきのホールじゃあ70ヤードからグリーン右バンカーに放り込み、もう一人は左ラフからのチップがグリーンに乗らなかったじゃないのよ。プッシュされる覚えはありませんよ。

お先のプレースルーは時と場合による。4サムが前の4サムに先に行かせろというのは厚かましい。

彼等はほんとに節操がなくて(笑)、このあと乗用カート係りの若い子に不平を言ったらしく、その子が我々のスタート順は何番かレシートを見せてくれとグリーンに来た。「追い抜かせてくれと言うから、それはダメだって言ったんだけど・・・」と困った顔をしていた。

今まで見たことがない子で、パートタイムか。可哀相だったから、終わってカートを返したとき、チップをあげた。(笑)(いつも気持ちだけの額をあげるのですけど。)

このホールは腹が立ちっぱなしでダブルボギーにしてしまった。(ジョークですから念のため)

次の6番パー4もティーショットを左に引っ張ったがボギー。7番パー4は風アゲンスト。ここもえらいティーショットが飛んで、たぶんここ10年ぐらい行ったことがないところまで。長いこと雨が降ってないから(5月以来か)、フェアウェイが転がるんだろう。セカンドはお約束でミスショット。90cmのパーパット外してボギー。

8番パー3、ドライバーで、ピンハイ右エッジ。パー。9番パー4、ティーショットはみなに誉められたが、それほど飛んでなかった。若い男性二人は、グレートショット!と誉めては笑うので、「あなた達、笑ってるじゃないの」と言ったら、さらに笑っていた。

というわけで、まあボギーペースで回れたし、このぐらいなら気候が良ければ18ホール回る元気もあると思う。ちなみにフロント9を2時間弱で回っているから、プレースルーさせるのがマナーだったとは思わない。

*            *            *

PGAは今週からFedExプレーオフシリーズ。第1弾のバークレーズは開催がベスページ・ブラックコースで、見るのが楽しみ。松山は練習ラウンドでも不調だったらしく、「このコース、安全に行くところがないですもんね…フェアウェイが狭いから。ラフからだとグリーンも小さいから乗せられない。あんまり期待しないで頑張りたい」と語っていたそうである。(ゴルフダイジェストサイトより)

わたしはタイガーが勝ったメジャーの中でも、べスページ・ブラックでの2002年全米オープンは最も好きな試合である。コース設定がタフで、ティーショットがフェアウェイに届かない選手もいて批判も出たぐらいだったが、当時のタイガーの強さが際立つコースだった。


にほんブログ村

« 夏ゴルフの愚痴 | トップページ | アリヤ・ジュタヌガン今季5勝目 »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏ゴルフの愚痴 | トップページ | アリヤ・ジュタヌガン今季5勝目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ