« やっぱり孫さん | トップページ | PGAチャンピョンシップ予選終了 »

さて明日からPGAチャンピョンシップ

オリンピックが入ったせいで、今年の夏はスケジュールがきつくなると去年からプレーヤー達やメディアが騒いでいたが、こういうふうにどどんとメジャーが続くのはなかなか良いなと思う。

今季はメジャー初優勝者が続く。最後のメジャーも初優勝者だろうか。それを望むファンが多いように思う。4つのメジャーとも初優勝者だった年は4回しかないそうだ。

1959年:アート・ウォール・Jr、ビリー・キャスパー、ゲーリー・プレーヤー、ボブ・ロスバーグ。

1969年:ジョージ・アーチャー、オービル・ムーディ、トニー・ジャックリン、レイモンド・フロイド。

2003年:マイク・ウィアー、ジム・フューリック、ベン・カーチス、ショーン・マイキール。 

2011年:シャール・シュワーテル、ローリー・マックロイ、ダーレン・クラーク、キーガン・ブラッドレー。

メジャーでたびたび優勝争い、あるいは上位に入るが未勝利のプレーヤーというと、リー・ウェストウッド、セルジオ・ガルシア、グレンデン・グレース、ブランディト・スネディカー、JB・ホームズ、こんなところか。

コメンテーターもプレーヤー達も、バルトゥスロールGCはロングヒッターに有利だという。(近年の試合でロングヒッターが有利ではないコースがあるだろうか?)

筋書き通りに運ばないのがゴルフだろうが、上がり2ホールがパー5というのもロングヒッターに有利ではないかとわたしは下手の予想をしている。17番はほぼ2オンは不可能としても、ロングヒッターのほうがこの2ホールで1アンダーか2アンダーにする率は高いのじゃないか。

ロングヒッターでフェアウェイキープも良いのがダスティン・ジョンソンとローリー・マックロイ。

ジョンソンは見かけどおり(?)、実に飄々とした人で、英語でいうとイージー・ゴーイングというか、記者会見で聞かれて、「悪いショットを打っても腹は立てない。コースであまり腹を立てることはない。たかがゲームだからね。」

レポーター達の質問をジョークをいいながらかわすのも上手く、記者会見を嫌っているのは見てとれるが(好きな人はいまい)、どう答えても、反感を買わない雰囲気を持っている。

今年の春以降、もっともホットなプレーヤー。今年はジョンソンの年かも知れない。

優勝候補のジェイソン・デイは、子供の風邪がうつったとかで、火曜日夕刻まで現地入りせず。練習はしなかった。

初めて練習ラウンドしたのが水曜日。ゴルフチャンネルは主なプレーヤーの練習ラウンドの様子まで見せるが、デイは1番ホールでバーディを取っていた。

ローリー・マックロイはスイングはかなり仕上げてきているように見える。パットがね~のマックロイだが、練習ラウンドのグリーンでもボールが自分が読んだように転がらず、パターを落としてむっとしていた。練習ラウンドで怒る人を初めて見た。coldsweats01

PGAチャンピョンシップは無名のプレーヤーが優勝してしまうこともある。さあ、誰が来るか。リーダーボード


にほんブログ村

« やっぱり孫さん | トップページ | PGAチャンピョンシップ予選終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり孫さん | トップページ | PGAチャンピョンシップ予選終了 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ