« これぞアメリカンゴルフ | トップページ | 『田舎のネズミと町のネズミ』 »

後ろ向きは人間失格

昨日一緒に回った3サムの年配男性達、年齢は70歳、74歳、82歳だそうだ。毎月曜日一緒にラウンドするよしで、上級者ではないがプレーは早い。体を動かすのは早くないが、プレーは早い。つまり歩いたり、ティーペグを刺したりはゆっくりなのだけど、ボールに行くと、ぐずぐず風を観察したり、どこに打とうかと無駄な思案をしない。さっさと打つ。

グリーン上でも行動が早くて、わたしが一番年少ゆえ(笑)、旗を抜いたり戻したり出来るだけしようとするのだけど、気がつくとその役は誰かがしてしまっている。要するにラウンドがスムーズなのだ。

82歳のゴルファー、グリーンを大きく外した時のチップや、パットが無茶苦茶上手いので、往時はそこそこのレベルだったのかと推測、もう長くゴルフしているのですか?と聞くと、2000年に友達と一緒にゴルフを始めたという。仕事を引退してからということだった。

・・・彼は67歳でゴルフを始めたのだ。ひぉえーーっ。素晴らしい。

遠くが見えにくいのか、ゴルフ仲間のほかの二人が常にティーショットの行方を教え、ラフではカートで探し回る彼にそのまま真っ直ぐ行ってとか、もうちょっと右とか言ってあげる。良いゴルフ仲間だ。

高齢になってもゴルフを続けるには、こういう良い友達を持っているべきだと思った。

*

ゴルフでも人生でもそうだが、昔は楽しかった、昔は飛んだ、昔は、昔は、昔は、と後ろ向きなのは人間失格、人格欠落と思う。

過ぎた日は、昨日であれ、去年であれ、10年前であれ、後頭部の後ろを飛ぶように去っていく。あなたが振り向かない限り、後ろは見えない。

両手を広げた180度、その前しか見えないはず。82歳のゴルファーを見て、そんなことを思った。

ラウンドのあと、駐車場で車のトランクを開けて、長々と靴を履き替えているとき、その老紳士はクラクションを鳴らし、顔を上げたわたしに手を振り、オンボロの古いベンツで走り去った。

笑顔の彼の横顔を見て、人生、ああありたいものだと思った。

*

ところで、ウッドは比較的そこそこ打てるのに、アイアンは壊滅状態なのは、ウッドは長い分大きくスイングしているからじゃないかと思う。スイング自体崩れているのは事実としても。ちなみに、この前は先生に、「君はまったくバランスがない」と言われた。

ハイブリッドは何度か買っては廃棄し、球が上がりすぎて好きじゃないが、もう1回試してみようかなと思っている。bleah

*


にほんブログ村

*

« これぞアメリカンゴルフ | トップページ | 『田舎のネズミと町のネズミ』 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これぞアメリカンゴルフ | トップページ | 『田舎のネズミと町のネズミ』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ