« なんだこれは/ホンダクラシック予選終了 | トップページ | WGCキャデラックチャンピョンシップ3日目 »

やっぱりの勝者/ホンダクラシック終了

PCを立ち上げると、まずYahooJapanのトップページをあける。さきほどそのニュースのタイトルを見て驚いた。全学連の中核派が逮捕されたという。わたしは最初、これは『〇十年前の今日のニュース』の類いかと思った。(爆)

 

中核派ってまだいたのですか?全学連という言葉も懐かしい。わたしは学生運動をやっていたわけではないが、我々世代の季語だ。(笑)

 

去年10月に京大でピケ張った事件を、『威力業務妨害容疑』で今頃逮捕したのだそうだ。のんびりした話。

*            *             *

さてさて、ホンダクラシック、最終日は風も最初の3日間に比すと大したことなく、最終組二人は硬直したようなゴルフで、かといって後ろから追う者もコースがタフだからチャージをかけるどころではなく、次々に写る15番と17番パー3の池ポチャティーショットが娯楽だった。(笑)

3日目が一番おもしろかった。

わたしも見る目があると自画自賛した。coldsweats01

前にも書いたが、ノーザントラスト・オープン現地観戦に行ったとき、たった一箇所の1ショットを見ていうのは何だが、9番ホール、アダム・スコット、バンカー越えの右奥ピンに直接向って飛ぶセカンドショットはやはり群を抜いたショット力と思った。そんじょそこらのプレーヤーとはレベルが違うというか。

初日2日目のリッキー・ファウラーの快進撃を見ている間も、スコットのショットの良さに目がいった。

36ホール後、たった2打差の首位なのに、なぜかゴルフメディア、ゴルフアナウンサー、レポーターともファウラーの優勝は決まったかのような口調。何しろ、この難コースで2日間ボギー無しだ。ラウンド後のインタビューで、この地域に引っ越してきてもう5年になる、このコースは毎日のようにプレーしている、それがようやく試合で生きてきた・・・etc. etc. と口のほころびが隠せない表情で答えていた。

これがねぇ、マズイとわたしは思ったんだ。(笑)ゴルフって何か言うと必ず跳ね返ってくるのは、アマチュアもプロも同じらしい。3日目のファウラーはショットもパットもショートばかりしていた。もうこれはダメだなと思った。

2日間ボギー無しが、次の日は18ホール、バーディ無し。ゴルフは酷い。

3日目、教科書のようなスイングで横風の中、次々に良いショットを打ったアダム・スコット。いったいどこまでスコアを伸ばすかと呆れるうち、15番でやってしまった。

スコットはこのホールで「8」叩いた年もあるそう。アナウンサー達が、悪い思い出が頭をよぎるものだなどと打つ前からのろいをかける始末だ。アナウンサーというのはだいたいがネガティブか、根性が悪いか、その両方だ。スコットほどのプレーヤーでもティーショット、3打目と2回も池に入れるとは驚き。優勝したからいいようなものの・・・。そのクオドルプル・ボギーがあっても66だったのだから、すさまじい。

最終日は、追ってくるプレーヤーも『ベア・トラップ』でスコアを落とし、最終組の二人を脅かす位置までいかない。

スコットとガルシアの我慢比べ、根性比べは、スコットに軍配があがった。

今週はヨーロッパツァーのパース・インターナショナル(オーストラリア開催)も、LPGAホンダ・タイランドもボール・ストライカー(ショットメーカー)が勝った。それぞれ、南アフリカのルーイ・ウーストハイゼン、21歳になったばかりのレキシー・トンプソン。

予選終了時に二桁アンダーが10人もでる試合がめずらしくない昨今のPGAツァーで、この試合の勝利スコアが9アンダーというのも、なかなか良い。アンダーパーはたった13人!

リーダーボード

最終日のハイライト

来週はWGCキャデラック・チャンピョンシップ。

*


にほんブログ村

*

*

« なんだこれは/ホンダクラシック予選終了 | トップページ | WGCキャデラックチャンピョンシップ3日目 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんだこれは/ホンダクラシック予選終了 | トップページ | WGCキャデラックチャンピョンシップ3日目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ