« 退化現象 | トップページ | 全英オープン3日目終了 »

スコティッシュ・オープン

さきほどまでアメリカチームのオリンピック選考会を見ていたが、先日からゴルファーが次々と出場辞退をする中、出場が決まったトラック走者や体操選手が涙をぽろぽろとこぼして喜んでいる姿をみて、自分が辞退したわけでもないのに何だか後ろめたい気がした。

彼らにはオリンピック出場は生涯をかけた夢であり、そのためにどれほど努力してきたことか。ジカウィルスごときで諦めるアスリートは誰もいまい。

それは安易にゴルフを復活させたIOCの無理解さと、調子に乗って運動したアメリカのゴルフ界の浅はかさのせいと思う。102年間もオリンピックの種目ではなかった間に、ゴルフがどれだけ変わったことか。

ゴルファーがぜがひとも出場したいのはオリンピックではなく、全米オープンや全英オープンなのだ。

というわけで、全英オープンを来週に控え、ヨーロッパツァーのスコティッシュ・オープンはまだ出場資格がないプレーヤーには最後のチャンス。すでに出場資格がある選手をのぞいた上位4人(リーダーボードの12位以内)に出場資格が与えられる。わたしははっきり言ってたった一人のプレーヤーを応援していた。

2009_theopen_lowamateur

イタリアのマテオ・マナセーロ。2016年の全英アマチュアを史上もっとも若い16歳で優勝。その年の全英オープンでローアマをとり、ヨーロッパツァーの年齢記録を塗りかえていった若者。わたしはその全英オープンから彼に注目していた。(画像は全英オープンの表彰式。可愛いでしょ?)

2010_oct_castellomasters

翌年のマスターズに出場したあと、プロ転向を表明。ツァー初優勝が2010年10月のコステロ・マスターズ。17歳。

2011_apr_malaysianopen

2勝目が2011年4月のメイバンク・マレーシア・オープン。18歳直前。

2012_nov_barclayssingaporeopen

3勝目が2012年11月のバークレイズ・シンガポール・オープン。19歳。ティーンエージャーの間に3勝したのはヨーロッパツァーで初めて。

2013_may_bmwpgachampionship

4勝目が、2013年5月。ヨーロッパツァーのメジャーと言われる、BMW・PGAチャンピョンシップ。20歳。誰もが、メジャーをとるのもそう遠くないかもしれないと思った・・・はず。

ヨーロッパツァーのサイトで毎年の成績をみると2015年から顕著に降下している。シーズン初めから5連続予選落ち、5月から再び5連続予選落ち。1週おいて、6週連続落ち。ほとんどの年でシーズンに2,3回しか予選落ちしなかった安定度から劇的な落ちよう。

今年に入って、予選通過も増え、はっきり上向きに変わってきたのが、全米オープンのクオリファイを通過したときからと思う。全米は予選通過し46位タイだった。

今週のゴルフを見ていると、ウェッジが素晴らしい。グリーンにパーオンするときはほとんどがメーカブルパットの距離につける。23歳でクローグリップに変えるぐらいだから、パッティングにも苦しんだのだろう。土曜日の最終ホールで2フィートちょっとのバーディパットを外したのは唖然としたが、最終日もこれでもかというほどパットが入らない。

彼のゴルフを見ていると、リンクスコースの回りかたが実に上手い。

(全英オープン出場資格は)上位から4人、上位から4人とテレビ中継を見ながらPCのリーダーボードを睨みつけ、最後の数ホールで崩れなければ、ボギーを叩かなければと祈るような気持ち。18番最後のパーパットは心臓が止りそうだった。

優勝したのはスウェーデンのアレックス・ノーレン。イギリスのタイレル・ハットン、ベルギーのニコラス・コルサート、マテオ・マナセーロ、スコットランドのリッチー・ランゼイが全英オープンに向う。ロイヤル・トルーンでも頑張れ。

リーダーボード

スコティッシュオープン終了後のマナセーロのツィッター。「(ここまでカムバックするのは)長い旅だった。今、これ以上の幸せはない。忍耐と努力とチームの力が実った。次は全英オープンだ。」


にほんブログ村

« 退化現象 | トップページ | 全英オープン3日目終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 退化現象 | トップページ | 全英オープン3日目終了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ