« 心はすでに全米オープン | トップページ | 全米オープン、今週のオークモントCC »

カナダの18歳、女子PGAチャンピョンシップ優勝

ゴルフはやっぱりコースだ。プロの試合もコース次第で見る醍醐味が違う。LPGAメジャー第2弾、女子PGAチャンピョンシップ開催はワシントン州のサハリーCC。

タフなコースだと思ったら、1998年ビージェイ・シンが優勝したときのPGAチャンピョンシップ開催。覚えてないから見てないのではないかと思う。しかし、女子の試合で使うティーグラウンドからでこれだけ狭く見えるのに、バックティーからは如何ばかりか。女子の試合に使われるのはこれが初めてだそうだ。

最初の3日間はコンディション、コース共タフで、メジャーらしくパーセーブが大切な我慢のゴルフ。予選通過ラインは+7だった。

3ラウンド終了後、アンダーパーは3人。リディア・コーの2アンダー(訂正)。ジェリーナ・ピラーとブリッタニー・リンシコムの1アンダー。そのすぐ後ろにはイーブンパーのブルック・ヘンダーソン、アリヤ・ジュタヌガン、アナ・ノードクビスト、エイミー・ヤンらが続き、これ以上は望めないほどの上位陣で最終日へ。

早いスタート組から、-2、-3が何人か出ていたので、ティーを前にしたかピンポジションを容易にしたか、いずれスコアが出て最後の数ホールまで分からない展開になると想像できた。優勝争いに入ると、ミスを出さないリディア・コー、1打差(訂正)で有利かと思われたが、みなタフなことタフなこと。

物怖じしないと表現するのはおかしいが、メジャーだから萎縮するとかないのかね、今の若い子は?・・・と言いたくなる。(笑)

リディア・コーが8番ホールで3つめのバーディをとり、-5へ。2位ヘンダーソンに3打差にした時は、う~~~ん、コーが逃げ切るかと思った。ヘンダーソンが11番パー5の3打目、グリーン下70フィート(21m)からパターを使い、イーグルを決め、一挙にー4の1打差へ。最終組のコーも、同じ11番でバーディ、-6へ。

何がすごいって、ヘンダーソンとコーのパーセーブ。チップで寄せられないとき、ファーストパットがオーバーしたとき、すべてパットを入れる。もちろん、アリヤ・ジュタヌガンもだ。彼女はロングヒッターのうえ、グリーン周りからのショートゲームが上手い。

最後の数ホールにさしかかる時、リディア・コーがー6(14ホールまで)、ヘンダーソン、-5(15ホールまで)、ジュタヌガン、-3(15ホールまで)。順に19歳、18歳、20歳ですよ。28歳は年寄りか・・(笑)

17番171Y、右が池のパー3。ヘンダーソン、6番アイアンのティーショットを嫌ったが、少し遠いもののピンハイ左。13,4ヤードか、これを入れて6アンダーへ。首位タイ。パットする直前、前のホール16番でバーディパットを入れたジュタヌガンへの歓声が聞こえたが、仕切り直しなかったのも驚く。

最終ホール、412ヤード。48インチの長いドライバー、得意クラブだそうだ。フェアウェイが狭いホールもずっと使ってきたが、このティーショットを右ツリーラインへ打ち込む。セカンドショットはミスでフェアウェイ右エッジへ。

3打目、残り75Yからピン左下へ。これも良いショットだった。パーセーブパットは、11,2フィートか、もっとあったかな。渾身の集中の顔。これを入れた!65、トータル6アンダー。

フェアウェイに座って待つ、ジュタヌガンが拍手しているのが可愛い。彼女は16番、17番で連続バーディ。最終ホールでバーディならば、-6だが、ピンハイ左からのパットは入らずだった。66、トータル5アンダーでホールアウト。彼女は先週まで3試合連続優勝している。今週もまた優勝のチャンスがあったのだから、すさまじい。

リディア・コー、ショットは良いが、16番、17番とバーディパットがショートしだした。にこにこしているが、プレッシャーを感じていなかったらウソだろう。18番のバーディパットは惜しかったが、入らず、プレーオフ!

プレーオフに入ると決まったあとのヘンダーソンは、緊張しているのか、ナーバスになっているのか、今まで見せたことがない表情。

メジャーながら、プレーオフはサドンデス。

18番421ヤード。コーのティーショットはフェアウェイ少し右寄り。ヘンダーソンはフェアウェイ左ぎりぎり。セカンド、コーは残り175Y、ピン左上へ。良いショットだった。

が、次に打ったヘンダーソンのセカンド155Yはピンへ真っ直ぐ上り、ピン左3フィートへ。書きながらDVRで再度見ているが、これを打つ前の素振りからして芯食ってた。いやほんと。(笑)

コーはバーディパットを入れられず、ヘンダーソンはバーディでプレーオフを制した。

誕生日が97年9月10日というから恐ろしい。(笑)

最年少記録ではないが、18歳9ヶ月のメジャー優勝。LPGA2勝目。マンデークオリファイから出場して初優勝したのが去年のカンビア・ポートランド・クラシック。LPGAメンバーになる以前からの試合を入れ、37試合出場、予選通過34試合。

Womenspga_henderson_trophy

アマチュア時代から注目されていたが、カナダから何と素晴らしい才能が出てきたろう。全てが可愛らしいのがまた良い

リーダーボード

ブルック・ヘンダーソン、最終日のハイライト


にほんブログ村

« 心はすでに全米オープン | トップページ | 全米オープン、今週のオークモントCC »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心はすでに全米オープン | トップページ | 全米オープン、今週のオークモントCC »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ