« ラウンド出来るかもでポチッ | トップページ | 日本でのラウンド後編 »

憤慨する日本のゴルフコース設計/前編

この度の地震には心が痛みます。我々は日本に住む限り、地震による災害は免れないのかとも感じます。

ゴルフのことは書く気もなえましたが、日常を続けることは生きる原動力と思うので、わたしのラウンドレポートも書いておきます。

*      *      *     *

いつぞや帰国した時は四月に雨ばかり降って閉口したが、この度はラッキーで、土曜日は曇り時々晴れ、寒からず暑からずで絶好のゴルフコンディション。

数日前にラウンドを決めたので、知り合いに頼んでも神奈川県のコースは取れず、千葉県は香取郡のコース。8:28スタートで、6時自宅出発。えぇーーーーっ、早っ。

東名、首都高、東関東自動車道と混んでいる箇所もなく、1時間30分余で到着。ひぃーっ、遠すぎる。人が運転してくれるからいいようなものの。出発してほどなく、カーナビが「77キロ先で混んでいます」とアナウンスしたから笑った。自宅からコースまで100kmちょっとだと思う。

まずはレストランでコーヒーを飲み、練習グリーンでパット。日本でゴルフするとたいていグリーンの速さに苦労するが、大して速くなかった(重いという意味では毛頭ない)。それほど曲がりはないグリーンと思った。インからスタート。これが嫌いなんだ。ショットガンスタートは論外だが、インスタートも、コースを設計した人の理念に反するじゃないか。(池に入れるようなゴルファーが何を偉そうにcoldsweats01

スコアカードもコースの距離表示もすべてエッジまでの距離。これもまた大嫌いだ。フェアウェイの片側に赤杭で3本線が残り200Y、2本線が残り150Y、1本線が残り100Y。地面のスプリンクラーには距離表示なし。そんな大まかな!

今時のコースはセルフで回りやすいように、乗用カートにコースの説明やらGPSで残り距離が出るようになっているが、ここはそんなものはなくて、カートにピンシートとホールごとのイラスト付きの説明がおいてあった。

「初めてのコースや久しぶりのコースではピンが(実際より)遠くに見えるものです」とテレビ番組の『ゴルフ侍』に出演のシニアプロが言っていたが(名前失念。井上さんではなかったかしら)、アプローチショットでSWで足りるところをギャップウェッジで打ってグリーンオーバー。あるいはその逆もあった。weep

10th_tee_par4_s_3

10番パー4、ティーグラウンドから。良かったのはドライバーのティーショットだけ。あとはバタバタでダボ。

10th_green_par4_s

10番パー4、グリーン。ほとんどのグリーンが上っていて、グリーンの傾斜が見えないので、先に打った人のボールのキックを見て推測。

11th_tee_par3_s

11番パー3。エッジまでの距離+ピンの距離+上りで135Yはあるなと思った。新品のキャラウェイXRハイブリッド#4、あろうことかドトップ。ボールはほとんど空中に上がらず、目の前の池に激突。「前進3打」地点がグリーンのすぐ右にあり、唖然とするうち、2パットのダボ。

12th_tee_par5_s_2

最初からダボ・ダボスタートでいったいどうするのよ!と自分に腹を立てながら、12番パー5。ゆるやかな左曲がり。買ってから練習場でさえ打ったことがないキャラウェイXRの4ウッドを、芝が薄いフェアウェイから打つのは難しかったが、左足上がりのライはランチョで慣れているので、ときどき良い当たりが出た。かろうじて寄せワンパー。

13th_tee_par4_s_2

13番パー4。ボギーオン、遠くもないところから痛恨の3パットでまたダボ。下りのファーストパットを打ちすぎた。

14th_tee_par4_s_2

14番パー4、ゆるやかな右曲がり。このコースは木が鬱蒼として、見るだに自然林だ。ホールの箇所だけ木を伐採すればゴルフコースの出来上がりという恵まれた条件だったのではと想像。

14th_green_par4_s

14番グリーン。バンカーの変なところにボールが行き、苦労している愚息。グリーンサイドのバンカーで浅いものは難しそうだった。なぜかわたしはグリーンガードバンカーには一度も入らず。このホールはグリーンのすぐ近くまで2打で行き、寄せワンパー。

15th_tee_par3_s

15番パー3がまたものすごく腹が立った。4Wで打ったティーショットはグリーン右エッジ方向へ。

15th_tee_par3_teeshot_s

ボールはぽんぽんぽんと右へ転がり、行ってみると右OB杭のちょっと外。そのOB杭はグリーン右エッジへ15ヤードもない。これでOBとは何たる設計。さらに腹が立ったのは、グリーン左下に「前進4打」地点!angry これじゃあOBで2打罰ってことじゃないの?ルール違反の罰打じゃないか。ぷりぷり。ダブルスコア!

16th_tee_par4_s

次の16番パー4もどうかと思う設計だ。ティーグラウンドから上り。グリーンへは下り傾斜になるが何も見えない。

16th_fairway_par4_s

そしてフェアウェイの一番高いところへ行ってみると、なんと池がフェアウェイに食い込んでいる!カートに置いてあるコースのイラストを見ても、これほど食い込んで、グリーンへの花道は右奥に細いことは分からない。フェアウェイは池へ傾斜し、ブラインドショットの2打目は池に転がり落ちる。わたしはグリーンが空くまで待っている間、フェアウェイの先まで歩いて確認した。ラッキーなり。

16th_green_par4_red_s

フェアウェイ右寄りにレイアップ、3打目をPWで打ってワンパットパー。

17th_tee_par4_s

17番パー4、ゆるやかな左曲がり。ショットも良い当たりはほとんどなかったが、このホールなどティーショットを左の土手にぶち当てる有様で、カート道まで転がり落ちてきたものの、飛距離は話にならないほどショボかった。ダボ。

18th_tee_par5_s

18番パー5、右ドッグレッグ。ここもグリーンの前に池が食い込んでおり、右ラフにレイアップしたが、ここのラフだけ芝が伸び、ダフったデイボットの中で8番アイアンで振り切れず。痛恨のワンパットボギー。

18th_greenpar5_s

まだグリーンに乗っていない愚息とその友達。あんなところで何やってるんだ?smile

ということで、情けなくも前半INは48、15パット。前の4サムをところどころで待ったので、2時間半近くかかった。

お昼は40分休憩で、嬉しい。小規模のコンペが入っていたが、全体にコースは空いているように見受けた。お昼は何食べたっけ・・・ざる蕎麦と野菜の天ぷらセット。1200円でした。これが高いのか安いのか不明。美味しかったです。これにて前編終了。


にほんブログ村

« ラウンド出来るかもでポチッ | トップページ | 日本でのラウンド後編 »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラウンド出来るかもでポチッ | トップページ | 日本でのラウンド後編 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ