« ノーザントラストLAオープン、ティータイムと組み合わせ | トップページ | ノーザントラストLAオープン2日目 »

行ってきましたノーザントラストLAオープン初日

軽い雨、シャワーという予報だったのに、ロスでは昨日午後2時ごろから、今朝6時ごろまでほとんどノンストップで雨が降り、コース整備のためにスタートが遅れるかもと思ったが、そんなこともなかったようです。陽も照ってきたのでやはり行ってきました。ゴルフのトーナメントは木曜日観戦が一番良い。

松山、マックロイ、クーチャーの組は朝7:32スタート。そんなに早くからは見る気がなかったが、残り数ホールを9番ホールから逆向きに歩いて、彼らを見つけようと。

6番グリーンの後方に大きなギャラリーが。松山達の一組前のバッバ・ワトソン、ジャスティン・ローズ、ジェームス・ハーンが6番を終え、7番ティーショットを打つところだった。

*

Riviera_6thgreen_s

6番はあのグリーン上にバンカーがあるパー3。何も見えません?(笑)

Riviera_6thgreen_closeup

赤茶色のシャツを着ているのが松山。このあと、17フィートのバーディパット入れて、拍手してイエイ!日本人があちこちに見られる。というか、日本語を話しているから気がつくのですが。

松山は風邪を引いて体調悪く、水曜日のプロアマを9ホールのあと棄権した。その前の日は24時間寝たとインタビューで言っていたし、今週は成績は期待していないのだけど、やはり顔に元気がなかったです。

マックロイ目当てのギャラリーは多く、ティーショットはなかなか近くで見られなかった。

Riviera_7th_teeoff_s

7番パー4のティーショットを打ったあと歩く松山とマックロイ。

Riviera_7th_kuch_closeup

マット・クーチャーは左フェアウェイバンカーに入れた。ピンまで146Y、11フィートに打ってここをバーディにした。クーチャーは人物もショットも派手さがないのだけと、そこここでパットを入れていつのまにかスコアにしている。安定したプレーヤーですね。マックロイはフェアウェイ右寄りからピンに2フィート。

*

Riviera8thsplitfairway

8番パー4は左右に2つフェアウェイがある。3人とも右側のフェアウェイに打っていた。あっち側はギャラリーが歩けない。飛距離から言って、松山もマックロイも3Wを打ったのではないかな。タイガーは昔ロングアイアンを打っていたと思う。

Riviera_8thgreen_flag_s

8番グリーン方向。赤矢印の真下がピン。むちゃくちゃ左寄り。木曜日の定番ピンポジション。

*

9番のティーショットはすぐそばで見られました。マックロイも松山もドライバー。マックロイはフルにスイングしなかったのじゃないかと感じた。松山も今イチの当たりという表情でボールの行方を見ていたが、二人とも結果は良かった。(笑)

9番フェアウェイの右側に立つと、タイガーのショットを見たときを思い出して、センチメンタルになる。左フェアウェイバンカーに届かないようにだろうか、タイガーは3Wを打っていた。

セカンドを、7番アイアンか6番アイアンで、右奥ピンに6フィートに打ちバーディ。そのショットを打ったときの音!わたしはタイガーから数ヤードのほとんど真ん前に立っていたが、あんな音でアイアンを打つ人を見たことがない。クラブが空気を切る音と、真芯に当たった音。2000年代初めのほうなことは確か。彼のアイアンは今よりはるかに薄かったろう。(笑)

グリーン上でウォーッという歓声と共に大拍手で、ピンに近かったのだと分かった。

Riviera_9thhole_hidekirory

マックロイと松山はほぼ同じ距離飛んでいた。松山、素振りをしているところ。ペナルティーを科せられたことがあるくらいだから、プレーは早くはないだろうけど、松山を見ていて遅いとは感じなかった。パットの時、ボールの上に立ってから打つまで時間がかかるからスロープレーに感じるのではないかと思った。

総じて今のツァープレーヤーはのろい。どんどんスロープレーになっているからヨーロッパツァーもLPGAも罰則を作り出した。見ていると若いプレーヤーほどのろい。

松山はピン左下へ良いショットを打ち、入れてバーディ!たった4ホールしか見ていないのに、そのうち2ホールでバーディを見られるとはラッキー。

マックロイはこの試合に出場するのは初めて。タイガーのトーナメント、ワールドチャレンジをロス郊外のシャーウッドCCでやっていた時、一度高い場所からパー3の彼のティーショットを見たことがある。

背も高くないし、松山と並んで歩くと、なおさら細く見える。鍛えてアスレチックな体型。タイガーには及ばないが、スイングと言い、もって生まれた才能と言い、今のツァープレーヤーの群を抜いていると感じる。今日はやはりそれを実感した。

初日、マックロイ4アンダー、松山とクーチャーが2アンダー。

*

松山達が9番をホールアウトしてまもなく、午後組のジョーダン・スピースの組が1番からスタートすると分かっていたが、あまりに汗だくで少し休憩しないともたないと思い、クラブハウスへ。(雨上がりで下が相当濡れているだろうと下はナイキの防寒レインパンツを履いていったのが失敗だった。)

Riviera1sthole_view

クラブハウスのベランダで、ランチを食べながら真下の1番ティーグラウンドを眺めていたら、まもなく岩田プロが来ることを思い出した。上は一番ホールフェアウェイ。遠くの山まで見えて綺麗。

Riviera_1sthole_iwata_closeup

岩田プロ(黒いシャツ)はキャディが先週と違う人で、日本人女性でした(しゃがんている人)。若い人で細く、スタッフバッグは重いだろうにと偶然そばに立っていた日本人夫婦が話していた。ティーショットはちょっと右に曲がっていたが、短いパー5だし、バーディにしたようです。

このあと、また下に降りて、18番グリーン、9番グリーン、10番ティーグラウンドを見物。ほかのプレーヤーの印象はまた明日にでも。

リーダーボード

*


にほんブログ村

*

*

« ノーザントラストLAオープン、ティータイムと組み合わせ | トップページ | ノーザントラストLAオープン2日目 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

マックロイに松山クンの組、サイコーですね~~!

クラブハウスにも入れるんですか?良いな~~!

メリーさんが、観戦に行かれるとのことだったので
つい、TVに映るギャラリーに釘付けでしたよ~(爆)

ははは
ジョーダン・スピースが9番ホール、フェアウェイバンカーの上のラフで長いこと時間がかかっていましたが、彼のクローズアップになった時グリーン後方の自分が分かりました。
グリーンの後ろに緑色のテレビタワーがあるのですが、その前、白いポールのそばに立っています。
あまりに小さくて、たぶん見ても分からないと思います。(良かったかもw)

わたしはプレーヤーについてコースを回るのが好きなのでいつも一番安い「グラウンドチケット」にしていましたが、今年はもう年だし、「クラブハウスチケット」にしました。
今年の松山君はパットが良くなっているので、楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノーザントラストLAオープン、ティータイムと組み合わせ | トップページ | ノーザントラストLAオープン2日目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ