« キャラウェイXR4番ウッドでラウンド | トップページ | ウェルスファーゴチャンピョンシップ終了 »

ウェルスファーゴ・チャンピョンシップとLPGAヨコハマタイア・クラシック

ゴールデンウィークも終わり、お父さん達はほっとしているでしょうか?最近のお父さん達は女子供に優しすぎるからイカンのだ。(笑)

さて、まずはLPGAのヨコハマタイア・クラシックから。やっと優勝したアリヤ・ジュタヌガンはアマチュアの頃から気になっていて、この子は体も大きいが、ゴルフも大器じゃないかと思っていた。どのぐらい前だろうか、アマチュアでLPGAに出場した試合を見ていたが、2013年からLET(ヨーロッパ女子ツァー)のメンバーになり、初優勝。

記憶に違いがなければ確か飛距離もある子だった。それが2013年、アメリカLPGAのウェグマン・LPGAチャンピョンシップの練習ラウンド時転んで肩を怪我。8ヶ月を棒にふったそうだ。

今年に入って上位に入るようになり、そろそろ来るかと期待していたが、最終日に良いスコアを出せないか、リードしていながら最後に自滅してしまうか。しかし、毎週良いゴルフをしていればたいがいはそのうちに自分の週がめぐってくるもの。

今日も危なかったー。後ろに迫っているのが優勝数こそ少ないが実力あるエイミー・ヤン、根性者の(笑)モーガン・プレッセルとステーシー・ルイス。

2打差をつけていたところが、17番でボギー。14アンダーであとがない。パー上がりで優勝、ボギーなら4人プレーオフ。18番ティーショットは左ラフ。上りで、ピンはうんと左寄り。難しいセカンドだったと思うが、少し距離が足らずグリーン左下ラフ。ここからのチップが若いに似ず上手かった!

パーパットの時は手は震え、足は震え、パターも揺れていたと優勝後のインタービューで言っていたが、テレビではそうは見えなかった。思い切りよくバコンと入れていたのでは。(笑)

Ariya_jtanugarn_yokohamatire_sunday

彼女のもう一つ好きな点は、プレーが早い。時々、あっと思うほど早いことがある。もし、タイ人からメジャー優勝者が出るとしたら彼女だろうと、わたしは前々から思っている。これからも活躍してほしい。

ヨコハマタイア・クラシック・リーダーボード

ジュタヌガンの最終日ハイライト

このあと、続いてPGA・ウェルスファーゴを書きます。


にほんブログ村

« キャラウェイXR4番ウッドでラウンド | トップページ | ウェルスファーゴチャンピョンシップ終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キャラウェイXR4番ウッドでラウンド | トップページ | ウェルスファーゴチャンピョンシップ終了 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ