« ヨーロッパツァーUBS香港オープン | トップページ | 新コース挑戦 »

USGAゴルフルールの変更

先週のPGAツァーはやはり盛り上がりに欠け(笑)、アメリカではテレビに全く写らず、遼君の最終日17番のトリプルは、ショットトラッカーのイラストとplay by playの描写で想像するのみでしたが、ティーショットを右バンカーに打ち込んだ。左が池だから避ける気持ちになったのだろうが、あれは169Yじゃなかったですか?ケビン・ナなど8番アイアンで打ってましたからね。

ピンはフロントの真ん中でしょう。無意識に池まで転がってしまうことを警戒したのか、バンカーショットはグリーンに乗らず右ラフ。play by play によると、そこからチップショットは2フィート進み、まだグリーンに乗ってない。素人が言う尺取虫と違います?

わたしはケビン・ナを応援していたのだけど、16番パー5で26フィートの長いバーディパットを入れ、16アンダー。すでにホールアウトしていたスマイリー・コフマンに追いつくが、次の17番、前述したように8番アイアンでグリーンにショート!

言わせてもらうと、優勝がかかっている場面で8番アイアンでピンに打てないって、何ですの?ピンまで24フィート(7m)からのチップがまた半分の距離も行かなかったときている。

ケビン・ナはスロープレーもかなり改善したし、イップスも克服して、応援してあげたい気持ちはあるのだけど、こっちのほうがフラストレーションがたまる。彼は先週もプレーオフで負け、松山がメモリアルで勝ったときもプレーオフで破れ、2位が9回ぐらいあると思った。

Web.comツァー出身の子供のような顔をしたスマイリー・コフマンに優勝をさらわれたが、童顔なだけで、松山より1年上、91年生まれ。

*             *

今日、USGAからルール変更について発表があった。いずれも施行は来年1月1日から。パターのアンカリング(身体にくっ付けてストロークすること)が禁止になることは既に周知と思う。

☆もう一つ、これはプロフェッショナルのツァーや高いレベルのアマチュア競技では大きいルール変更と思う。パットする時に、パターをアドレスした後にボールが動いた場合、ペナルティーを課せられることはなくなった。(プレヤーが明らかにボールが動く原因であった場合を除く。)

☆さらに、ツァープレーヤーには嬉しい変更。正しいスコアより低い(良い)スコアがあるホールがある時、サインして提出した時点では自分のルール抵触による罰打を知らなかった場合は、(今までの)失格は免除され、ルール抵触による罰打をそのホールのスコアに足し、なおかつスコアカードの間違いに対して2罰打加える。その他のケースの、実際のスコアより低いスコアにサインして提出した場合は、今まで通り失格とする。

☆プレー中に、クラブ以外の練習器具を使った場合、1回の使用ならマッチプレーではそのホールを失い、ストロークプレーでは2打罰とし、(今までのように)失格とはしない。しかし、引き続き使った場合は失格となる。

<筆者註>

荒い訳で申し訳ないです。近々JGAにも説明が出ると思います。

USGAのルール変更に関するページはこちら

<加筆>

JGAに既に出ていました。

*

足をひねった覚えも、踏み外した覚えもないのに、午後から右膝が痛く、健康とダイエットのため続けているウォーキングもやめ、ゴルフの練習も断念。床を拭き掃除したからじゃなかろうかと疑っていますが・・。coldsweats02 どっちにしろ日中は暑くてゴルフは無理。bearing


にほんブログ村

*

« ヨーロッパツァーUBS香港オープン | トップページ | 新コース挑戦 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨーロッパツァーUBS香港オープン | トップページ | 新コース挑戦 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ