« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

日本でポチリは楽しい

母宅に出かける前にキャロウェイハイブリッド(ユーティリティー)の購入候補を幾つか見つけておいた。それをお気に入りのファイルに保存したはずだが、どこに入れたか忘れてしまった。結局、一から探しなおし、ラッキーにも4番を見つけました。

日本のネットで買い物するのは実に簡単だ。宅急便業者が代金引換で配達してくれるんだから。アメリカじゃあ(ロスアンゼルスしか知らないが)、何を注文するのもクレジットカードかデビットカード(銀行預金カード)が要る。

アメリカで使っているクレジットカードを持ってきたが、いつぞや東急デパートで帽子を買う際、それはアメリカのカードですので使えませんと最初に言われ、そんなことはない、どこでも使えるはずですよと言うと、店員はちょっとお待ち下さいと奥のマネージャーか誰かに聞きにいって時間がかかったので、以降面倒くさいから何でもキャッシュで買う。

キャッシュと言えば、いくら高額でも歯医者は現金払いだから恐れ入る。

というわけで、ラウンドする予定はまったくないが、とりあえず1本買いました。2015年型、XRハイブリッド、レディース、#4、ロフト22度。ライ角はアメリカ仕様と同じ、クラブの長さがわずかに短い。

Callaway_japan_xrhybrid5_s

*

今日、とうとうマッサージに行ってきました。血行が悪くなっている、肩が前傾になっていると言われ、これほど歩いているのにがっかりだ。ロスは車社会なので、努力して歩かねばならないが、日本では車がないので、どこに行くのも歩き。

自分では「これほど歩いている」と感じるが、過去7日間の1日平均は4.3km。大したことないですね。食材を買うと重いので、帰路はめげてタクシーだし。(爆)

100-自分の年齢=毎日歩くべき分数らしいとマッサージの人が言っていた。わたしはノルマ以上こなしていると思う。(笑)

*


にほんブログ村

*

花見どころじゃなかった多摩市

わたしもすっかりネット依存症とみえ、母宅でインターネット無しの生活はかなり退屈した。毎日、毎日長い散歩をしていました。

息子や娘に、おあばあちゃんの近くの公園は桜の木があって綺麗だからお花見がてらぜひおいで、と言って横浜を出たわたし。さっそく開花加減を見にいったら咲いてない!

その土曜日に息子は家族を連れてくるというではないか。数日には少しは開花するだろうという希望的観測も裏切られ、とうとう桜はほころばないままでした。母宅は東京といっても多摩市という内陸に引っ込んだところで、都内で11度なら多摩市はだいたい9度という寒さ。(笑)

せっかく思いたってくれたのに、桜は咲いてないわ、寒くて外で遊ばせるのも大人がたまらないということで、駅前にある、ピューロランドというサンリオの屋内遊園地に男の孫二人を連れて行きました。まあ普通は小さい女の子が喜ぶ場所だろうけれど、小学生や若い人も結構来ます。母子でキティーちゃんがたくさんついた服を着てくる人も見ました。

はっきり言って入場料は高いと思うが、JAFに入っていると大人1000円割引になります。

Puroland1_s

まぶしくて目をつぶってしまっています。下の子が3歳、上の子が5歳。男の子二人はエネルギーがすごい。仕事が忙しくて疲れている息子は駐車場の車の中で昼寝。(笑)

おばあちゃん(わたし)とママが2時間、子供をエンターテインしてやりました。

Puroland2_s

これは別の日に撮ったピューロランドの正面。

*          *          *

WGCマッチプレーも終わりました。ジェイソン・デイ強し。

たぶん腰だと思うが、周囲の人はプレーを続けることに反対したそうだ。ティーグラウンドで腰を伸ばす運動をしているのが写っていた。素人ながら、あのスイングを見たら、いつか腰に来るだろうと感じる。

ロスでのノーザン・トラスト・オープン以来、優勝者は実力者のトッププレーヤー達が続いている。バッバ・ワトソン、アダム・スコットが2試合連勝、シャール・シュワーツェル、ジェイソン・デイの2試合連勝。

2週間後のマスターズにいよいよ期待がつのる。ローリー・マックロイ、これは何?というような内容で最初のマッチに勝ち、次第に調子をあげて準決勝まで行きましたが、その実質優勝決定戦になると思われたジェイソン・デイ戦は写らなかったのじゃあないですか?

母宅で、NHKBS1を見ていたが、最終日は決勝と3位決定戦の途中からの録画中継。マックロイとデイ戦はハイライトのみで泣きたくなった。

毎度書くけれども、スポーツはライブ中継で見ないと意味がない。見られない人は録画するのだから時間は関係ない。そのうえ、あの短さ!税金のごとく視聴料をとるのだから、視聴率気にせず中継しろ!日本死ねじゃないが(笑)、ほんとに腹が立つ。

松山英樹は緒戦で負けたのが響いた。粘りの松山、マッチは引き分けにしとかないとね(笑)。2戦目、3戦目と内容が良くなっていただけに残念。

*

その保育園の話ですが、東京に住む姪が去年出産し、この4月から仕事復帰。認可保育所に入れなくて、とうとう無認可保育所にしたそうだが、ゼロ歳は預かるところも少なく、保育費は高い。1ヶ月10数万円だそうですよ。(驚愕)

あと10年若かったら、わたしが預かるのに。(笑)

ということで、今日は長女のうちに留守番と夕飯の世話に行くのでこの辺で。ここら(横浜)の桜はあと1日、2日でほぼ満開になる感じです。

*


にほんブログ村

*

明日からWGCマッチプレー

日本到着から10日余経ちましたが、今日からインターネット接続のない母宅に滞在しますので、しばらく更新出来ないと思います。アメリカで使っているスマートフォンを持ってきているので、WiFiがあるところなら繋がるのですが。

(横浜の)家の前の公園の桜の巨木、てっぺんのほうは少し花が開いているように見えます。母の家(東京都多摩市)の近くには公園があり、かなり桜の木があったと思うので楽しみです。(去年は桜が終わったあとに日本に来た)

春は卒業、入学、就職の季節。姪の子供が就職で関西から東京に出てき、東京の姪は大学入学。もう一人の姪には赤ちゃんが生まれ、何かとお祝いがかかります。(爆)

横浜では5歳、4歳、3歳の孫のエネルギーすさまじく、おばあちゃんは人気者。しかしあまりの寒暖の差に風邪を引いてしまったようですが、これも風邪だか花粉症だかよくわかりません。

この前、11歳の孫とゴルフの練習にいって、フェアウェイウッドのシャフトが硬くなっているのに驚いた。年に一度、帰国したときだけしか使わないゆえと思われますが、去年買ったドライバーのシャフトでは変化は感じなかったので、クラブが古いからでしょうか(以前、のっくさんに譲ってもらったFWです)

それで、最近ロスで使いだしたキャロウェイのXRハイブリッドを探しましたが、店舗でもネットでもレディースのUS仕様が見つからず、仕方なし日本仕様でもいいやと思っていますが、2015年型だから、これも5番6番はあるが、3番4番はなかなか出ていない。US仕様と日本仕様はシャフトがわずかに短い、スイングウェイトが少し違う。シャフトの硬さは不明ですが、わたしのスイングスピードの遅さでは、多少柔らかくてもゆっくり振ればいいのじゃないかと・・・。

母宅から横浜に戻ったら、再び捜してネットで注文しようと思っています。

*           *

明日からのWGCマッチプレーのブラケットはこちら

ライブスコアはこちら

松山英樹はスペインのラファ・カブレロ・ベロが緒戦マッチの相手。

大学時代に開催コースのオースティンCCをよく回っていたジョーダン・スピースによると、グリーンは固く速い、風が常に吹いていて、「ポジションプレーヤー」のコース。ポジションプレーヤーとは、ロングヒッターとは逆のタイプ。つまり、グリーンに出来るだけ近く打って、ラフに行こうが残りはウェッジで・・というゴルフではなく、点で打って正確さでせめて行くゴルフ。

優勝者はトップ10からは出ないだろうと予想する人が多いがどうでしょう。

ではでは、この辺で。

*

*

アーノルドパーマー・インビテーショナル帰結

先日デパートに行って、店員が会話の中で「今週は3連休ですし・・」

「あーそうでしたね、月曜日は何の日でしたっけ?」 その女性はうーーんと首をひねって、「えーっと・・」

そこで月曜日は3月21日だと気がついたわたし、「あ、春分の日でしょう」

3連休の中日、昨日横浜のイケアに行きましたが、しばしば行く娘でさえこんなに混んでいるのは見たことがないという人の多さでした。

*

さて、今週のアーノルド・パーマー・インビテーショナル。タイガーが8回も優勝した試合。タイガー、長期休養の今、いろいろな試合で過去タイガーがどれほど強かったか、どれほどフィールドを凌駕していたかの数字が出てきて、むしろ信じがたい思いがする。

WGCマッチプレーが来週、その2週間後はマスターズという今季のスケジュールで、アメリカのトッププレーヤー達数人がこの試合に出場しないのは、わたしは遺憾なことと思う。

アーノルド・パーマーのこの試合、ジャック・ニクラウスのメモリアル・トーナメントは、彼らがどれほど今にちの現代ゴルフの人気、盛況に貢献したかと考えると、彼らが健在な間は出場して敬意を表すべきと思う。こういう考え方は、わたしだけではないことは勿論で、複数のゴルフジャーナリストが批難の記事を書いていた。

パーマーは今年のマスターズで、名誉スターターとして始球は打たないと表明している。85歳、身体能力は次第に落ちているようです。

今年出場しないのはワールドランキング1位のジョーダン・スピース(一度も出場したことがないというから驚く)、4位のバッバ・ワトソン(これは腰の痛みがあったので仕方ない)、5位のリッキー・ファウラー、9位のダスティン・ジョンソン、10位のパトリック・リード。

*

マスターズも近づき、今週は調子をみるバロメーターの試合だろう。勝って勢いをつけてマスターズに入りたい、あるいは上位に入って気分よく終わりたいでしょう。今年はダメかと感じ始めていたザック・ジョンソンが週末68・68で5位。

松山も18番のパーパットは入れられたと思うが、67でももう少しパットが入っていればかなりのロースコアになったラウンドだった。ショットは良くなっているのでしょうね。

*

去年11月に第二子の長女が生まれ、優勝のゴルフ力に戻るにしばらくかかるかというのが、わたしの(いつも外れる)予想でしたが、メジャーシーズンを前にさすがの底力。去年から別人の強さになった。

彼のヒーローはもちろんタイガーだったが、仲が良いらしく、最近もタイガーのアドバイスをもらったと言っていた。最終ラウンドが始まる前、今朝もタイガーからテキストメッセージが入ったそうだ。

フロント9はボギー3つで、ハイライトを見ても良くないゴルフをしていたが、17番のバーディパットでデイが勝ったと思った。トロイ・メリットのパーセーブチップインの直後のパットだったから、彼のメンタルの強さをうかがえる。

最終ホール、ティーショットを右ラフ打ち込み、セカンドのグリーン奥バンカー行きはタイガーが優勝した年にも何度も見たことで、勝つ人はパーセーブするのがお約束になっている。(笑)

これがPGA8勝目、28歳。今年のメジャー全てで優勝候補にあげられるでしょう。

リーダーボード

*

来週はWGCマッチプレー。コースは再び変わって、テキサス州オースティンのオースティンCC。水曜日から日曜日。

裏試合という言い方は嫌だけれども、レギュラーの試合はプエルト・リコ・オープン。岩田さんが出場者リストに載っています。

*


にほんブログ村

*

やだ、もぉー

口をつく言葉は、「寒いっ」だ。

あんまり寒いので、わたしはどこにも出る元気がなく、息子宅と娘宅を行ったり来たり。日中はまだ歩けるが夕方にかかるとこの世のものとも思えぬ冷え込み。

明日は小学生の孫とゴルフの練習に行く予定なので、わたしは近くのゴルフショップにグローブを買いに行った。フットジョイの愛用の手袋は3,200円。高いっ。関税がつくうえ、今は円が安いからだと思いつく。1.600円のフットジョイがあったからそれを買った。

うちの家族は今ひどい花粉症で、ラウンドなど論外なようだ。昨夜長女に車で送ってもらったが、運転している間中クシャミの連発で、ぶつけやしないかと怖かった。

*

話は違いますが、日本は食材がよくて感激します。ここらは首都圏型郊外住宅地、駅前に大きなイトーヨーカ堂がある。ほうれん草などの葉物がきれいで感激、野菜の種類が多くて感激、魚など買いたいものが多くて困ったぐらいだ。

これほど良質の食材がそろっているのに、料理しないで出来合いの物を買ったり、レストランで食べるのは感謝が足りない。(爆)

外食もあちこちでしょっちゅう食べてごらんなさい。どれもこれも家で作った味にはとうてい及ばないことがわかる。

わたしは外食が多いほうだと思う(だいたいアメリカ人はみなそうだ)。外食する理由は、出先で空腹になって我慢できないとき、料理をするのが面倒くさいとき、料理ばかりしてアキアキしたとき、新しいレストランを試すとき、ほかの人が言い出したとき。

ほんとに、日本食ほどよく出来て美味しいものはないですよ。

ちなみにわたしの好きな食べ物は、きんぴら、お煮しめ、里芋やカボチャなど野菜の煮物、魚の煮つけに照り焼きに塩焼きに味噌煮。(笑)

昭和通り越して明治、大正か。

*

日本でおもしろかったテレビは、『さんまの東大生40人に聞きました』(そのような題だったと思う。ずい分長かったです)

ユニークな人がいっぱいいた。

最近は東大を出ても就職できない人達がいるとネットで読んだが、さもありなんと納得させる男の子が数人いました。

*

それからテレビと言えば、わたしが日本到着したのは11日だったので、東北大震災の特集番組をいくつも見た。

暗い話ばかりではなかった。家を失い、家族を失ったのだから、悲しい根底から出発している人々のライフスーリーだけれども、人間の美しさ、奥ゆかしさ、たくましさ、品を感じた。

少なくとも、被災者が震災の前に近い生活が出来るようになることを祈りたい。住環境の改善は緊急と思う。

ということで、繰言はこの辺で。

*


にほんブログ村

*

日本は寒いっ/バルスパー・チャンピョンシップ帰結

ロスを発つ前にキーボードを拭いたら、文字変換が正常に動かなくなり、タイプするのが難儀です。近日中に長女にみてもらうつもりです。

金曜日早朝に日本到着。この寒さは何だ!?shock

横浜は日中の最高気温が6度、8度、11度。今日は7度で雨降り。時差ぼけ激しく、PGAのバルスパーチャンピョンシップを見ては昼間寝ている。(笑)

開催コースのコッパーヘッドはPGAでも難関コースだそうだが、毎日風もあってみな苦しむ様子に見ごたえがあった。3日目までは朝組のほうが風が強かった。

ボールストライカー、ショットが好調な人が生き残り、最終日はビル・ハスがー8で首位スタート。彼のショットを見ていると、ショット力はトップ中のトップクラスと思うのだけど、やはりと言っては酷だが、フロント9のボギーを後半に取り戻しながら、最後にスコアを落とした。プレーオフに行って最初のティーグラウンドでシュワーツェルと握手するとき、顔が凍っていたように感じた。

シャール・シュワーツェルほどのスイングの持ち主が、なぜもっと勝たないのか不思議であったが、ヨーロップツァーでも2年間優勝がなかったあと、去年の11月と先月と南アフリカ開催の試合で優勝。その2週間後にはウーストハイゼンがオーストラリアのパース・インタナショナルで優勝。この二人が今年PGAで勝つのは時間の問題と思っていた。

今日のシュワーツェル、16番のセカンドをグリーン右ラフに入れ、そこからのバンカー越えのチップを3フィートにつけたあとはもうニコニコしていた。

17番パー3でバーディを取り、18番のバーディパットを惜しくも外したが、後続プレーヤーが終えるのを待つ間も、カメラがとらえる度笑顔だった。67を出した満足感と自信でしょうか。あの表情を見て、プレーオフになったら絶対彼が勝つなと思った。

Valspar_schwartzel

2011年マスターズに勝って以来のPGA優勝。13番パー3の長いバーディパット。

最終組で回ったカナダのグラハム・デラート。彼がチャンスがあっても優勝をモノに出来ないのはパットのせいと誰しも知っているが、ここまで来ると見ていて辛いものがある。

ライアン・ムーアもバック9でバーディチャンスに打ちながらパット入らず。

ジョーダン・スピースと回ったアマチュアのリー・マッコイ。地元でこのコースは何回もプレーしているそうだが、最終日もアグレッシブなショットを打ち続け、69で見事でした。

今日びは、ワールドランキング1位になると遅かれ早かれ不調に陥るらしい。スピースもここ数試合、安定感がない。

今週は初日76叩いた後、スピースのインスタグラム(スマートフォンから投稿する写真投稿サイト)に、「スピースはパットだけのプレーヤーだ。パットが入らないとゴミだ」と投稿した者がいて、あろうことかスピースはそれに反論のレスを書いた。「僕のゴルフを知らないくせに。ちゃんとスタティスティックを見てから言えよ。(等々)」

ツイッターで本気に腹を立てて応酬するプレーヤーもたまにいるが、いかにもスピースの若さが出てしまった感がある。反応した愚かさもあるが、メンタルの強さが売り物だった(自分でも言っていた)スピースの神経の弱さを露呈した。

プレーヤー達の自信がいかにうつろいやすいか、もろいかが推測出来る。タイガーでさえ同様と思うが、それを世界に見せることはあるまい。2日目、3日目と挽回してさすがの粘りとおもったが、最終日は同組のアマチュアに4打負けるゴルフだった。

リーダーボード

*

追。

岩田プロ、初めて回るコースらしいが、タフなコンディションで予選通過したし、オーバーパーは2ラウンドだけ。試合数を重ねるうち、良くなるのじゃないかと思う。彼はなかなかおもしろいプレーヤーと思う。来週はベイヒルで、彼は出場権がなく、松山英樹が出てきます。


にほんブログ村

*

新アダム・スコット/WGCキャデラックチャンピョンシップ最終日

タイガーのピークの頃は、慣れっこになっていた2試合(あるいは数試合)連続優勝をめったに見なくなって、今のプレーヤー達にそんな力はないだろうとみくびっていた矢先、スコットのパーフォーマンスと粘りは嬉しい驚きだ。

朝から風があったので、3打差首位のマックロイをはじめ、トップグループはみなスコアを落とすのじゃないかと推測したが、わたしの推測はだいたい当たらない。(笑)

自分は守りのゴルフは向いていないので、スコアを伸ばしておいつけないようにバーディを取っていくと、前日の記者会見で言っていたマックロイ。今日はショットは悪い、パットは入らないうち、ダニー・ウィレット、バッバ・ワトソン、フィル・ミケルソンがスコアを伸ばしていく。

スコットは3番と5番のパー4で池に入れてダブルボギーにしたが、それからのバーディがすさまじい。11番は2フィート余(70cm)、12番は5フィート(1.5m)、14番は3フィート(90cm)。これで12アンダーに抜き出た。

そうして12アンダー単独首位で来た16番のドライバブルパー4、ラウンド後のインタビューでのスコットの言葉がおもしろい。ティーショットが奥バンカーに入り、「『ここでバーディを取ったら自分が勝つだろう。2打差をつけられる、勝負は自分の手の中』と思った途端、いろいろな考えが心をよぎって。」

このあと、シャンクしたのだからおかしい。邪心が入ってとはこのことか。

「フィル・ミケルソンの目の前でシャンクしてほんとに恥ずかしかった。フィルならカップをかするか、カップインする場面なのに。」

もっとおかしいのが、そのホールでパットを入れた後、キャディーに謝ったというのだ。一度ならず、二度も謝ったとキャディーの証言。

スコットは人のことをネガティブに言うのも聞いたことがなく、本人を悪く言われたのも聞いたことがないが、これほど「良い人」とは知らなかった。自分のプレーをキャディーに謝るって・・(爆)

毎年優勝するプレーヤーにも追う立場のプレーヤーにも勝負の分かれ目になる18番。

スコットもティーショットが右のツリーラインへ。

ここで目を疑う作戦をとった。タイガーはここで複数回優勝し、左の池を避けるのにしばしば同じツリーラインに行ったが、タイガーでさえあそこからピンに打たなかったろう。

乗っている時はそんなもの、勝つ時は運もついている。スコットは「ハザードライン内にボールが留まったのはほんとにラッキーだった。あれほどラッキーなら、パーセーブもすべきだよね。」

ラッキーと言えば、新しく雇ったキャディーもそうだ。デビッド・クラーク、イギリス人。コンビを組んで2試合、その2試合とも優勝だから、お互い、福の神というわけだ。(笑)

このキャディーは穏か、かつポジティブで、スコットに合っているのじゃなかろうか。

ホンダクラシックと2週連続で優勝したが、特に今日のスコットを見ていて、以前のスコットとは違うと感じた。

何というか、(勝利に)貪欲になったというか、もう一ランク上のプレーヤーになろうという欲が出てきたというか。

長尺パターのアンカリングが禁止のルールになり、それも良い転機になったのかも知れない。

アダム・スコット35歳。PGA13勝。40歳以下ではツァー最多勝。

リーダーボード

マックロイも首位でスタートして70幾つ叩く癖をやめないといけませんな。

*


にほんブログ村

*

WGCキャデラックチャンピョンシップ3日目

雛祭りも終わり、3月も5日になってしまいました。来週は毎年春にしている日本里帰りに発つので何かと忙しく、お土産用の連日の買い物も今日で終わらせたつもり。

PGAツァーはコースがリビエラ(ノーザントラストオープン)、PGAナショナル(ホンダクラシック)、ドーラル(今週)とタフなコースが続き、あと1ヶ月でマスターズですから、プレーヤー達も本気だしてきて(いつも本気だろうが)、見るほうも今年のメジャー勝者候補は・・・と目をらんらんとテレビ観戦も真剣。(笑)

*

毎年こんなに、池からショットを打っていたろうか思ったが、ドラール近辺も水不足か、今年は池の水かさが低いそうだ。今週は毎日風が吹いておもしろい。

2日目、ミケルソンのフロント9のプレーは素晴らしかった。風によりピンの位置により、ショットを打ち分けていく、名人芸をみているようだった。今の若いプレーヤー達はショットがワンパターンだと思う。バック9に入って、メーカブルのバーディパットが入らず、ショットも悪くなって結局イーブンパーだった。短いパット以外はクロウグリップにしている。2日目、6番パー4のバーディ。

3日間終わって、7アンダー、4位タイ。

*

ディフェンディングチャンプのダスティン・ジョンソン。今週のショートゲームの良さ、彼はこれほど上手かったろうかと思うほど。去年から今までの技術を白紙にして、ショートゲームを構築し直したそうだ。2日目、ショットはあちこちに行ったが、そのショートゲームで64。

3日目は、最終ホールで短いパットをぽろっと外し、あれをやるから彼はメジャーに勝てないのだと思っているが、今年はやるかもです。9アンダー、2位タイ。

ヨーロッパツァーのホットプレーヤー、ダニー・ウィレット。今週も堅実なプレーをしている。初出場になる今年のマスターズは、奥さんの出産予定日にかかるので辞退するそうだ。7アンダー、4位タイは優勝には届かないかも知れないが、かなりの賞金は入るでしょう。smile

*

今や遅しとわたしはマックロイが調子を上げてくるのを待っているのだけど、3日目終わって3打差の首位。これでまだ優勝を逃すようじゃマスターズどころじゃないと思うが。

ホンダクラシックでパットがひどかったが、「今週は左手が下になる(クロスハンド)グリップでパットする、パットの出来にかかわらず4日間それで通す」と言っていた。

それが2日目から入りだした。今日も大事なパーセーブパットを何度も入れていた。今日最終ホールの2打目、たった150ヤードから右バンカーに放り込むひどいショットだったが、良いパーセーブした。

*

松山英樹、先週棄権。今週は日曜日現地入りしたが、月曜日は9ホールをウェッジとパターを持って歩いたのみ、火曜日は残り9ホールを同様に回り、体調をみていたそうで、2日目の仰天の81も股関節痛の影響だろうと思っていたが、本人は「痛みはなかった」と固く否定。(笑)

タイガーが言うように、みなあちこち痛みをかかえて試合に出ているのかも知れないが、長丁場なので無理しないでほしいと思う。

今日はまたどうしたことか、4アンダー。最終ホールでボギーを叩くまで5アンダーだった。松山の池ショットはなかなか良かったですね。

明日は誰か後ろから猛チャージをかけてくるか、マックロイが逃げ切るか、多少の風が望ましい。wink

*

リーダーボード

*

*


にほんブログ村

*

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ